2023/12/13 更新

写真a

イノウエ ナオカズ
井上 直和
INOUE Naokazu
所属
医学部附属研究施設 細胞科学研究部門 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位

  • 博士 (薬学) ( 2002年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 受精・膜融合・精子・卵子

研究分野

  • ライフサイエンス / 発生生物学  / 発生生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学  / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 構造生物化学  / 構造生物化学

  • ライフサイエンス / 実験動物学  / 実験動物学

学歴

  • 大阪大学   薬学研究科   生命情報環境科学専攻

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東邦大学   理学研究科   生物分子科学専攻

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東邦大学   理学部   生物分子科学科

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 福島県立医科大学   医学部附属生体情報伝達研究所細胞科学研究部門   教授

    2023年11月 - 現在

  • 福島県立医科大学   医学部附属生体情報伝達研究所細胞科学研究部門   准教授

    2013年5月 - 2023年10月

  • 大阪大学   微生物病研究所附属遺伝情報実験センター   助教

    2007年4月 - 2013年4月

  • 大阪大学   遺伝情報実験センター   助手

    2004年5月 - 2007年3月

  • 独立行政法人日本学術振興会・特別研究員 (PD)   特別研究員

    2002年4月 - 2004年4月

所属学協会

委員歴

  • 組換えDNA実験安全委員会委員  

    2023年4月 - 現在   

  • 研究用微生物安全管理委員会委員  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 安全主任者  

    2015年4月 - 2023年3月   

  • 動物実験委員会委員 (副委員長)  

    2014年1月 - 現在   

論文

  • Involvement of cellular protrusions in gamete interactions

    Yuhkoh Satouh, Naokazu Inoue

    Seminars in Cell & Developmental Biology   129   93 - 102   2022年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Deletion of the initial methionine codon of the Tmem95 gene causes subfertility, but not complete infertility, in male mice

    Naokazu Inoue, Ikuo Wada

    Biology of Reproduction   106 ( 3 )   378 - 381   2022年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/biolre/ioab246

    PubMed

  • Gamete Fusion Assay in Mice

    Naokazu Inoue

    Bio-protocol   11 ( 22 )   e4233.   2021年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.21769/BioProtoc.4233

  • IZUMO family member 3, IZUMO3, is involved in male fertility through the acrosome formation.

    Naokazu Inoue1, Yuhkoh Satouh, Ikuo Wada

    Molecular Reproduction and Development   88 ( 7 )   479 - 481   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/mrd.23520

    PubMed

  • 進化の過程で10億年間保存されてきた配偶子融合因子

    井上直和

    実験医学   39 ( 13 )   2126 - 2129   2021年7月( ISSN:978-4-7581-2546-8

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Evolutionarily conserved sperm factors, DCST1 and DCST2, are required for gamete fusion

    Naokazu Inoue, Yoshihisa Hagihara, Ikuo Wada

    eLife   10 ( e66313 )   2021年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.7554/eLife.66313.

    PubMed

  • Tet1 is not required for myeloid leukemogenesis by MLL-ENL in novel mouse models

    Ryoichi Ono, Masahiro Masuya, Naokazu Inoue, Makoto Shinmei, Satomi Ishii, Yuri Maegawa , Bishnu Devi Maharjan, Naoyuki Katayama, Tetsuya Nosaka

    PLoS One   16 ( 3 )   e0248425.   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0248425. eCollection 2021.

    PubMed

  • Unveiling a novel function of CD9 in surface compartmentalization of oocytes

    Naokazu Inoue, Takako Saito, Ikuo Wada

    Development   2020年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1242/dev.189985

    PubMed

  • Sperm IZUMO1-Dependent Gamete Fusion Influences Male Fertility in Mice

    Takako Saito, Ikuo Wada, Naokazu Inoue

    Int J Mol Sci   20 ( 19 )   E4809   2019年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3390/ijms20194809.

    PubMed

  • Alternative splicing of the Izumo1 gene ensures triggering gamete fusion in mice.

    Saito T, Wada I, Inoue N

    Scientific reports   9 ( 1 )   3151   2019年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-019-40130-7

    PubMed

  • Monitoring dimeric status of IZUMO1 during the acrosome reaction in living spermatozoon.

