2024/01/25 更新

写真a

チョウ ショウキチ
趙 松吉
ZHAO Songji
所属
ふくしま国際医療科学センター 先端臨床研究センター 教授
職名
教授

学位

  • 医学博士 ( 2003年3月   北海道大学 )

  • 医学修士 ( 白求恩医科大学 )

  • 医学学士 ( 延邊医学院 )

研究キーワード

  • がん分子イメージング, 血管新生, 細胞増殖, がんの分子標的療法, 核医学診断, 放射線, 癌, 心筋血流, 動脈硬化, ポジトロン断層撮影法 (PET), アルファ線内用療法

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学  / 放射線科学

学歴

  • 北海道大学   大学院医学研究科   高次診断治療学専攻(核医学)-博士課程

    - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 白求恩医科大学大学院   第三臨床学院 核医学専攻   修士課程

    - 1990年7月

      詳細を見る

    国名: 中華人民共和国

  • 延邊大学    医学部   医学系 医学(6年制日本語班)専攻

    - 1985年7月

      詳細を見る

    国名: 中華人民共和国

経歴

  • 福島県立医科大学 先端臨床研究センター 教授

    2016年4月 - 現在

  • 北海道大学大学院医学研究科 トレーサー情報分析学分野/分子イメージング講座 特任教授

    2014年4月 - 2016年3月

  • 北海道大学大学院医学研究科 トレーサー情報分析学分野 教授

    2011年10月 - 2014年3月

  • 北海道大学大学院医学研究科 トレーサー情報分析学分野 准教授

    2009年4月 - 2011年9月

  • 北海道大学 大学院医学研究科 トレーサー情報分析学分野 特任講師

    2008年4月 - 2009年3月

  • 北海道大学 大学院医学研究科 トレーサー情報分析学分野 特任助教

    2007年4月 - 2008年3月

  • 北海道大学 大学院医学研究科 核医学分野 客員研究員 日本学術振興会 外国人特別研究員

    2005年4月 - 2007年3月

  • 北海道大学 大学院医学研究科 トレーサ情報解析学講座 助手

    2003年4月 - 2005年3月

  • 京都大学 大学院医学研究科 核医学科 研究生

    1997年10月 - 1999年3月

  • 京都大学 大学院医学研究科 核医学科 (財)日中医学協会・中国政府衛生部・中国医学研修生

    1996年10月 - 1997年9月

  • 中国 延邊大学 医学院附属医院 核医学科 副主任・講師

    1990年7月 - 1996年9月

  • 中国 延邊大学医学院附属医院 核医学科 医師

    1985年7月 - 1987年8月

  • 福島県立医科大学   教授

    2017年2月 - 現在

  • 福島県立医科大学   ふくしま国際医療科学センター 先端臨床研究センター   教授

    2016年4月 - 2017年2月

▼全件表示

所属学協会

  • 米国核医学分子イメージング学会(SNMMI)

  • 世界分子イメージング学会(WMIC)

  • 世界核医学生物学大会(WFNMB)

  • アジアオセアニア核医学生物学大会(AOFNMB)

  • 日本核医学会

  • 日本分子イメージング学会

▼全件表示

取得資格

  • 中国医師   1985年07月09日

論文

  • Dose dependent effect of Sulfamethoxazole on inhibiting K<sub>ATP</sub> channel of mouse pancreatic β cell

    Hiroshi Ogata, Shigeki Kitamura, Makoto Fujiwara, Masaru Shimizu, Chengbo Tan, Songji Zhao, Yuko Maejima, Kenju Shimomura

    Dose Response   21 ( 3 )   1559325823   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Endovascular thrombectomy prior to decompressive craniectomy in acute ischemic stroke with low ASPECTS

    Zhao J, Nan G, Zhao S

    Kuwait Medical Journal   55 ( 4 )   343 - 348   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Simulation of the Distribution of Astatine-211 Solution Dispersion in a Lab Room

    Kubo H, Takahashi K, Shimoyama S, Zhao S, Ukon N, Ito H

    Nuclear Medicine Communications   42 ( 9 )   1052 - 1059   2021年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/MNM.0000000000001430

  • Responses of immune organs following cerebral ischemic stroke

    Tan C, Wang Z, Zheng M, Zhao S, Shichinohe H, Houkin K.

    Journal of Nippon Medical School   88 ( 3 )   227 - 236   2021年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1272/jnms.JNMS.2021_88-308

  • Evaluation of effect of Ninjin'yoeito on regional brain glucose metabolism by 18F-FDG autoradiography with insulin loading in aged mice

    Zhao J, Imai R, Ukon N, Shimoyama S, Tan C, Maejima Y, Omiya Y, Takahashi K, Nan G, Zhao S*, Ito H, Shimomura K

    Frontiers in Nutrition: Section Nutrition and Brain Health   8   657663   2021年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3389/fnut.2021.657663

  • Evaluation of organ glucose metabolism by 18F-FDG accumulation with insulin loading in aged mice compared with young normal mice.

    Zhao J, Tan C, Imai R, Ukon N, Shimoyama S, Maejima Y, Omiya Y, Takahashi K, Ito H, Nan G, Zhao S*, Shimomura K

    Scientific Reports   12 ( 1 )   7421   2021年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-021-86825-8

  • Structure based analysis of KATP channel with a DEND syndrome mutation in murine skeletal muscle

    Horita S, Ono T, Gonzalez-Resines S, Ono Y, Yamachi M, Zhao S, Domene C, Maejima Y, Shimomura K

    Scientific Reports   11 ( 1 )   6668   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Delta-like 1 homolog (DLK1) as a therapeutic target and its application to radioimmunotherapy in lung cancer (HOT1801 and FIGHT004)

    Takagi H, Zhao S, Muto S, Yamaguchi H, Mine H, Watanabe M, Ozaki Y, Inoue T, Yamaura T, Fukuhara M, Okabe N, Matsumura Y, Hasegawa T, Osugi J, Hoshino M, Higuchi M, Shio Y, Aoki M, Tan C, Shimoyama S, Harada T, Yokouchi H, Nishihara H, Nakamura K, Inano A, Suzuki H

    Lung Cancer   153 ( 3 )   134 - 142   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.lungcan.2021.01.014

  • Effects of feeding conditions on the myocardial and hepatic accumulation of radioiodine-labeled BMIPP in mice

    Yamasaki K, Zhao S, Nishimura M, Shimizu Y, Tamaki N, Takeda H, Kuge Y

    Annals of Nuclear Medicine   35 ( 1 )   59 - 64   2021年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12149-020-01535-x

  • Preliminary evaluation of astatine-211-labeled bombesin derivatives for targeted alpha therapy

    Aoki M, Zhao S, Takahashi K, Ukon N, Tan C, Shimoyama S, Nishijima K,Ogawa K

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin   68 ( 6 )   538 - 545   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bilateral medial medullary infarction accompanied by cerebral watershed infarction: A case report

    Zhao J, Nan G, Shen G, Zhao S, Ito H

    Radiology Case Reports   14 ( 4 )   1 - 7   2020年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Possibility of cancer-stem-cell-targeted radioimmunotherapy for acute myelogenous leukemia using <sup>211</sup>At-CXCR4 monoclonal antibody.

    Oriuchi N, Aoki M, Ukon N, Washiyama K, Tan C, Shimoyama S, Nishijima KI, Takahashi K, Ito H, Ikezoe T, Zhao S

    Scientific reports   10 ( 1 )   6810   2020年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-020-63557-9

    PubMed

  • Elimination of tumor hypoxia by eribulin demonstrated by 18F-FMISO hypoxia imaging in human tumor xenograft models

    Zhao S*, Yu W, Ukon N, Tan C, Nishijima K, Shimizu Y, Kei Higashikawa, Shiga T, Yamashita H, Tamaki N, Kuge Y

    EJNMMI Research   9 ( 1 )   51   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13550-019-0521-x

  • Comparative evaluation of 18F-DiFA and its analogues as novel hypoxia positron emission tomography and 18F-FMISO as the standard

    Nakata N, Kiriu M, Okumura Y, Zhao S, Nishijima K, Shiga T, Tamaki N, Kuge Y, Matsumoto H

    Nucl Med Biol   70   39 - 45   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.nucmedbio.2019.01.008

  • A novel PET probe [18F]DiFA accumulates in hypoxic region via glutathione conjugation following reductive metabolism

    Shimizu Y, Zhao S, Yasui H, Nishijima K, Matsumoto H, Siga T, Tamaki N, Ogawa M, Kuge Y

    Mol Imaging Biol   21 ( 1 )   122 - 129   2019年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s11307-018-1214-y

  • [18F]DPA-714 PET imaging shows immunomodulatory effect of intravenous administration of bone marrow stromal cells after transient focal ischemia.

