2023/08/08 更新

写真a

ワタナベ ユウジ
渡邉 裕二
WATANABE Yuji
所属
医学部(生命科学・社会医学系) 神経解剖・発生学講座 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位

  • 博士(理学) ( 1994年3月   東京大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 解剖学  / 解剖学一般(含組織学・発生学)

  • ライフサイエンス / 発生生物学  / 発生生物学

  • ライフサイエンス / 神経形態学  / 神経解剖学・神経病理学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / 神経科学一般

学歴

  • 東京大学   理学系研究科   人類学

    - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東京大学   理学部   人類学

    - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • フランス国立細胞分子発生学研究所 博士研究員

    1994年9月 - 1997年11月

  • 東北大学加齢医学研究所 分子神経研究分野 助手

    1997年12月 - 2002年3月

  • 東北大学大学院生命科学研究科脳構築分野 助教

    2002年4月 - 2013年3月

  • 福島県立医科大学医学部 神経解剖•発生学講座 助教

    2013年4月 - 2014年3月

  • 福島県立医科大学   講師

    2017年2月 - 現在

論文

  • Tangentially migrating cells differentiate into stratum griseum central neurons to form tectofugal visual pathway in the developing chick optic tectum / in the Special Issue: Getting Connected: Pathfinding & Synaptogenesis in Neural Development, Evolution and Disease, Part 2

    Yuji Watanabe, Chie Sakuma, Hiroyuki Yaginuma

    Developmental Dynamics   252 ( 8 )   1096 - 1112   2023年2月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : doi.org/10.1002/dvdy.572

  • Visualization of Tangential Cell Migration in the Developing Chick Optic Tectum.

    Yuji Watanabe, Chie Sakuma, Hiroyuki Yaginuma

    Journal of Visualized Experiments   104 ( e58506 )   1 - 8   2018年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : doi:10.3791/58506

    その他リンク : https://www.jove.com/video/58506

  • Dispersing movement of tangential neuronal migration in superficial layers of the developing chick optic tectum.

    Watanabe Y, Sakuma C, Yaginuma H

    Developmental Biology   437 ( 2 )   131 - 139   2018年3月( ISSN:0012-1606

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.ydbio.2018.03.010

    PubMed

  • Tangential cell migration during layer formation of chick optic tectum

    Watanabe Yuji, Yaginuma Hiroyuki

    Development, Growth & Differentiation   57 ( 8 )   539 - 543   2015年9月( ISSN:0012-1592

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/dgd.12238

  • ライブイメージングによる視蓋層形成過程での接線方向移動細胞の研究

    渡邉 裕二、八木沼 洋行

    福島医学雑誌   65 ( 1 )   1 - 5   2015年3月( ISSN:0016-2582

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • NRP1-mediated Sema3A signals coordinate laminar formation in the developing chick optic tectum

    Yuji Watanabe, Chie Sakuma, Hiroyuki Yaginuma

    Development   141 ( 18 )   3572 - 3582   2014年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1242/dev.110205

  • Role of En2 in the tectal laminar formation of chick embryos

    Omi M., Harada H., Watanabe Y., Funahashi J., Nakamura H.

    Development (Cambridge)   141 ( 10 )   2131 - 2138   2014年5月( ISSN:09501991

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1242/dev.102905

  • Three-dimensional imaging of the vasculature in chicken embryo by combination of ultrasonic and photoacoustic imaging

    Sato M, Izumi T, Saijo Y, Watanabe Y, Nakamura H.

    IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   1532 - 1533   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI : 10.1109/ULTSYM.2013.0389

    その他リンク : http://orcid.org/0000-0002-9376-9745

  • Nuclear translocation of intracellular domain of PRTG by proteolytic cleavage

    Watanabe, Y.and Nakamura, H.

    Development, Growth & Differentiation   54 ( 2 )   167 - 176   2012年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : doi: 10.1111/j.1440-169X.2011.01315.x

  • Protogenin mediates cell adhesion for ingression and re-epithelialization of paraxial mesodermal cells.

    Ito, K., Nakamura, H. and Watanabe, Y.

    Developmental Biology   351 ( 1 )   13 - 24   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.ydbio.2010.11.024

  • Semaphorin signaling in tectal laminar formation.

    Watanabe, Y. and Nakamura, H.

    Abstracts of papers presented at the 2008 meeting on Axon Guidance, Synaptogenesis & Neural Plasticity   251   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 免疫グロブリンスーパーファミリーに属する新しい膜タンパク質Protogeninの比較生物学

    渡邉 裕二

    生体の科学   57   520 - 522   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Isthmus organizer and regionalization of the mesencephalon and metencephalon.

