2024/04/09 更新

写真a

クリタ ノリアキ
栗田 宜明
KURITA Noriaki
所属
附属病院 臨床研究教育推進部 部長兼准教授
大学院医学研究科(講座) 特任教授
福島県立医科大学 臨床研究イノベーションセンター 准教授
職名
部長兼准教授
連絡先
メールアドレス

研究キーワード

  • 診断精度研究

  • 臨床疫学

  • 腎臓学

  • 意思決定

  • 内科学

  • 健康関連ホープ(希望感)

  • ヘルスサービスリサーチ

  • トラスト(信頼感)

  • サルコペニア

研究分野

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない  / 臨床疫学

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

経歴

  • 福島県立医科大学   大学院医学研究科(講座)   特任教授

    2019年4月 - 現在

  • 昭和大学   医学部内科学講座 リウマチ・膠原病内科学部門   客員教授

    2024年4月 - 現在

  • 福島県立医科大学 大学院医学研究科   臨床疫学分野   特任教授

    2019年4月 - 現在

  • 福島県立医科大学   福島県立医科大学 臨床研究イノベーションセンター   准教授

    2016年11月 - 現在

  • 福島県立医科大学   附属病院 臨床研究教育推進部   部長兼准教授

    2016年4月 - 現在

  • 福島県立医科大学附属病院   准教授

    2016年4月 - 現在

▼全件表示

所属学協会

  • 日本透析医学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本疫学会

  • 日本内科学会

  • 日本リウマチ学会

委員歴

  • 公益財団法人 日本腎臓財団   Japan Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study (J-DOPPS) 第8期調査 生物統計支援グループ  

    2023年12月 - 現在   

  • 日本腰痛学会   臨床研究委員会 委員  

    2022年10月 - 2024年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 公立大学法人福島県立医科大学   医学部教育評価委員会  

    2022年4月 - 2023年3月   

  • 公益財団法人 日本腎臓財団   Japan Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study (J-DOPPS) 第7期調査 生物統計支援グループ  

    2021年9月 - 2023年6月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本透析医学会   統計調査委員会 統計解析小委員会 委員  

    2021年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本リウマチ学会   臨床研究推進委員会 委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本医師会   未来医師会ビジョン委員会  

    2020年9月 - 2022年6月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業[難治性疾患政策研究事業])「難治性腎疾患に関する調査研究」 診療ガイドライン作成分科会 令和元年度 ネフローゼ症候群ガイドラインワーキンググループ 研究協力者  

    2017年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本リウマチ学会   臨床研究推進委員会 外部委員  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本リウマチ学会   臨床研究推進小委員会 外部委員  

    2019年4月 - 2020年3月   

▼全件表示

論文

  • 市中病院・クリニック発の透析臨床研究:国際学会・英文誌を目指したクリニカル・クェスチョンの見つけ方

    栗田宜明

    日本透析医会雑誌   39 ( 1 )   (in press)   2024年4月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  • Association Between Person-Centered Care Quality and Advance Care Planning Participation in Patients Undergoing Hemodialysis: A Multicenter Cross-Sectional Study

    Kanakubo Yusuke, Kurita Noriaki# (#corresponding author), Ukai Mamiko, Aita Tetsuro, Inanaga Ryohei, Kawaji Atsuro, Toishi Takumi, Matsunami Masatoshi, Munakata Yu, Suzuki Tomo, Okada Tadao

    BMJ Supportive & Palliative Care   (in press)   2024年3月( ISSN:2045-435X

      詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : spcare-2024-004831.full.pdf

    DOI : 10.1136/spcare-2024-004831

    PubMed

  • Preference for anti-phospholipase A2 receptor antibody assay in patients with suspected membranous nephropathy: a survey study on medical practice after publication of Japanese Guidelines for Nephrotic Syndrome 2020

    Sasaki Sho, Shimizu Sayaka, Nakaya Izaya, Miyaoka Yoshitaka, Koizumi Masahiro, Nishiwaki Hiroki, Sofue Tadashi, Ishimoto Takuji, Kurita Noriaki†, Wada Takehiko† (†co-last authors)

    Clinical and Experimental Nephrology   (in press)   2024年2月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : PLA2R_CEN2024.pdf

    DOI : 10.1007/s10157-024-02462-1

    PubMed

  • Impact of dysmagnesemia on atrial fibrillation in maintenance hemodialysis patients: a nationwide study

    Toida Tatsunori*, Kurita Noriaki*, Abe Masanori, Hanafusa Norio, Joki Nobuhiko (*co-first authors)

    Cardiorenal Medicine   14 ( 1 )   105 - 112   2024年2月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : MgandAF_crm2024.pdf

    DOI : 10.1159/000536595

  • Japanese Clinical Practice Patterns of Rituximab Treatment for Minimal Change Disease in Adults 2021: A Web-Based Questionnaire Survey of Certified Nephrologists

    Koizumi Masahiro, Ishimoto Takuji, Shimizu Sayaka, Sasaki Sho, Kurita Noriaki†, Wada Takehiko† (†co-last authors)

    PLOS ONE   19 ( 3 )   e0299053   2024年2月

  • Effect of atherosclerosis on the relationship between atrial fibrillation and ischemic stroke incidence among patients on hemodialysis

    Joki Nobuhiko, Toida Tatsunori, Nakata Kenji, Abe Masanori, Hanafusa Norio, Kurita Noriaki† (†last author)

    Scientific Reports   14 ( 1 )   1330   2024年1月

  • Contralateral knee pain exacerbation after total knee arthroplasty and its impact on functional activity

    Tsukasa Kamitani, Osamu Wada, Kiyonori Mizuno, Noriaki Kurita† (†last author)

    Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery   144 ( 4 )   (in press) - 1720   2023年12月( ISSN:0936-8051

      詳細を見る

  • Trust, Multidimensional Health Literacy, and Medication Adherence among Patients Undergoing Long-Term Hemodialysis

    Ryohei Inanaga, Tatsunori Toida, Tetsuro Aita, Yusuke Kanakubo, Mamiko Ukai, Takumi Toishi, Atsuro Kawaji, Masatoshi Matsunami, Tadao Okada, Yu Munakata, Tomo Suzuki, Noriaki Kurita† (†last author)

    Clinical Journal of the American Society of Nephrology   (in press)   2023年12月( ISSN:1555-9041

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : trust_hl_adherence_cjasn_inanaga.pdf

    DOI : 10.2215/CJN.0000000000000392

    PubMed

  • Proton pump inhibitors and hyporesponsiveness to erythropoiesis stimulating agents in hemodialysis patients: results from the Japan Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study

    Nakashima Akio, Miyawaki Yoshia, Komaba Hirotaka, Kurita Noriaki, Onishi Yoshihiro, Yokoo Takashi, Fukagawa Masafumi

    American Journal of Nephrology   55 ( 2 )   (in press) - 174   2023年10月( ISSN:0250-8095

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    添付ファイル : nakashima PPIandERI ajn2023.pdf

    DOI : 10.1159/000534701

    PubMed

  • Practice Patterns of Rituximab for Primary Membranous Nephropathy 2021 in Japan: A Web-Based Survey of Board-Certified Nephrologists

    Miyaoka Yoshitaka, Kurita Noriaki# (#corresponding author), Sofue Tadashi, Nishiwaki Hiroki, Koizumi Masahiro, Shimizu Sayaka, Sasaki Sho, Ishimoto Takuji, Wada Takehiko

    Clinical and Experimental Nephrology   28 ( 3 )   (in press) - 224   2023年10月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : miyaoka cen 2023.pdf

    DOI : 10.1007/s10157-023-02425-y

    PubMed

  • Impact of Attending Rheumatologist’s Big Five Personality Traits on Systemic Lupus Erythematosus Patients’ Trust: The TRUMP2-SLE Project

    Oguro Nao, Yajima Nobuyuki, Ishikawa Yuichi, Sakurai Natsuki, Hidekawa Chiharu, Ichikawa Takanori, Kishida Dai, Hayashi Keigo, Shidahara Kenta, Miyawaki Yoshia, Yoshimi Ryusuke, Sada Ken-ei, Shimojima Yasuhiro, Kurita Noriaki† (†last author)

    The Journal of Rheumatology   51 ( 2 )   (in press) - 175   2023年10月( ISSN:0315-162X

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : jrheum_big5traits final.pdf

    DOI : 10.3899/jrheum.2023-0603

    PubMed

  • Frailty in Patients on Dialysis Surviving for More than 40 Years is Common and Severe: A Nationwide Cross-Sectional Study

    Yamamoto Suguru, Niihata Kakuya, Toida Tatsunori, Abe Masanori, Hanafusa Norio, Kurita Noriaki

    SSRN (プレプリント)   2023年10月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : SSRN-id4589844.pdf

    DOI : 10.2139/ssrn.4589844

  • Impact of online health information-seeking behavior on shared decision-making in patients with systemic lupus erythematosus: the TRUMP2-SLE project

    Ichikawa Takanori, Kishida Dai, Shimojima Yasuhiro, Yajima Nobuyuki, Oguro Nao, Yoshimi Ryusuke, Sakurai Natsuki, Hidekawa Chiharu, Sada Ken-ei, Miyawaki Yoshia, Hayashi Keigo, Shidahara Kenta, Ishikawa Yuichi, Sekijima Yoshiki, Kurita Noriaki† (†last author)

    Lupus   32 ( 11 )   1258 - 1266   2023年8月( ISSN:0961-2033

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : ichikawa-et-al-2023-OHI seeking and SDM lupus.pdf

    DOI : 10.1177/09612033231200104

    PubMed

  • Development and external validation of the DOAT and DOATS scores: Simple decision support tools to identify disease progression among nonelderly patients with mild/moderate COVID-19

    Shibata Yoko, Omae Kenji, Minemura Hiroyuki, Suzuki Yasuhito, Nikaido Takefumi, Tanino Yoshinori, Fukuhara Atsuro, Kanno Ryuzo, Saito Hiroyuki, Suzuki Shuzo, Ishii Taeko, Inokoshi Yayoi, Sando Eiichiro, Sakuma Hirofumi, Kobayashi Tatsuho, Kume Hiroaki, Kamimoto Masahiro, Aoki Hideko, Takama Akira, Kamiyama Takamichi, Nakayama Masaru, Saito Kiyoshi, Tanigawa Koichi, Sato Masahiko, Kanbe Toshiyuki, Kanzaki Norio, Azuma Teruhisa, Sakamoto Keiji, Nakamura Yuichi, Otani Hiroshi, Waragai Mitsuru, Maeda Shinsaku, Ishida Tokiya, Sugino Keishi, Inage Minoru, Hirama Noriyuki, Furuyama Kodai, Fukushima Shigeyuki, Saito Hiroshi, Machiya Jun-ichi, Machida Hiroyoshi, Abe Koya, Iwabuchi Katsuyoshi, Katagiri Yuji, Aida Yasuko, Abe Yuki, Ota Takahito, Ishizawa Yuki, Tsukada Yasuhiko, Yamada Ryuki, Sato Riko, Onuma Takumi, Tomita Hikaru, Saito Mikako, Watanabe Natsumi, Rikimaru Mami, Kawamata Takaya, Umeda Takashi, Morimoto Julia, Togawa Ryuichi, Sato Yuki, Saito Junpei, Kanazawa Kenya, Kurita Noriaki, Iseki Ken

    BMC Pulmonary Medicine   23 ( 1 )   312 - 312   2023年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : s12890-023-02604-3.pdf

    DOI : 10.1186/s12890-023-02604-3

    PubMed

  • 生成系AIが診療と研究指導に与えるインパクトへの所感

    栗田宜明

    福島県医師会報   85 ( 8 )   69 - 69   2023年8月

  • Social Isolation/Loneliness and Tooth Loss in Community-Dwelling Older Adults: The Sukagawa Study

    Takahashi Sei, Naganuma Toru, Kurita Noriaki, Omae Kenji, Ohnishi Tsuyoshi, Yoshioka Takashi, Ito Fumihito, Takeshima Taro, Fukuma Shingo, Hamaguchi Sugihiro, Fukuhara Shunichi

    Innovation in Aging   7 ( 6 )   1 - 8   2023年6月

      詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Social IsolationLoneliness and Tooth Loss in Community-Dwelling Older Adults The Sukagawa Study.pdf

    DOI : 10.1093/geroni/igad065

    PubMed

  • Association between urinary C-megalin levels and progressive kidney dysfunction: a cohort study based on the Diabetes Distress and Care Registry at Tenri (DDCRT 24)

    Kakuya Niihata, Hiroki Nishiwaki, Maki Kinoshita, Kentaro Kurosawa, Yui Sakuramachi, Satoshi Matsunaga, Shintaro Okamura, Satoru Tsujii, Yasuaki Hayashino, Noriaki Kurita† (†last author)

    Acta Diabetologica   60 ( 12 )   1643 - 1650   2023年6月( ISSN:0940-5429

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Megalin_ACD_2023.pdf

    DOI : 10.1007/s00592-023-02144-6

    PubMed

  • Japanese clinical practice patterns of primary nephrotic syndrome 2021: a web-based questionnaire survey of certified nephrologists

    Takehiko Wada, Sayaka Shimizu, Masahiro Koizumi, Tadashi Sofue, Hiroki Nishiwaki, Sho Sasaki, Izaya Nakaya, Yuji Oe, Takuji Ishimoto, Kengo Furuichi, Hirokazu Okada, Noriaki Kurita† (†last author)

    Clinical and Experimental Nephrology   27 ( 9 )   767 - 775   2023年6月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Japanese clinical practice patterns of primary nephrotic syndrome 2021 a web-based questionnaire survey of certified nephrologists.pdf