    Naokazu Inoue, Ikuo Wada

    Cell Cycle   2018年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1080/15384101.2018.1489181

    PubMed

  • Loss of VAMP5 in mice results in duplication of the ureter and insufficient expansion of the lung.

    Ikezawa M, Tajika Y, Ueno H, Murakami T, Inoue N, Yorifuji H

    Developmental Dynamics   247 ( 5 )   754 - 762   2018年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/dvdy.24618

    PubMed

  • Muscle-specific deletion of BDK amplifies loss of myofibrillar protein during protein undernutrition.

    Ishikawa T, Kitaura Y, Kadota Y, Morishita Y, Ota M, Yamanaka F, Xu M, Ikawa M, Inoue N, Kawano F, Nakai N, Murakami T, Miura S, Hatazawa Y, Kamei Y, Shimomura Y

    Scientific reports   7   39825   2017年1月( ISSN:2045-2322

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/srep39825.

    PubMed

  • Novel insights into the molecular mechanism of sperm-egg fusion via IZUMO1.

    Naokazu Inoue

    Journal of Plant Research   2016年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10265-016-0895-z.

    PubMed

  • Structure of IZUMO1-JUNO reveals sperm-oocyte recognition during mammalian fertilization.

    Ohto U, Ishida H, Krayukhina E, Uchiyama S, Inoue N, Shimizu T.

    Nature   2016年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1038/nature18596

  • 受精の膜融合活性化メカニズムの解明

    井上 直和

    上原記念生命科学財団研究報告集   29   1 - 7   2015年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oocyte-triggered dimerization of sperm IZUMO1 promotes sperm-egg fusion in mice.

    Inoue N, Hagihara Y, Wright D, Suzuki T, Wada I

    Nat Commun   6   8858   2015年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1038/ncomms9858

  • Isolation and characterization of antigen-specific alpaca (Lama pacos) VHH antibodies by biopanning followed by high-throughput sequencing.

    Miyazaki H, Kiyose N, Akazawa Y, Takashima M, Hagihara Y, Inoue N, MAtsuda T, Ogawa R, Inoue S, Ito Y

    J Biochem   158 ( 3 )   205 - 215   2015年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ハイスループットシークエンシングを併用したバイオパンニングによる抗原特異的アルパカVHH抗体の単離と性状解析(Isolation and characterization of antigen-specific alpaca(Lama pacos) VHH antibodies by biopanning followed by high-throughput sequencing)

    Miyazaki Nobuo, Kiyose Norihiko, Akazawa Yoko, Takashima Mizuki, Hagihara Yosihisa, Inoue Naokazu, Matsuda Tomonari, Ogawa Ryu, Inoue Seiya, Ito Yuji

    The Journal of Biochemistry   158 ( 3 )   205 - 215   2015年9月( ISSN:0021-924X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Genetic dissection of pheromone processing reveals main olfactory system-mediated social behaviors in mice

    Matsuo, T., Hattori, T., Asaba, A., Inoue, N., Kanomata, N., Kikusui, T., Kobayakawa, R., Kobayakawa, K.

    Proc Natl Acad Sci U S A   112 ( 3 )   311 - 320   2015年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1073/pnas.1416723112

  • 哺乳類の受精の膜融合メカニズム

    井上 直和

    福島医学雑誌   64 ( 3 )   119 - 125   2014年9月( ISSN:0016-2582

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 精子と卵子の膜融合

    井上直和、宮戸健二

    細胞工学   33 ( 4 )   386 - 392   2014年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 精子と卵子の膜融合

    井上直和、宮戸健二

    細胞工学   33 ( 4 )   386 - 392   2014年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【受精メカニズム新論争〜ドグマの再構築〜】 精子と卵子の膜融合

    井上 直和, 宮戸 健二

    細胞工学   33 ( 4 )   386 - 392   2014年3月( ISSN:0287-3796

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular dissection of IZUMO1, a sperm protein essential for sperm-egg fusion

    Inoue N., Hamada D., Kamikubo H., Hirata K., Kataoka M., Yamamoto M., Ikawa M., Okabe M., Hagihara Y.