    Nakamura, H. and Watanabe, Y.

    Int. J. Dev. Biol.   49   231 - 235   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Identification of protogenin, a novel immunoglobulin superfamily gene expressed during early chick embryogenesis.

    Toyoda, R., Nakamura, H., Watanabe, Y.

    Gene Expr. Patterns   5   778 - 785   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Gain- and loss-of-function in chick embryos by electroporation.

    Nakamura H, Katahira T, Watanabe, Y., Funahashi, J.

    Mech. Dev.   121   1137 - 1143   2004年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Navigation of trochlear motor axons along the midbrain-hindbrain boundary by neuropilin 2.

    Watanabe, Y. Toyoda R., Nakamura, H. 

    Development   131   681 - 692   2004年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 滑車神経はなぜ脳内で交叉するのか

    渡邉 裕二

    Clinical Neuroscience   21   1477   2003年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ectopic bone formation by electroporatic transfer of bone morphogenetic protein-4 gene.

    Kishimoto KN, Watanabe Y, Nakamura H, Kokubun S.

    Bone   31   340 - 347   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脳の領域化と細胞多様性構築

    渡邉 裕二

    Brain Medical   14   360 - 365   2002年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Control of chick tectum territory along dorsoventral axis by Sonic hedgehog.

    Watanabe, Y. and Nakamura, H.

    Development   127   1131 - 1140   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脳の形態形成遺伝子

    渡邉 裕二、仲村春和

    現代医療   32   87 - 94   2000年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Misexpression of the genes in the brain vesicles by in ovo electroporation.

    Nakamura, H., Watanabe, Y., Funahashi, J.-I.

    Dev. Growth Differ.   42   199 - 201   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Molecular mechanisms for defining tectum territory in chick embryogenesis.

    Watanabe, Y., Katahira, T., Sato, T. Nakamura, H.

    Acta Histchem. Cytochem.   33   1 - 4   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sonic hedgehog is required for survival of both myogenic and chondrogenetic somitic lineages.

    Teillet, M., Watanabe, Y., Jeff, P., Duprez, D., Lapointe, F., Le Douarin, N. M.

    Development   125   2019 - 2030   1998年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Two domains in vertebral development: antagonistic regulation by SHH and BMP4 proteins.

    Watanabe, Y., Duprez, D., Monsoro-Burq, A.-H., Vincent, C., Le Douarin N. M.

    Development   125   2631 - 2639   1998年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • No directionality of short tandem repeat evolution at the HPRT locus in catarrhine primates.

    Watanabe, Y., Sakazuma, T., Kurosaki,K., Oota, H., Washio-Watanabe, K., Ueda, S.

    Folia Primatologica   68 ( 6 )   350 - 353   1997年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Combined polymorphism associated with a 3-bp deletion in the 5'-flanking region of a tetrameric short tandem repeat at the CYP19 locus.

    Kurosaki, K., Saitoh, N., Oota, H., Watanabe, Y., Kiuchi, S., Ueda, S.

    Nihon hōigaku zasshi   51 ( 3 )   191 - 195   1997年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Short tandem repeat polymorphisms in Japanese macaques: their short repeat length and low informativeness.

    Watanabe,Y., Sakazume, T., Kurosaki, K., Oota, H., Washio-Watanabe, K., Ueda, S.

    Mammalian Genome   7   383 - 385   1996年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The role of Bone morphogenetic proteins in vertebral development.

    Monsoro-Burq, A.-H., Duprez, D., Watanabe, Y., Vincent, C., Bontoux, M.,Brickell, P. and Le Douarin, N. M.

    Development   122   3607 - 3616   1996年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lateral and axial signals involved in avian somite patterning: a role for BMP4.

    Pourquié, O., Fan, C.-M., Coltey, M., Hirsinger, E., Watanabe, Y.他5名

    Cell   84   461 - 471   1996年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A role for BMP-4 in the development of subcutaneous cartilage.

    Watanabe,Y., and Le Douarin, N. M.

    Mech. Dev.   57   69 - 78   1996年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Characterization of human-specific sequences obtained by genome subtraction.

    Watanabe, Y. and Ueda, S.

    Human Evolution   10   63 - 68   1995年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Evolution of the immunoglobulin alpha in primates.

    Kawamura, S., Tanabe, H., Watanabe, Y., Kurosaku, K. Omoto, K, Ueda, S.

    Primatology today   623 - 626   1991年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Evolutionary rate of immunogloblin Alpha noncoding region is greater in hominoids than in Old World monkeys.