    Tan C, Zhao S, Higashikawa K, Wang Z, Kawabori M, Abumiya T, Nakayama N, Kazumata K, Ukon N, Yasui H, Tamaki N, Kuge Y, Shichinohe H, Houkin K

    EJNMMI Res   8 ( 1 )   35   2018年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13550-018-0392-6

  • In vitro uptake and metabolism of [14C]Acetate in rabbit atherosclerotic arteries: Biological basis for atherosclerosis imaging with [11C]Acetate.

    Yamasaki K, Yamashita A, Zhao Y, Shimizu Y, Nishii R, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Asada Y, Kuge Y

    Nucl Med Biol   56 ( 8 )   21 - 25   2018年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.nucmedbio.2017.08.003

  • <sup>111</sup>In-DTPA-d-Phe<sup>-1</sup>-Asp<sup>0</sup>-d-Phe<sup>1</sup>-octreotide exhibits higher tumor accumulation and lower renal radioactivity than <sup>111</sup>In-DTPA-d-Phe<sup>1</sup>-octreotide.

    Oshima N, Akizawa H, Kitaura H, Kawashima H, Zhao S, Zhao Y, Nishijima KI, Kitamura Y, Arano Y, Kuge Y, Ohkura K

    Nuclear medicine and biology   54   18 - 26   2017年11月( ISSN:0969-8051

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.nucmedbio.2017.07.002

    PubMed

  • FMISO accumulation in tumor is dependent on glutathione conjugation capacity in addition to hypoxic state.

    Masaki Y, Shimizu Y, Yoshioka T, Nishijima KI, Zhao S, Higashino K, Numata Y, Tamaki N, Kuge Y

    Annals of nuclear medicine   31 ( 8 )   596 - 604   2017年10月( ISSN:0914-7187

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12149-017-1189-9

    PubMed

  • Nesfatin-1 inhibits voltage gated K<sup>+</sup> channels in pancreatic beta cells.

    Maejima Y, Horita S, Kobayashi D, Aoki M, O'hashi R, Imai R, Sakamoto K, Mori M, Takasu K, Ogawa K, Takenoshita S, Zhao S, Hazama A, Shimomura K

    Peptides   95   10 - 15   2017年9月( ISSN:0196-9781

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.peptides.2017.07.001

    PubMed

  • Changes in tumor oxygen states after sorafenib therapy evaluated by 18F-fluoromisonidazole hypoxia imaging in a renal cell cancer xenograft

    Yu W, Zhao S, Zhao Y, Fatema CN, Murakami M, Nishijima K, Kitagawa Y, Tamaki N, Kuge Y

    Oncology Letters   in press   2017年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Altered glucose metabolism and hypoxic response in alloxan-induced diabetic atherosclerosis in rabbits

    Matsuura Y, Yamashita A, Zhao Y, Iwakiri T, Yamasaki K, Sugita C , Koshimoto C, Kitamura K, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Kuge Y, Asada Y

    PLoS One   12 ( 4 )   e0175976   2017年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Redesign of negatively charged 111In-DTPA-octreotide derivative to reduce renal radioactivity. Nucl Med and Biol

    Oshima N, Akizawa H, Kawashima H, Zhao S, Zhao Y, Nishijima K, Kitamura Y, Arano Y, Kuge Y, Ohkura K

    Nucl Med Biol   48 ( 1 )   16 - 25   2017年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optimization of Helical Acquisition Parameters to Preserve Uniformity of Mouse Whole Body using Multipinhole Collimator in Single-Photon Emission Computed Tomography

    Ukon N, Kubo N, Ishikawa M, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y

    Results in Physics   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Immunoglobulin-G (IgG)-based imaging probe accumulates in M1 macrophage-infiltrated atherosclerotic plaques independent of IgG target molecule expression

    Shimizu Y, Hanzawa H, Zhao Y, Fukura S, Nishijima K, Sakamoto T, Zhao S, Tamaki N, Ogawa M, Kuge Y

    Mol Imaging Biol   2016年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dynamic PET evaluation of the elevated FLT uptake level after sorafenib treatment in mice bearing a human renal cell carcinoma xenograft

    Ukon N, Zhao S, Yu W, Shimizu Y, Nishijima K, Kubo N, Kitagawa Y, Tamaki N, Higashikawa K, Yasui H, and Kuge Y

    EJNMMI Research   6 ( 1 )   90   2016年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • INVITED PERSPECTIVE FOR: Advanced Molecular Imaging for Exploring Classical Conditioning and Extinction

    Zhao S, Fatema CN, Zhao JM, and Nan GX

    J Nucl Med   57 ( 9 )   1333   2016年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Thymidine Phosphorylase Imaging Agent 123I-IIMU Predicts the Efficacy of Capecitabine.

    Kobashi N, Matsumoto H, Zhao S, Meike S, Okumura Y, Abe T, Akizawa H, Ohkura K, Ken-Ichi N, Tamaki N, Kuge Y

    Journal of nuclear medicine   57 ( 8 )   1276 - 1281   2016年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2967/jnumed.115.165811

    PubMed

  • Characterization of the role of sphingomyelin synthase 2 in glucose metabolism in whole-body and peripheral tissues in mice

    Sugimoto M, Shimizu Y, Zhao S, Ukon N, Nishijima K, Wakabayashi M, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Okuda T, Tamaki N, Hanamatsu H, Igarashi Y, Kuge Y

    Biochimica et biophysica acta   1861 ( 8 Pt A )   688 - 702   2016年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.bbalip.2016.04.019

    PubMed

  • Imaging Mass Spectrometry Reveals Acyl-Chain- and Region-Specific Sphingolipid Metabolism in the Kidneys of Sphingomyelin Synthase 2-Deficient Mice.

    Sugimoto M, Wakabayashi M, Shimizu Y, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Okuda T, Zhao S, Sakai S, Igarashi Y, Kuge Y

    PloS one   11 ( 3 )   e0152191   2016年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0152191

    PubMed

  • The accumulation mechanism of the hypoxia imaging probe "FMISO&quot" by imaging mass spectrometry: possible involvement of low-molecular metabolites.

    Masaki Y, Shimizu Y, Yoshioka T, Tanaka Y, Nishijima KI, Zhao S, Higashino K, Sakamoto S, Numata Y, Yamaguchi Y, Tamaki N, Kuge Y

    Scientific reports   5   16802   2015年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/srep16802

    PubMed

  • Combined Plasma and Tissue Proteomic Study of Atherogenic Model Mouse: Approach To Elucidate Molecular Determinants in Atherosclerosis Development.

    Hanzawa H, Sakamoto T, Kaneko A, Manri N, Zhao Y, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y

    Journal of proteome research   14 ( 10 )   4257 - 4269   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1021/acs.jproteome.5b00405

    PubMed

  • Biodistribution and dosimetry of free 211At and meta-[211At]astatobenzylguanidine (211At-MABG) in normal mice

    Ukon N, Zhao S, Washiyama K, Oriuchi N, Tan C, Shimoyama S, Aoki M, Kubo H, Takahashi K, Itoh H

    EJNMMI Physics   7 ( 1 )   58   2020年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s40658-020-00326-7

  • Relationship between biodistribution of a novel thymidine phosphorylase (TP) imaging probe and TP expression levels in normal mice

    Zhao S, Li H, Nishijima K, Zhao Y, Akizawa H, Shimizu Y, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y.

    Annals of nuclear medicine.   29 ( 7 )   582 - 587   2015年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12149-015-0981-7

    PubMed

  • Radiolabeled BMIPP for Imaging Hepatic Fatty Acid Metabolism: Evaluation of Hepatic Distribution and Metabolism in Mice at Various Metabolic Statuses Induced by Fasting in Comparison with Palmitic Acid.