    DOI : 10.1007/s10157-023-02366-6

    PubMed

  • Nonnegligible Seroprevalence and Predictors of Murine Typhus, Japan

    Aita Tetsuro, Sando Eiichiro, Katoh Shungo, Hamaguchi Sugihiro, Fujita Hiromi, Kurita Noriaki† (†last author)

    Emerging Infectious Diseases   29 ( 7 )   1438 - 1442   2023年6月( ISSN:10806040

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

    添付ファイル : Nonnegligible Seroprevalence and Predictors of Murine Typhus, Japan eid2023 w suppl.pdf

    DOI : 10.3201/eid2907.230037

  • 全身性エリテマトーデス診療におけるshared decision making

    吉見竜介, 栗田宜明, 矢嶋宣幸

    リウマチ科   69 ( 6 )   653 - 659   2023年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    添付ファイル : 2023 吉見.pdf

  • The association of grit with burnout components (professional efficacy, exhaustion, and cynicism) among academic rheumatologists: The TRUMP2-SLE study

    Miyawaki Yoshia, Sada Ken-ei, Shidahara Kenta, Nawachi Shoichi, Asano Yosuke, Katayama Yu, Hayashi Keigo, Katsuyama Eri, Katsuyama Takayuki, Takano-Narazaki Mariko, Matsumoto Yoshinori, Oguro Nao, Yajima Nobuyuki, Ishikawa Yuichi, Sakurai Natsuki, Hidekawa Chiharu, Yoshimi Ryusuke, Kishida Dai, Ichikawa Takanori, Shimojima Yasuhiro, Wada Jun, Kurita Noriaki† (†last author)

    JCR: Journal of Clinical Rheumatology   29 ( 6 )   268 - 274   2023年5月( ISSN:10761608

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : The_Association_of_Grit_With_Burnout_Components.122.pdf

    DOI : 10.1097/RHU.0000000000001989

    PubMed

  • Association between physical activity and kidney function decline in patients with type 2 diabetes: a prospective cohort study (Diabetes Distress and Care Registry at Tenri [DDCRT 11])

    Shintaro Okamura, Kakuya Niihata, Hiroki Nishiwaki, Satoru Tsujii, Hitoshi Ishii, Yasuaki Hayashino, Noriaki Kurita† (†last author), and Diabetes Distress and Care Registry at Tenri Study Group

    Journal of Nephrology   36 ( 9 )   (in press) - 2660   2023年5月( ISSN:1121-8428

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : PAandRFdecline in T2DM JN2023 Okamura.pdf

    DOI : 10.1007/s40620-023-01691-z

    PubMed

  • Serological Cross-Reactivity Between Spotted Fever and Typhus Groups of Rickettsia Infection in Japan

    Aita Tetsuro, Sando Eiichiro, Katoh Shungo, Hamaguchi Sugihiro, Fujita Hiromi, Kurita Noriaki† (†last author)

    International Journal of Infectious Diseases   130   178 - 181   2023年3月( ISSN:1201-9712

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Serological cross-reactivity between spotted fever and typhus groups of rickettsia infection in Japan.pdf

    DOI : 10.1016/j.ijid.2023.03.012

    PubMed

  • Initiation of Renin-Angiotensin System Inhibitors and the Incidence of First Complete Remission in Patients with Primary Nephrotic Syndrome: A Nationwide Cohort Study

    Sayaka Shimizu*, Kakuya Niihata*, Hiroki Nishiwaki*, Yugo Shibagaki, Ryohei Yamamoto, Kosaku Nitta, Tatsuo Tsukamoto, Shunya Uchida, Asami Takeda, Hirokazu Okada, Ichiei Narita, Yoshitaka Isaka, Noriaki Kurita† (*equal contribution, †last author)

    Clinical and Experimental Nephrology   27 ( 5 )   (in press) - 489   2023年2月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : f6a7abfe-70c3-434a-a947-45d7cd12f88e.pdf

    DOI : 10.1007/s10157-023-02331-3

    PubMed

    その他リンク : https://rdcu.be/c6omQ

  • Predictive factors requiring high-dose evocalcet in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism

    Masanori Tokumoto, Shin Tokunaga, Shinji Asada, Yuichi Endo, Noriaki Kurita, Masafumi Fukagawa, Tadao Akizawa

    PLOS ONE   17 ( 12 )   e0279078 - e0279078   2022年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Predictive factors requiring high-dose evocalcet in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism.pdf

    DOI : 10.1371/journal.pone.0279078

    PubMed

  • CKD(透析)患者の Patient Reported Outcome を考える

    柴垣有吾, 栗田宜明

    日本透析医会雑誌   37 ( 3 )   366 - 372   2022年12月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : 37-3 柴垣有吾 先生.pdf

  • Grit personality of physicians and achievement of treatment goals in patients with systemic lupus erythematosus

    Sada Ken-ei, Miyawaki Yoshia, Shidahara Kenta, Nawachi Shoichi, Katayama Yu, Asano Yosuke, Hayashi Keigo, Ohashi Keiji, Katsuyama Eri, Katsuyama Takayuki, Narazaki Mariko, Matsumoto Yoshinori, Oguro Nao, Ishikawa Yuichi, Sakurai Natsuki, Hidekawa Chiharu, Yoshimi Ryusuke, Ichikawa Takanori, Kishida Dai, Shimojima Yasuhiro, Kurita Noriaki, Yajima Nobuyuki

    Rheumatology (Oxford, England)   62 ( 6 )   (in press) - 2159   2022年10月( ISSN:1462-0324

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/rheumatology/keac612

    PubMed

  • Impact of communicative and critical health literacy on trust in physicians among patients with systemic lupus erythematosus: the TRUMP2-SLE project

    Nao Oguro, Nobuyuki Yajima, Yoshia Miyawaki, Ryusuke Yoshimi, Yasuhiro Shimojima, Ken-ei Sada, Keigo Hayashi, Kenta Shidahara, Natsuki Sakurai, Chiharu Hidekawa, Dai Kishida, Takanori Ichikawa, Yuichi Ishikawa, Noriaki Kurita† (†last author)

    The Journal of Rheumatology   50 ( 5 )   (in press) - 655   2022年10月( ISSN:0315-162X

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Oguro HL and Trust JR2023.pdf

    DOI : 10.3899/jrheum.220678

    PubMed

  • Trust in the attending rheumatologist, health-related hope, and medication adherence among Japanese systemic lupus erythematosus patients

    Noriaki Kurita, Nao Oguro, Yoshia Miyawaki, Chiharu Hidekawa, Natsuki Sakurai, Takanori Ichikawa, Yuichi Ishikawa, Keigo Hayashi, Kenta Shidahara, Dai Kishida, Ryusuke Yoshimi, Ken-ei Sada, Yasuhiro Shimojima, Nobuyuki Yajima

    Rheumatology (Oxford, England)   (in press)   2022年10月( ISSN:1462-0324

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : keac565.pdf

    DOI : 10.1093/rheumatology/keac565

    PubMed

  • Trust in the attending rheumatologist, health-related hope, and medication adherence among Japanese systemic lupus erythematosus patients

    Noriaki Kurita, Nao Oguro, Yoshia Miyawaki, Chiharu Hidekawa, Natsuki Sakurai, Takanori Ichikawa, Yuichi Ishikawa, Keigo Hayashi, Kenta Shidahara, Dai Kishida, Ryusuke Yoshimi, Ken-ei Sada, Yasuhiro Shimojima, Nobuyuki Yajima

    Rheumatology (Oxford, England)   (in press)   2022年10月( ISSN:1462-0324

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : keac565.pdf

    DOI : 10.1093/rheumatology/keac565

    PubMed

  • 腎疾患における臨床研究の進歩 【臨床研究の最新手法】周辺構造モデル

    栗田宜明

    腎と透析 東京医学社   93 ( 3 )   335 - 340   2022年9月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    添付ファイル : 腎と透析2022年9月号_栗田先生.pdf

  • Association between phase angle and functional disability among patients with lumbar spinal stenosis: The SPSS-OK study

    Wada Osamu, Yamada Minoru, Kamitani Tsukasa, Mizuno Kiyonori, Tadokoro Kou, Kurita Noriaki† (†last author)

    Journal of Back and Musculoskeletal Rehabilitation   36 ( 2 )   (in press) - 405   2022年8月( ISSN:1053-8127

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : bmr-36-bmr220038.pdf

    DOI : 10.3233/BMR-220038

    PubMed

  • Door-to-Oral Time and In-hospital Outcomes in Older Adults with Aspiration Pneumonia Undergoing Dysphagia Rehabilitation

    Katayama Kohta, Kurita Noriaki#, Takada Toshihiko, Miyashita Jun, Azuma Teruhisa, Fukuhara Shunichi, Takeshima Taro (#corresponding author)

    Clinical Nutrition   41 ( 10 )   2219 - 2225   2022年8月( ISSN:0261-5614

      詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : DoorToOralTimeandOutcomeinAP katayama2022.pdf

    DOI : 10.1016/j.clnu.2022.07.037

    PubMed

  • MOONLIGHT study: The design of a comparative study of the effectiveness of belimumab in patients with a history of lupus nephritis from the post-Marketed effectiveness of belimumab cOhOrt and JapaN Lupus natIonwide reGistry (LUNA) coHorT

    Sada Ken-ei*, Kurita Noriaki*, Noma Hisashi*, Matsuki Taizo*, Quasny Holly, Levy Abramino Roger, Jones-Leone R. Angela, Gairy Kerry, Yajima Nobuyuki* (*equally contributed)

    Lupus Science & Medicine   9 ( 1 )   e000746 - e000746   2022年7月( ISSN:2053-8790

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Moonlight Belimumab protocol LSM2022.pdf

    DOI : 10.1136/lupus-2022-000746

    PubMed

  • Relationship between patient-centred care and advance care planning among home medical care patients in Japan: The Zaitaku evaluative initiatives and outcome study

    Hayashi S, Shirahige Y, Fujioka S, Tsugihashi Y, Iida H, Hirose M, Yasunaka M, Kurita N† (†last author), and the ZEVIOUS group

    Family Practice   40 ( 2 )   211 - 217   2022年5月( ISSN:0263-2136

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Relationship between patient-centred care and advance care planning among home medical care patients in Japan The Zaitaku evaluative initiatives and outcome study.pdf

    DOI : 10.1093/fampra/cmac062

    PubMed

  • Urinary C-megalin as a novel biomarker of progression to microalbuminuria: a cohort study based on the Diabetes Distress and Care Registry at Tenri (DDCRT 22)

    Hiroki Nishiwaki, Kakuya Niihata, Maki Kinoshita, Maki Fujimura, Kentaro Kurosawa, Yui Sakuramachi, Kiyoko Takano, Satoshi Matsunaga, Shintaro Okamura, Mako Kitatani, Satoru Tsujii, Yasuaki Hayashino, Noriaki Kurita† (†last author)

    Diabetes Research and Clinical Practice   2022年3月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Urinary C-megalin as a novel biomarker of progression to microalbuminuria a cohort study based on the Diabetes Distress and Care Registry at Tenri (DDCRT 22).pdf

  • Urinary C-megalin as a novel biomarker of progression to microalbuminuria: a cohort study based on the Diabetes Distress and Care Registry at Tenri (DDCRT 22)

    Hiroki Nishiwaki, Kakuya Niihata, Maki Kinoshita, Maki Fujimura, Kentaro Kurosawa, Yui Sakuramachi, Kiyoko Takano, Satoshi Matsunaga, Shintaro Okamura, Mako Kitatani, Satoru Tsujii, Yasuaki Hayashino, Noriaki Kurita† (†last author)

    Diabetes Research and Clinical Practice   2022年3月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Urinary C-megalin as a novel biomarker of progression to microalbuminuria a cohort study based on the Diabetes Distress and Care Registry at Tenri (DDCRT 22).pdf

  • Associations of vitamin D receptor activators and calcimimetics with falls and effect modifications by physical activity: A prospective cohort study on the Japan Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study.

    Murashima M, Yamamoto R, Kanda E, Kurita N, Noma H, Hamano T, Fukagawa M

    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   2024年3月( ISSN:1744-9979

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1111/1744-9987.14122

    PubMed

  • Author Correction: Effect of atherosclerosis on the relationship between atrial fibrillation and ischemic stroke incidence among patients on hemodialysis.

    Joki N, Toida T, Nakata K, Abe M, Hanafusa N, Kurita N

    Scientific reports   14 ( 1 )   3737   2024年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1038/s41598-024-54023-x

    PubMed

  • Nonnegligible Seroprevalence and Predictors of Murine Typhus, Japan.