    Kawamura, S., Tanabe, H., Watanabe, Y., Kurosaki, K., Saitou, N., Ueda, S.

    Mol. Biol. Evol.   8   743 - 752   1991年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • キメラ・クローン・遺伝子

    仲村春和、勝部憲一

    西村書店  2012年  ( ISBN:978-4-89013-418-2

     詳細を見る

    担当ページ:165-197   記述言語:日本語  

    出版地:  

  • Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology

    Springer Japan, Tokyo  2009年  ( ISBN:978-4-431-09426-5

     詳細を見る

    担当ページ:263-270   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Koshi N. Kishimoto and Yuji Watanabe   出版地:  

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • Canonical Wnt signaling is required for layer formation of the developing avian optic tectum

    2023年3月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  • The roles for Wnt signaling in the layer formation of developing avian optic tectum

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 視蓋の接線方向移動細胞による膝状体外系視覚経路の形成

    日仏生物学会第195回例会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 鳥類視蓋発生期の接線方向移動細胞は視蓋遠心性の視覚経路を構成する

    第126回日本解剖学会第98回日本生理学会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 盲視を支える視蓋円形核ニューロンの発生

    第65回東北・北海道連合支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  • 視蓋円形核投射を形成する視蓋遠心路ニューロンの発生と移動

    第124回日本解剖学会総会・全国学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  • ニワトリ胚の視蓋浅層での拡散型神経細胞移動の動態

    日仏生物学会 第189回例会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

  • Dynamics of tangential neuronal migration in superficial layers of the developing chick optic tectum

    Avian Model System 10  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 発生中の視蓋浅層を接線方向に拡散する神経細胞移動のダイナミズム

    第123回日本解剖学会全国学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

  • 視蓋浅層での接線方向細胞移動のダイナミズム

    日本解剖学会第63回東北・北海道連合支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • Reelin coordinates arrangement of multipolar neurons in the developing chick optic tectum

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Scrambling movement of tangential neuronal migration in superficial layers of the developing chick optic tectum

    第50回日本発生生物学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • リーリンは発生期のニワトリ視蓋で多極性ニューロンの分化を調整する

    第122回日本解剖学会全国学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • Tangential neuronal migration during tectal layer formation

    第10回神経発生討論会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • ニワトリ視蓋層形成過程におけるリーリン(Reelin)の役割

    第185回日仏生物学会例会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  • 視蓋層形成過程での接線方向への細胞移動

    第121回日本解剖学会 全国学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  • 視蓋層形成過程の浅層における接線方向への細胞移動

    日本解剖学会第61回東北・北海道連合支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

  • 視蓋層形成過程における浅層での接線方向細胞移動

    第38回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  • ニワトリ胚脊髄の交連神経軸索の正中横断と縦束神経路形成のライブイメージング

    48th Japanese Society of Developmental Biologists  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

  • 発生中の視蓋浅層での接線方向細胞移動

    第120回日本解剖学会 全国学術集会 第92回日本生理学会大会 合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • Sema3A-NRP1による視蓋層形成の制御

    第37会日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 視蓋の層形成における細胞移動とその制御について

    日本解剖学会第60回東北・北海道連合支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • Sema3A-Neuropilin1による視蓋層形成の制御

    第119回日本解剖学会 全国学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • Sema3A-Neuropilin1による視蓋層形成の制御

    日仏生物学会第179回例会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • Visualization of tangential cell migration during brain development using organotypic cultures

    International Symposium Anatomical Science for advance in health and clinical therapy  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

  • Directed tangential migration coordinates layer formation in the developing optic tectum

    7th International Chick Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  • セマフォリンによる脳神経の軸索誘導と視蓋層形成の制御

    日仏生物学会 第175回例会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • Visualization of tangential cell migration in the developing chick optic tectum.

    6th International Chick Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • A role for Protogenin (PRTG) during gastrulation

    Joint meeting of the French and Japanese Society for Developmental Biologists  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

  • Semaphorin signaling in tectal laminar formation.

    Axon guidance, synaptogenesis and neural plasticity Cold Spring Harbor Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 無意識の視覚の解剖発生学的な成立機序

    2021年4月 - 2024年3月

  • 膝状体外系視覚経路の形成機構の解明

    2020年5月 - 2021年3月

  • 視蓋層形成における接線方向への細胞移動と層構築の制御

    2015年4月 - 2018年3月

  • 細胞移動の制御による視蓋の多層構造の構築原理の解明

    2014年5月 - 2015年3月

  • 膜タンパク質Protogeninの切断による神経上皮細胞の未分化性維持機構の解明

    2013年5月 - 2014年3月