    Yamasaki K, Zhao S, Nishimura M, Zhao Y, Yu W, Shimizu Y, Nishijima K, Tamaki N, Takeda H, Kuge Y

    EJNMMI Res   14   1 - 11   2015年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Irbesartan Attenuates Atherosclerosis in Watanabe Heritable Hyperlipidemic Rabbits: Noninvasive Imaging of Inflammation by 18F-Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography.

    Zhao Y, Fukao K, Zhao S, Watanabe A, Hamada T, Yamasaki K, Shimizu Y, Kubo N, Ukon N, Nakano T, Tamaki N, Kuge Y

    Molecular imaging   14   1 - 8   2015年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Regulatory Effect of Interleukin-4 in the Innate Inflammatory Response to Rhodococcus aurantiacus Infection in Mice.

    Yimin, Kohanawa M, Zhao S, Li M, Kuge Y, Tamaki N, Watanabe M

    Journal of Interferon & Cytokine Research.   35 ( 3 )   222 - 231   2015年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1089/jir.2014.0107

    PubMed

  • Differentiation of malignant tumours from granulomas by using dynamic [18F]-fluoro-L-α-methyltyrosine positron emission tomography.

    Yamaguchi A, Hanaoka H, Fujisawa Y, Zhao S,・Suzue K,・Morita A, Tominaga H, Higuchi T, Hisaeda H, Kuge Y, Tsushima Y, Iida Y.

    EJNMMI Research.   5   29   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13550-015-0109-z

    PubMed

  • Dual tracer evaluation of dynamic changes in intratumoral hypoxic and proliferative states after radiotherapy of human head and neck cancer xenografts using radiolabeled FMISO and FLT.

    Fatema CN, Zhao S, Zhao Y, Yu W, Nishijima K, Yasuda K, Kitagawa Y, Tamaki N, Kuge Y

    BMC cancer   14   692   2014年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1186/1471-2407-14-692

    PubMed

  • Design, synthesis and biological evaluation of negatively charged ¹¹¹In-DTPA-octreotide derivatives.

    Oshima N, Akizawa H, Zhao S, Zhao Y, Nishijima K, Kitamura Y, Arano Y, Kuge Y, Ohkura K

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   22   1377 - 1382   2014年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.bmc.2013.12.063

    PubMed

  • Increased metabolite levels of glycolysis and pentose phosphate pathway in rabbit atherosclerotic arteries and hypoxic macrophage.

    Yamashita A, Zhao Y, Matsuura Y, Yamasaki K, Moriguchi-Goto S, Sugita C, Iwakiri T, Okuyama N, Koshimoto C, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Kuge Y, Asada Y

    PLoS One   9   e86426   2014年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0086426

    PubMed

  • Suppressive effects of irbesartan on inflammation and apoptosis in atherosclerotic plaques of apoE-/- mice: molecular imaging with 14C-FDG and 99mTc-annexin A5.

    Zhao Y, Watanabe A, Zhao S, Kobayashi T, Fukao K, Tanaka Y, Nakano T, Yoshida T, Takemoto H, Tamaki N, Kuge Y

    PLoS One   9   e89338   2014年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0089338

    PubMed

  • Assessment of early changes in 3H-fluorothymidine uptake after treatment with gefitinib in human tumor xenograft in comparison with Ki-67 and phospho-EGFR expression.

    Zhao S, Kuge Y, Zhao Y, Takeuchi S, Hirata K, Takei T, Shiga T, Dosaka-Akita H, Tamaki N

    BMC cancer   13   525   2013年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1186/1471-2407-13-525

    PubMed

  • Increased intratumoral fluorothymidine uptake levels following multikinase inhibitor sorafenib treatment in a human renal cell carcinoma xenograft model.

    Murakami M, Zhao S, Zhao Y, Yu W, Fatema CN, Nishijima KI, Yamasaki M, Takiguchi M, Tamaki N, Kuge Y

    Oncology Letters   6   667 - 672   2013年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3892/ol.2013.1459

    PubMed

  • Contribution of Toll-Like Receptor 2 to the Innate Response against Staphylococcus aureus Infection in Mice.

    Yimin, Kohanawa M, Zhao S, Ozaki M, Haga S, Nan G, Kuge Y, Tamaki N

    PLoS One   8 ( 9 )   e74287   2013年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0074287

    PubMed

  • Elevated 18F-FDG Levels in Blood and Organs After Angiotensin II Receptor Blocker Administration: Experiment in Mice Administered Telmisartan.

    Zhao Y, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   54 ( 8 )   1384 - 1388   2013年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.2967/jnumed.111.100248

    PubMed

  • Radiation-induced nitric oxide mitigates tumor hypoxia and radioresistance in a murine SCCVII tumor model.

    Nagane M, Yasui H, Yamamori T, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N, Kameya H, Nakamura H, Fujii H, Inanami O

    Biochemical and Biophysical Research Communications   437 ( 3 )   420 - 425   2013年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.bbrc.2013.06.093

    PubMed

  • Attenuation of apoptosis by telmisartan in atherosclerotic plaques of apolipoprotein E-/- mice: evaluation using technetium 99m-annexin A5.

    Zhao Y, Zhao S, Kuge Y, Strauss HW, Blankenberg FG, Tamaki N

    Molecular Imaging   12 ( 5 )   300 - 309   2013年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • 123I-Iomazenil Single Photon Emission Computed Tomography Visualizes Recovery of Neuronal Integrity by Bone Marrow Stromal Cell Therapy in Rat Infarct Brain.

    Saito H, Magota K, Zhao S, Kubo N, Kuge Y, Shichinohe H, Houkin K, Tamaki N, Kuroda S

    Stroke   44 ( 10 )   2869 - 2874   2013年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1161/STROKEAHA.113.001612

    PubMed

  • Monitoring tumor proliferative response to radiotherapy using (18)F-fluorothymidine in human head and neck cancer xenograft in comparison with Ki-67.

    Fatema CN, Zhao S, Zhao Y, Murakami M, Yu W, Nishijima KI, Tamaki N, Kitagawa Y, Kuge Y

    Annals of Nuclear Medicine   27 ( 4 )   355 - 362   2013年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s12149-013-0693-9

    PubMed

  • Biological characteristics of intratumoral [F-18]‑fluoromisonidazole distribution in a rodent model of glioma.

    Hatano T, Zhao S, Zhao Y, Nishijima K, Kuno N, Hanzawa H, Sakamoto T, Tamaki N, Kuge Y

    International Journal of Oncology   42 ( 3 )   823 - 830   2013年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3892/ijo.2013.1781

    PubMed

  • Bone marrow stromal cell transplantation enhances recovery of local glucose metabolism after cerebral infarction in rats: a serial 18F-FDG PET study.

    Miyamoto M, Kuroda S, Zhao S, Magota K, Shichinohe H, Houkin K, Kuge Y, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   54 ( 1 )   145 - 150   2013年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.2967/jnumed.112.109017

    PubMed

  • Arterial (18)F-fluorodeoxyglucose uptake reflects balloon catheter-induced thrombus formation and tissue factor expression via nuclear factor-κB in rabbit atherosclerotic lesions.

    Yamashita A, Zhao Y, Zhao S, Matsuura Y, Sugita C, Iwakiri T, Okuyama N, Ohe K, Koshimoto C, Kawai K, Tamaki N, Kuge Y, Asada Y

    Circulation Journal   77 ( 10 )   2626 - 2635   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Evaluation of changes in the tumor microenvironment after sorafenib therapy by sequential histology and 18F-fluoromisonidazole hypoxia imaging in renal cell carcinoma.

    Murakami M, Zhao S, Zhao Y, Chowdhury NF, Yu W, Nishijima K, Takiguchi M, Tamaki N, Kuge Y

    International Journal of Oncology   41 ( 5 )   1593 - 1600   2012年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3892/ijo.2012.1624

    PubMed

  • Quantitative determination of apoptosis of pancreatic β-cells in a murine model of type 1 diabetes mellitus.

    Watanabe A, Nishijima K, Zhao S, Zhao Y, Tanaka Y, Takemoto H, Strauss HW, Blankenberg FG, Tamaki N, Kuge Y

    Journal of Nuclear Medicine   53 ( 10 )   1585 - 1591   2012年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.2967/jnumed.111.102459

    PubMed

  • A novel murine model for non-alcoholic steatohepatitis developed by combination of a high-fat diet and oxidized low-density lipoprotein.

