2024/06/19 更新

写真a

シバタ マサヒコ
柴田 昌彦
SHIBATA Masahiko
所属
寄附講座 地域包括的癌診療研究講座 教授
医学部(臨床医学系) 消化管外科学講座 教授
職名
教授

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学  / 外科学一般

経歴

  • 福島県立医科大学   医学部(臨床医学系) 消化管外科学講座   教授

    2020年10月 - 現在

  • 福島県立医科大学   寄附講座 地域包括的癌診療研究講座   教授

    2020年10月 - 現在

  • 福島県立医科大学   医学部(臨床医学系) 消化管外科学講座   特任教授

    2019年3月 - 2020年9月

  • 福島県立医科大学   寄附講座 先端癌免疫治療研究講座   特任教授

    2017年4月 - 2020年9月

  • 福島県立医科大学   寄附講座 腫瘍生体エレクトロニクス講座   教授

    2017年2月 - 2017年3月

論文

  • はじめに

    柴田昌彦, 河野浩二

    消化器がん免疫療法の現在 がん治療の転換点に立つ   4 - 5   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 2.がん患者の全身・がん局所で起きている変化

    柴田昌彦

    消化器がん免疫療法の現在 がん治療の転換点に立つ   9 - 16   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 監修にあたって

    柴田昌彦

    Oncologic Emergency A to Z   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 第1章 総論

    柴田昌彦

    Oncologic Emergency A to Z   1 - 11   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Poetic City, Long Coat そして Warshawski

    柴田昌彦

    W’Waves   29 ( 1 )   39 - 41   2023年

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Inhibiting VEGF in cancer immunotherapy.

    Shibata M, Kono K, Takenoshita S.

    Clin Immunol Comm.   2   12 - 16   2022年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Metabolic Impact of Immune-Suppressor Cells in Cancer Patients.

    Shibata M, Inukai A, Yoshimori D, Ashizawa M, Nakajima T, Takada M, Yazawa T, Mimura K, Inoue N, Watanabe T, Tachibana K, Muto S, Kono K, Endo S, Takenoshita S

    J Surg Res.   5 ( 1 )   134 - 144   2022年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.26502/jsr.10020207

  • Myeloid-derived suppressor cells: Cancer, autoimmune diseases, and more.

    Shibata M, Nanno K, Yoshimori D, Nakajima T, Takada M, Yazawa T, Mimura K, Inoue N, Watanabe T, Tachibana K, Muto S, Momma T, Suzuki Y, Kono K, Endo S, Takenoshita S

    Oncotarget   13   1273 - 1285   2022年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.18632/oncotarget.28303

  • 基礎編2章がん微小環境 2.MDSC(骨髄由来抑制細胞)

    柴田昌彦

    がん免疫ペディア 腫瘍免疫学・がん免疫療法の全てをまるごと理解!   134 - 135   2022年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Associations between anger and chronic primary pain: a systematic review and meta-analysis

    Adachi T, Yamada K, Fujino H, Enomoto K, Shibata M.

    Scand J Pain.   22 ( 1 )   1 - 13   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 癌免疫カンファレンスルーム(最終回) 連載を終えるにあたって

    河野浩二, 柴田昌彦

    消化器外科   42 ( 11 )   1610 - 1611   2019年10月( ISSN:0387-2645

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • IL-17A in oncology.

    Shibata M, Mimura K, Shimura T, Kono K, Ohto H, Takenoshita S.

    Annals of Cancer Research and Therapy   27 ( 2 )   59 - 63   2019年7月( ISSN:1344-6835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【癌と炎症を学ぶ第1回】“癌と炎症” 概説;連載の序にかえて

    柴田昌彦

    消化器外科   42 ( 12 )   1723 - 1729   2019年

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Prognostic impact of interleukin-6 and C-reactive protein on patients with breast cancer.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Murakami Y, Noda M, Tachibana K, Abe N, Ohtake T.

    Oncology letters   17 ( 6 )   5139 - 5146   2019年

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Prognostic impact of soluble intercellular adhesion molecule-1 in hepatocellular carcinoma.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Kofunato Y, Ishigame T, Okada R, Sato N, Kimura T, Kenjo A, Marubashi S.

    Oncol Lett   16 ( 5 )   6013 - 6018   2018年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ol.2018.9367

  • Prognostic impact of elevated preoperative C-reactive protein on patients with differentiated thyroid carcinoma.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Matsumoto Y, Nakano K, Iwadate M, Suzuki S, Suzuki S

    J Surg Res   231   338 - 345   2018年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jss.2018.05.070

  • 大腸癌再発症例にAfliberceptを投与しPRを得た症例

    権田憲士, 藤田正太郎, 柴田昌彦, 畠山優一, 立谷陽介, 六角裕一, 佐瀬善一郎, 門馬智之, 大木進司, 佐治重衡, 河野浩二

    癌と化学療法   45 ( 10 )   1539 - 1542   2018年10月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 傍腫瘍性小脳変性症に直腸癌を合併した1例

    権田憲士, 菊池智弘, 柴田昌彦, 畠山優一, 立谷陽介, 六角裕一, 遠藤久仁, 藤田正太郎, 坂本渉, 早瀬傑, 岡山洋和, 花山寛之, 多田武志, 楡井東, 氏家大輔, 山田玲央, 佐瀬善一郎, 門馬智之, 大木進司, 河野浩二

    癌と化学療法   45 ( 10 )   1510 - 1512   2018年10月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic impact of preoperative lymphocyte-to-monocyte ratio in patients with colorectal cancer with special reference to myeloid-derived suppressor cells.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Hayase S, Sakamoto W, Okayama H, Fujita S, Saito M, Momma T, Ohki S, Kono K

    Fukushima journal of medical science   64 ( 2 )   64 - 72   2018年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2018-10

  • Immunotherapy for esophageal squamous cell carcinoma: a review.

    Mimura K, Yamada L, Ujiie D, Hayase S, Tada T, Hanayama H, Thar Min AK, Shibata M, Momma T, Saze Z, Ohki S, Kono K

    Fukushima journal of medical science   64 ( 2 )   46 - 53   2018年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum transthyretin level is associated with prognosis of patients with gastric cancer.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Okayama H, Saito M, Momma T, Ohki S, Kono K

    Journal of Surgical Research   227   145 - 150   2018年7月( ISSN:00224804

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jss.2018.02.035

  • Clinical significance of serum transthyretin level in patients with hepatocellular carcinoma.