    Tetsuro Aita, Eiichiro Sando, Shungo Katoh, Sugihiro Hamaguchi, Hiromi Fujita, Noriaki Kurita

    Emerging infectious diseases   30 ( 2 )   403 - 404   2024年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.3201/eid3002.231465

    PubMed

  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2023

    丸山 彰一, 神田 英一郎, 久米 真司, 猪阪 善隆, 石倉 健司, 臼井 丈一, 内田 啓子, 岡田 浩一, 今田 恒夫, 斎藤 知栄, 鈴木 仁, 田中 哲洋, 坪井 直毅, 中川 直樹, 西尾 妙織, 深水 圭, 本田 浩一, 升谷 耕介, 横山 啓太郎, 和田 淳, 和田 隆志, 和田 健彦, 淺沼 克彦, 旭 浩一, 阿部 雅紀, 石本 卓嗣, 川浪 大治, 駒場 大峰, 佐田 憲映, 祖父江 理, 仲谷 慎也, 中司 敦子, 日比野 聡, 藤井 秀毅, 星野 純一, 細島 康宏, 前嶋 明人, 丸山 之雄, 森山 能仁, 安田 日出夫, 安田 宜成, 山本 卓, 石川 英二, 市川 大介, 伊藤 健太, 岩下 山連, 上田 誠二, 上田 裕之, 上村 治, 江里口 雅裕, 大島 恵, 大矢 昌樹, 岡本 孝之, 小口 英世, 小野寺 正輝, 貝藤 裕史, 忰田 亮平, 片山 鑑, 金子 佳代子, 上條 祐司, 神谷 雅人, 唐澤 一徳, 川口 武彦, 川嶋 聡子, 神田 祥一郎, 菅野 義彦, 菊池 洋平, 木原 正夫, 金冂 翔, 栗田 宜明, 桑原 頌治, 桑原 孝成, 小泉 賢洋, 河野 圭志, 小坂 志保, 後藤 俊介, 坂口 悠介, 佐藤 隆太, 佐藤 涼介, 座間味 亮, 重冨 奈穂子, 柴田 茂, 島袋 渡, 清水 さやか, 新家 俊郎, 杉本 圭相, 杉本 俊郎, 孫 大輔, 高井 奈美, 田口 博基, 竹内 裕紀, 辰元 為仁, 田中 健一, 田邉 起, 田村 功一, 辻 章志, 辻田 誠, 寺野 千香子, 遠山 直志, 戸田 晋, 永井 恵, 中沢 大悟, 長洲 一, 中野 敏昭, 長浜 正彦, 中屋 来哉, 西 健太朗, 西脇 宏樹, 延山 理恵, 花房 規男, 濱崎 祐子, 濱田 陸, 樋口 一世, 深町 大介, 藤井 直彦, 藤崎 毅一郎, 程内 栄子, 本田 崇, 毎熊 政行, 松木 孝樹, 三浦 健一郎, 三崎 太郎, 水野 智博, 三村 洋美, 宮本 聡, 宮脇 義亜, 牟田 久美子, 村田 智博, 谷澤 雅彦, 柳原 剛, 矢野 裕一朗, 山岸 昌一, 横井 秀基, 吉崎 健, 脇 大輔, 渡邊 博志, 渡辺 博文, 渡辺 昌文, 朝比奈 悠太, 畔上 達彦, 飯田 倫理, 井口 昭, 井口 智洋, 井熊 大輔, 石井 輝, 石塚 喜世仲, 泉 裕一郎, 板野 精之, 市川 大介, 市川 一誠, 伊藤 雄伍, 伊藤 辰将, 内田 大介, 大熊 輝之, 大田 南欧美, 大西 康博, 大野 祥子, 大畑 拓也, 大山 勝宏, 岡 香奈子, 岡 樹史, 緒方 浩顕, 小田 圭子, 小田 直樹, 小原 由紀, 梶保 祐子, 梶本 幸男, 片桐 大輔, 蒲澤 秀門, 神吉 智子, 亀井 啓太, 川口 祐輝, 河原崎 宏雄, 木村 浩, 工藤 光介, 黒岡 直子, 桑形 尚吾, 高上 紀之, 古志 衣里, 近藤 悠希, 齋木 良介, 齋藤 友広, 齋藤 浩孝, 佐々木 彰, 佐藤 浩司, 猿渡 淳二, 志田 龍太郎, 菅原 亮佑, 鈴木 克彦, 諏訪部 達也, 平 大樹, 高士 祐一, 武田 尚子, 武田 有記, 田中 茂, 田中 祥子, 谷口 美紗, 塚本 俊一郎, 鶴田 悠木, 寺下 真帆, 土井 洋平, 徳永 孝史, 泊 弘毅, 鳥越 健太, 内藤 順子, 中井 健太郎, 長岡 由女, 中川 詩織, 中川 輝政, 中島 章雄, 中島 悠里, 永田 大, 永野 伸郎, 中村 祐貴, 永山 泉, 西沢 慶太郎, 西堀 暢浩, 忍頂寺 毅史, 服部 洸輝, 花井 豪, 濱田 昌実, 原田 真, 春原 浩太郎, 平井 健太, 平林 陽介, 福田 俊悟, 藤澤 諭, 藤丸 拓也, 堀越 慶輔, 本城 保菜美, 松尾 浩司, 丸山 啓介, 宮内 隆政, 宮崎 絋平, 武藤 正浩, 村島 美穂, 矢野 彰三, 山内 壮作, 山口 哲志, 山田 俊輔, 山原 康佑, 山本 脩人, 山脇 正裕, 湯浅 貴博, 吉田 学郎, 芦村 龍一, 若林 華恵, 若松 拓也, 渡邉 公雄, 渡邉 健太郎, 渡邉 周平, 小杉 智規, 日本腎臓学会

    日本腎臓学会誌   66 ( 1 )   i,1 - xxxii,1   2024年1月( ISSN:0385-2385

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Poor Sleep Quality as a Risk Factor for Constipation Among Community-Dwelling Older Adults in Japan

    Nakagawa Hiroaki, Takeshima Taro, Ozaka Akihiro, Sasaki Sho, Kurita Noriaki, Hamaguchi Sugihiro, Fukuhara Shunichi

    Cureus   15 ( 9 )   e46175   2023年9月( ISSN:2168-8184

  • 【透析患者の希望(ホープ)を照らす】希望の内訳 CKD・透析患者の希望を測定する健康関連ホープ尺度の開発と応用

    栗田 宜明

    臨床透析   39 ( 10 )   1165 - 1170   2023年9月( ISSN:0910-5808

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Relationship between dysphagia and motor function in community-dwelling older people

    Mari Sato, Ryoji Tominaga, Noriaki Kurita, Miho Sekiguchi, Koji Otani, Shin-ichi Konno, Naoyuki Oi

    Geriatrics & Gerontology International   23 ( 8 )   603 - 608   2023年6月( ISSN:14441586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Relationship between dysphagia and motor function in community-dwelling older people ggi2023.pdf

    DOI : 10.1111/ggi.14632

    PubMed

  • 【レジストリ,コホートを用いた疫学的研究】全身性エリテマトーデス診療におけるshared decision making

    吉見 竜介, 栗田 宜明, 矢嶋 宣幸

    リウマチ科   69 ( 6 )   653 - 659   2023年6月( ISSN:0915-227X

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • SLEのコホート研究 医師の性別・Big Five性格特性が全身性エリテマトーデス患者の主治医への信頼に与える影響 TRUMP2-SLE研究

    小黒 奈緒, 矢嶋 宣幸, 蕗田 淳平, 河森 一毅, 林 智樹, 柳井 亮, 磯島 咲子, 三輪 裕介, 宮脇 義亜, 吉見 竜介, 下島 恭弘, 佐田 憲映, 櫻井 菜月, 秀川 智春, 岸田 大, 市川 貴規, 林 啓悟, 志田原 健太, 石川 雄一, 栗田 宜明

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   517 - 517   2023年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • SLEのコホート研究 主治医とSLE患者の性格特性(Grit)は診療の共同意思決定に影響するか? TRUMP2-SLE研究

    矢嶋 宣幸, 小黒 奈緒, 多田 尭央, 三浦 瑶子, 羽多野 美香, 柳井 亮, 磯島 咲子, 三輪 裕介, 秀川 智春, 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 市川 貴規, 岸田 大, 下島 恭弘, 志田原 健太, 林 啓悟, 宮脇 義亜, 佐田 憲映, 石川 雄一, 栗田 宜明

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   518 - 518   2023年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Relationship of life expectancy with quality of life and health-related hope among Japanese patients receiving home medical care: The Zaitaku Evaluative Initiatives and Outcome Study.

    Yasunaka M, Tsugihashi Y, Hayashi S, Iida H, Hirose M, Shirahige Y, Kurita N, and the ZEVIOUS group

    PloS one   18 ( 12 )   e0295672   2023年

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0295672

    PubMed

  • CKD(透析)患者のPatient Reported Outcomeを考える

    柴垣 有吾, 栗田 宜明

    日本透析医会雑誌   37 ( 3 )   366 - 372   2022年12月( ISSN:0914-7136

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 進行期CKD・透析における健康関連ホープは水分・食事制限の負担感の悪化を予防する

    栗田 宜明, 脇田 貴文, 藤本 志乃, 柳 麻衣, 小板橋 賢一郎, 谷澤 雅彦, 鈴木 智, 河原崎 宏雄, 柴垣 有吾, 石橋 由孝

    日本腎臓学会誌   64 ( 6-E )   554 - 554   2022年10月( ISSN:0385-2385

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 【腎疾患における臨床研究の進歩】臨床研究の最新手法 周辺構造モデル

    栗田 宜明

    腎と透析   93 ( 3 )   335 - 340   2022年9月( ISSN:0385-2156

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 【腎疾患における臨床研究の進歩】臨床研究の最新手法 周辺構造モデル

    栗田 宜明

    腎と透析   93 ( 3 )   335 - 340   2022年9月( ISSN:0385-2156

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 臨床現場を楽しく科学する!実例から学ぶコミュニケーションの臨床研究と実践(シーズン2)

    栗田 宜明, 會田 哲朗, 小黒 奈緒, 河原崎 宏雄, 鈴木 智, 西脇 宏樹, 長沼 透, 高橋 世, 川口 崇

    ACP(米国内科学会)日本支部年次総会プログラム集   2022   41 - 43   2022年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 【腎代替療法のすべて】(第3章)腎代替療法の現状と問題点、求められるケア 世界の腎代替療法の現状と問題点 新しい予後指標 PRO(patient-reported outcome)

    栗田 宜明, 河原崎 宏雄, 石橋 由孝, 柴垣 有吾

    腎と透析   92 ( 増刊 )   93 - 98   2022年6月( ISSN:0385-2156

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 【腎代替療法のすべて】(第3章)腎代替療法の現状と問題点、求められるケア 世界の腎代替療法の現状と問題点 新しい予後指標 PRO(patient-reported outcome)

    栗田 宜明, 河原崎 宏雄, 石橋 由孝, 柴垣 有吾

    腎と透析   92 ( 増刊 )   93 - 98   2022年6月( ISSN:0385-2156

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Relationship between patient-centred care and advance care planning among home medical care patients in Japan: The Zaitaku evaluative initiatives and outcome study

    Hayashi S, Shirahige Y, Fujioka S, Tsugihashi Y, Iida H, Hirose M, Yasunaka M, Kurita N† (†last author), and the ZEVIOUS group

    Family Practice   2022年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of communicative and critical health literacy on trust in physicians among patients with systemic lupus erythematosus: the TRUMP2-SLE project

    Nao Oguro, Nobuyuki Yajima, Yoshia Miyawaki, Ryusuke Yoshimi, Yasuhiro Shimojima, Ken-ei Sada, Keigo Hayashi, Kenta Shidahara, Natsuki Sakurai, Chiharu Hidekawa, Dai Kishida, Takanori Ichikawa, Yuichi Ishikawa, Noriaki Kurita† (†last author)

    medRxiv (プレプリント)   2022.05.13.22275070   2022年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1101/2022.05.13.22275070

  • Diagnostic accuracy of the lumbar spinal stenosis-diagnosis support tool and the lumbar spinal stenosis-self-administered, self-reported history questionnaire

    Ryoji Tominaga, Noriaki Kurita, Miho Sekiguchi, Koji Yonemoto, Tatsuyuki Kakuma, Shin-ichi Konno

    PLOS ONE   17 ( 5 )   e0267892 - e0267892   2022年5月

  • Urinary C-megalin as a novel biomarker of progression to microalbuminuria: A cohort study based on the diabetes Distress and Care Registry at Tenri (DDCRT 22).

    Nishiwaki H, Niihata K, Kinoshita M, Fujimura M, Kurosawa K, Sakuramachi Y, Takano K, Matsunaga S, Okamura S, Kitatani M, Tsujii S, Hayashino Y, Kurita N, Diabetes Distress Care Registry at Tenri Study Group.