    Yimin, Furumaki H, Matsuoka S, Sakurai T, Kohanawa M, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N, Chiba H

    Laboratory Investigation   92 ( 2 )   265 - 281   2012年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1038/labinvest.2011.159

    PubMed

  • Effect of glycosylation on biodistribution of radiolabeled glucagon-like peptide 1.

    Watanabe A, Nishijima K, Zhao S, Tanaka Y, Itoh T, Takemoto H, Tamaki N, Kuge Y

    Annals of Nuclear Medicine   26 ( 2 )   184 - 191   2012年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s12149-011-0558-z

    PubMed

  • Ferrous ferric chloride downregulates the inflammatory response to Rhodococcus aurantiacus infection in mice.

    Yimin, Tao H, Kohanawa M, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   35 ( 12 )   2214 - 2223   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Radiolabeled uracil derivative as a novel SPECT probe for thymidine phosphorylase: suppressed accumulation into tumor cells by target gene knockdown.

    Li H, Zhao S, Jin Y, Nishijima K, Akizawa H, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y

    Nuclear Medicine Communications   32 ( 12 )   1211 - 1215   2011年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1097/MNM.0b013e32834b7ea7

    PubMed

  • Dynamic 11C-methionine PET analysis has an additional value for differentiating malignant tumors from granulomas: an experimental study using small animal PET.

    Zhao S, Kuge Y, Yi M, Zhao Y, Hatano T, Magota K, Nishijima K, Kohanawa M, Tamaki N

    European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging   38 ( 10 )   1876 - 1886   2011年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s00259-011-1865-2

    PubMed

  • 18F-fluorothymidine PET/CT as an early predictor of tumor response to treatment with cetuximab in human lung cancer xenografts.

    Takeuchi S, Zhao S, Kuge Y, Zhao Y, Nishijima K, Hatano T, Shimizu Y, Kinoshita I, Tamaki N, Dosaka-Akita H

    Oncology Reports   26 ( 3 )   725 - 730   2011年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3892/or.2011.1338

    PubMed

  • Localization of deoxyglucose and annexin A5 in experimental atheroma correlates with macrophage infiltration but not lipid deposition in the lesion.

    Zhao Y, Zhao S, Kuge Y, Strauss WH, Blankenberg FG, Tamaki N

    Molecular Imaging and Biology   13 ( 4 )   712 - 720   2011年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s11307-010-0389-7

    PubMed

  • Performance characterization of the Inveon preclinical small-animal PET/SPECT/CT system for multimodality imaging.

    Magota K, Kubo N, Kuge Y, Nishijima K, Zhao S, Tamaki N

    European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging   38 ( 4 )   742 - 752   2011年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s00259-010-1683-y

    PubMed

  • In vitro and in vivo evaluations of a radioiodinated thymidine phosphorylase inhibitor as a tumor diagnostic agent for angiogenic enzyme imaging.

    Akizawa H, Zhao S, Takahashi M, Nishijima K, Kuge Y, Tamaki N, Seki K, Ohkura K

    Nuclear Medicine and Biology   37 ( 4 )   427 - 432   2010年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.nucmedbio.2010.01.005

    PubMed

  • Radioimmunodetection of membrane type-1 matrix metalloproteinase relevant to tumor malignancy with a pre-targeting method.

    Sano K, Temma T, Kuge Y, Kudo T, Kamihashi J, Zhao S, Saji H

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   33 ( 9 )   1589 - 1595   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1248/bpb.33.1589

    PubMed

  • Molecular imaging of apoptosis with radio-labeled Annexin A5 focused on the evaluation of tumor response to chemotherapy.

    Kuge Y, Zhao S, Takei T, Tamaki N

    Anticancer Agents in Medicinal Chemistry   9 ( 9 )   1003 - 1011   2009年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Basic performance test of a prototype PET scanner using CdTe semiconductor detectors.

    Ueno Y, Morimoto Y, Tsuchiya K, Yanagita N, Kojima S, Ishitsu T, Kitaguchi H, Kubo N, Zhao S, Tamaki N, Amemiya K.

    IEEE Trans Nucl Sci   56 ( 1,Pt.1 )   24 - 28   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1109/TNS.2008.2004804

  • Mutual modulation between interleukin-10 and interleukin-6 induced by Rhodococcus aurantiacus infection in mice.

    Yimin, Kohanawa M, Ozaki M, Haga S, Fujikawa K, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N

    Microbes and Infection   10 ( 14-15 )   1450 - 1458   2008年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.micinf.2008.08.013

    PubMed

  • Prolonged high-fat feeding enhances aortic 18F-FDG and 99mTc-annexin A5 uptake in apolipoprotein E-deficient and wild-type C57BL/6J mice.

    Zhao Y, Kuge Y, Zhao S, Strauss HW, Blankenberg FG, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   49 ( 10 )   1707 - 1714   2008年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.2967/jnumed.108.051847

    PubMed

  • Usefulness of 11C-methionine for differentiating tumors from granulomas in experimental rat models: a comparison with 18F-FDG and 18F-FLT.

    Zhao S, Kuge Y, Kohanawa M, Takahashi T, Zhao Y, Yi M, Kanegae K, Seki K, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   49 ( 1 )   135 - 141   2008年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.2967/jnumed.107.044578

    PubMed

  • Synthesis of a radioiodinated thymidine phosphorylase inhibitor and its preliminary evaluation as a potential SPECT tracer for angiogenic enzyme expression.

    Takahashi M, Seki K, Nishijima K, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N, Ohkura K.

    J Label Compd Radiopharm   51 ( 11 )   384 - 387   2008年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Extensive FDG uptake and its modification with corticosteroid in a granuloma rat model: an experimental study for differentiating granuloma from tumors.

    Zhao S, Kuge Y, Kohanawa M, Takahashi T, Kawashima H, Temma T, Takei T, Zhao Y, Seki K, Tamaki N

    European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging   34 ( 12 )   2096 - 2105   2007年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s00259-007-0529-8

    PubMed

  • Comparison of 99mTc-annexin A5 with 18F-FDG for the detection of atherosclerosis in ApoE-/- mice.

    Zhao Y, Kuge Y, Zhao S, Morita K, Inubushi M, Strauss HW, Blankenberg FG, Tamaki N

    European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging   34 ( 11 )   1747 - 1755   2007年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s00259-007-0433-2

    PubMed

  • All-trans retinoic acid enhances murine dendritic cell migration to draining lymph nodes via the balance of matrix metalloproteinases and their inhibitors.

    Darmanin S, Chen J, Zhao S, Cui H, Shirkoohi R, Kubo N, Kuge Y, Tamaki N, Nakagawa K, Hamada J, Moriuchi T, Kobayashi M

    Journal of Immunology   179 ( 7 )   4616 - 4625   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Comparison of MET-PET and FDG-PET for differentiation between benign lesions and lung cancer in pneumoconiosis.

    Kanegae K, Nakano I, Kimura K, Kaji H, Kuge Y, Shiga T, Zhao S, Okamoto S, Tamaki N

    Annals of Nuclear Medicine   21 ( 6 )   331 - 337   2007年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s12149-007-0035-x

    PubMed

  • Evaluating performance of a pixel array semiconductor SPECT system for small animal imaging.

    Kubo N, Zhao S, Fujiki Y, Kinda A, Motomura N, Katoh C, Shiga T, Kawashima H, Kuge Y, Tamaki N

    Annals of Nuclear Medicine   19 ( 7 )   633 - 639   2005年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Enhanced apoptotic reaction correlates with suppressed tumor glucose utilization after cytotoxic chemotherapy: use of 99mTc-Annexin V, 18F-FDG, and histologic evaluation.

    Takei T, Kuge Y, Zhao S, Sato M, Strauss HW, Blankenberg FG, Tait JF, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   46 ( 5 )   794 - 799   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Biologic correlates of intratumoral heterogeneity in 18F-FDG distribution with regional expression of glucose transporters and hexokinase-II in experimental tumor.

    Zhao S, Kuge Y, Mochizuki T, Takahashi T, Nakada K, Sato M, Takei T, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   46 ( 4 )   675 - 682   2005年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Does lemon candy decrease salivary gland damage after radioiodine therapy for thyroid cancer?

    Nakada K, Ishibashi T, Takei T, Hirata K, Shinohara K, Katoh S, Zhao S, Tamaki N, Noguchi Y, Noguchi S.