    Development (Cambridge)   140 ( 15 )   3221 - 3229   2013年8月( ISSN:09501991

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1242/dev.094854

  • Production of mouse pups from germline transmission-failed knockout chimeras

    Yoshitaka Fujihara, Kazuhiro Kaseda, Naokazu Inoue, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Transgenic Res   22 ( 1 )   195 - 200   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Genetic basis of cell-cell fusion mechanisms

    Pablo S. Aguilar*, Mary K. Baylies*, Andre Fleissner*, Laura Helming*, Naokazu Inoue*, Benjamin Podbilewicz, Hongmei Wang*, Melissa Wong* *These authors were equally contributed

    Trends Genet   29 ( 7 )   427 - 437   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Functional and structural study of mouse sperm protein, IZUMO1, by using molecular dissection

    Naokazu Inoue, Daizo Hamada, Hironari Kamikubo, Kunio Hirata, Mikio Kataoka, Masaki Yamamoto, Masahito Ikawa, Masaru Okabe and Yoshihisa Hagihara

    Development   140 ( 15 )   3221 - 3229   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Functional and structural study of mouse sperm protein, IZUMO1, by using molecular dissection

    Naokazu Inoue, Daizo Hamada, Hironari Kamikubo, Kunio Hirata, Mikio Kataoka, Masaki Yamamoto, Masahito Ikawa, Masaru Okabe and Yoshihisa Hagihara

    Development   140 ( 15 )   3221 - 3229   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Production of mouse pups from germline transmission-failed knockout chimeras

    Yoshitaka Fujihara, Kazuhiro Kaseda, Naokazu Inoue, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Transgenic Res   22 ( 1 )   195 - 200   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Genetic basis of cell-cell fusion mechanisms

    Pablo S. Aguilar*, Mary K. Baylies*, Andre Fleissner*, Laura Helming*, Naokazu Inoue*, Benjamin Podbilewicz, Hongmei Wang*, Melissa Wong* *These authors were equally contributed

    Trends Genet   29 ( 7 )   427 - 437   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tetraspanin-interacting protein IGSF8 is dispensable for mouse fertility

    Naokazu Inoue, Takao Nishikawa, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Fertil Steril   98 ( 2 )   465 - 470   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • SPACA1-deficient male mice are infertile with abnormally shaped sperm heads reminiscent of globozoospermia

    Yoshitaka Fujihara, Yuhkoh Satouh, Naokazu Inoue, Ayako Isotani, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Development   139 ( 19 )   3583 - 3589   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Visualization of the moment of mouse sperm-egg fusion and dynamic localization of IZUMO1

    Yuhkoh Satouh*, Naokazu Inoue*, Masahito Ikawa, Masaru Okabe *The first two authors were equally contributed

    J Cell Sci   125   4985 - 4990   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The mechanism of sperm-egg interaction and the involvement of IZUMO1 in fusion

    Naokazu Inoue, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Asian J Androl   13   81 - 87   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Calsperin is a testis-specific chaperone required for sperm fertility

    Masahito Ikawa, Keizo Tokuhiro, Ryo Yamaguchi, Adam M. Benham, Taku Tamura, Ikuo Wada, Yuhkoh Satouh, Naokazu Inoue, Masaru Okabe

    J Biol Chem   286   5639 - 5646   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Acrosome-reacted mouse spermatozoa recovered from the perivitelline space can fertilize other eggs

    Naokazu Inoue, Yuhkoh Satouh, Masahito Ikawa, Masaru Okabe, Ryuzo Yanagimachi

    Proc Natl Acad Sci USA   108   20008 - 20011   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 精子・卵子膜融合とIZUMO1

    井上直和, 岡部勝

    J. Mamm. Ova Res   27   183 - 190   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The ubiquitin ligase Riplet is essential for RIG-I-dependent innate immune responses to RNA virus infection

    Hiroyuki Oshiumi, Moeko Miyashita, Naokazu Inoue, Masaru Okabe, Misako Matsumoto, Tsukasa Seya