    Diabetes research and clinical practice   186   109810   2022年4月( ISSN:0168-8227

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.diabres.2022.109810

    PubMed

  • Urinary C-megalin as a novel biomarker of progression to microalbuminuria: a cohort study based on the Diabetes Distress and Care Registry at Tenri (DDCRT 22)

    Hiroki Nishiwaki, Kakuya Niihata, Maki Kinoshita, Maki Fujimura, Kentaro Kurosawa, Yui Sakuramachi, Kiyoko Takano, Satoshi Matsunaga, Shintaro Okamura, Mako Kitatani, Satoru Tsujii, Yasuaki Hayashino, Noriaki Kurita† (†last author)

    Diabetes Research and Clinical Practice   2022年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SLE患者において主治医への信頼は治療費の日常生活への負担感(経済毒性)へ影響するか TRUMP2-SLE研究

    矢嶋 宣幸, 小黒 奈緒, 柳井 亮, 井上 良, 林 智樹, 羽多野 美香, 三浦 瑶子, 磯島 咲子, 三輪 裕介, 佐田 憲映, 吉見 竜介, 下島 恭弘, 宮脇 義亜, 栗田 宜明

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   647 - 647   2022年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • SLEの患者特性と臨床的意義 全身性エリテマトーデス患者のヘルスリテラシーが医師への信頼に与える影響 TRUMP2-SLE研究

    小黒 奈緒, 矢嶋 宣幸, 柳井 亮, 井上 良, 林 智樹, 三浦 瑶子, 羽多野 美香, 磯島 咲子, 三輪 裕介, 宮脇 義亜, 吉見 竜介, 下島 恭弘, 佐田 憲映, 栗田 宜明

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   364 - 364   2022年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • SLEの患者特性と臨床的意義 全身性エリテマトーデス患者のホープ・主治医への信頼が服薬アドヒアランスに与える影響 TRUMP2-SLE研究

    栗田 宜明, 小黒 奈緒, 宮脇 義亜, 吉見 竜介, 下島 恭弘, 佐田 憲映, 矢嶋 宣幸

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   365 - 365   2022年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 活動性ループス腎炎寛解導入後におけるベリムマブの有効性を評価するMOONLIGHT Study 多施設共同SLEレジストリ"LUNA"とベリムマブコホートを統合した研究プロトコル

    佐田 憲映, 矢嶋 宣幸, 栗田 宜明, 野間 久史, Quasny Holly, Levy Roger Abramino, Jones-Leone Angela R., Gairy Kerry, 松木 大造

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   639 - 639   2022年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • A digest of the Evidence-Based Clinical Practice Guideline for Nephrotic Syndrome 2020(和訳中)

    Wada Takehiko, Ishimoto Takuji, Nakaya Izaya, Kawaguchi Takehiko, Sofue Tadashi, Shimizu Sayaka, Kurita Noriaki, Sasaki Sho, Nishiwaki Hiroki, Koizumi Masahiro, Saito Shoji, Nishibori Nobuhiro, Oe Yuji, Yoshida Mai, Miyaoka Yoshitaka, Akiyama Shin'ichi, Itano Yuya, Okazaki Masaki, Ozeki Takaya, Ichikawa Daisuke, Oguchi Hideyo, Kohsaka Satoshi, Kosaka Shiho, Kataoka Yuki, Shima Hideaki, Shirai Sayuri, Sugiyama Kazuhiro, Suzuki Tomo, Son Daisuke, Tanaka Tomomi, Nango Eishu, Niihata Kakuya, Nishijima Yoko, Nozu Kandai, Hasegawa Midori, Miyata Rei, Yazawa Masahiko, Yamamoto Yoshihiro, Yamamoto Ryohei, Shibagaki Yugo, Furuichi Kengo, Okada Hirokazu, Narita Ichiei, Committee of Clinical Practical Guideline for Nephrotic Syndrome 2020

    Clinical and Experimental Nephrology   25 ( 12 )   1277 - 1285   2021年12月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A digest of the Evidence-Based Clinical Practice Guideline for Nephrotic Syndrome 2020

    Takehiko Wada, Takuji Ishimoto, Izaya Nakaya, Takehiko Kawaguchi, Tadashi Sofue, Sayaka Shimizu, Noriaki Kurita, Sho Sasaki, Hiroki Nishiwaki, Masahiro Koizumi, Shoji Saito, Nobuhiro Nishibori, Yuji Oe, Mai Yoshida, Yoshitaka Miyaoka, Shin’ichi Akiyama, Yuya Itano, Masaki Okazaki, Takaya Ozeki, Daisuke Ichikawa, Hideyo Oguchi, Satoshi Kohsaka, Shiho Kosaka, Yuki Kataoka, Hideaki Shima, Sayuri Shirai, Kazuhiro Sugiyama, Tomo Suzuki, Daisuke Son, Tomomi Tanaka, Eishu Nango, Kakuya Niihata, Yoko Nishijima, Kandai Nozu, Midori Hasegawa, Rei Miyata, Masahiko Yazawa, Yoshihiro Yamamoto, Ryohei Yamamoto, Yugo Shibagaki, Kengo Furuichi, Hirokazu Okada, Ichiei Narita

    Clinical and Experimental Nephrology   25 ( 12 )   1277 - 1285   2021年9月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10157-021-02098-5

    PubMed

    その他リンク : https://link.springer.com/article/10.1007/s10157-021-02098-5/fulltext.html

  • 保存期慢性腎臓病治療薬の薬事承認について 臨床試験(治験)で有効性および安全性を含めた臨床的意義が示される必要がある

    田中 基嗣, 栗田 宜明

    日本医事新報   ( 5065 )   46 - 47   2021年5月( ISSN:0385-9215

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腎疾患領域における臨床研究について 臨床試験や実臨床データの収集・分析を通じて医療の改善に貢献している

    栗田 宜明, 石橋 由孝

    日本医事新報   ( 5058 )   44 - 45   2021年4月( ISSN:0385-9215

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Incidence and factors associated with prescribing renin-angiotensin-system inhibitors in adult idiopathic nephrotic syndrome: A nationwide cohort study.

    Nishiwaki H, Niihata K, Shimizu S, Shibagaki Y, Yamamoto R, Nitta K, Tsukamoto T, Uchida S, Takeda A, Okada H, Narita I, Isaka Y, Kurita N, Japan Nephrotic Syndrome Cohort Study group.

    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   23 ( 5 )   999 - 1007   2021年3月( ISSN:1524-6175

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : jch.14224.pdf

    DOI : 10.1111/jch.14224

    PubMed

    その他リンク : https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/jch.14224

  • Association of urinary C-megalin with albuminuria and renal function in diabetes: a cross-sectional study (Diabetes Distress and Care Registry at Tenri [DDCRT 21]).

    Kurita N, Kinoshita M, Fujimura M, Kurosawa K, Sakuramachi Y, Takano K, Okamura S, Kitatani M, Tsujii S, Norton EC, Hayashino Y, Diabetes Distress and Care Registry at Tenri Study Group.

    Journal of nephrology   35 ( 1 )   201 - 210   2021年3月( ISSN:1121-8428

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Kurita2021_Article_AssociationOfUrinaryC-megalinW.pdf

    DOI : 10.1007/s40620-021-00995-2

    PubMed

  • Cohort profile: A super-elderly population-based cohort in Japan (the Sukagawa Study).

    Toru Naganuma, Sei Takahashi, Taro Takeshima, Noriaki Kurita, Kenji Omae, Takashi Yoshioka, Tsuyoshi Ohnishi, Fumihito Ito, Shingo Fukuma, Sugihiro Hamaguchi, Shunichi Fukuhara

    International journal of epidemiology   50 ( 3 )   727 - 727   2021年2月( ISSN:0300-5771

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/ije/dyaa285

    PubMed

  • Validating care-needs level against self-reported measures of functioning, disability and sarcopenia among Japanese patients receiving home medical care: The Zaitaku Evaluative Initiatives and Outcome Study.

    Tsugihashi Y, Hirose M, Iida H, Hayashi S, Yasunaka M, Shirahige Y, Kurita N, ZEVIOUS group.

    Geriatrics & gerontology international   21 ( 2 )   229 - 237   2021年2月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : ggi.14124.pdf

    DOI : 10.1111/ggi.14124

    PubMed

    その他リンク : https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/ggi.14124

  • 在宅医療を受けている日本人患者の自己申告による機能、障害、サルコペニアに対する要介護度の妥当性の検討 Zaitaku Evaluative Initiatives and Outcome Study(Validating care-needs level against self-reported measures of functioning, disability and sarcopenia among Japanese patients receiving home medical care: The Zaitaku Evaluative Initiatives and Outcome Study)

    Tsugihashi Yukio, Hirose Misaki, Iida Hidekazu, Hayashi Shinu, Yasunaka Masakazu, Shirahige Yutaka, Kurita Noriaki, the ZEVIOUS group

    Geriatrics & Gerontology International   21 ( 2 )   229 - 237   2021年2月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of patients' past misdiagnosis experiences with trust in their current physician: the TRUMP2-Net study

    Ryo Suzuki, Nobuyuki Yajima, Kosuke Sakurai, Nao Oguro, Takafumi Wakita, David H. Thom, Noriaki Kurita

    medRxiv (プレプリント)   2021.01.25.21250300   2021年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1101/2021.01.25.21250300

  • U-TEST, a simple decision support tool for the diagnosis of sarcopenia in orthopedic patients: The SPSS-OK study

    Tsukasa Kamitani, Takafumi Wakita, Osamu Wada, Kiyonori Mizuno, Noriaki Kurita

    British Journal of Nutrition   126 ( 9 )   1 - 8   2021年1月( ISSN:0007-1145

  • Significance of Overactive Bladder as a Predictor of Falls in Community Dwelling Older Adults: 1-Year Followup of the Sukagawa Study.

    Kenji Omae, Noriaki Kurita, Taro Takeshima, Toru Naganuma, Sei Takahashi, Takashi Yoshioka, Tsuyoshi Ohnishi, Fumihito Ito, Sugihiro Hamaguchi, Shunichi Fukuhara

    The Journal of urology   205 ( 1 )   219 - 225   2021年1月( ISSN:0022-5347

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/JU.0000000000001344

    PubMed

  • Hopelessness and Depression Predict Sarcopenia in Advanced CKD and Dialysis: A Multicenter Cohort Study

    Noriaki Kurita, T. Wakita, S. Fujimoto, M. Yanagi, K. Koitabashi, T. Suzuki, M. Yazawa, H. Kawarazaki, Y. Shibagaki, Y. Ishibashi

    The journal of nutrition, health & aging   25 ( 5 )   593 - 599   2020年12月( ISSN:1279-7707

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Kurita2021_Article_HopelessnessAndDepressionPredi.pdf

    DOI : 10.1007/s12603-020-1556-4

    PubMed

    その他リンク : http://link.springer.com/article/10.1007/s12603-020-1556-4/fulltext.html

  • Psychological Flexibility and Depression in Advanced CKD and Dialysis

    Hidekazu Iida, Shino Fujimoto, Takafumi Wakita, Mai Yanagi, Tomo Suzuki, Kenichiro Koitabashi, Masahiko Yazawa, Hiroo Kawarazaki, Yoshitaka Ishibashi, Yugo Shibagaki, Noriaki Kurita

    Kidney Medicine   2 ( 6 )   684 - 691.e1   2020年11月( ISSN:2590-0595

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : PFandDepression_Iida_KidMed2020.pdf

    DOI : 10.1016/j.xkme.2020.07.004

    PubMed

  • Association between health-related hope and adherence to prescribed treatment in CKD patients: multicenter cross-sectional study.

    Noriaki Kurita, Takafumi Wakita, Yoshitaka Ishibashi, Shino Fujimoto, Masahiko Yazawa, Tomo Suzuki, Kenichiro Koitabashi, Mai Yanagi, Hiroo Kawarazaki, Joseph Green, Shunichi Fukuhara, Yugo Shibagaki

    BMC nephrology   21 ( 1 )   453 - 453   2020年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Kurita_et_al-2020-BMC_Nephrology.pdf

    DOI : 10.1186/s12882-020-02120-0

    PubMed

  • The associations of phase angle with the structural severity and quadriceps strength among patients with hip osteoarthritis: the SPSS-OK study.

    Wada O, Yamada M, Kamitani T, Mizuno K, Kurita N

    Clinical rheumatology   40 ( 4 )   1539 - 1546   2020年9月( ISSN:0770-3198

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10067-020-05419-3

    PubMed

  • Low rather than high mean corpuscular volume is associated with mortality in Japanese patients under hemodialysis.

    Hirokazu Honda, Miho Kimachi, Noriaki Kurita, Nobuhiko Joki, Masaomi Nangaku

    Scientific reports   10 ( 1 )   15663 - 15663   2020年9月

      詳細を見る

  • The effect of transportation modality to dialysis facilities on health-related quality of life among hemodialysis patients: results from the Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study.

    Yazawa M, Omae K, Shibagaki Y, Inaba M, Tsuruya K, Kurita N

    Clinical kidney journal   13 ( 4 )   640 - 646   2020年8月( ISSN:2048-8505

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : CKJ2020_Yazawa_full_citation.pdf

    DOI : 10.1093/ckj/sfz110

    PubMed

  • Structural severity, phase angle, and quadriceps strength among patients with knee osteoarthritis: the SPSS-OK study.

    Osamu Wada, Noriaki Kurita, Minoru Yamada, Kiyonori Mizuno

    Clinical rheumatology   39 ( 10 )   3049 - 3056   2020年4月( ISSN:0770-3198

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10067-020-05056-w

    PubMed

  • Association of advanced glycation end-product accumulation with overactive bladder in community-dwelling elderly: A cross-sectional Sukagawa study

    Kenji Omae, Noriaki Kurita, Sei Takahashi, Shingo Fukuma, Yosuke Yamamoto, Shunichi Fukuhara, The Sukagawa Study Group

    Asian Journal of Urology   in press ( 2 )   189 - 196   2020年3月( ISSN:22143882

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.ajur.2020.03.004

    PubMed

  • 【サルコペニア対策の最前線】骨関節疾患とサルコペニア

    栗田 宜明, 和田 治

    月刊レジデント   13 ( 3 )   50 - 55   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Normalized Protein Catabolic Rate and Mortality Risk of Patients on Hemodialysis by Frailty Status: The Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study.

    Jumpei Hasegawa, Miho Kimachi, Noriaki Kurita, Eiichiro Kanda, Sachiko Wakai, Kosaku Nitta

    Journal of renal nutrition : the official journal of the Council on Renal Nutrition of the National Kidney Foundation   30 ( 6 )   535 - 539   2020年2月( ISSN:1051-2276

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : nPCRandMortalityByFrail_hasegawa_jrn2020.pdf

    DOI : 10.1053/j.jrn.2019.12.005

    PubMed

  • 福島第一原子力発電所事故後の停留精巣 因果関係があるか、もしくは偶然か(Cryptorchidism after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: causation or coincidence?)