    J Nucl Med   46 ( 2 )   261 - 266   2005年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Time course of apoptotic tumor response after a single dose of chemotherapy: comparison with 99mTc-annexin V uptake and histologic findings in an experimental model.

    Takei T, Kuge Y, Zhao S, Sato M, Strauss HW, Blankenberg FG, Tait JF, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   45 ( 12 )   2083 - 2087   2004年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Gastrointestinal uptake of FDG after N-butylscopolamine or omeprazole treatment in the rat.

    Yamamoto F, Nakada K, Zhao S, Satoh M, Asaka M, Tamaki N

    Annals of Nuclear Medicine   18 ( 7 )   637 - 640   2004年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • 18F-FDG PET is superior to 67Ga SPECT in the staging of non-Hodgkin's lymphoma.

    Yamamoto F, Tsukamoto E, Nakada K, Takei T, Zhao S, Asaka M, Tamaki N

    Annals of nuclear medicine   18   519 - 526   2004年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Feasibility of 99mTc-annexin V for repetitive detection of apoptotic tumor response to chemotherapy: an experimental study using a rat tumor model.

    Kuge Y, Sato M, Zhao S, Takei T, Nakada K, Seki KI, Strauss HW, Blankenberg FG, Tait JF, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   45 ( 2 )   309 - 312   2004年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Effect of steroids on [18F]fluorodeoxyglucose uptake in an experimental tumor model

    Zhao S, Kuge Y, Nakada K, Mochizuki T, Takei T, Okada F, Tamaki N.

    Nucl Med Commun   25 ( 7 )   727 - 730   2004年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Dominant-negative hypoxia-inducible factor-1 alpha reduces tumorigenicity of pancreatic cancer cells through the suppression of glucose metabolism.

    Chen J, Zhao S, Nakada K, Kuge Y, Tamaki N, Okada F, Wang J, Shindo M, Higashino F, Takeda K, Asaka M, Katoh H, Sugiyama T, Hosokawa M, Kobayashi M

    The American Journal of Pathology   162 ( 4 )   1283 - 1291   2003年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Detection of apoptotic tumor response in vivo after a single dose of chemotherapy with 99mTc-annexin V.

    Mochizuki T, Kuge Y, Zhao S, Tsukamoto E, Hosokawa M, Strauss HW, Blankenberg FG, Tait JF, Tamaki N

    Journal of Nuclear Medicine   44 ( 1 )   92 - 97   2003年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Fluorodeoxyglucose uptake and glucose transporter expression in experimental inflammatory lesions and malignant tumours: effects of insulin and glucose loading. Nucl Med Commun

    Zhao S, Kuge Y, Tsukamoto E, Mochizuki T, Kato T, Hikosaka K, Nakada K, Hosokawa M, Kohanawa M, Tamaki N.

    Nucl Med Commun   23 ( 6 )   545 - 550   2002年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • FDG uptake and glucose transporter subtype expression in experimental tumor and inflammation models.

    Mochizuki T, Tsukamoto E, Kuge Y, Kanegae K, Zhao S, Hikosaka K, Hosokawa M, Kohanawa M, Tamaki N.

    J Nucl Med   42 ( 10 )   1551 - 1555   2001年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Effects of insulin and glucose loading on FDG uptake in experimental malignant tumours and inflammatory lesions.

    Zhao S, Kuge Y, Tsukamoto E, Mochizuki T, Kato T, Hikosaka K, Hosokawa M, Kohanawa M, Tamaki N.

    Eur J Nucl Med   28 ( 6 )   730 - 735   2001年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Avidin chase can raduce myelotoxicity associated with radioimmunotherapy of experimental liver micrometastases in mice.

    Sato N, Saga T, Sakahara H, Nakamoto Y, Zhao S, Kuroki M, Endo K, Konishi J.

    Jpn J Cancer Res   91 ( 6 )   622 - 628   2000年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Radioimmunotherapy of human glioma xenografts in nude mice by indium-111 labelled internalising monoclonal antibody.

    Saga T, Sakahar H, Nakamoto Y, Sato N, Zhao S, Aoki T, Miyatake S, Namba Y, Konishi J.

    Eur J Cancer   35 ( 8 )   1281 - 1285   1999年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Radioimmunotherapy for liver micometastases in mice: pharmacokinetics, dose estimation, and long-term effect.

    Saga T, Sakahara H, Nakamoto Y, Sato N, Zhao S, Iido Y, Kuroki M, Endo K, Konishi J.

    Jpn J Cancer Res   90 ( 3 )   342 - 348   1999年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • A novel immunoscintigraphy technique using metabolizable linker with angiotensin II treatment.

    Nakamoto Y, Sakahar H, Saga T, Sato N, Zhao S, Arano Y, Fujioka Y, Saji H, Konishi J.

    Br J Cancer   79 ( 11/12 )   1794 - 1799   1999年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1038/sj.bjc.6690286

    PubMed

  • The relationship of glycosylation and isoelectric point with tumor accumulation of avidin.

    Yao Z, Zhang M, Sakahara H, Nakamoto Y, Higasi T, Zhao S, Sato N, Arano Y, Konishi J.

    J Nucl Med   40 ( 3 )   479 - 483   1999年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • A radioiodinated biocytin derivative for in-vivo applications.

    Nakamoto Y, Sakahara H, Saga T, Yao Z, Zhang M, Sato N, Zhao S, Arano Y, Ono M, Saji H, Konishi J.

    Nucl Med Commun   19 ( 10 )   963 - 969   1998年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Imaging of intraperitoneal tumors with technetium-99m GSA.

    Yao Z, Zhang M, Sakahara H, Saga T, Nakamoto Y, Sato N, Zhao S, Arano Y, Konishi J.

    Ann Nucl Med   12 ( 2 )   115 - 118   1998年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Effect of administration route and dose of streptavidin or biotin on the tumor uptake of radioactivity in intraperitoneal tumor with multistep targeting.

    Zhang M, Yao Z, Sakahara H, Saga T, Nakamoto Y, Sato N, Zhao S, Nakada H, Yamashina I, Konishi J.

    Nucl Med Biol   25 ( 2 )   101 - 105   1998年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/S0969-8051(97)00157-1

    PubMed

  • Three-step tumor imaging with biotinylated monoclonal antibody, streptavidin and &lt;SUP&gt;111&lt;/SUP&gt;In-DTPA-biotin.

    Nakamoto Y, Saga T, Sakahara H, Yao Z, Zhang M, Sato N, Zhao S, Nakada H, Yamashina I, Konishi J:

    Nucl Med Biol   25 ( 2 )   95 - 99   1998年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/S0969-8051(97)00155-8

    PubMed

  • Detection of altered adhesion molecule expression in experimental tumors by a radiolabeled monoclonal antibody.

    Saga T, Sakahara H, Yao Z, Nakamoto Y, Sato N, Hattori N, Zhang M, Zhao S, Aoki T, Miyatate S, Namba Y, Konishi J

    Jpn J Cancer Res   88 ( 12 )   1171 - 1180   1997年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • 脳梗塞をターゲットとした骨髄間質細胞移植―新たな培養・移植・イメージング技術による展開

    黒田敏, 宮本倫行, 山内朋裕, 斉藤久泰, 伊東雅基, 川堀真人, 杉山拓, 千葉泰弘, 七戸秀夫, 宝金清博, 久下裕司, 趙松吉, 玉木長良

    再生医療   11   136   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞後の局所糖代謝を改善する―小動物用PET/CTによる検討

    宮本倫行, 黒田敏, 趙松吉, 孫田恵一, 伊東雅基, 川堀真人, 丸一勝彦, 七戸秀夫, 宝金清博, 久下裕司, 玉木長良

    再生医療   11   191   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 新医薬品開発(又は創薬・育薬)における分子イメージング技術の現状と進歩

    久下裕司, 西嶋剣一, 孫田恵一, 趙松吉, 玉木長良

    医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   43 ( 4 )   308 - 313   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 動脈血管壁への&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐フルオロデオキシグルコース集積は血栓形成能を反映する

    山下篤, 趙芫, 趙松吉, 松浦祐之介, 松浦祐之介, 越本知大, 川井恵一, 久下祐司, 浅田祐士郎

    日本血栓止血学会誌   23 ( 2 )   210   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • アスパラギン酸で負電荷を付与した&lt;sup&gt;111&lt;/sup&gt;In‐DTPA‐D‐Phe&lt;sup&gt;1&lt;/sup&gt;‐オクトレオチド誘導体の受容体親和性および体内動態の評価