    Cell Host Microbe   8   496 - 509   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Fertilization: a sperm's journey to and interaction with the oocyte

    Masahito Ikawa, Naokazu Inoue, Adam M Benham, Masaru Okabe

    J Clin Invest   120   984 - 994   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Identification and disruption of sperm-specific angiotensin converting enzyme-3 (ACE3) in mouse

    Naokazu Inoue, Tatsuya Kasahara, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    PLoS One   5   e10301   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sperm equatorial segment protein 1, SPESP1, is required for fully fertile sperm in mouse

    Yoshitaka Fujihara, Masao Murakami, Naokazu Inoue, Yuhkoh Satouh, Kazuhiro Kaseda, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    J Cell Sci   123   1531 - 1536   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 目で見るリプロダクションの基礎

    伊川正人, 井上直和, 岡部勝

    HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   9   182 - 185   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Putative sperm fusion protein IZUMO and the role of N-glycosylation

    Naokazu Inoue, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Biochem Biophys Res Commun   377   910 - 914   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Mechanisms of sperm-egg interactions emerging from gene-manipulated animals

    Masahito Ikawa, Naokazu Inoue, Masaru Okabe

    Int J Dev Biol   52   657 - 664   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sperm-egg interaction and gene manipulated animals

    Naokazu Inoue, Ryo Yamaguchi, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Soc Reprod Fertil Suppl   65   363 - 371   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Positive expression of the immunoglobulin superfamily protein IZUMO on human sperm of severely infertile male patients

    Shinichi Hayasaka, Yukihiro Terada, Naokazu Inoue, Masaru Okabe, Nobuo Yaegashi, Kunihiro Okamura

    Fertil Steril   88   214 - 216   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 受精の膜融合における必須分子Izumoの同定

    井上直和, 岡部勝

    Medical Science Digest   32 ( 10 )   416 - 417   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Adenovirus serotype 35 vector-mediated transduction into human CD46-transgenic mice

    Fuminori Sakurai, Kenji Kawabata, Naoya Koizumi, Naokauz Inoue, Masaru Okabe, Teruhide Yamaguchi, Takao Hayakawa, Hiroyuki Mizuguchi

    Gene Ther   13   1118 - 1126   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 受精のメカニズム -イズモを中心に卵子と精子の結合に必要な因子とその異常に関連した受精異常について-

    井上直和, 伊川正人, 岡部勝

    産科と婦人科   73 ( 6 )   735 - 742   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 生殖と細胞接着

    伊川正人, 井上直和, 岡部勝

    Molecular Medicine   42 ( 12 )   1358 - 1367   2005年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The immunoglobulin superfamily protein Izumo is required for sperm to fuse with eggs

    Naokazu Inoue, Masahito Ikawa, Ayako Isotani, Masaru Okabe

    Nature   434   234 - 238   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Wild-type measles virus infection in human CD46/CD150-transgenic mice: CD11c-positive dendritic cells establish systemic viral infection

    Masashi Shingai#, Naokazu Inoue#, Tsuyoshi Okuno, Masaru Okabe, Takashi Akazawa, Yasuhide Miyamoto, Minoru Ayata, Kenya Honda, Mitsue Kurita-Taniguchi, Misako Matsumoto, Hisashi Ogura, Tadatsugu Taniguchi, Tsuakasa Seya #The first two authors were equally contributed

    J Immunol   175   3252 - 3261   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 受精の膜融合必須分子Izumoの発見

    井上直和, 岡部勝

    細胞工学   24 ( 5 )   490 - 491   2005年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 受精の膜融合における必須分子Izumoの発見

    井上直和, 岡部勝

    ブレインテクノニュース   110   251 - 256   2005年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 受精はどこまでわかったか?