    Kojima Yoshiyuki, Yokoya Susumu, Kurita Noriaki, Idaka Takayuki, Ishikawa Tetsuo, Tanaka Hideaki, Ezawa Yoshiko, Ohto Hitoshi

    Fukushima Journal of Medical Science   65 ( 3 )   76 - 98   2020年1月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 「鼻の無い」車による交通外傷の重症化は座席で異なるか?:Cab-overとbonnet車の比較コホート研究

    伊藤文人, 栗田宜明, 篠原一彰, 堤悠介

    日本救急医学会雑誌   31 ( 11 (Web) )   2020年( ISSN:0915-924X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Implications of evaluating leg muscle mass and fat mass separately for quadriceps strength in knee osteoarthritis: the SPSS-OK study.

    Wada O, Kurita N, Kamitani T, Mizuno K

    Clinical rheumatology   39 ( 5 )   1655 - 1661   2019年12月( ISSN:0770-3198

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10067-019-04879-6

    PubMed

    その他リンク : http://link.springer.com/article/10.1007/s10067-019-04879-6/fulltext.html

  • 日本におけるネフローゼ症候群の実診療パターンの変化および臨床診療ガイドラインからの逸脱 認定腎臓専門医を対象としたアンケート調査(Variations in actual practice patterns and their deviations from the clinical practice guidelines for nephrotic syndrome in Japan: certified nephrologists' questionnaire survey)

    Niihata Kakuya, Nishiwaki Hiroki, Kurita Noriaki, Okada Hirokazu, Maruyama Shoichi, Narita Ichiei, Shibagaki Yugo, Nakaya Izaya

    Clinical and Experimental Nephrology   23 ( 11 )   1288 - 1297   2019年11月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 日本におけるネフローゼ症候群の実診療パターンの変化および臨床診療ガイドラインからの逸脱 認定腎臓専門医を対象としたアンケート調査(Variations in actual practice patterns and their deviations from the clinical practice guidelines for nephrotic syndrome in Japan: certified nephrologists' questionnaire survey)

    Niihata Kakuya, Nishiwaki Hiroki, Kurita Noriaki, Okada Hirokazu, Maruyama Shoichi, Narita Ichiei, Shibagaki Yugo, Nakaya Izaya

    Clinical and Experimental Nephrology   23 ( 11 )   1288 - 1297   2019年11月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • A scale for measuring Health-Related Hope: its development and psychometric testing

    Fukuhara S, Kurita N, Wakita T, Green J, Shibagaki Y

    Annals of Clinical Epidemiology   1 ( 3 )   102 - 119   2019年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク : https://a-youme.jp/sce/journal/pdf/ACE2019_03_5_fukuhara.pdf

  • 健康関連ホープ尺度 開発と精神測定検査(A scale for measuring health-related hope: its development and psychometric testing)

    Fukuhara Shunichi, Kurita Noriaki, Wakita Takafumi, Green Joseph, Shibagaki Yugo

    Annals of Clinical Epidemiology   1 ( 3 )   102 - 119   2019年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Disentangling Associations Between Serum Muscle Biomarkers and Sarcopenia in the Presence of Pain and Inflammation Among Patients With Osteoarthritis: The SPSS-OK Study.

    Kurita N, Kamitani T, Wada O, Shintani A, Mizuno K

    Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases   2019年8月( ISSN:1076-1608

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/RHU.0000000000001156

    PubMed

  • 福島リポート(第30回) 東日本大震災・原発事故の臨床疫学 数字の一人歩きにご注意!

    栗田 宜明

    日本医事新報   ( 4975 )   54 - 59   2019年8月( ISSN:0385-9215

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Variations in actual practice patterns and their deviations from the clinical practice guidelines for nephrotic syndrome in Japan: certified nephrologists' questionnaire survey

    Niihata K, Nishiwaki H, Kurita N, Okada H, Maruyama S, Narita I, Shibagaki Y, Nakaya I

    Clinical and Experimental Nephrology   23 ( 11 )   (in press) - 1297   2019年8月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10157-019-01772-z

    PubMed

  • Gait speed and overactive bladder in the healthy community-dwelling super elderly: The Sukagawa Study.

    Omae K, Yamamoto Y, Kurita N, Takeshima T, Naganuma T, Takahashi S, Ohnishi T, Ito F, Yoshioka T, Fukuhara S

    Neurourology and urodynamics   38 ( 8 )   2324 - 2332   2019年8月( ISSN:0733-2467

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/nau.24148

    PubMed

  • Salt intake and body weight correlate with higher blood pressure in the very elderly population: The Sukagawa study.

    Iida H, Kurita N, Takahashi S, Sasaki S, Nishiwaki H, Omae K, Yajima N, Fukuma S, Hasegawa T, Fukuhara S, Sukagawa Study Group.

    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   21 ( 7 )   942 - 949   2019年6月( ISSN:1524-6175

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Iida_et_al-2019-The_Journal_of_Clinical_Hypertension●.pdf

    DOI : 10.1111/jch.13593

    PubMed

  • Influence of the severity of knee osteoarthritis on the association between leg muscle mass and quadriceps strength: the SPSS-OK study

    Wada O, Kurita N, Kamitani T, Nakano N, Mizuno K

    Clinical Rheumatology   38 ( 3 )   719 - 725   2019年3月( ISSN:1434-9949

  • 在宅医療患者の語りから探る希望

    大塚類, 栗田宜明, 脇田貴文, 龔恵芳

    青山学院大学教育学会紀要「教育研究」   ( 63 )   73 - 84   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 在宅医療患者の語りから探る希望

    大塚類, 栗田宜明, 脇田貴文, 龔恵芳

    青山学院大学教育学会紀要「教育研究」   ( 63 )   73 - 84   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • SARC-F Validation and SARC-F+EBM Derivation in Musculoskeletal Disease: The SPSS-OK Study

    Kurita N., Wakita T., Kamitani T., Wada O., Mizuno K.

    Journal of Nutrition, Health and Aging   23 ( 8 )   732 - 738   2019年1月( ISSN:12797707

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Kurita2019_Article_SARC-FValidationAndSARC-FEBM●.pdf

    DOI : 10.1007/s12603-019-1222-x

    PubMed

  • Association of the Great East Japan Earthquake and the Daiichi Nuclear Disaster in Fukushima City, Japan, With Birth Rates.

    Kurita N

    JAMA network open   2 ( 1 )   e187455   2019年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : 震災と出生率 栗田 JAMA Network Open_2019_oi_180310R.pdf

    DOI : 10.1001/jamanetworkopen.2018.7455

    PubMed

  • Essential points from Evidence-based Clinical Practice Guidelines for Chronic Kidney Disease 2018

    栗田宜明

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   23 ( 1 )   1 - 15   2019年1月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10157-018-1648-1

    PubMed

  • 「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018」の要点(Essential points from Evidence-based Clinical Practice Guidelines for Chronic Kidney Disease 2018)

    Okada Hirokazu, Yasuda Yoshinari, Kashihara Naoki, Asahi Koichi, Ito Takafumi, Kaname Shinya, Kanda Eiichiro, Kanno Yoshihiko, Shikata Kenichi, Shibagaki Yugo, Tsuchiya Ken, Tsuruya Kazuhiko, Nagata Daisuke, Narita Ichiei, Nangaku Masaomi, Hattori Motoshi, Hamano Takayuki, Fujimoto Shouichi, Moriyama Toshiki, Yamagata Kunihiro, Yamamoto Ryohei, Wakasugi Minako, Ashida Akira, Usui Joichi, Kawamura Kazuko, Kitamura Kenichiro, Konta Tsuneo, Suzuki Yusuke, Tsuruoka Shuichi, Nishio Saori, Fujii Naohiko, Fujii Hideki, Wada Takehiko, Yokoyama Hitoshi, Aoki Katsunori, Akiyama Daiichiro, Araki Shin-ichi, Arima Hisatomi, Ishikawa Eiji, Ishikura Kenji, Ishizuka Kiyonobu, Ishimoto Takuji, Ishimoto Yu, Iseki Kunitoshi, Itabashi Mitsuyo, Ichioka Satoko, Ichikawa Kazunobu, Ichikawa Daisuke, Inoue Shuji, Imai Toshimi, Imamura Hideaki, Iwata Yasunori, Iwazu Yoshitaka, Usui Toshiaki, Uchida Keiko, Egawa Masahiro, Ohara Shinichiro, Omori Norio, Okada Rieko, Okuda Yusuke, Ozeki Takaya, Obata Yoko, Kai Hirayasu, Kato Noritoshi, Kanasaki Keizo, Kaneko Yoshikatsu, Kabasawa Hideyuki, Kawaguchi Takehiko, Kawasaki Yukihiko, Kawashima Keisuke, Kawano Haruna, Kikuchi Kan, Kihara Masao, Kimura Yoshiki, Kurita Noriaki, Koike Kentaro, Koizumi Masahiro, Kojima Chiari, Goto Shunsuke, Konomoto Takao, Kohagura Kentaro, Komatsu Hiroyuki, Komaba Hirotaka, Saito Chie, Sakai Yukinao, Sakaguchi Yusuke, Satonaka Hiroshi, Jimi Kanako, Shimizu Akihiro, Shimizu Sayaka, Shirai Sayuri, Shinzawa Maki, Sugiyama Kazuhiro, Suzuki Tomo, Suzuki Hitoshi, Suyama Kazuhide, Segawa Hiroyoshi, Takahashi Kazuya, Tanaka Kenichi, Tanaka Tetsuhiro, Tsunoda Ryoya, Tsuruta Yuki, Nakakura Hyogo, Nagasawa Yasuyuki, Nakanishi Koichi, Nagahama Masahiko, Nakaya Izaya, Nanami Masayoshi, Niihata Kakuya, Nishi Shinichi, Nishiwaki Hiroki, Hasegawa Shoko, Hasegawa Midori, Hanada Ken, Hayashi Hiroki, Harada Ryoko, Hishida Manabu, Hirano Daishi, Hirahashi Junichi, Hirama Akio, Hirayama Kouichi, Fukagawa Masafumi, Fukuda Akihiro, Fujii Yoshiyuki, Fujisaki Kiichiro, Furuya Fumihiko, Hoshino Junichi, Hosojima Michihiro, Honda Kenjiro, Masuda Takahiro, Matsui Kosuke, Matsukuma Yuta, Matsumura Hideki, Mii Akiko, Miura Kenichiro, Mitobe Michihiro, Miyasato Yoshikazu, Miyamoto Satoshi, Miwa Saori, Yazawa Masahiko, Yata Yusuke, Yamamoto Yoshihiro, Watanabe Kimio, Japanese Society of Nephrology, Committee of Evidence-based Practice Guideline for the Treatment of CKD 2018, Evidence-based Practice Guideline for the Treatment of CKD Production Group(Work group)

    Clinical and Experimental Nephrology   23 ( 1 )   1 - 15   2019年1月( ISSN:1342-1751

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Effectiveness of cinacalcet treatment for secondary hyperparathyroidism on hospitalization: Results from the MBD-5D study.

    Asada S, Yoshida K, Fukuma S, Nomura T, Wada M, Onishi Y, Kurita N, Fukagawa M, Fukuhara S, Akizawa T

    PloS one   14 ( 5 )   e0216399   2019年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0216399

    PubMed

  • Vehicle configurations associated with anatomical-specific severe injuries resulting from traffic collisions.

    Ito F, Tsutsumi Y, Shinohara K, Fukuhara S, Kurita N

    PloS one   14 ( 10 )   e0223388   2019年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : Ito bonnet vs cab-over in frontal collision 19pone.pdf

    DOI : 10.1371/journal.pone.0223388

    PubMed

  • The effect of transportation modality to dialysis facilities on health-related quality of life among hemodialysis patients: results from the Japanese dialysis outcomes and practice pattern study

    Yazawa M, Omae K, Shibagaki Y, Inaba M, Tsuruya K, Kurita N

    Clinical Kidney Journal   (in press)   2019年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク : https://academic.oup.com/ckj/advance-article/doi/10.1093/ckj/sfz110/5567531

  • Cryptorchidism after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident:causation or coincidence?