    大島伸宏, 秋澤宏行, 趙松吉, 趙芫, 西嶋剣一, 北村陽二, 荒野泰, 久下裕司, 久下裕司, 大倉一枝

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 4 )   146   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • アスパラギン酸で負電荷を付与した&lt;sup&gt;111&lt;/sup&gt;In‐DTPA‐D‐Phe&lt;sup&gt;1&lt;/sup&gt;‐オクトレオチド誘導体の受容体親和性および体内動態の評価

    大島伸宏, 秋澤宏行, 趙松吉, 趙芫, 西嶋剣一, 北村陽二, 荒野泰, 久下裕司, 久下裕司, 大倉一枝

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 4 )   146   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 放射性標識核酸誘導体による腫瘍の核医学診断と内用療法

    秋澤宏行, 趙松吉, 高橋正幸, 西嶋剣一, 松本博樹, 関興一, 玉木長良, 久下裕司, 大倉一枝

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 1 )   116   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 放射性標識核酸誘導体による腫瘍の核医学診断と内用療法

    秋澤宏行, 趙松吉, 高橋正幸, 西嶋剣一, 松本博樹, 関興一, 玉木長良, 久下裕司, 大倉一枝

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 1 )   116   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 新規腫瘍内低酸素イメージング剤18F‐HIC101の有用性の評価

    中田徳仁, 奥村侑紀, 永田絵里子, 桐生真登, 林明希男, 西嶋剣一, 趙松吉, 玉木長良, 久下裕司, 久下裕司, 松本博樹

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 4 )   104   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 新規腫瘍内低酸素イメージング剤18F‐HIC101の有用性の評価

    中田徳仁, 奥村侑紀, 永田絵里子, 桐生真登, 林明希男, 西嶋剣一, 趙松吉, 玉木長良, 久下裕司, 久下裕司, 松本博樹

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 4 )   104   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼイメージング剤[&lt;sup&gt;123&lt;/sup&gt;I]5‐iodo‐6‐[(2‐iminoimidazokidinyl)methyl]uracilの開発:タンパク結合測定と画像化の検討

    西嶋剣一, 越田早織, 趙松吉, 秋澤宏行, 大倉一枝, 松本博樹, 志賀哲, 玉木長良, 久下裕司, 久下裕司

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 4 )   106   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼイメージング剤[&lt;sup&gt;123&lt;/sup&gt;I]5‐iodo‐6‐[(2‐iminoimidazokidinyl)methyl]uracilの開発:タンパク結合測定と画像化の検討

    西嶋剣一, 越田早織, 趙松吉, 秋澤宏行, 大倉一枝, 松本博樹, 志賀哲, 玉木長良, 久下裕司, 久下裕司

    日本薬学会年会要旨集   132nd ( 4 )   106   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞周囲の神経受容体機能を改善させる―&lt;sup&gt;123&lt;/sup&gt;I‐iomazenil SPECTによる検討

    齋藤久泰, 黒田敏, 宮本倫行, 山内朋裕, 七戸秀夫, 趙松吉, 孫田惠一, 久保直樹, 久下裕司, 玉木長良, 寶金清博

    脳循環代謝   24 ( 1 )   216   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞周囲の神経受容体機能を改善させる―&lt;sup&gt;123&lt;/sup&gt;I‐iomazenil SPECTによる検討

    齋藤久泰, 黒田敏, 宮本倫行, 山内朋裕, 七戸秀夫, 趙松吉, 孫田惠一, 久保直樹, 久下裕司, 玉木長良, 寶金清博

    脳循環代謝   24 ( 1 )   216   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 新医薬品開発(又は創薬・育薬)における分子イメージング技術の現状と進歩。

    久下 裕司、西嶋 剣一、孫田 恵一、趙 松吉、玉木 長良

    医薬品医療機器レギュラトリーサイエンスPMDRS   43 ( 4 )   308 - 313   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小動物用PETを用いた[11C]Flumazenilのコンパートメントモデル解析におけるMaximum a posteriori(MAP)再構成の評価

    孫田惠一, 久保直樹, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良, 加藤千恵次

    北海道放射線技術雑誌   71   127   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 特集1. 心臓核医学の最先端 1. 動脈硬化イメージング-実験的検討。

    久下 裕司、趙 芫、趙 松吉、玉木 長良

    PET Journal   18 ( Summer )   14 - 16   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 核医学検査の新しい展開~治療戦略への応用 治療戦略に役立つ放射性薬剤の開発

    久下裕司, 久下裕司, 西嶋剣一, 趙松吉

    映像情報Medical   43 ( 11 )   842-849,830   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小動物用PETを用いた&lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐FlumazenilのBinding potential解析におけるMaximum a posteriori再構成の評価

    孫田惠一, 久保直樹, 趙松吉, 久下裕司, 平田健司, 服部直也, 志賀哲, 加藤千恵次, 玉木長良

    核医学   48 ( 3 )   329   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小動物用PETを用いた[11C]Flumazenilのコンパートメントモデル解析におけるMaximum a posteriori(MAP)再構成の評価

    孫田惠一, 久保直樹, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良, 加藤千恵次

    北海道放射線技術雑誌   71   127   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌移植マウスにおける抗EGFR抗体(Cetuximab)による分子標的療法:&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FMISOを用いた早期治療効果評価

    趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 竹内啓, 村上正紘, 李花, 西嶋剣一, 竹井俊樹, 秋田弘俊, 玉木長良

    核医学   48 ( 3 )   335   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 核医学検査の新しい展開~治療戦略への応用 治療戦略に役立つ放射性薬剤の開発

    久下裕司, 久下裕司, 西嶋剣一, 趙松吉

    映像情報Medical   43 ( 11 )   842-849,830   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 心筋交感神経終末機能評価薬剤&lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐hydroxyephedrineの安全性評価

    西嶋剣一, 吉永恵一郎, 趙松吉, 趙芫, 真鍋治, 加藤千恵次, 阿保憲史, 玉木長良, 久下裕司, 久下裕司

    核医学   48 ( 3 )   318   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小動物用PETを用いた&lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐FlumazenilのBinding potential解析におけるMaximum a posteriori再構成の評価

    孫田惠一, 久保直樹, 趙松吉, 久下裕司, 平田健司, 服部直也, 志賀哲, 加藤千恵次, 玉木長良

    核医学   48 ( 3 )   329   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ApoE‐/‐マウス動脈硬化に対するテルミサルタンの治療効果:&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5による評価

    趙芫, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   48 ( 3 )   292   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌移植マウスにおける抗EGFR抗体(Cetuximab)による分子標的療法:&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FMISOを用いた早期治療効果評価

    趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 竹内啓, 村上正紘, 李花, 西嶋剣一, 竹井俊樹, 秋田弘俊, 玉木長良

    核医学   48 ( 3 )   335   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ラット脳腫瘍における間欠的低酸素の可視化と放射線感受性に与える影響

    安井博宣, 新坊弦也, 山盛徹, 永根大幹, 趙松吉, 久下祐司, 稲波修

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   152nd   316   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 心筋交感神経終末機能評価薬剤&lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐hydroxyephedrineの安全性評価

    西嶋剣一, 吉永恵一郎, 趙松吉, 趙芫, 真鍋治, 加藤千恵次, 阿保憲史, 玉木長良, 久下裕司, 久下裕司

    核医学   48 ( 3 )   318   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐Fluorothymidine(FLT)による抗EGFR抗体薬の早期治療効果予測

    竹内啓, 趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 趙莞, 西嶋剣一, 波多野利行, 清水康, 木下一郎, 玉木長良, 秋田弘俊

    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   9th   367   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ApoE‐/‐マウス動脈硬化に対するテルミサルタンの治療効果:&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5による評価

    趙芫, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   48 ( 3 )   292   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞後の局所糖代謝を改善する―小動物用PET/CTによる検討

    宮本倫行, 黒田敏, 七戸秀夫, 伊東雅基, 川堀真人, 趙松吉, 孫田恵一, 久下裕司, 玉木長良, 宝金清博

    脳循環代謝   23 ( 1 )   142   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ラット脳腫瘍における間欠的低酸素の可視化と放射線感受性に与える影響