    井上直和, 山口亮, 伊川正人

    蛋白質 核酸 酵素   50 ( 11 )   1405 - 1412   2005年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 精子と卵子の相互作用

    井上直和, 岡部勝

    HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   11   251 - 256   2004年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A short consensus repeat-containing complement regulatory protein of lamprey that participates in cleavage of lamprey complement 3

    Yuko Kimura#, Naokazu Inoue#, Aya Fukui, Hiroyuki Oshiumi, Misako Matsumoto, Mayumi Nonaka, Shigeru Kuratani, Teizo Fujita, Masaru Nonaka, Tsukasa Seya #The first two authors were equally contributed

    J Immunol   173   1118 - 1128   2004年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lineage-specific cell disruption in living mice by Cre-mediated expression of diphtheria toxin A chain

    Hiroyuki Matsumura, Hidetoshi Hasuwa, Naokazu Inoue, Masahito Ikawa, Masaru Okabe

    Biochem Biophys Res Commun   321   275 - 279   2004年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Disruption of mouse CD46 causes an accelerated spontaneous acrosome reaction in sperm

    Naokazu Inoue, Masahito Ikawa, Tomoko Nakanishi, Misako Matsumoto, Midori Nomura, Tsukasa Seya, Masaru Okabe

    Mol Cell Biol   23   2614 - 2622   2003年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Inhibition of murine osteosarcoma cell proliferation by glucocorticoid

    Takashi Yamamoto, Miyuki Nishiguchi, Naokazu Inoue, Hiroe G Goto, Ikuo Kudawara, Takafumi Ueda, Hideki Yoshikawa, Yumiko Tanigaki, Yasuko Nishizawa

    Anticancer Res   22   4151 - 4156   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Mechanism of host cell protection from complement in murine cytomegalovirus (CMV) infection: identification of a CMV-responsive element in the CD46 promoter region

    Midori Nomura, Mitsue Kurita-Taniguchi, Kazuhiro Kondo, Naokazu Inoue, Misako Matsumoto, Koichi Yamanishi, Masaru Okabe, Tsukasa Seya

    Eur J Immunol   32   2954 - 2964   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Characterization of mineral deposits formed in cultures of a hamster tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP) and alkaline phosphatase (ALP) double-positive cell line (CCP)

    Hisako Sakiyama, Takashi Nonaka, Riako Masuda, Naokazu Inoue, Yoshinori Kuboki, Mayumi Iijima, Yoshio Hirabayasi, Masahiko Takahagi, Kazuko Yoshida, Kazuko Kuriiwa, Michiteru Yoshida, Shinobu Imajoh-Ohmi

    Cell Tissue Res   309   269 - 279   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Cloning of hamster type XVII collagen cDNA, and pathogenesis of anti-type XVII collagen antibody and complement in hamster bullous pemphigoid

    Katsushi Yamamoto, Naokazu Inoue, Riako Masuda, Akira Fujimori, Toshiyuki Saito, Shinonbu Imajoh-Ohmi, Hiroshi Shinkai, Hisako Sakiyama

    J Invest Dermatol   118   485 - 492   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Three soluble form messages of murine CD46 are produced through alternative mRNA splicing

    Akira Tsujimura, Kou Nunoue, Naokazu Inoue, Kyoko Shida, Mitsue Kurita-Taniguchi, Misako Matsumoto, Midori Nomura, Tatsuo Takeya, Tsukasa Seya

    J Biochem (Tokyo)   130   841 - 848   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Molecular cloning and functional characterization of chicken toll-like receptors. A single chicken toll covers multiple molecular patterns

    Aya Fukui, Naokazu Inoue, Misako Matsumoto, Midori Nomura, Kazuhiko Yamada, Yoichi Matsuda, Kumao Toyoshima, Tsukasa Seya

    J Biol Chem   276   47143 - 47149   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A novel chicken membrane-associated complement regulatory protein: molecular cloning and functional characterization

    Naokazu Inoue, Aya Fukui, Midori Nomura, Misako Matsumoto, Yasuko Nishizawa, Kumao Toyoshima, Tsukasa Seya

    J Immunol   166   424 - 431   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Establishment and characterization of macrophage-like cell lines expressing osteoclast-specific markers

    Hisako Sakiyama, Riako Masuda, Naokazu Inoue, Katusi Yamamoto, Kazuko Kuriiwa, Koichi Nakagawa, Kazuko Yoshida