    Shimura T, Shibata M, Kofunato Y, Okada R, Ishigame T, Kimura T, Kenjo A, Marubashi S

    ANZ journal of surgery   2018年3月( ISSN:1445-1433

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/ans.14458

    PubMed

  • Augmentation of antibody-dependent cellular cytotoxicity with defucosylated monoclonal antibodies in patients with GI-tract cancer.

    Nakajima T, Okayama H, Ashizawa M, Noda M, Aoto K, Saito M, Monma T, Ohki S, Shibata M, Takenoshita S, Kono K

    Oncology letters   15 ( 2 )   2604 - 2610   2018年2月( ISSN:1792-1074

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ol.2017.7556

    PubMed

  • 【腫瘍制御にかかわる各種細胞群】 骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)と腫瘍制御

    柴田 昌彦, 権田 憲士, 三村 耕作, 河野 浩二, 大戸 斉, 竹之下 誠一

    炎症と免疫   26 ( 2 )   115 - 121   2018年2月( ISSN:0918-8371

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Current status of cancer immunotherapy for esophageal squamous cell carcinoma

    Kono K., Mimura K., Yamada R., Ujiie D., Hayase S., Tada T., Hanayama H., Min A., Shibata M., Momma T., Saze Z., Ohki S.

    Esophagus   15 ( 1 )   2018年1月( ISSN:16129059

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10388-017-0596-2

  • Current status of cancer immunotherapy for esophageal squamous cell carcinoma.

    Kono K, Mimura K, Yamada L, Ujiie D, Hayase S, Tada T, Hanayama H, Min AKT, Shibata M, Momma T, Saze Z, Ohki S

    Esophagus   15 ( 1 )   1 - 9   2018年1月( ISSN:1612-9059

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SIRS, CARS and MARS in relationship to cancer cachexia and its clinical implications.

    Shibata M, Gonda K, Shimura T, Sakurai K, Takenoshita S

    Annals of Cancer Research and Therapy   26 ( 1 )   54 - 59   2018年1月( ISSN:1344-6835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A case of clinical complete response of colorectal liver metastasis following chemotherapy with S-1 and oxaliplatin (SOX) in combination with bevacizumab

    Azuhata T, Shibata S, Nakamura K, Kawano D, Terakado Y, Azuhata I, Sakurai A, Yamada T, Sugita K, Tomita R, Tsuyama Y, Tanjoh K, Azuhata S

    Annals of Cancer Research and Therapy   26 ( 2 )   101 - 104   2018年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of serum transthyretin level in patients with hepatocellular carcinoma.

    Shimura T, Shibata M, Kofunato Y, Okada R, Ishigame T, Kimura T, Kenjo A, Marubashi S.

    ANZ J Surg   88 ( 12 )   1328 - 1332   2018年

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • IL-17 and VEGF are increased and correlated to systemic inflammation, immune suppression, and malnutrition in patients with breast cancer

    Tachibana K., Shibata M., Gonda K., Matsumoto Y., Nakajima T., Abe N., Ohtake T., Ohto H., Kono K., Takenoshita S.

    European Journal of Inflammation   15 ( 3 )   219 - 228   2017年12月( ISSN:1721727X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1177/1721727X17739514

  • Elevated neutrophil-to-lymphocyte ratio is associated with nutritional impairment, immune suppression, resistance to S-1 plus cisplatin, and poor prognosis in patients with stage IV gastric cancer.

    Gonda K, Shibata M, Sato Y, Washio M, Takeshita H, Shigeta H, Ogura M, Oka S, Sakuramoto S

    Molecular and clinical oncology   7 ( 6 )   1073 - 1078   2017年12月( ISSN:2049-9450

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/mco.2017.1438

    PubMed

  • 癌免疫カンファレンスルーム(第2回) 癌患者で起きている生体の変化

    柴田 昌彦

    消化器外科   40 ( 11 )   1575 - 1580   2017年10月( ISSN:0387-2645

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 化学療法によりpCRが得られた直腸癌の2症例

    権田 憲士, 立谷 陽介, 畠山 優一, 柴田 昌彦, 河野 浩二, 六角 裕一

    癌と化学療法   44 ( 10 )   944 - 946   2017年10月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 長期生存を認めた原発不明癌の3症例

    権田 憲士, 柴田 昌彦, 安田 政実, 立谷 陽介, 畠山 優一, 河野 浩二, 六角 裕一

    癌と化学療法   44 ( 10 )   950 - 952   2017年10月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical Significance of Soluble Intercellular Adhesion Molecule-1 and Interleukin-6 in Patients with Extrahepatic Cholangiocarcinoma.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Kofunato Y, Okada R, Ishigame T, Kimura T, Kenjo A, Marubashi S, Kono K, Takenoshita S

    Journal of investigative surgery : the official journal of the Academy of Surgical Research   1 - 8   2017年9月( ISSN:0894-1939

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1080/08941939.2017.1358310

    PubMed

  • Significance of Circulating Galectin-3 in Patients with Pancreatobiliary Cancer.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Kofunato Y, Okada R, Ishigame T, Kimura T, Kenjo A, Kono K, Marubashi S

    Anticancer research   37 ( 9 )   4979 - 4986   2017年9月( ISSN:0250-7005

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.21873/anticanres.11909

    PubMed

  • Myeloid-derived suppressor cells are increased and correlated with type 2 immune responses, malnutrition, inflammation, and poor prognosis in patients with breast cancer.