    安井博宣, 新坊弦也, 山盛徹, 永根大幹, 趙松吉, 久下祐司, 稲波修

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   152nd   316   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐Fluorothymidine(FLT)による抗EGFR抗体薬の早期治療効果予測

    竹内啓, 趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 趙莞, 西嶋剣一, 波多野利行, 清水康, 木下一郎, 玉木長良, 秋田弘俊

    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   9th   367   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 不安定プラークの検出における&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDGと&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5の有用性:Apo E&lt;sup&gt;-/-&lt;/sup&gt;マウスの動脈硬化病変への集積と病理学的検討

    趙芫, 趙松吉, 玉木長良, 久下裕司

    核医学   47 ( 4 )   505 - 506   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞後の局所糖代謝を改善する―小動物用PET/CTによる検討

    宮本倫行, 黒田敏, 七戸秀夫, 伊東雅基, 川堀真人, 趙松吉, 孫田恵一, 久下裕司, 玉木長良, 宝金清博

    脳循環代謝   23 ( 1 )   142   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼを標的とする新規腫瘍イメージング剤の開発:siRNA導入による腫瘍細胞への集積低下

    李花, 趙松吉, 西嶋剣一, 秋澤宏行, 関興一, 大倉一枝, 玉木長良, 久下裕司

    核医学   47 ( 3 )   S219   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 特集1核医学検査の新しい展開~治療戦略に役立つ放射性薬剤の開発。

    久下 裕司、西嶋 剣一、趙 松吉

    映像情報メディカル   43 ( 11 )   842 - 849   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 肉芽腫・腫瘍におけるFMISO‐PETの有用性:小動物用PETを用いた基礎的検討

    趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 伊敏, 波多野利行, 鈴木幸太郎, 孫田恵一, 西嶋剣一, 小華和柾志, 玉木長良

    核医学   47 ( 3 )   S219   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 高用量ARB投与によるFDGの組織集積の上昇:Telmisartan投与マウスでの検討

    趙芫, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   47 ( 3 )   S282   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 不安定プラークの検出における&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDGと&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5の有用性:Apo E&lt;sup&gt;-/-&lt;/sup&gt;マウスの動脈硬化病変への集積と病理学的検討

    趙芫, 趙松吉, 玉木長良, 久下裕司

    核医学   47 ( 4 )   505 - 506   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 臨床用半導体PET装置により描出される腫瘍内FDG分布のオートラジオグラフィーによる検証

    竹内渉, 波多野利行, 趙松吉, 趙芫, 森本裕一, 久野範人, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   47 ( 3 )   S237   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼを標的とする新規腫瘍イメージング剤の開発:siRNA導入による腫瘍細胞への集積低下

    李花, 趙松吉, 西嶋剣一, 秋澤宏行, 関興一, 大倉一枝, 玉木長良, 久下裕司

    核医学   47 ( 3 )   S219   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗EGFR抗体(cetuximab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価

    竹内啓, 趙松吉, 久下祐司, 趙莞, 西嶋剣一, 波多野利行, 清水康, 木下一郎, 玉木長良, 秋田弘俊

    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   8th   188   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 肉芽腫・腫瘍におけるFMISO‐PETの有用性:小動物用PETを用いた基礎的検討

    趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 伊敏, 波多野利行, 鈴木幸太郎, 孫田恵一, 西嶋剣一, 小華和柾志, 玉木長良

    核医学   47 ( 3 )   S219   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 高用量ARB投与によるFDGの組織集積の上昇:Telmisartan投与マウスでの検討

    趙芫, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   47 ( 3 )   S282   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗EGFR抗体(Cetuximab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価

    竹内啓, 趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 波多野利行, 西嶋剣一, 清水康, 木下一郎, 秋田弘俊, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S260   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 臨床用半導体PET装置により描出される腫瘍内FDG分布のオートラジオグラフィーによる検証

    竹内渉, 波多野利行, 趙松吉, 趙芫, 森本裕一, 久野範人, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   47 ( 3 )   S237   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 一体型小動物用PET/SPECT/CT装置の性能評価

    孫田惠一, 孫田惠一, 久保直樹, 鈴木幸太郎, 西嶋剣一, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S271-S272   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗EGFR抗体(cetuximab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価

    竹内啓, 趙松吉, 久下祐司, 趙莞, 西嶋剣一, 波多野利行, 清水康, 木下一郎, 玉木長良, 秋田弘俊

    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   8th   188   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗VEGF抗体(Bevacizumab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価

    趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 竹内啓, 波多野利行, 西嶋剣一, 木下一郎, 秋田弘毅, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S260-S261   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 肉芽腫・腫瘍の鑑別診断におけるdynamic &lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐MET‐PETの有用性:小動物用PETを用いた基礎的検討

    趙松吉, 久下裕司, 伊敏, 趙芫, 竹内啓, 波多野利行, 鈴木幸太郎, 孫田惠一, 西嶋剣一, 小華和柾志, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S271   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗EGFR抗体(Cetuximab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価

    竹内啓, 趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 波多野利行, 西嶋剣一, 清水康, 木下一郎, 秋田弘俊, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S260   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 核医学による動脈硬化イメージング

    久下裕司, 趙芫, 趙松吉, 志賀哲, 黒田敏, 佐治英郎, 玉木長良

    日本血栓止血学会誌   20 ( 2 )   179   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 一体型小動物用PET/SPECT/CT装置の性能評価

    孫田惠一, 孫田惠一, 久保直樹, 鈴木幸太郎, 西嶋剣一, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S271-S272   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 分子イメージング技術を用いた糖鎖修飾GLP‐1の組織分布解析

    渡邊郁剛, 渡邊郁剛, 西嶋剣一, 趙松吉, 鈴木幸太郎, 伊藤剛, 武本浩, 玉木長良, 久下裕司

    日本薬学会年会要旨集   129th ( 4 )   217   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗VEGF抗体(Bevacizumab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価

    趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 竹内啓, 波多野利行, 西嶋剣一, 木下一郎, 秋田弘毅, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S260-S261   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 肉芽腫・腫瘍の鑑別診断におけるdynamic &lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐MET‐PETの有用性:小動物用PETを用いた基礎的検討

    趙松吉, 久下裕司, 伊敏, 趙芫, 竹内啓, 波多野利行, 鈴木幸太郎, 孫田惠一, 西嶋剣一, 小華和柾志, 玉木長良

    核医学   46 ( 3 )   S271   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼ標的イメージング剤の合成とその有用性に関する基礎的評価

    大倉一枝, 高橋正幸, 西嶋剣一, 趙松吉, 秋澤宏行, 久下裕司, 玉木長良, 関興一

    核医学   45 ( 3 )   S232   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 核医学による動脈硬化イメージング

    久下裕司, 趙芫, 趙松吉, 志賀哲, 黒田敏, 佐治英郎, 玉木長良

    日本血栓止血学会誌   20 ( 2 )   179   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小動物用PET/SPECT/CT装置InveonのSPECT部の性能評価

    孫田惠一, 久保直樹, 鈴木幸太郎, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S213   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 分子イメージング技術を用いた糖鎖修飾GLP‐1の組織分布解析

    渡邊郁剛, 渡邊郁剛, 西嶋剣一, 趙松吉, 鈴木幸太郎, 伊藤剛, 武本浩, 玉木長良, 久下裕司

    日本薬学会年会要旨集   129th ( 4 )   217   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 動脈硬化病変における&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5/&lt;sup&gt;14&lt;/sup&gt;C‐FDG集積:病理的評価との比較

    趙芫, 久下裕司, 趙松吉, 吉永恵一郎, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S173   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • SNM2009報告.