    J Bone Miner Metab   19   220 - 227   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Metabolic activities of partially degenerated hypertrophic chondrocytes: gene expression of hyaluronan synthases

    Yuki Takada, Hisako Sakiyama, Kazuko Kuriiwa, Riako Masuda, Naokazu Inoue, Koichi Nakagawa, Naoki Itano, Toshiyuki Saito, Takeshi Yamada, Koji Kimata

    Cell Tissue Res   298   317 - 325   1999年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Selective complement C1s deficiency caused by homozygous four-base deletion in the C1s gene

    Naokazu Inoue, Toshiyuki Saito, Riako Masuda, Yoshio Suzuki, Michiko Ohtomi, Hisako Sakiyama

    Hum Genet   103   415 - 418   1998年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 動植物の受精学

    澤田均( 範囲: 哺乳類における受精の分子メカニズム)

    化学同人  2014年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:239-261   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:伊藤千鶴、伊藤昌彦、井上直和、年森清隆、宮戸健二   出版地:日本  

  • Sexual Reproduction in Animals and Plants

    Springer  2014年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:393-400   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Naokazu Inoue   出版地:Netherlands  

  • Methods Mol Biol

    その他の出版機関  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:335-345   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Naokazu Inoue, Masaru Okabe   出版地:  

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • Molecular Mechanisms leading to Gamete Fusion in Mice

    Gordon Research Conference"Fertilization and Activation of Development"   2023年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

  • Gamete Fusion: How Spermatozoon is able to Recognize Oocyte

    Gordon Research Conference Diverse Organisms and Common Mechanisms in Cell-Cell Fusion   2022年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 配偶子融合に至る分子メカニズム

    日本アンドロロジー学会第41回学術大会   2022年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 配偶子融合に至る分子メカニズム

    日本顕微鏡学会第78回学術講演会   2022年5月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

  • 配偶子融合に至る分子メカニズム

    日本動物学会第92回米子大会   2021年9月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 精子と卵子が出会うために必要な分子メカニズム

    内分泌・代謝学共同利用共同研究拠点ワークショップ受精・発生最前線~受精の仕組みと初期発生を支える代謝メカニズム~   2020年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

  • 配偶子融合因子IZUMO1の2量体化を生細胞で可視化する試み

    日本動物学会・平成30年度東北支部大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • Molecular machinery of sperm-egg fusion in mice

    EMBO Workshop Membrane Fusion in Health and Disease  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 受精の膜融合活性化メカニズム

    第6回生殖若手の会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月 - 2018年3月

  • Novel insights into the molecular mechanism of sperm-egg fusion via IZUMO1

    the 50th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • 受精の膜融合因子IZUMO1の活性化機構

    日本アンドロロジー学会 第35回学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • 融合因子IZUMO1の構造変化による新規膜融合モデル

    第121回日本解剖学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  • 融合因子IZUMO1の構造変化による新規膜融合モデル

    第38回日本分子生物学会年会 (ワークショップ)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

  • 融合因子IZUMO1の構造変化による新規膜融合モデル

    日本動物学会第86回新潟大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • Novel insights into the molecular mechanism of sperm-egg fusion via IZUMO1

    日本植物学会第79回大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • 融合因子IZUMO1を介する受精の膜融合機構の解明

    第36回日本分子生物学会年会 (ワークショップ)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

  • The Mechanism of sperm-egg fusion in mouse and the involvement of IZUMO1

    International symposium on the mechanisms of sexual reproduction in animals and plants, Joint Meeting of the 2nd Allo-authentication Meeting and the 5th Egg-Coat Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  • The mechanism of sperm-egg fusion in mouse and the involvement of IZUMO1 and a novel factor

    Gordon Research Conferences “Cell-Cell Fusion In Sex, Life, Development and Disease”  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • ほ乳類の融合関連因子IZUMO1の構造と局在解析

    第33回日本分子生物学会年会 (ワークショップ)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • 受精の膜融合における活性化メカニズム

    大阪大学蛋白質研究所セミナー 疾患と膜動態の蛋白質科学  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

