産学連携・研究関連・寄附講座・男女共同参画

利益相反

利益相反とは

本法人として、社会的信頼を維持するため利益相反を適切にマネジメントしています。

 

利益相反状態とは
産学官連携活動を行うにあたり役職員が本来果たすべき責務(教育・研究・診療等)よりも、企業等との関係で得られる利益を優先しているのではないかという疑義を生じさせる状態のことです。
利益相反マネジメントの目的
本来、利益相反状態の発生自体は悪いことではなく、産学官連携活動の推進に伴い、当然に発生するものです。そのため、本法人では下記のことを目的とし、利益相反状態を適切にマネジメントできる体制を整備しています。
 ・ 教育・研究を偏見から守る。
 ・ 役職員個々人を社会の批判等から守る。
 ・ 法人の社会からの信頼を守る。
利益相反マネジメント体制
利益相反委員会を設置し、定期申告及び随時申告において 「公立大学法人福島県立医科大学利益相反のマネジメントに関する要綱」 で定める対象事項について審議をしています。
(対象事項の申告基準については 「利益相反に関する自己申告書記入要領」 を参照)
本学における利益相反への対応の詳細 については こちら をご覧ください。
定期申告(毎年度1回実施)
・ 学内の全役職員のうち、前年度分の対象事項について申告基準に該当がある場合
随時申告
・ 学内の研究者が倫理委員会又は治験審査委員会に臨床研究実施を申請する場合
・ 学会に論文を提出する場合
・ 競争的資金等の獲得のための申請をする場合   など

定期申告・随時申告の詳細なフローチャートは こちら (学内専用)
研究開始にあたり、利益相反委員会への申告が必要な場合については こちら (学内専用)
規則・細則類のページ

問い合わせ先
事務局医療研究推進課 研究推進係

電話 (024) 547−1825
FAX (024) 581−5163
Eメールによるご連絡は まで

アドビリーダーPDFファイルを表示するには、Adobe SystemsのAdobet(R) Reader(無料) が必要です。最新版は右のリンクボタンよりダウンロードいただけます。

▲TOPへ