    Gonda K, Shibata M, Ohtake T, Matsumoto Y, Tachibana K, Abe N, Ohto H, Sakurai K, Takenoshita S

    Oncology letters   14 ( 2 )   1766 - 1774   2017年8月( ISSN:1792-1074

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ol.2017.6305

    PubMed

  • IL-17 and VEGF are significantly associated with disease progression involving systemic inflammation in patients with gastric and colorectal cancers(和訳中)

    Minamikawa Kazuo, Shibata Masahiko, Gonda Kenji, Ujiie Daisuke, Ashizawa Mai, Nakajima Takahiro, Okayama Hirokazu, Sakamoto Wataru, Saito Motonobu, Momma Tomoyuki, Mimura Kousaku, Ohki Shinji, Shimura Tatsuo, Ohto Hitoshi, Takenoshita Seiichi, Kono Koji

    Annals of Cancer Research and Therapy   25 ( 2 )   67 - 76   2017年8月( ISSN:1344-6835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Increased neutrophil-to-lymphocyte ratio is a novel marker for nutrition, inflammation and chemotherapy outcome in patients with locally advanced and metastatic esophageal squamous cell carcinoma.

    Sato Y, Gonda K, Harada M, Tanisaka Y, Arai S, Mashimo Y, Iwano H, Sato H, Ryozawa S, Takahashi T, Sakuramoto S, Shibata M

    Biomedical reports   7 ( 1 )   79 - 84   2017年7月( ISSN:2049-9434

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/br.2017.924

    PubMed

  • IL-17 and VEGF are significantly associated with disease progression involving systemic inflammation in patients with gastric and colorectal cancers

    Minamikawa K., Shibata M., Gonda K., Ujiie D., Ashizawa M., Nakajima T., Okayama H., Sakamoto W., Saito M., Momma T., Mimura K., Ohki S., Shimura T., Ohto H., Takenoshita S., Kono K.

    Annals of Cancer Research and Therapy   25 ( 2 )   67 - 76   2017年1月( ISSN:13446835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4993/acrt.25.67

  • 肝胆膵癌における血中galectin-3の意義

    志村 龍男, 柴田 昌彦, 小船戸 康英, 石亀 輝英, 岡田 良, 木村 隆, 見城 明, 丸橋 繁, 大木 進司, 河野 浩二, 竹之下 誠一

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 4 )   633 - 637   2017年( ISSN:1345-2843

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3919/jjsa.78.633

  • Chapter 14, Systemic Inflammation causing multiple clinical symptoms in gastrointestinal cancer.

    Shibata M, Gonda K, Takenoshita S.

    In Gastrointestinal Cancers vol.2 (Kumar AK and Prasad S ed) Nova Science Publishers, New York   311 - 323   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 癌免疫カンファレンスルーム、連載の開始にあたって

    柴田昌彦, 河野浩二

    消化器外科   40 ( 10 )   1474 - 1476   2017年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between circulating galectin-3 levels and the immunological, inflammatory and nutritional parameters in patients with colorectal cancer.

    Shimura T, Shibata M, Gonda K, Nakajima T, Chida S, Noda M, Suzuki S, Nakamura I, Ohki S, Takenoshita S

    Biomedical reports   5 ( 2 )   203 - 207   2016年8月( ISSN:2049-9434

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/br.2016.696

    PubMed

  • ステージIV食道癌患者における血中ガレクチン-3は血管新生因子および全身性炎症指標と相関する(Circulating galectin-3 correlates with angiogenetic factors and indicators of systemic inflammation in patients with stage IV esophageal cancer)

    Shimura Tatsuo, Shibata Masahiko, Gonda Kenji, Nakajima Takahiro, Chida Shun, Noda Masaru, Suzuki Satoshi, Nakamura Izumi, Ohki Shinji, Takenoshita Seiichi

    Annals of Cancer Research and Therapy   24 ( 1 )   30 - 34   2016年5月( ISSN:1344-6835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 血清ガレクチン-3値上昇は大腸癌患者の予後不良と関連している(Elevated serum galectin-3 is associated with poor prognosis in patients with colorectal carcinoma)

    Shimura Tatsuo, Shibata Masahiko, Gonda Kenji, Nakajima Takahiro, Chida Shun, Noda Masaru, Suzuki Satoshi, Nakamura Izumi, Ohki Shinji, Takenoshita Seiichi

    Annals of Cancer Research and Therapy   24 ( 1 )   12 - 16   2016年5月( ISSN:1344-6835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 血中ガレクチン-3は甲状腺癌患者における血管新生因子、栄養状態指標、全身性炎症と相関する(Circulating galectin-3 correlates with angiogenetic factors, indicators of nutritional condition and systemic inflammation in patients with thyroid cancer)

    Shimura Tatsuo, Shibata Masahiko, Gonda Kenji, Nakajima Takahiro, Chida Shun, Noda Masaru, Suzuki Satoshi, Nakamura Izumi, Nakano Keiichi, Fukushima Toshihiko, Suzuki Shinichi, Takenoshita Seiichi

    Annals of Cancer Research and Therapy   24 ( 1 )   35 - 40   2016年5月( ISSN:1344-6835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Circulating galectin-3 correlates with angiogenetic factors and indicators of systemic inflammation in patients with stage IV esophageal cancer

    Shimura T., Shibata M., Gonda K., Nakajima T., Chida S., Noda M., Suzuki S., Nakamura I., Ohki S., Takenoshita S.

    Annals of Cancer Research and Therapy   24 ( 1 )   30 - 34   2016年3月( ISSN:13446835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4993/acrt.24.30

  • Circulating galectin-3 correlates with angiogenetic factors, indicators of nutritional condition and systemic inflammation in patients with thyroid cancer

    Shimura T., Shibata M., Gonda K., Nakajima T., Chida S., Noda M., Suzuki S., Nakamura I., Nakano K., Fukushima T., Suzuki S., Takenoshita S.

    Annals of Cancer Research and Therapy   24 ( 1 )   35 - 40   2016年3月( ISSN:13446835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4993/acrt.24.35

  • MDSC: Myeloid-derived suppressor cells

    Shibata M., Gonda K., Takenoshita S.

    Immunotherapy of Cancer: An Innovative Treatment Comes of Age   323 - 334   2016年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/978-4-431-55031-0_22

  • Elevated serum galectin-3 is associated with poor prognosis in patients with colorectal carcinoma

    Shimura T., Shibata M., Gonda K., Nakajima T., Chida S., Noda M., Suzuki S., Nakamura I., Ohki S., Takenoshita S.

    Annals of Cancer Research and Therapy   24 ( 1 )   12 - 16   2016年1月( ISSN:13446835

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4993/acrt.24.12

  • Systemic inflammation causing multiple clinical symptoms in gastrointestinal cancer

    Shibata M., Gonda K., Takenoshita S.