    Kojima Y, Yokoya S, Kurita N, Idaka T, Ishikawa T, Tanaka H, Ezawa Y, Ohto H

    Fukushima journal of medical science   65 ( 3 )   76 - 98   2019年( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : ●Kojima FJMS 2019.pdf

    DOI : 10.5387/fms.2019-22

    PubMed

  • A scale for measuring health-related hope: its development and psychometric testing

    Fukuhara Shunichi, Kurita Noriaki, Wakita Takafumi, Green Joseph, Shibagaki Yugo

    Annals of Clinical Epidemiology   1 ( 3 )   102 - 119   2019年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル : ACE2019_03_5_fukuhara_kurita_wakita_green_shibagaki.pdf

    DOI : 10.37737/ace.1.3_102

  • Vitality measured as self-reported energy level and clinical outcomes in hemodialysis patients: The Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study (J-DOPPS)

    Kurita N, Akizawa T, Fukuhara S

    American Journal of Kidney Diseases   (in press) ( 4 )   486 - 495   2018年12月( ISSN:0272-6386

      詳細を見る

  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018

    岡田 浩一, 安田 宜成, 旭 浩一, 伊藤 孝史, 要 伸也, 神田 英一郎, 菅野 義彦, 四方 賢一, 柴垣 有吾, 土谷 健, 鶴屋 和彦, 長田 太助, 成田 一衛, 南学 正臣, 服部 元史, 濱野 高行, 藤元 昭一, 守山 敏樹, 山縣 邦弘, 山本 陵平, 若杉 三奈子, 芦田 明, 臼井 丈一, 川村 和子, 北村 健一郎, 今田 恒夫, 鈴木 祐介, 鶴岡 秀一, 西尾 妙織, 藤井 直彦, 藤井 秀毅, 和田 健彦, 横山 仁, 青木 克憲, 秋山 大一郎, 荒木 信一, 有馬 久富, 石川 英二, 石倉 健司, 石塚 喜世伸, 石本 卓嗣, 石本 遊, 井関 邦敏, 板橋 美津世, 一岡 聡子, 市川 一誠, 市川 大介, 井上 秀二, 今井 利美, 今村 秀明, 岩田 恭宜, 岩津 好隆, 臼井 俊明, 内田 啓子, 江川 雅博, 大原 信一郎, 大森 教雄, 岡田 理恵子, 奥田 雄介, 尾関 貴哉, 小畑 陽子, 甲斐 平康, 加藤 規利, 金崎 啓造, 金子 佳賢, 蒲澤 秀門, 川口 武彦, 川崎 幸彦, 川島 圭介, 河野 春奈, 菊地 勘, 木原 正夫, 木村 良紀, 栗田 宜明, 小池 健太郎, 小泉 賢洋, 小島 智亜里, 後藤 俊介, 此元 隆雄, 古波蔵 健太郎, 小松 弘幸, 駒場 大峰, 齋藤 知栄, 酒井 行直, 坂口 悠介, 里中 弘志, 自見 加奈子, 清水 昭博, 清水 さやか, 白井 小百合, 新沢 真紀, 杉山 和寛, 鈴木 智, 鈴木 仁, 陶山 和秀, 瀬川 裕佳, 高橋 和也, 田中 健一, 田中 哲洋, 角田 亮也, 鶴田 悠木, 中倉 兵庫, 長澤 康行, 中西 浩一, 長浜 正彦, 中屋 来哉, 名波 正義, 新畑 覚也, 西 慎一, 西脇 宏樹, 長谷川 祥子, 長谷川 みどり, 花田 健, 林 宏樹, 原田 涼子, 菱田 学, 平野 大志, 平橋 淳一, 平間 章郎, 平山 浩一, 深川 雅史, 福田 顕弘, 藤井 良幸, 藤崎 毅一郎, 古屋 文彦, 星野 純一, 細島 康宏, 本田 謙次郎, 増田 貴博, 松井 浩輔, 松隈 祐太, 松村 英樹, 三井 亜希子, 三浦 健一郎, 三戸部 倫大, 宮里 賢和, 宮本 聡, 三輪 沙織, 谷澤 雅彦, 矢田 雄介, 山本 義浩, 渡邉 公雄, CKD診療ガイド・ガイドライン改訂委員会, 日本腎臓学会

    日本腎臓学会誌   60 ( 8 )   1037 - 1193   2018年11月( ISSN:0385-2385

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018

    岡田 浩一, 安田 宜成, 旭 浩一, 伊藤 孝史, 要 伸也, 神田 英一郎, 菅野 義彦, 四方 賢一, 柴垣 有吾, 土谷 健, 鶴屋 和彦, 長田 太助, 成田 一衛, 南学 正臣, 服部 元史, 濱野 高行, 藤元 昭一, 守山 敏樹, 山縣 邦弘, 山本 陵平, 若杉 三奈子, 芦田 明, 臼井 丈一, 川村 和子, 北村 健一郎, 今田 恒夫, 鈴木 祐介, 鶴岡 秀一, 西尾 妙織, 藤井 直彦, 藤井 秀毅, 和田 健彦, 横山 仁, 青木 克憲, 秋山 大一郎, 荒木 信一, 有馬 久富, 石川 英二, 石倉 健司, 石塚 喜世伸, 石本 卓嗣, 石本 遊, 井関 邦敏, 板橋 美津世, 一岡 聡子, 市川 一誠, 市川 大介, 井上 秀二, 今井 利美, 今村 秀明, 岩田 恭宜, 岩津 好隆, 臼井 俊明, 内田 啓子, 江川 雅博, 大原 信一郎, 大森 教雄, 岡田 理恵子, 奥田 雄介, 尾関 貴哉, 小畑 陽子, 甲斐 平康, 加藤 規利, 金崎 啓造, 金子 佳賢, 蒲澤 秀門, 川口 武彦, 川崎 幸彦, 川島 圭介, 河野 春奈, 菊地 勘, 木原 正夫, 木村 良紀, 栗田 宜明, 小池 健太郎, 小泉 賢洋, 小島 智亜里, 後藤 俊介, 此元 隆雄, 古波蔵 健太郎, 小松 弘幸, 駒場 大峰, 齋藤 知栄, 酒井 行直, 坂口 悠介, 里中 弘志, 自見 加奈子, 清水 昭博, 清水 さやか, 白井 小百合, 新沢 真紀, 杉山 和寛, 鈴木 智, 鈴木 仁, 陶山 和秀, 瀬川 裕佳, 高橋 和也, 田中 健一, 田中 哲洋, 角田 亮也, 鶴田 悠木, 中倉 兵庫, 長澤 康行, 中西 浩一, 長浜 正彦, 中屋 来哉, 名波 正義, 新畑 覚也, 西 慎一, 西脇 宏樹, 長谷川 祥子, 長谷川 みどり, 花田 健, 林 宏樹, 原田 涼子, 菱田 学, 平野 大志, 平橋 淳一, 平間 章郎, 平山 浩一, 深川 雅史, 福田 顕弘, 藤井 良幸, 藤崎 毅一郎, 古屋 文彦, 星野 純一, 細島 康宏, 本田 謙次郎, 増田 貴博, 松井 浩輔, 松隈 祐太, 松村 英樹, 三井 亜希子, 三浦 健一郎, 三戸部 倫大, 宮里 賢和, 宮本 聡, 三輪 沙織, 谷澤 雅彦, 矢田 雄介, 山本 義浩, 渡邉 公雄, CKD診療ガイド・ガイドライン改訂委員会, 日本腎臓学会

    日本腎臓学会誌   60 ( 8 )   1037 - 1193   2018年11月( ISSN:0385-2385

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 変形性関節症におけるクレアチンキナーゼ値はサルコペニアを予測する SPSS-OK研究(第2報)

    栗田 宜明, 紙谷 司, 和田 治, 水野 清典

    日本老年医学会雑誌   55 ( Suppl. )   121 - 121   2018年5月( ISSN:0300-9173

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Resolution of Infliximab-Refractory Nivolumab-Induced Acute Severe Enterocolitis After Cyclosporine Treatment in a Patient with Non-Small Cell Lung Cancer.

    Iyoda T, Kurita N, Takada A, Watanabe H, Ando M

    The American journal of case reports   19   360 - 364   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Resolution of infliximab-refractory nivolumab-induced acute severe enterocolitis after cyclosporine treatment in a patient with non-small cell lung cancer

    Iyoda T., Kurita N., Takada A., Watanabe H., Ando M.

    American Journal of Case Reports   19   354 - 364   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.12659/AJCR.908570

  • Association between keeping home records of catheter exit-site and incidence of peritoneal dialysis-related infections.

    Iida H, Kurita N, Fujimoto S, Kamijo Y, Ishibashi Y, Fukuma S, Fukuhara S

    International urology and nephrology   50 ( 4 )   763 - 769   2018年1月( ISSN:0301-1623

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s11255-018-1789-x

    PubMed

  • Association Between Accumulation of Advanced Glycation End-Products and Hearing Impairment in Community-Dwelling Older People: A Cross-Sectional Sukagawa Study.

    Niihata K, Takahashi S, Kurita N, Yajima N, Omae K, Fukuma S, Okano T, Nomoto Y, Omori K, Fukuhara S, Sukagawa Study Group.

    Journal of the American Medical Directors Association   2017年11月( ISSN:1525-8610

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jamda.2017.09.008

    PubMed

  • Revisiting Interdialytic Weight Gain and Mortality Association With Serum Albumin Interactions: The Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study.

    Kurita N, Hayashino Y, Yamazaki S, Akizawa T, Akiba T, Saito A, Fukuhara S

    Journal of renal nutrition : the official journal of the Council on Renal Nutrition of the National Kidney Foundation   27 ( 6 )   421 - 429   2017年11月( ISSN:1051-2276

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1053/j.jrn.2017.05.003

    PubMed

  • Impact of trajectories of abdominal aortic calcification over 2 years on subsequent mortality: a 10-year longitudinal study.

    Inoue H, Shimizu S, Watanabe K, Kamiyama Y, Shima H, Nakase A, Ishida H, Kurita N, Fukuma S, Fukuhara S, Yamada Y

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   2017年8月( ISSN:0931-0509

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/ndt/gfx253

    PubMed

  • Longitudinal Association Between Subjective Fatigue and Future Falls in Community-Dwelling Older Adults: The Locomotive Syndrome and Health Outcomes in the Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Kamitani T, Yamamoto Y, Kurita N, Yamazaki S, Fukuma S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Journal of aging and health   31 ( 1 )   898264317721825 - 84   2017年7月( ISSN:0898-2643

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1177/0898264317721825

    PubMed

  • Effects of barbed suture during robot-assisted radical prostatectomy on postoperative tissue damage and longitudinal changes in lower urinary tract outcome.

    Haga N, Kurita N, Yanagida T, Ogawa S, Yabe M, Akaihata H, Hata J, Sato Y, Ishibashi K, Hasegawa O, Kojima Y

    Surgical endoscopy   2017年6月( ISSN:0930-2794

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00464-017-5649-z

    PubMed

  • Frequent monitoring of mineral metabolism in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism: associations with achievement of treatment goals and with adjustments in therapy.

    Yokoyama K, Kurita N, Fukuma S, Akizawa T, Fukagawa M, Onishi Y, Kurokawa K, Fukuhara S

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   32 ( 3 )   534 - 541   2017年3月( ISSN:0931-0509

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/ndt/gfw020

    PubMed

  • Frequent monitoring of mineral metabolism in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism: associations with achievement of treatment goals and with adjustments in therapy.

    Yokoyama K*, Kurita N*, Fukuma S, Akizawa T, Fukagawa M, Onishi Y, Kurokawa K, Fukuhara S. (*co-first authors)

    Nephrology Dialysis Transplantation   32   534 - 541   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Effects of Barbed Suture during Robot-assisted Radical Prostatectomy on Postoperative Tissue Damage and Longitudinal Changes in Lower Urinary Tract Outcome.

    Haga N, Kurita N, Yanagida T, Ogawa S, Yabe M, Akaihata H, Hata J, Sato Y, Ishibashi K, Hasegawa O, Kojima Y.

    Surgical Endoscopy (in press)   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Revisiting Interdialytic Weight Gain and Mortality Association With Serum Albumin Interactions: The Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study.

    Kurita N, Hayashino Y, Yamazaki S, Akizawa T, Akiba T, Saito A, Fukuhara S.

    Journal of Renal Nutrition (in press)   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Fistula and survival outcomes after fistula creation among predialysis chronic kidney disease stage 5 patients.

    Miyamoto M, Kurita N, Suemitsu K, Murakami M.

    American Journal of Nephrology   45   356 - 364   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Longitudinal association between subjective fatigue and future falls in community-dwelling older adults: the Locomotive Syndrome and Health Outcomes in the Aizu Cohort Study (LOHAS)

    Kamitani T, Yamamoto Y, Kurita N, Yamazaki S, Fukuma S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.

    Journal of Aging and Health   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 2. 効果的な患者指導のエビデンス作成を目指した尺度開発と検証の実際

    栗田 宜明, 脇田 貴文, 福原 俊一, 柴垣 有吾

    日本透析医学会雑誌   50 ( 3 )   180 - 181   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4009/jsdt.50.180

  • Fistula and Survival Outcomes after Fistula Creation among Predialysis Chronic Kidney Disease Stage 5 Patients.

    Miyamoto M, Kurita N, Suemitsu K, Murakami M

    American journal of nephrology   45 ( 4 )   356 - 364   2017年( ISSN:0250-8095

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1159/000466707

    PubMed

  • 疫学 二次性副甲状腺機能亢進症を有する血液透析患者における副甲状腺ホルモン依存性のシナカルセトの効果 周辺構造モデルを用いた時間依存性交絡の調整

    栗田 宜明, 福原 俊一

    医学のあゆみ   258 ( 11 )   1074 - 1076   2016年9月( ISSN:0039-2359

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 慢性疾患患者における「希望」の概念の検討-患者へのインタビュー調査(質的研究)を通して-. (*Joint first authors)

    脇田貴文*, 栗田宜明*, 加藤欽志, 冨永直人, 紺野愼一, 福原俊一, 柴垣有吾.

    関西大学心理学研究   7   17 - 32   2016年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 専門医に必要な統計の知識と研究デザイン 研究デザイン

    栗田 宜明

    日本耳鼻咽喉科学会会報   119 ( 7 )   984 - 987   2016年7月( ISSN:0030-6622

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PTH-dependence of the effectiveness of cinacalcet in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism.

    Akizawa T*, Kurita N*, Mizobuchi M, Fukagawa M, Onishi Y, Yamaguchi T, Ellis AR, Fukuma S, Alan Brookhart M, Hasegawa T, Kurokawa K, Fukuhara S. (*co-first authors)

    Scientific Reports   6   2016年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【男性のアンチエイジングとテストステロン】 テストステロンはメンズヘルスのバイオマーカー

    栗田 宜明

    アンチ・エイジング医学   12 ( 3 )   334 - 339   2016年6月( ISSN:1880-1579

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preferences of young physicians at community hospitals regarding academic research training through graduate school: a cross-sectional research.