  • 受精の膜融合因子Izumoの膜融合活性化領域の同定とその構造解析

    第32回日本分子生物学会 (ワークショップ)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

  • ほ乳類の受精の膜融合における分子メカニズム

    第53回日本生殖医学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • 受精の膜融合因子IzumoのN結合型糖鎖の役割

    第27回日本アンドロロジー学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

  • 受精の膜融合における免疫グロブリンスーパーファミリーIzumoの役割

    第78回日本動物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • 受精の膜融合における免疫グロブリンスーパーファミリーIzumoの役割

    第7回日本蛋白質科学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

  • ほ乳類の受精の膜融合における分子メカニズム

    第51回日本生殖医学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

  • The immunoglobulin superfamily protein Izumo is required for sperm to fuse with eggs

    JSAR-KSAR Joint Seminar “Novel Approaches to Mammalian Oocytes by Young Scientists from East Asia”  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

  • The immunoglobulin superfamily protein Izumo is required for sperm to fuse with eggs

    26th Annual Meeting of the American Society for Reproductive Immunology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • The immunoglobulin superfamily protein Izumo is required for sperm to fuse with egg

    2nd International Symposium of Institute Network  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

  • 受精の膜融合に必須な分子Izumoの同定

    第20回日本生殖免疫学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

  • Membrane cofactor protein (MCP, CD46) 欠損マウスの解析

    第17回日本生殖免疫学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

  • Disruption of the mouse CD46 caused an accelerated spontaneous acrosome reaction in sperm

    23rd Annual Meeting of the American Society for Reproductive Immunology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

  • ニワトリの膜貫通型SCR proteinの単離と機能解析

    第37回補体シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

  • 補体第一成分C1s欠損症の遺伝子解析

    第35回補体シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

▼全件表示

受賞

  • 第4回SMF論文表彰 大賞

    受賞年月:2023年1月  

  • 第13回インテリジェント・コスモス奨励賞

    受賞年月:2014年5月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第27回日本アンドロロジー学会賞

    受賞年月:2008年7月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成18年度日本アンドロロジー学会学術奨励賞

    受賞年月:2006年7月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第20回日本生殖免疫学会賞

    受賞年月:2005年12月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第8回大阪大学微生物病研究所実績報告会最優秀学術賞

    受賞年月:2005年1月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第8回大阪大学微生物病研究所実績報告会優秀研究奨励賞

    受賞年月:2005年1月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第17回日本生殖免疫学会賞

    受賞年月:2002年11月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 有性生殖における生命の始まりを制御する分子メカニズムの解明 (科学研究費補助金・基盤研究 (B))

    2022年4月 - 2026年3月

    井上直和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 受精の配偶子融合マシナリーの包括的解明 (科学研究費補助金・基盤研究 (B))

    2018年4月 - 2022年3月

    井上直和、和田郁夫

  • 哺乳類の配偶子膜融合メカニズムの解明 (アステラス病態代謝研究会研究助成)

    2017年12月 - 2018年11月

    井上直和、和田郁夫

  • 哺乳類の配偶子を融合させる膜因子群の分子環境とその機構 (武田科学振興財団医学系研究奨励)

    2015年8月 - 2018年12月

    井上直和、和田郁夫、原田英里砂

  • 配偶子膜融合活性化メカニズムの解明 (科学研究費補助金・基盤研究 (B))

    2014年4月 - 2018年3月

    井上直和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 受精の膜融合活性化メカニズムの解明 (上原記念生命科学財団研究助成金)

    2014年4月 - 2015年3月

    井上直和、萩原義久、宮戸健二、和田郁夫

  • 受精の膜融合メカニズムの解明 (岸本基金研究助成)

    2014年4月 - 2015年3月

  • 哺乳類における配偶子融合の分子認証機構の解明 (科学研究費補助金・新学術領域研究「動植物に共通するアロ認証機構の解明」計画研究)

    2009年4月 - 2014年3月

    宮戸健二、井上直和

  • 受精の膜融合における活性化メカニズム (科学研究費補助金・若手研究 (A))

    2009年4月 - 2012年3月

  • ほ乳類の受精の新規膜融合因子群の分子機構 (科学研究費補助金・若手研究 (A))