    Gastrointestinal Cancers: Prevention, Detection and Treatment   2   311 - 324   2016年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Effect of Guidance regarding Home Exercise and ADL on Adolescent Females Suffering from Adverse Effects after HPV Vaccination in Japanese Multidisciplinary Pain Centers.

    Ushida T, Shibata M, Kitahara M, Yabuki S, Sumitani M, Murakami T, Iseki M, Hosoi M, Shiokawa H, Tetsunaga T, Nishie H, Fukui S, Kawasaki M, Inoue S, Nishihara M, Aono S, Ikemoto T, Kawai T, Arai YC

    Pain research & management   2016   3689352   2016年( ISSN:1203-6765

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1155/2016/3689352

    PubMed

  • 進行がんにおける免疫抑制システムとその制御について

    柴田 昌彦

    日本外科系連合学会誌   40 ( 4 )   840 - 842   2015年8月( ISSN:0385-7883

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Our contrivances to diminish complications after pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy.

    Shimura T, Suzuki H, Araki K, Kobayashi T, Yashima R, Kohunato Y, Okada R, Shibata M, Kuwano H, Takenoshita S

    International surgery   100 ( 5 )   882 - 90   2015年5月( ISSN:0020-8868

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.9738/INTSURG-D-14-00246.1

    PubMed

  • 【免疫力が変えるがんの治療・再発予防効果 次世代がん治療として世界中が注目する免疫療法について、専門家16人が語る最新ガイド】 がんと免疫 基本と最新情報 免疫抑制の最新研究動向

    柴田 昌彦

    ライフライン21がんの先進医療   別冊   18 - 21   2015年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cachexia, immunological participation

    Shibata M., Gonda K.

    International Journal of Cancer Research and Prevention   8 ( 3 )   367 - 376   2015年1月( ISSN:15541134

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • OP-062-5 乳癌患者における細胞性免疫能の抑制状態と化学療法による改善効果(OP-062 乳腺 基礎,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    権田 憲士, 柴田 昌彦, 大竹 徹, 渡辺 久美子, 吉田 清香, 松本 佳子, 中島 隆弘, 志村 龍男, 櫻井 健一, 隈元 謙介, 鈴木 眞一, 竹之下 誠一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-178-8 癌患者の血中VEGF濃度とMDSCが関与する免疫抑制メカニズムの検討(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    柴田 昌彦, 権田 憲士, 中島 隆宏, 松本 佳子, 管家 康之, 鈴志野 聖子, 中村 泉, 隈元 謙介, 志村 龍男, 竹之下 誠一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-137-3 胃癌における幽門側胃切除術後におけるQOLと空腹期強収縮帯との関連について(PS-137 胃 その他-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    富田 涼一, 櫻井 健一, 藤崎 滋, 朴 英智, 柴田 昌彦

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum levels of rapid turnover proteins are decreased and related to systemic inflammation in patients with ovarian cancer.

    Watanabe T, Shibata M, Nishiyama H, Soeda S, Furukawa S, Gonda K, Takenoshita S, Fujimori K

    Oncology letters   7 ( 2 )   373 - 377   2014年2月( ISSN:1792-1074

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ol.2013.1735

    PubMed

  • [Immunological cell therapy].

    Shibata M., Gonda K., Kumamoto K., Takenoshita S.

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   72 ( 1 )   42 - 48   2014年1月( ISSN:00471852

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Immunological cell therapy].

    Shibata M, Gonda K, Kumamoto K, Takenoshita S

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   72 ( 1 )   42 - 8   2014年1月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 【大腸癌の最新治療-治癒に向けた最先端研究-】 基礎研究 免疫細胞療法

    柴田 昌彦, 権田 憲士, 隈元 謙介, 竹之下 誠一

    日本臨床   72 ( 1 )   42 - 48   2014年1月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 潰瘍性大腸炎に対するJ型結腸嚢肛門吻合後の小児患者における仙骨運動神経末端潜時(Sacral Nerve Terminal Motor Latency in Child Patients after Ileal J-Pouch-Anal Anastomosis for Ulcerative Colitis)

    Tomita Ryouichi, Sugito Kiminobu, Inoue Mikiya, Ikeda Taro, Sakurai Kenichi, Fujisaki Shigeru, Park Eichi, Koshinaga Tsugumichi, Shibata Masahiko

    日本臨床生理学会雑誌   43 ( 4・6 )   147 - 150   2013年12月( ISSN:0286-7052

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Immunosuppression involving increased myeloid-derived suppressor cell levels, systemic inflammation and hypoalbuminemia are present in patients with anaplastic thyroid cancer.

    Suzuki S, Shibata M, Gonda K, Kanke Y, Ashizawa M, Ujiie D, Suzushino S, Nakano K, Fukushima T, Sakurai K, Tomita R, Kumamoto K, Takenoshita S

    Molecular and clinical oncology   1 ( 6 )   959 - 964   2013年11月( ISSN:2049-9450

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/mco.2013.170

    PubMed

  • 大腸癌局所再発による悪性小腸イレウスの検討

    富田 凉一, 藤崎 滋, 櫻井 健一, 杉藤 公信, 越永 従道, 柴田 昌彦

    癌と化学療法   40 ( 12 )   1942 - 1943   2013年11月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum levels of vascular endothelial growth factor are increased and correlate with malnutrition, immunosuppression involving MDSCs and systemic inflammation in patients with cancer of the digestive system

    Nakamura I., Shibata M., Gonda K., Yazawa T., Shimura T., Anazawa T., Suzuki S., Sakurai K., Koyama Y., Ohto H., Tomita R., Gotoh M., Takenoshita S.