    Kurita N, Murakami M, Shimizu S, Kumasawa J, Azuma T, Kataoka Y, Yamamoto S, Fukuma S, Yamamoto Y, Fukuhara S

    BMC research notes   9   227   2016年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13104-016-2036-0

    PubMed

  • PTH-dependence of the effectiveness of cinacalcet in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism.

    Akizawa T, Kurita N, Mizobuchi M, Fukagawa M, Onishi Y, Yamaguchi T, Ellis AR, Fukuma S, Alan Brookhart M, Hasegawa T, Kurokawa K, Fukuhara S

    Scientific reports   6   19612   2016年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/srep19612

    PubMed

  • Low Testosterone Levels and Reduced Kidney Function in Japanese Adult Men: The Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Journal of the American Medical Directors Association   17 ( 4 )   371.e1 - 6   2016年4月( ISSN:1525-8610

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jamda.2016.01.011

    PubMed

  • Impact of Body Habitus on Operative Difficulties during Extraperitoneal Laparoscopic Radical Prostatectomy.

    Weimin Y, Haga N, Yanagida T, Kurita N, Akihata H, Kojima Y

    Urology journal   13 ( 1 )   2519 - 26   2016年3月( ISSN:1735-1308

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 成人慢性疾患患者における「希望」の概念の検討 インタビュー調査(質的研究)を通して

    脇田 貴文, 栗田 宜明, 冨永 直人, 加藤 欽志, 紺野 愼一, 福原 俊一, 柴垣 有吾

    関西大学心理学研究   ( 7 )   17 - 33   2016年3月( ISSN:2185-0070

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of body habitus on operative difficulties during extraperitoneal laparoscopic radical prostatectomy

    Weimin Y., Haga N., Yanagida T., Kurita N., Akihata H., Kojima Y.

    Urology Journal   13 ( 1 )   2519 - 2526   2016年1月( ISSN:17351308

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 疫学 二次性副甲状腺機能亢進症を有する血液透析患者における副甲状腺ホルモン依存性のシナカルセトの効果 周辺構造モデルを用いた時間依存性交絡の調整.

    栗田宜明, 福原俊一.

    医学のあゆみ   258   1074 - 6   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【男性のアンチエイジングとテストステロン】 テストステロンはメンズヘルスのバイオマーカー.

    栗田宜明.

    アンチ・エイジング医学   12   334 - 9   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 専門医に必要な統計の知識と研究デザイン 研究デザイン.

    栗田宜明.

    日本耳鼻咽喉科学会会報   119   984 - 7   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Impact of Body Habitus on Operative Difficulties during Extraperitoneal Laparoscopic Radical Prostatectomy. 

    Weimin Y, Haga N, Yanagida T, Kurita N, Akihata H, Kojima Y.

    Urol J.    13   2519 - 2526   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Preferences of young physicians at community hospitals regarding academic research training through graduate school: a cross-sectional research. 

    Kurita N, Murakami M, Shimizu S, Kumasawa J, Azuma T, Kataoka Y, Yamamoto S, Fukuma S, Yamamoto Y, Fukuhara S.

    BMC Research Notes   9 - 227   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Low testosterone levels and reduced kidney function in Japanese adult men: The Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.

    Journal of the American Medical Directors Association   17   17 - 371   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 疫学 二次性副甲状腺機能亢進症を有する血液透析患者における副甲状腺ホルモン依存性のシナカルセトの効果 周辺構造モデルを用いた時間依存性交絡の調整.

    栗田宜明, 福原俊一.

    医学のあゆみ   258   1074 - 6   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【男性のアンチエイジングとテストステロン】 テストステロンはメンズヘルスのバイオマーカー.

    栗田宜明.

    アンチ・エイジング医学   12   334 - 9   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 専門医に必要な統計の知識と研究デザイン 研究デザイン.

    栗田宜明.

    日本耳鼻咽喉科学会会報   119   984 - 7   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Low testosterone levels and reduced kidney function in Japanese adult men: The Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.

    Journal of the American Medical Directors Association   17   17 - 371   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 地域在住高齢者の主観的疲労感と転倒との関連

    紙谷 司, 山本 洋介, 栗田 宜明, 山崎 新, 福間 真悟, 大西 良浩, 竹上 未紗, 関口 美穂, 紺野 愼一, 菊地 臣一, 福原 俊一

    理学療法学Supplement   2015 ( 0 )   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.14900/cjpt.2015.1500

  • 専門医に必要な統計の知識と研究デザイン:―研究デザイン―

    栗田 宜明

    日本耳鼻咽喉科学会会報   119 ( 7 )   984 - 987   2016年( ISSN:0030-6622

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3950/jibiinkoka.119.984_1

  • Contribution of dysregulated serum magnesium to mortality in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism: a 3-year cohort study.

    Kurita N, Akizawa T, Fukagawa M, Onishi Y, Kurokawa K, Fukuhara S

    Clinical kidney journal   8 ( 6 )   744 - 52   2015年12月( ISSN:2048-8505

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/ckj/sfv097

    PubMed

  • Risk Score to Predict 1-year Mortality after Haemodialysis Initiation in Patients with Stage 5 Chronic Kidney Disease under Predialysis Nephrology Care.

    Doi T*, Yamamoto S*, Morinaga T*, Sada K*, Kurita N*, Onishi Y. (*Equally contributed)

    PLoS One   10   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 血液透析患者における疲労度とBlood Volume(BV)計による循環血液量変化についての検討

    長澤 雅世, 松崎 慶一, 栗田 宜明, 池之上 辰義, 耒海 美穂, 西村 賢二, 後藤 公彦, 高橋 利和

    大阪透析研究会会誌   33 ( 2 )   141 - 147   2015年9月( ISSN:0912-6937

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Contribution of dysregulated serum magnesium to mortality in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism: three-year cohort study.

    Kurita N, Akizawa T, Fukagawa M, Onishi Y, Kurokawa K, Fukuhara S.

    Clinical Kidney Journal   8   744 - 752   2015年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Dialysis amyloid deposition in the aortic valve and its association with aortic stenosis.

    Kurita N, Fujii A, Kotera N, Tanaka M, Tanaka S, Miyairi T, Sugimoto T, Mori M, Fukuhara S, Mise N.

    Blood Purification   40   146 - 154   2015年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Risk Score to Predict 1-Year Mortality after Haemodialysis Initiation in Patients with Stage 5 Chronic Kidney Disease under Predialysis Nephrology Care.

    Doi T, Yamamoto S, Morinaga T, Sada KE, Kurita N, Onishi Y

    PloS one   10 ( 6 )   e0129180   2015年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0129180

    PubMed

  • Dialysis Amyloid Deposition in the Aortic Valve and Its Association with Aortic Stenosis.

    Kurita N, Fujii A, Kotera N, Tanaka M, Tanaka S, Miyairi T, Sugimoto T, Mori M, Fukuhara S, Mise N

    Blood purification   40 ( 2 )   146 - 154   2015年( ISSN:1421-9735|0253-5068

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1159/000381938

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Idiosyncratic liver injury induced by vildagliptin with successful switch to linagliptin in a hemodialyzed diabetic patient.

    Kurita N, Ito T, Shimizu S, Hirata T, Uchihara H

    Diabetes care   37 ( 9 )   e198 - 9   2014年9月( ISSN:0149-5992

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2337/dc14-1252

    PubMed

  • Incorporation of apical lymph node status into the seventh edition of the TNM classification improves prediction of prognosis in stage III colonic cancer.

    Kawada H, Kurita N, Nakamura F, Kawamura J, Hasegawa S, Kotake K, Sugihara K, Fukuhara S, Sakai Y

    The British journal of surgery   101 ( 9 )   1143 - 1152   2014年8月( ISSN:1365-2168|0007-1323

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/bjs.9548

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Abnormal mineral metabolism and mortality in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism: evidence from marginal structural models used to adjust for time-dependent confounding.

    Fukagawa M, Kido R, Komaba H, Onishi Y, Yamaguchi T, Hasegawa T, Kurita N, Fukuma S, Akizawa T, Fukuhara S

    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation   63 ( 6 )   979 - 87   2014年6月( ISSN:0272-6386

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1053/j.ajkd.2013.08.011

    PubMed

  • Fecalith formation and colonic perforation after lanthanum carbonate granules administration.

    Kurita N, Uchihara H

    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation   63 ( 5 )   861 - 862   2014年5月( ISSN:0272-6386|1523-6838

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1053/j.ajkd.2014.01.424

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Low testosterone levels, depressive symptoms, and falls in older men: a cross-sectional study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Journal of the American Medical Directors Association   15 ( 1 )   30 - 5   2014年1月( ISSN:1525-8610

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jamda.2013.11.003

    PubMed

  • Stopped extracorporeal circulation without alarm call due to voltage regulator failure.

    Ichikawa M, Takeuchi I, Konishi T, Kurita N.

    Blood Purification   38 ( 2 )   106 - 7   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Abnormal Mineral Metabolism and Mortality in Hemodialysis Patients With Secondary Hyperparathyroidism: Evidence From Marginal Structural Models Used to Adjust for Time-Dependent Confounding.

    Fukagawa M, Kido R, Komaba H, Onishi Y, Yamaguchi T, Hasegawa T, Kurita N, Fukuma S, Akizawa T, Fukuhara S.

    American Journal of Kidney Diseases.   63 ( 6 )   979 - 87   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Incorporation of apical lymph node status into the seventh edition of the TNM classification improves prediction of prognosis in stage III colonic cancer.

    Kawada H*, Kurita N*, Nakamura F, Kawamura J, Hasegawa S, Kotake K, Sugihara K, Fukuhara S, Sakai Y. (*Equally contributed)

    British Journal of Surgery   101 ( 9 )   1143 - 52   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Low testosterone levels, depressive symptoms, and falls in older men: a cross-sectional study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y,Takegami M, Ono R, Konno S-i, Kikuchi S-i, Fukuhara S.

    Journal of the American Medical Directors Association   15 ( 1 )   30 - 5   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Association of serum bicarbonate with bone fractures in hemodialysis patients: the Mineral and Bone Disorder Outcomes Study for Japanese CKD Stage 5D Patients (MBD-5D).

    Kato A, Kido R, Onishi Y, Kurita N, Fukagawa M, Akizawa T, Fukuhara S.

    Nephron Clinical Practice   128 ( 1-2 )   79 - 87   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Idiosyncratic liver injury induced by vildagliptin with successful switch to linagliptin in a hemodialyzed diabetic patient.

    Kurita N, Ito T, Shimizu S, Hirata T, Uchihara H.

    Diabetes Care   37 ( 9 )   e198-9   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Fecalith Formation and Colonic Perforation After Lanthanum Carbonate Granules Administration.

    Kurita N, Uchihara H.

    American Journal of Kidney Diseases   63 ( 5 )   861 - 2   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Stopped extracorporeal circulation without alarm call due to voltage regulator failure.

    Ichikawa M, Takeuchi I, Konishi T, Kurita N

    Blood purification   38 ( 2 )   106 - 107   2014年( ISSN:1421-9735|0253-5068

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1159/000366552

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Association of serum bicarbonate with bone fractures in hemodialysis patients: the mineral and bone disorder outcomes study for Japanese CKD stage 5D patients (MBD-5D).

    Kato A, Kido R, Onishi Y, Kurita N, Fukagawa M, Akizawa T, Fukuhara S

    Nephron. Clinical practice   128 ( 1-2 )   79 - 87   2014年( ISSN:1660-8151

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1159/000365089

    PubMed

  • Impact of cinacalcet introduction on MBD management: the MBD-5D study in Japan.

    Fukuma S, Kurita N, Fukagawa M, Akizawa T, Fukuhara S

    Kidney international supplements   3 ( 5 )   436 - 441   2013年12月( ISSN:2157-1724

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/kisup.2013.91

    PubMed

  • 【内科医のためのクリニカル・パール2】 臨床研究 臨床研究のクリニカル・パール 抄録はあなたの頭のなかを映す鏡である

    栗田 宜明, 福原 俊一

    Medicina   50 ( 9 )   1654 - 1657   2013年9月( ISSN:0025-7699

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparative effectiveness of multivessel coronary artery bypass graft surgery and multivessel percutaneous coronary intervention.

    Kumasawa J, Kurita N, Fukuhara S

    Annals of internal medicine   159 ( 6 )   435   2013年9月( ISSN:0003-4819

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.7326/0003-4819-159-6-201309170-00016

    PubMed

  • Overactive bladder symptom severity is associated with falls in community-dwelling adults: LOHAS study.

    Kurita N, Yamazaki S, Fukumori N, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Horie S, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    BMJ open   3 ( 5 )   2013年5月( ISSN:2044-6055

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1136/bmjopen-2012-002413

    PubMed

    J-GLOBAL

  • INHIBITION OF RENIN-ANGIOTENSIN SYSTEM WAS ASSOCIATED WITH LOWER HOSPITALIZATION RATE DUE TO BONE FRACTURE IN HAEMODIALYSIS PATIENTS WITH SECONDARY HYPERPARATHYROIDISM

    Suguru Yamamoto, Ryo Kido, Yoshihiro Onishi, Shingo Fukuma, Noriaki Kurita, Tadao Akizawa, Masafumi Fukagawa, Junichiro James Kazama, Narita Ichiei, Shunichi Fukuhara

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   28   58 - 58   2013年5月( ISSN:0931-0509

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AA amyloid nephropathy with predominant vascular deposition in Crohn's disease.