    2007年4月 - 2009年3月

  • 細胞-細胞融合としての受精膜融合、その分子機構の解明 (科学研究費補助金・基盤研究 (C))

    2007年4月 - 2009年3月

    萩原義久、井上直和

  • 性質変化による透明帯の受精制御メカニズム (科学研究費補助金・特定領域研究「細胞外環境」公募研究)

    2006年4月 - 2008年3月

    伊川正人、井上直和

  • 精子の融合能におけるメンブレントラフィックの役割 (科学研究費補助金・特定領域研究「メンブレントラフィック」公募研究)

    2006年4月 - 2008年3月

  • 蛍光マウスを用いた着床のバイオイメージングと必須遺伝子の解析 (科学研究費補助金・基盤研究 (B))

    2005年4月 - 2008年3月

    岡部勝、井上直和

  • 小胞体レクチンシャペロンの機能破綻と受精障害 (科学研究費補助金・特定領域研究「グライコミクス」公募研究)

    2005年4月 - 2007年3月

    伊川正人、井上直和

  • ほ乳類の受精における融合メカニズムに必須な分子Izumoの機能解析 (科学研究費補助金・若手研究 (B))

    2005年4月 - 2007年3月

  • カルネキシンおよびカルレティキュリンのノックアウトマウス作製とその機能解析 (科学研究費補助金・特定領域研究「タンパク質の社会」公募研究)

    2005年4月 - 2007年3月

    伊川正人、井上直和

  • 精子上のイズモを介する融合機構の解析 (上原記念生命科学財団研究奨励金)

    2005年4月 - 2006年3月

  • ほ乳類の受精における融合因子Izumoを介する分子メカニズムの解明 (中島記念国際交流財団助成金)

    2005年4月 - 2006年3月

  • 精子上のIzumoを介する融合の分子メカニズムの解析 (ノバルティス研究奨励金)

    2005年4月 - 2006年3月

  • OBF抗原ノックアウトマウスを用いた受精の分子機構の解析 (千里ライフサイエンス振興財団奨励研究助成)

    2004年4月 - 2005年3月

  • カルネキシンおよびカルレティキュリンのノックアウトマウス作製とその機能解析 (科学研究費補助金・特定領域研究「タンパク質の社会」公募研究)

    2003年4月 - 2005年3月

    伊川正人、井上直和

  • 補体制御因子SCRタンパク質の受精と分子進化に関する研究 (科学研究費補助金・特別研究員奨励金 (PD))

    2002年4月 - 2004年4月

▼全件表示

メディア報道

  • 脊椎動物の受精に必要な精子のタンパク質世界で初めて発見 新聞・雑誌

    福島民報新聞  2021年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 受精に必須物質発見 新聞・雑誌

    福島民友新聞  2021年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 精子内タンパク質安全機能を発見 男性不妊治療に期待 新聞・雑誌

    福島民報新聞  2019年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 事故防止のシステム受精仕組みにも存在 不妊治療薬開発に期待 新聞・雑誌

    毎日新聞  2019年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 受精遺伝子に代替機能 男性不妊治療応用期待 新聞・雑誌

    福島民友新聞  2019年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 精子と卵子結合のカギ、たんぱく質の形解明 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2016年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 受精の構造明らかに 不妊治療の応用期待 新聞・雑誌

    福島民報新聞  2016年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 受精タンパク質構造解明 避妊薬開発に期待 新聞・雑誌

    福島民友新聞  2016年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 受精時の分子認識新メカニズム発見 避妊薬開発などに光 新聞・雑誌

    福島民報新聞  2015年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 不妊治療法の開発期待 受精の新メカニズム 新聞・雑誌

    福島民友新聞  2015年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 精子、卵子の膜2回通過「1回限り」の定説覆す 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2012年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • The Importance of Izumo 新聞・雑誌

    2005年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 「縁結び」たんぱく質「イズモ」と命名 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2005年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 受精に不可欠なタンパク質 避妊法への効果期待 新聞・雑誌

    産経新聞  2005年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 受精に不可欠たんぱく質発見 新聞・雑誌

    読売新聞  2005年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示