    Oncology Letters   5 ( 5 )   1682 - 1686   2013年10月( ISSN:17921074

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ol.2013.1231

  • 【免疫療法と免疫抑制細胞】 急速に進歩する「新時代のがん免疫治療」 免疫抑制からの脱却による「がん治療の展望」

    柴田 昌彦

    ライフライン21がんの先進医療   10   40 - 43   2013年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-202-5 消化器癌患者の栄養障害とその免疫メカニズムの検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    柴田 昌彦, 矢澤 貴, 権田 憲士, 穴沢 貴行, 木村 隆, 見城 明, 鈴木 聡, 中村 泉, 大木 進司, 土屋 貴男, 志村 龍男, 後藤 満一, 竹之下 誠一

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-318-5 超高齢者大腸癌手術における問題点とCR-POSSUMの有用性に関する検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    大木 進司, 氏家 大輔, 菅家 康之, 矢澤 貴, 門馬 智之, 鈴木 聡, 中村 泉, 小山 善久, 鈴木 眞一, 柴田 昌彦, 竹之下 誠一

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-300-3 合併症の有無からみた80歳以上高齢者胃癌切除例の検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    富田 凍一, 藤崎 滋, 櫻井 健一, 朴 英智, 柴田 昌彦

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-256-4 消化器癌患者の細胞性免疫能と栄養におけるIL-17の関与(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    矢澤 貴, 柴田 昌彦, 権田 憲士, 鈴木 聡, 木村 隆, 八島 玲, 中村 泉, 見城 明, 土屋 貴男, 大木 進司, 志村 龍男, 小山 善久, 後藤 満一, 竹之下 誠一

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-256-2 消化器癌の進展における好中球/リンパ球比との栄養状態と免疫動態の関連(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    権田 憲士, 柴田 昌彦, 志村 龍男, 中村 泉, 鈴木 聡, 門馬 智之, 矢澤 貴, 大木 進司, 竹之下 誠一

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月( ISSN:18801129

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Elevated serum levels of vascular endothelial growth factor is effective as a marker for malnutrition and inflammation in patients with ovarian cancer.

    Watanabe T, Shibata M, Nishiyama H, Soeda S, Furukawa S, Gonda K, Takenoshita S, Fujimori K

    Biomedical reports   1 ( 2 )   197 - 201   2013年3月( ISSN:2049-9434

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/br.2013.54

    PubMed

  • 実験講座 myeloid-derived suppressor cells(骨髄由来免疫抑制細胞:MDSCs)の同定と機能解析

    柴田 昌彦, 権田 憲士, 竹之下 誠一

    Surgery Frontier   20 ( 1 )   85 - 89   2013年3月( ISSN:1340-5594

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌患者でのMyeloid-derived suppressor cellと化学療法の効果

    権田憲士、柴田昌彦、大竹 徹、安田満彦、伊藤 淳、渡辺久美子、石井舞子、竹之下誠一

    乳癌の臨床   26 ( 6 )   51 - 54   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 進行・再発大腸癌に対するPSKを併用したFOLFOX4の効果と副作用

    柴田昌彦、志村龍男、仁科有美子、権田憲士、松尾定憲、阿部英雄、矢嶋幸浩、中村泉、大木進司、竹之下誠一

    癌と化学療法   38 ( 5 )   797 - 801   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 迷走神経温存からみた幽門輪温存幽門側胃切除術の病態

    富田凉一、藤崎滋、杉藤公信、池田太郎、櫻井健一、越永従道、柴田昌彦

    日本臨床生理学会雑誌   40 ( 6 )   231 - 234   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • オキサリプラチンによる末梢神経障害の原因と対策-免疫学的な観点を中心に-

    柴田昌彦、志村龍男、権田憲士、中村 泉、大木進司、櫻井健一、富田凉一、竹之下誠一

    癌の臨床   56 ( 8 )   607 - 613   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Study of segmental colonic transit time in healthy men.

    Tomita R, Igarashi S, Ikeda T, Sugito K, Sakurai K, Fujisaki S, Koshinaga T, Shibata M

    Hepatogastroenterology   58   1519 - 1522   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Interleukin-12によるtype1, type2免疫反応誘導の検討

    権田憲士、柴田昌彦、志村龍男、櫻井健一、富田凉一、大戸 斉、竹之下誠一

    Biotherapy   25 ( 4 )   779 - 784   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 豊胸術後の右乳房生理食塩水バッグ破裂を認めた1症例

    富田凉一、藤崎 滋、櫻井健一、杉藤公信、越永従道、柴田昌彦

    Therapeutic Research   32 ( 9 )   1187 - 1189   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 膵Solid and cystic tumorの質的診断について

    平野智寛、櫻井健一、藤崎滋、植田雄一、長島沙樹、和賀瑛子、前田哲代、柴田昌彦、榎本克久、天野定雄、杉谷雅彦、堀井有尚、小川勝由、上田仁

    板橋区医師会医学会誌   16   300 - 303   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 乳腺髄様癌の1例

    櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、平野智寛、前田哲代、植田雄一、柴田昌彦、榎本克久、天野定雄、杉谷雅彦、堀井有尚、小川勝由、上田仁

    板橋区医師会医学会誌   16   284 - 287   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 乳管内進展を伴う乳腺管状癌の1例

    植田雄一、櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、和賀瑛子、平野智寛、前田哲代、柴田昌彦、榎本克久、天野定雄、杉谷雅彦、堀井有尚、小川勝由、植田仁

    板橋区医師会医学会誌   16   296 - 299   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 術後無再発生存中の骨・軟骨化生を伴う乳癌の1例

    長島沙樹、櫻井健一、藤崎滋、植田雄一、和賀瑛子、平野智寛、前田哲代、柴田昌彦、榎本克久、天野定雄、杉谷雅彦、堀井有尚、小川勝由、上田仁

    板橋区医師会医学会誌   16   288 - 291   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 3年9カ月の経過を経て発見された乳腺アポクリン癌の1例

    和賀瑛子、櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、植田雄一、平野智寛、前田哲代、柴田昌彦、榎本克久、天野定雄、杉谷雅彦、堀井有尚、小川勝由、上田仁

    板橋区医師会医学会誌   16   292 - 295   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 大腸憩室症の病態生理

    富田凉一、藤崎滋、杉藤公信、池田太郎、櫻井健一、越永従道、柴田昌彦、丹正勝久

    日大医学雑誌   70 ( 5 )   226 - 229   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 長期観察結果からみた乳癌術後化学療法とホルモン療法におけるIndoleamine 2,3-dioxygenase発現について

    櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、柴田昌彦、前田哲代、植田雄一、原由紀子、榎本克久、天野定雄