    Kurita N, Kotera N, Ishimoto Y, Tanaka M, Tanaka S, Toda N, Fujii A, Kobayashi K, Sugimoto T, Mise N

    Clinical nephrology   79 ( 3 )   229 - 232   2013年3月( ISSN:0301-0430

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5414/CN107151

    PubMed

    J-GLOBAL

▼全件表示

書籍等出版物

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • 招待講演; 禊祓の生存報告:腎臓内科医が臨床疫学のパスを歩んで

    腎臓・内分泌内科リサーチカンファレンス   2024年3月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  • Preference-Basedな操作変数の選択の違いが効果推定のバイアスに及ぼす影響とその解決策の提案

    2023年度日本分類学会シンポジウム   2023年12月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

  • 座長; 一般演題(ESA/HIF-PH阻害薬-2)

    第67回日本透析医学会学術集会・総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • シンポジウム; 透析導入のベストタイミングを調べるRQから学ぶ臨床研究のデザイン

    第67回日本透析医学会学術集会・総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • 学会・委員会企画; 前向きコホート研究の自験例から考えるJRDRの活用法

    第67回日本透析医学会学術集会・総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • ワークショップ; 「臨床現場を楽しく科学する!実例から学ぶコミュニケーションの臨床研究と実践」(シーズン2).

    ACP(米国内科学会)日本支部年次総会・講演会2022  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • ワークショップ; 腎代替療法選択における共同意思決定に必要な構成要素・アウトカムと本邦での実態に関する臨床疫学的検討

    第65回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 成人微小変化型ネフローゼ症候群におけるリツキシマブの使用実態―腎臓専門医アンケート調査―

    第65回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 一次性ネフローゼ症候群の診療実態―腎臓専門医アンケート調査―

    第65回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 膜性腎症におけるリツキシマブの使用実態と差し控えの理由―腎臓専門医アンケート調査―

    第65回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 抗PLA2R抗体の測定実態と関連因子―腎臓専門医アンケート調査―

    第65回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • Association between treatment goal achievement and grit personality characteristics of attending physician in patients with systemic lupus erythematosus: a multicenter cross-sectional study

    EULAR 2022 Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • Shared decision making and internet use for gathering health information in patients with systemic lupus erythematosus: a multicenter cross-sectional study

    EULAR 2022 Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • Non-negligible seroprevalence of murine typhus and its predictors in Japan: a large-scale seroepidemiological study

    ACP Internal Medicine Meeting 2022  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • ワークショップ; 大学病院に勤務する膠原病・リウマチ内科医のバーンアウト(燃え尽き症候群)とグリットとの関連:TRUMP2-SLE研究

    第66回日本リウマチ学会総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • SLE患者において主治医への信頼は治療費の日常生活への負担感(経済毒性)へ影響するか:TRUMP2-SLE研究

    第66回日本リウマチ学会総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • Workshop (international) ; The Association of the visits to substitute physicians and trust in one's physician in SLE patients: a cross-sectional TRUMP2-SLE study

    第66回日本リウマチ学会総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • ワークショップ; 全身性エリテマトーデス患者のヘルスリテラシーが医師への信頼に与える影響: TRUMP2-SLE研究

    第66回日本リウマチ学会総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • 活動性ループス腎炎寛解導入後におけるベリムマブの有効性を評価するMOONLIGHT Study:多施設共同SLEレジストリ"LUNA"とベリムマブコホートを統合した研究プロトコル

    第66回日本リウマチ学会総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • ワークショップ; 全身性エリテマトーデス診療における医師への信頼度に対して共同意思決定が与える影響:TRUMP2-SLE研究

    第66回日本リウマチ学会総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • ワークショップ; 全身性エリテマトーデス患者のホープ・主治医への信頼が服薬アドヒアランスに与える影響: TRUMP2-SLE研究

    第66回日本リウマチ学会総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • シンポジウム; ZEVIOUS研究の体制づくり・成果と課題:在宅医療患者のQOL・ホープも見据えて

    第3回日本在宅医療連合学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • シンポジウム; 在宅患者の生活機能、サルコペニア及び生活の質に関する自己評価と要介護度との関係性:ZEVIOUS研究(第1報、第3報)

    第3回日本在宅医療連合学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • シンポジウム; 在宅医療におけるプライマリ・ケアの質、アドバンスケアプランニングの話し合い、治療方針の選好との関係性

    第3回日本在宅医療連合学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 座長; 一般演題(データベース活用法2)

    日本臨床疫学会 第4回年次学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • 座長; 特別企画① 症例報告の経験を生かして臨床研究にチャレンジしよう

    日本臨床疫学会 第4回年次学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • 教育講演; CKDを持つ人の「QOL」を重視した医療とは何だ? - 健康関連QOLと心理面からのアプローチ -

    第64回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • シンポジウム; 何故,今,患者立脚型アウトカムが CKD 診療において重要なのか?

    第64回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • シンポジウム; Moving from pyramid of evidence to yin and yang of evidence: Both RCTs and observational studies guide practice

    第64回日本腎臓学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • 維持透析期におけるサイコネフロロジーが治療アドヒアランスや健康アウトカムに与えるインパクト:ホープと受容の臨床疫学研究

    第66回日本透析医学会学術集会・総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • 在宅医療におけるプライマリ・ケアの質とアドバンスケアプランニングとの関係- The ZEVIOUS study -

    第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

  • 臨床研究デザインから学ぶ論文執筆:10の視点

    PCR Connect 第2回年次集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • 教育講演; あなたのリハ栄養研究をすべらせないための研究デザイン : SARC-F診断研究と準実験研究を例に

    第10回日本リハビリテーション栄養学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • シンポジウム; 健康関連ホープと疾病受容に着目したアウトカム指標の開発と、CKDの健康行動を促す臨床アウトカム研究

    第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

  • 座長; 一般ポスター1

    日本臨床疫学会 第3回年次学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  • 臨床研究の論文執筆 デザイン×構造×文化の10の視点を活かす

    一般社団法人 日本リウマチ学会 第1回JCR臨床研究トレーニング合宿  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  • 特別講演; CKD患者のHR-QOL;明日の臨床から使える研究への挑戦

    第97回神奈川腎研究会 総会・研究集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 特別講演 1 アフターヌーンセミナー「医療の質を改善する臨床疫学研究」

    日本臨床疫学会 第2回年次学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • サスティナブルな患者指導を考える 効果的な患者指導のエビデンス作成を目指した尺度開発と検証の実際

    第61回日本透析医学会学術集会・総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

▼全件表示

受賞

共同研究・競争的資金等の研究

  • RA診療の質指標の新たな挑戦: QI-PXギャップ評価と臨床監査介入で診療の改善を目指す

    2024年4月 - 2027年3月

    矢嶋 宣幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 心理-食行動-サルコペニア連関に着目した透析サルコペニアの診断・動機づけリハ介入

    2024年4月 - 2027年3月

    鈴木 智

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • trajectoryとEMAによるステロイド有害事象の機序解明と予防アプリ開発

    2022年4月 - 2025年3月

    栗田宜明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 全県的データベースを利用したCOVID-19の増悪危険因子の経時的な解析

    2022年4月 - 2025年3月

    柴田 陽光

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 「医療機関およびチーム医療へのトラスト」の測定と応用:持続可能な医療体制をめざす

    2022年4月 - 2025年3月

    栗田宜明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 透析症状の測定と管理をガイドするアプリ開発:日々の症状・活動量・社会参加への着眼

    2022年4月 - 2025年3月

    河原崎 宏雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 腎代替療法選択におけるSDMの質評価法の確立とその決定因子の臨床疫学的検討

    2021年4月 - 2024年3月

    柴垣 有吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  • 慢性疾患におけるホープの臨床疫学的縦断研究と在宅医療への応用

    2016年4月 - 2019年3月

    柴垣 有吾

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:17940000円

  • 疫学を中心とした学際的アプローチに基づく医学論文査読の実証分析と教育への応用

    2022年4月 - 2025年3月

    大前 憲史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 世代間サポートの定量化の確立と虚弱予防:地域での実践

    研究課題/領域番号:21K01947  2021年4月 - 2024年3月

    基盤研究(C)

    鈴木 亮, 長沼 透, 山田 実, 竹島 太郎, 栗田 宜明

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  • IT社会の医療情報が医療トラストに与えるメカニズムの解明:若年膠原病を対象として

    2019年4月 - 2023年3月

    栗田宜明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 慢性疾患での受容段階スケールの開発と実用化:受容-ホープ-セルフケアの機序解明

    2018年4月 - 2021年3月

    栗田宜明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円

  • 尺度開発に基づく低活動膀胱の新たな診断法の確立と地域への応用:予防介入を目指して

    2018年4月 - 2021年3月

    大前 憲史

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円

  • 慢性疾患におけるホープの臨床疫学的縦断研究と在宅医療への応用

    2016年4月 - 2019年3月

    柴垣 有吾 、脇田貴文 福原俊一

  • 塩分味覚と塩分摂取量の関連ならびに保健指導介入が塩分味覚に及ぼす影響の検討

    2015年4月 - 2018年3月

    長谷川毅、佐々木彰 西脇宏樹 飯田英和 栗田宜明 福原俊一

  • 臨床疫学的手法を用いた地域行政向けフレイル・サルコペニア発症予測支援ツールの開発

    2015年4月 - 2018年3月

  • 看護研究に必要な統計解析の学習効果を向上させる統計解析ツールの開発と検証

    2014年4月 - 2017年3月

    大西良浩、秋山智弥 竹上未紗 栗田宜明 福原俊一

  • 慢性疾患に有用なホープレスネス尺度の開発と応用

    2013年4月 - 2017年3月

    柴垣 有吾、脇田貴文 福原俊一 紺野愼一

▼全件表示

メディア報道

  • 医療情報 積極収集する患者 服薬順守度高く 福島医大の稲永医師ら調査 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42910号21頁  2024年1月

  • 福島医大 人工透析患者の服薬行動調査 効用に懐疑で中断の傾向 稲永医師、栗田特任教授のチーム 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第46505号21頁  2024年1月

  • 主治医の性格で信頼度に差 福島医大大学院研究チーム 難病患者の結果まとめる 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第46463号19頁  2023年12月

  • 話しやすい主治医、患者信頼 福島医大が調査 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42868号19頁  2023年12月

  • 「発疹熱」見逃されている恐れ 福医大研究チーム発表 適正診断へ実態解明急ぐ 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第46332号27頁  2023年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 発疹熱見逃しか 高い抗体保有率 積極的な検査を 福島医大研究成果 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42736号23頁  2023年8月

  • 日本人全身性エリテマトーデス患者における主治医への信頼、健康関連ホープ、服薬のアドヒアランス インターネットメディア

    ドクターズ・ネット・UK  月刊ジャーナル・ウォッチ  イギリス  2023年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • 患者の信頼獲得に過度な勤勉さが仇となる⁉ TRUMP2-SLE研究 インターネットメディア

    株式会社メディカルトリビューン  メディカルトリビューン 医療ニュース  2023年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 透析患者の"希望"-その可視化は可能か- 会誌・広報誌

    三和化学研究所  Dialysis Triangle 2023 Summer  2023年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 感染症の抗体 誤認恐れ 福島医大発表 日本紅斑熱と発疹熱 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42660号19頁  2023年5月

  • 福医大の研究チーム 「日本紅斑熱」患者の抗体の2割 「発疹熱」の抗体と誤認される可能性 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第46254号3頁  2023年5月

  • 難病・全身性エリテマトーデス患者 前向きな姿勢 主治医への信頼 ⇒ 薬正しく服用 福医大大学院の研究チームなど 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第46227号27頁  2023年4月

  • 難病全身性エリテマトーデス患者 情報を積極的に収集 医師への信頼度高く 福島医大大学院 研究チームまとめ 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第46150号21頁  2023年1月

  • 患者と対話で信頼醸成 福島医大 ヘルスリテラシー研究 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42553号3頁  2023年1月

  • 誤嚥性肺炎の患者 入院24時間以内の食事再開 退院まで日数短縮 福島医大研究 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42462号20頁  2022年10月

  • 誤嚥性肺炎患者の経口摂取 1日以内再開で入院日数が短縮 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第46057号20頁  2022年10月

  • 糖尿病性腎症の発症予測 検査方法開発へ 福島医大 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42262号3頁  2022年4月

  • 糖尿病患者、腎臓での合併症 予測に新検査法「有効」 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第45854号25頁  2022年3月

  • 主治医の信頼度数値化 福島医大 患者への質問票開発 新聞・雑誌

    福島民友  福島民友  第42003号3頁  2021年7月

  • 患者らの誤診体験 別の医師でも信頼低下 福医大大学院が研究 新聞・雑誌

    福島民報  福島民報  第45598号2頁  2021年7月

  • 過去の誤診は現在の医師に対する患者の信頼に影響する インターネットメディア

    デンマーク患者安全学会  患者安全に関する専門的なニュース  デンマーク  2021年6月

  • Psychological flexibility linked to lower rates of depression among patients with CKD インターネットメディア

    Healio  2020年10月

  • 加齢や疾患で筋肉量減少 サルコペニアの新診断方法考案 新聞・雑誌

    福島民報  29頁  2019年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 後期高齢者の高血圧 食塩摂取量と体重 関連 新聞・雑誌

    福島民報  25頁  2019年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 「原発事故から2年間の福島市の出生率は低下」 3年目以後は震災前からの長期的な少子化トレンドに. インターネットメディア

    日経メディカル  2019年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 車体形状 負傷度に影響 新聞・雑誌

    読売新聞 福島版  23頁  2019年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 筋力低下に新診断選別法 福島医大 栗田特任教授チーム 新聞・雑誌

    福島民友  7頁  2019年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 福島市の出生率低下 震災前と同じ水準に 新聞・雑誌

    福島民友  2頁  2019年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示