大学紹介 福島県立医科大学の3つの方針(ポリシー)

看護学部の3つの方針(ポリシー)  (平成29年3月30日現在)

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

福島県立医科大学看護学部では、教育理念として、「豊かな感性と高い倫理観を持ち、ニーズに対応しうる実践能力を備えた看護専門職者の養成」を掲げています。 この教育理念の下、地域の保健・医療・福祉に貢献する看護専門職者の育成に努めてきました。  
それを受け、本学では以下を満たす者に学士を授与します。


1.地域社会の人々のために、人々が生活するあらゆる場において、あらゆる健康レベルの人々のニーズに基づいた看護を実践する看護専門職者に必要な倫理観の基盤・知識と技術を修得した者
2.地域社会への貢献ができる看護専門職者の基礎として、科学的思考力および自律的に生涯学習を継続する姿勢を修得した者
3.看護学部履修規程に則り、卒業までに所定の単位を授与され、授業科目の修了認定を受けた者

到達目標(コンピテンシー)
1.プロフェッショナリズム / 2.生涯教育 / 3.人間関係の理解とコミュニケーション / 4.知識とその応用 / 5.看護の実践 / 6.地域社会への貢献 / 7.看護学発展への貢献

 

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

福島県立医科大学看護学部では、教育理念として、「豊かな感性と高い倫理観を持ち、ニーズに対応しうる実践能力を備えた看護専門職者の養成」を掲げています。
この教育理念の下、地域の保健・医療・福祉に貢献する看護専門職者を育成するために、卒業時までに身につける事項について、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)・到達目標(コンピテンシー)を定めました。これをふまえ、教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)を以下のとおりとします。

カリキュラム概要 
1.豊かな感性と倫理観を持つ看護専門職者となるために
2.創造性豊かな看護専門職者となるために
3.ニーズに対応する実践能力を備えた看護専門職者となるために
評価方法 / 助産師の養成(選択制)

 

入学者の受入に関する方針(アドミッション・ポリシー)

福島県立医科大学看護学部は、豊かな感性と倫理観を持ち、ニーズに対応する実践能力を備えた創造性豊かな看護専門職者の養成をします。

求める学生像
この理念・目標を達成するために、次のような人を求めます。
1.人間への関心をもち、「いのち」と「健康」を積極的に守ろうとする人
2.いろいろな観点からものごとを理解することができる人
3.対人関係を通して、ともに成長することができる人
4.地域の保健医療を担うという情熱と意欲を有する人
5.ものごとを論理的に考え、表現することができる人
6.大学で学ぶために必要な基礎学力を有し、探求心を有する人

入学者選抜の基本方針
入学後の修学のために、高等学校において以下の入試科目に該当する科目を習得していることが望まれます。
国語:『国語』(必須) 
地理歴史・公民:「世界史B」、「日本史B」、「地理B」 「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、『倫理、政治・経済』のうちから1科目  
数学:『数学 Ⅰ・数学A』(必須)、『数学 Ⅱ・数学B』(必須)
理科:「物理」「生物」「化学」のうちから2科目ないしは「物理基礎」 「生物基礎」「化学基礎」のうちから2科目選択及び「物理」「生物」「化学」のうちから1科目
外国語:『英語』(リスニングを含む)(必須)
アドミッション・ポリシーチェックリストの比重にあわせて評価します。
1.一般入試 / 2.推薦入試 / 3.社会人入試 / 4.私費外国人留学生入試 

看護学部のアドミッションポリシーチェックリスト 
上記の入試においては、上のチェックリストの比重に合わせて評価します。

 

「福島県立医科大学の3つの方針」に戻る


事務担当 : 教育研修支援課

医学部(大学院医学研究科)教務係 
: 電話024-547-1095
看護学部(大学院看護学研究科)教務係
: 電話024-547-1806
FAX(共通) 024-547−1989
Eメール
※スパムメール防止のため一部全角表記しています

 

〔参考〕各学部・大学院の3つの方針(ポリシー)

 
 ■ 医学部 / 看護学部

 ■ 大学院
  医学研究科 博士課程 / 
        修士課程 / 災害・被ばく医療科学共同専攻(修士課程)
  看護学研究科 修士課程

 

 

アドビリーダーPDFファイルを表示するには、Adobe SystemsのAdobet(R) Reader(無料) が必要です。最新版は右のリンクボタンよりダウンロードいただけます。

▲TOPへ