    癌と化学療法   38 ( 12 )   1930 - 1932   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 甲状腺癌におけるIndoleamine 2,3-dioxygenaseの関与

    櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、柴田昌彦、前田哲代、植田雄一、原由紀子、榎本克久、天野定雄

    癌と化学療法   38 ( 12 )   1927 - 1929   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 皮膚浸潤を伴う局所進行乳癌(T4b)の病態と予後についての検討

    櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、柴田昌彦、前田哲代、植田雄一、原由紀子、榎本克久、富田凉一、松本京子、天野定雄

    癌と化学療法   38 ( 12 )   2078 - 2080   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 乳癌術後皮膚再発病変に対する局所療法としての手術の有用性について

    櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、柴田昌彦、鈴木周平、原由紀子、榎本克久、富田凉一、松本京子、天野定雄

    癌と化学療法   38 ( 12 )   2005 - 2008   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 若年未婚女性の甲状腺乳頭癌に対する治療方針について

    長島沙樹、 櫻井健一、藤崎滋、鈴木周平、柴田昌彦、富田凉一、原由紀子、榎本克久、松本京子、天野定雄

    癌と化学療法   38 ( 12 )   2002 - 2004   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 巨大リンパ節転移が発券の契機となった非触知乳癌の一例

    原由紀子、櫻井健一、藤崎滋、長島沙樹、鈴木周平、柴田昌彦、富田凉一、榎本克久、松本京子、天野定雄

    癌と化学療法   38 ( 12 )   2014 - 2016   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 皮膚浸潤を伴う超高齢者局所進行乳癌に対する局所療法としての手術について

    鈴木周平、櫻井健一、原由紀子、藤崎滋、長島沙樹、柴田昌彦、富田凉一、榎本克久、松本京子、天野定雄

    癌と化学療法   38 ( 12 )   2011 - 2013   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No9

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 1 )   27   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.10

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 2 )   22   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.11

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 3 )   19   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.12

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 4 )   19   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.13

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 5 )   21   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.14

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 8 )   13 - 14   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • がんと栄養いろいろ

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News   3 ( 6 )   1   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.15

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 9 )   13 - 14   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.16

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 10 )   13 - 14   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.17

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News   3 ( 11 )   13 - 14   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 悪液質と免疫異常(連載)No.18

    柴田昌彦

    福山医療センターだより(FMC News)   3 ( 12 )   13 - 14   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • がん免疫ぺデイア(吉村 清編)

    吉村清( 範囲: 基礎編2章がん微小環境 2.MDSC(骨髄由来抑制細胞))

    株式会社羊土社  2022年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:83-84   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • 新しい手術のモダリティー

    桑野博行( 範囲: Q23. 膵がん)

    総合医学社  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:志村龍男、柴田昌彦、桑野博行  

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • アカラシアを合併した進行食道癌に対して術前化学療法後に切除し得た一例

    第61回日本癌治療学会学術集会   2023年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

  • MDSC is an important immunosuppressing factor and functionally related with VEGF and IL-17 in patients with gastrointestinal cancer.

    ESMO Immuno-Oncology Congress 2019  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • 科学的根拠に基づいたがん免疫療法の評価とPublicity(班の活動報告)

    第32回日本バイオセラピィ学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • 癌治療アウトカムからの炎症と宿主要因を考慮する

    第81回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • VEGFとIL-17の制御を併用した癌免疫療法

    第57回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 直腸原発gastrointestinal stromal tumorの3切除例

    第57回日本癌治療学会学術集会   2019年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 再発大腸がん治療中、複数の膠原病が発症した1例

    第57回日本癌治療学会学術集会   2019年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • Barrett食道癌の臨床病理学的特徴と治療戦略

    第57回日本癌治療学会学術集会   2019年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 外科における癌患者のHost Factor研究の重要性

    第119回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  • 胃癌患者における免疫抑制と予後の検討

    第119回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  • StageII 大腸癌における根治切除後再発予測バイ オマーカーの同定

    第119回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  • 大腸癌予後因子としてのLymphocyte-to-Monocyte Ratioの有用性:myeloid-derived suppressor cellsとの関連において

    第15回日本消化管学会総会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

  • 胃癌美容環境におけるPD-L1/PD-L2の発現機構について

    第31回日本バイオセラピィ学会   2018年12月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

  • 食道癌におけるリンパ球幼若化能の予後因子としての役割とIL-17, MDSC, VEGF との関連

    第56回日本癌治療学会学術集会   2018年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

  • 胃癌におけるPD-L1/PD-L2 の発現機構と抗PD-1 抗体適応症例の検討

    第56回日本癌治療学会学術集会   2018年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

  • 腫瘍免疫と炎症

    第56回日本癌治療学会学術集会   2018年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

  • 食道癌患者における末梢血骨髄由来免疫抑制細胞 (MDSC) と予 後の検討

    第73回日本消化器外科学会総会   2018年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • 消化器癌患者における免疫異常に関連する栄養障害の検討

    第73回日本消化器外科学会総会   2018年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • 肝癌における血中 transthyrenin (prealbumin) の意義

    第73回日本消化器外科学会総会   2018年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • 食道癌患者における低栄養、炎症と免疫抑制細胞の関わりと予後の検討

    第72回日本食道学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • INFERIOR MESENTERIC ARTERY SHEATH PRESERVING-LEFT COLIC ARTERY PRSERVING D3 LYMPHADENECTOMY FOR RECTAL CANCER -FEASIBILITY OF THE TECHNIQUE FROM PATHOLOGICAL POINT OF VIEW-

    The Society for Surgery of the Alimentary Tact 59th ANNUAL MEETHING   2018年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年8月

  • Myeloid-derived Suppressor Cell are Increased and Correlated with Malnutrition, Inflammation and Poor Prognosis in Patients with Esophagus Cancer

    26th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 放射線化学療法を行った食道癌患者の予後における宿主免疫能の影響

    第39回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 血中transthyretin(prealbumin)は非小細胞肺癌の予後因子である

    第39回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 化学療法に伴う腫瘍特異的免疫応答を用いた新たな乳がん治療の開発

    第39回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 傍腫瘍性小脳変性症に直腸癌を合併した1症例

    第39回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 大腸癌再発症例にafliberceptを投与しPRを得た症例

    第39回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 遺伝性乳癌におけるMDSC(myeloid-suppressor cells)の検討

    第39回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 胃癌局所微小環境における癌細胞のPD-L1発現機構について

    第39回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 大腸癌患者の予後における炎症と関連分子バイオマーカーとしてのVEGF,IL-17の検討

    第118回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

  • がん患者に対する栄養法の意義と可能性

    第118回日本外科学会定期学術集会   2018年4月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

  • 胃癌における抗PD-1/抗PD-L1抗体適応症例の検討

    第118回日本外科学会定期学術集会   2018年4月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

  • Stage4胃癌患者における炎症指標NLR値の化学療法と栄養障害の検討

    第90回日本胃癌学会総会   2018年3月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

  • 胃癌における免疫チェックポイント阻害剤による治療の可能性

    第90回日本胃癌学会総会   2018年3月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

  • 大腸癌化学療法の効果における全身性炎症の関与と炎症関連分子の検討

    第14回日本消化管学会総会学術集会   2018年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

  • 胃癌患者における血清transthyretin濃度の意義

    第14回日本消化管学会総会学術集会   2018年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

  • Correlation of IL-17 with immune suppression involving MDSC,malnutrition,and prognosis in patients with gastric and colorectal cancer.

    ASCO-SITC CLINICAL IMMUNO-ONCOROGY SIMPOSIUM  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

  • Correlation of VEGF with immune suppression involving MDSC,malnutrition,and prrognosis in patients with gastric and colorectal cancer.

    Gastrointestinal Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

  • Increased Neutrophil-to-lymphocyte Ratio is a Novel Marker for Inflammation and Chemotherapy Outcome in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma

    BIT’s 2nd Annual World Congress of Digestive Disease (WCDD-2017)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • 胃癌患者の予後における炎症と関連分子バイオマーカーとしてのVEGF, IL-17の検討

    第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会   2017年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

  • 食道扁平上皮癌における化学放射線療法と抗PD-1/抗PD-L1抗体併用療法の可能性について

    第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会   2017年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

  • 常染色体優性遺伝性多発性嚢胞腎に合併した乳癌の1症例

    第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会   2017年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

  • 異時性大腸癌術後肺転移の高齢者にTS-1単独投与でCRが得られた1症例

    第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会   2017年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

  • 消化器癌患者における炎症指標Neutrophil/lymphocyte ratio (NLR)値の化学療法における検討

    第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会   2017年12月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

  • 慢性炎症と消化器癌-特にgalectin-3との関連

    第59回日本消化器病学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • 大腸癌が重複した異所性異時性の再発副乳癌の1症例

    第39回日本癌局所療法研究会   2017年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

  • 消化管・膵神経内分泌癌(Neuroendcrine carcinoma:NEC)10症例と消化管神経内分泌性腫瘍(Neuroendcrine tumor:NET)2症例の化学療法の経験

    第26回日本癌病態治療研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

  • 膵癌における血清中galectin-3濃度の意義

    第38回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • 化学療法によりCRが得られた直腸癌の2例

    第38回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • 長期生存を認めた原発不明癌の3症例

    第38回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • 消化管癌患者における脱フコシル化抗体を用いたADCC活性の解析

    第38回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • 大動脈解離と好中球・リンパ球比の予後予測因子の検討

    第4回日本臨床外科学会福島県支部学術集会   2017年5月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • 癌患者の免疫異常、そこに見えるのは?

    平成22年度日本歯科大学大学院生命歯学研究科セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • 乳癌患者におけるMDSCの検討

    第24回日本バイオセラピー学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • (ワークショップ)癌患者におけるMDSCと全身性炎症反応の検討

    第24回日本バイオセラピー学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • Are there any functional differences of the enteric nervous system between the right-sided diverticular colon and the left-sided diverticular colon? 

    13th Congress of Asia Pacific Federation of Coloproctology (APFCP)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • 若年者胃癌における低分化腺癌と印環細胞癌の検討

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 癌患者における骨髄由来免疫抑制細胞MDSCの検討

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 乳癌術後皮膚再発病変に対する手術療法について

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 巨大インスリノーマの一切除例

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • アロマターゼ阻害薬耐性の転移再発乳癌に対する化学内分泌治療について

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • Paclitaxel不応の転移再発乳癌におけるDocetaxelの有効性について

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 人間ドックを含む職域健診受信後の乳房2次検診の問題点について

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 炎症性皮膚再発に対して低容量化学療法が奏効した高齢者乳癌の1例

    第73回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 癌患者の栄養と免疫能の関わり

    第10回さいたま栄養治療を考える会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • がん患者における免疫抑制と炎症の関連について

    第18回免疫細胞療法研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 食道癌に対する放射線化学療法の効果予測因子としてのInhibitor of Growth 2(ING2)の可能性

    第49回 日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 癌患者における骨髄由来免疫抑制細胞MDSCの検討 

    第49回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 乳癌における免疫抑制細胞MDSC(myeloid-derived suppressor cells)の検討

    第49回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 急性胆嚢炎術後に胆嚢癌と診断され加療した症例の検討

    第49回 日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 超高齢者乳癌に対する超音波検査の有用性について

    第49回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • AI剤耐性の転移・再発乳癌に対する化学内分泌療法について

    第49回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 若年者胃癌における印鑑細胞癌の臨床病理学的検討

    第49回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 治療方針に難渋した出産前の若年未婚女性における甲状腺乳頭癌の1例

    第49回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 乳癌患者のMDSCの検討

    第7回免疫アジュバント研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 癌患者の免疫動態におけるTH17と骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)の関与について

    第7回免疫アジュバント研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 閉経期乳癌における科学内分泌療法後の投与薬による月経回復状況の差違について

    第70回日本癌学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • Th17 and MDSC (myeloid^derived suppressor cells) influences an immune reaction in patients with cancer.  English Oral Session

    第70回日本癌学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • Myeloid Derived suppressor cells in breast cancer. 

    第70回日本癌学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 癌の免疫と栄養。その正体は?

    消化器癌治療学術講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • Appraisal of antecolic vertical duodenojejunostomy with internal stent and wrapping in pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy.

    International Surgical Week  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • Compensatory anti-inflammatory response syndrme (CARS) is present in cachectic patients with gastric and colorectal cancer and correlates ti nutritional impairment, immune suppression and poor prognosis.

    International Surgical week  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • Sacral motor nerve terminal latency in patients after low anterior resection for rectal cancer.

    International Surgical Week  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • Correlation of preoperative serum CA15-3 levels with other prognostic factors and recurrence of breast cancer

    International Surgical week  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • The combined effect of paclitaxel and toremifene therapy for estrogen receptor positive and aromatase inhibitor resistant metastatic breast cancer.

    International surgical week  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • Measuring of Indoleamine 2,3-dioxygenase activity during chemotherapy in patients with breast cancer.

    International Surgical Week  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • Studies on anorectal manometry in patients after low anterior resection for rectal cancer. 

    International Surgical Week  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術における合併症対策と入院期間短縮への挑戦

    第66回日本消化器外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

  • International Session-3 Compensatory anti-inflammatory response syndrome (CARS) is present in cachectic patients with gastric and colorectal cancer and correlates to nutritional impairment, immune suppression and poor prognosis

    日本外科代謝栄養学会第48回学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

  • ホストを意識したがん治療

    ひいらぎの会 講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

  • 癌患者における骨髄由来免疫抑制細胞MDSCの検討

    第21回日本樹状細胞研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

  • 二次性に化膿性胆管炎をきたし肝切除術を行ったIgG4関連硬化性胆管炎の1例

    第21回東北肝臓外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

  • 胆嚢原発線維肉腫の1切除例

    第23回日本肝胆膵外科学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

  • Systemic pro- and anti-inflammatory responses in cachectic patients with gastric and colorectal cancer correlates with nutritional impairment, immune suppression and poor prognosis

    2011 ASCO Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

  • 長期観察結果からみた乳癌術後補助化学療法とホルモン療法におけるIndoleamine 2,3-dioxygenase発現について

    第32回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

  • 癌患者の栄養障害に関連する免疫学的背景とその治療の考察

    第32回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

  • 術前G/L比からみたPSK術前投与の周術期における検討

    第32回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

  • 甲状腺坦癌患者におけるIndoleamine 2,3-dioxygenaseの関与

    第32回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

  • 癌患者の免疫異常と栄養障害

    第126回緩和ケア学習会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

  • 閉経前乳癌における化学内分泌療法後の投与や区における月経回復状況の差異について

    第111回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

  • 癌の免疫・栄養、何が見えている?

    弘前学術講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

  • FOLFOX+PSKの末梢神経障害における効果の検討について-ASCO GI-報告

    沖縄県癌免疫療法学術講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

  • ワークショップ8「QOLを考慮した癌治療戦略」 「PSKの有害事象軽減効果を利用した大腸癌に対する化学療法」

    第7回日本消化管学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

  • 進行消化器癌患者における栄養障害のメカニズムとNSTの課題

    第7回日本消化管学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

  • MENtype1に伴う膵内分泌腫瘍の検討

    第6回NET WORK JAPAN  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

  • Effect of PSK on FOLFOX4-induced peripheral neuropathy and bone marrow suppression in patients with metastatic colorectal cancer.

    2011 ASCO Gastrointestinal cancers Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

  • がん患者さんのサプリメントとの上手な付き合い方

    第13回日本補完代替医療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • シンポジウム2「集学的治療におけるバイオセラピーの意義」 癌患者の宿主免疫能における炎症の介在とその制御の課題

    第23回日本バイオセラピー学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • ワークショップ3「腫瘍免疫逃避機構の解明と克服」  消化器癌に対する免疫療法のアジュバントとしてのInterleukin-12の検討

    第23回日本バイオセラピー学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • 一般演題4(化学療法)

    第23回日本バイオセラピー学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • 胆石イレウスの1例

    第72回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術における再建方法の工夫と高齢者での安全性の検討

    第72回日本臨床外科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • 消化器癌の進展における免疫・栄養動態の検討

    第21回日本消化器癌発生学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • 有効・安全な大腸がん化学療法

    第59回日本農村医学会学術総会 第59回日本農村医学会学術総会 ランチョンセミナー2  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • FOLFOXおよびCapecitabineの副作用に対するPSK併用効果の検討

    第48回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

  • 消化器癌に対する免疫療法のアジュバントとしてのinterleukin-12の可能性

    第17回免疫細胞療法研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

  • 癌悪液質大腸癌もでるにおけるCox-2 阻害剤と化学療法の併用効果

    第69回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • メリットが得られる術後補助化学療法とは    - FOLFOX療法の施行意義 -

    Fukushima Colorectal Cancer Forum (講演)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • Minisymposium 14: Chemotherapy for the colorectal cancer M72 FOLFOX4 is less effective for the patients with hypoalbuminemia or immune impairment Masahiko Shibata, Tatsuo Shimura, Yumiko Nishina, Hideo Abe, Yukihiro Yajima, Seiichi Takenoshita M72 FOLFOX4 is less effective for the patients with hypoalbuminemia or immune impairment

    9th international congress of the Asian Clinical Oncology Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

  • Proposal of vertical gastrojejunostomy and duct-to-mucosa pancreatojejunostomy with omental wrapping after pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy for IPMN.

    9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

  • ワークショップ3抗腫瘍免疫応答の制御と今後の展開

    第19回日本癌病態治療研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

  • 肝外胆管癌予後規定因子の検討

    第19回日本癌病態治療研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

  • W3-5 胃・大腸癌患者におけるInterleukin-12の産生能と反応性の検討

    第19回日本癌病態治療研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

  • 癌と免疫いろいろ

    第一三共株式会社 講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

  • 癌と栄養-宿主免疫能の関連

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • 進行再発大腸癌に対するFOLFOX4およびCapecitabine投与のPSK併用効果の検討

    第31回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • 第31回癌免疫外科研究会

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • 大腸癌に対するCOX-2 Inhibitorの抗癌剤との併用効果の検討

    第31回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • 癌・免疫・栄養枢軸を考慮した治療

    第31回癌免疫外科研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • 癌と栄養いろいろ

    日本歯科大学付属病院 院内講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

  • 阿伎留・大腸癌との5年半

    西多摩医師会講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

▼全件表示