    玉木長良、 志賀 哲、 趙 松吉、 久下裕司

    PET Journal   ( 7 )   48 - 49   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Rhodococcus肉芽腫とラットglioma腫瘍ラットモデルにおけるFDG集積の比較検討

    趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 鐘ケ江香久子, 関興一, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S224   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 多発性骨髄腫における全身methionine‐PETの有用性:FDG‐PETとの比較

    鐘ケ江香久子, 岡本祥三, 平田健司, 上林倫史, 趙松吉, 真鍋治, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S221   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼ標的イメージング剤の合成とその有用性に関する基礎的評価

    大倉一枝, 高橋正幸, 西嶋剣一, 趙松吉, 秋澤宏行, 久下裕司, 玉木長良, 関興一

    核医学   45 ( 3 )   S232   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腫瘍血管新生イメージングのためのチミジンホスホリラーゼ標的放射性薬剤の開発

    高橋正幸, 関興一, 西嶋剣一, 趙松吉, 秋澤宏行, 久下裕司, 玉木長良, 大倉一枝

    バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   21st   133 - 134   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小動物用PET/SPECT/CT装置InveonのSPECT部の性能評価

    孫田惠一, 久保直樹, 鈴木幸太郎, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S213   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼ標的SPECT薬剤の合成

    高橋正幸, 趙松吉, 西嶋剣一, 久下裕司, 関興一, 大倉一枝

    日本薬学会年会要旨集   128th ( 4 )   71   2008年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 動脈硬化病変における&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5/&lt;sup&gt;14&lt;/sup&gt;C‐FDG集積:病理的評価との比較

    趙芫, 久下裕司, 趙松吉, 吉永恵一郎, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S173   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Rhodococcus肉芽腫とラットglioma腫瘍ラットモデルにおけるFDG集積の比較検討

    趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 趙芫, 鐘ケ江香久子, 関興一, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S224   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 多発性骨髄腫に対するMET‐PETの有用性の検討‐FDG‐PETとの比較‐

    鐘ケ江香久子, 森田浩一, 岡本祥三, 真鍋治, 平田健司, 吉永恵一郎, 井上哲也, 趙松吉, 玉木長良

    核医学   44 ( 4 )   391   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 多発性骨髄腫における全身methionine‐PETの有用性:FDG‐PETとの比較

    鐘ケ江香久子, 岡本祥三, 平田健司, 上林倫史, 趙松吉, 真鍋治, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   45 ( 3 )   S221   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 細胞増殖能評価,腫瘍‐肉芽腫の鑑別診断における&lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐methionineと&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDGの比較

    趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 趙芫, 竹井俊樹, 加藤誠一, 鐘ケ江香久子, 岡本祥三, 加藤千恵次, 関興一, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   262   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腫瘍血管新生イメージングのためのチミジンホスホリラーゼ標的放射性薬剤の開発

    高橋正幸, 関興一, 西嶋剣一, 趙松吉, 秋澤宏行, 久下裕司, 玉木長良, 大倉一枝

    バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   21st   133 - 134   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨転移マーカー1CTPを用いた骨転移評価の役割―骨シンチグラフィ,FDG‐PETとの比較―

    鐘ケ江香久子, 真鍋治, 岡本祥三, 平田健司, 吉永恵一郎, 志賀哲, 趙松吉, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   331   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • チミジンホスホリラーゼ標的SPECT薬剤の合成

    高橋正幸, 趙松吉, 西嶋剣一, 久下裕司, 関興一, 大倉一枝

    日本薬学会年会要旨集   128th ( 4 )   71   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塵肺合併肺癌の検出におけるFDG‐PET後期像追加の意義の検討

    鐘ケ江香久子, 志賀哲, 中野郁夫, 木村清延, 加地浩, 岡本祥三, 真鍋治, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   255   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 放射線治療を指向したPET/SPECTプローブの開発―低酸素イメージングを中心に―(第37回放射線による制癌シンポジウム。

    久下 裕司、上田 真史、趙 松吉、工藤 喬、近藤 科江、田中 正太郎、玉木 長良、平岡 眞寛、佐治 英郎

    癌の臨床 Jpn J Cancer Clin   54 ( 2 )   105 - 108   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;3&lt;/sup&gt;H‐FLTによる癌の分子標的療法の早期評価:担がんマウスにおける投与量依存性の検討

    趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 趙芫, 竹井俊樹, 鐘ケ江香久子, 犬伏正幸, 志賀哲, 加藤千恵次, 関興一, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   294   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ApoE-/-マウスの動脈硬化病変における脂質沈着と&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG/&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexinA5集積との関連

    趙芫, 久下裕司, 久下裕司, 趙松吉, 犬伏正幸, 森田浩一, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   261   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 多発性骨髄腫に対するMET‐PETの有用性の検討‐FDG‐PETとの比較‐

    鐘ケ江香久子, 森田浩一, 岡本祥三, 真鍋治, 平田健司, 吉永恵一郎, 井上哲也, 趙松吉, 玉木長良

    核医学   44 ( 4 )   391   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 半導体検出器を用いたPET画像診断の展望

    志賀哲, 森本裕一, 上野雄一郎, 雨宮健介, 久保直樹, 趙松吉, 玉木長良

    Isot News   ( 641 )   2 - 6   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 細胞増殖能評価,腫瘍‐肉芽腫の鑑別診断における&lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐methionineと&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDGの比較

    趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 趙芫, 竹井俊樹, 加藤誠一, 鐘ケ江香久子, 岡本祥三, 加藤千恵次, 関興一, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   262   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 分子イメージングとがん治療戦略:イメージングによるインビボ組織染色を目指して

    久下裕司, 佐治英郎, 玉木長良, 趙松吉, 関興一, 上田真史, 清野泰, 清野泰

    Innervision   22 ( 7 )   42   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨転移マーカー1CTPを用いた骨転移評価の役割―骨シンチグラフィ,FDG‐PETとの比較―

    鐘ケ江香久子, 真鍋治, 岡本祥三, 平田健司, 吉永恵一郎, 志賀哲, 趙松吉, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   331   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塵肺合併肺癌の検出におけるFDG‐PET後期像追加の意義の検討

    鐘ケ江香久子, 志賀哲, 中野郁夫, 木村清延, 加地浩, 岡本祥三, 真鍋治, 趙松吉, 久下裕司, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   255   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 半導体検出器を使用した小被写体用PET装置の基本性能とその評価について

    久保直樹, 加藤千恵次, 玉木長良, 趙松吉, 森本裕一, 上野雄一郎, 北口博司, 土屋一俊, 小嶋進一, 梅垣菊男

    核医学   43 ( 4 )   343   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;3&lt;/sup&gt;H‐FLTによる癌の分子標的療法の早期評価:担がんマウスにおける投与量依存性の検討

    趙松吉, 趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 趙芫, 竹井俊樹, 鐘ケ江香久子, 犬伏正幸, 志賀哲, 加藤千恵次, 関興一, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   294   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • PETを用いた塵肺の評価―FDGとMETの比較―

    鐘ケ江香久子, 志賀哲, 趙松吉, 玉木長良, 中野郁夫, 木村清信, 加地浩

    核医学   43 ( 4 )   333   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ApoE-/-マウスの動脈硬化病変における脂質沈着と&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG/&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexinA5集積との関連

    趙芫, 久下裕司, 久下裕司, 趙松吉, 犬伏正幸, 森田浩一, 玉木長良

    核医学   44 ( 3 )   261   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ApoE‐/‐及び対照マウスの動脈組織への&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG及び&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5の集積:高脂肪食による経時的変化

    趙芫, 久下裕司, 久下裕司, 趙松吉, 犬伏正幸, 森田浩一, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   230   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 半導体検出器を用いたPET画像診断の展望

    志賀哲, 森本裕一, 上野雄一郎, 雨宮健介, 久保直樹, 趙松吉, 玉木長良

    Isot News   ( 641 )   2 - 6   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐methionine(MET)の腫瘍・肉芽腫への集積性の違い:&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG及び&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FLTとの比較

    趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 竹井俊樹, 趙芫, 加藤誠一, 鐘ケ江香久子, 犬伏正幸, 森田浩一, 関興一, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   249   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 分子イメージングとがん治療戦略:イメージングによるインビボ組織染色を目指して

    久下裕司, 佐治英郎, 玉木長良, 趙松吉, 関興一, 上田真史, 清野泰, 清野泰

    Innervision   22 ( 7 )   42   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 半導体検出器が装備された小視野PET装置の基礎的検討

    久保直樹, 趙松吉, 加藤千恵次, 上野雄一郎, 森本裕一, 雨宮健介, 梅垣菊男, 犬伏正幸, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   244   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 半導体検出器を用いたPET画像診断の展望。

    志賀 哲、森本 裕一、上野 雄一郎、雨宮 健介、久保 直樹、趙 松吉、玉木 長良

    ISOTOPE NEWS   641 ( 9 )   2 - 6   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;3&lt;/sup&gt;H‐FLTを用いた癌の分子標的療法(Iressa)の早期治療効果の評価

    趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 竹井俊樹, 趙芫, 加藤誠一, 鐘ケ江香久子, 犬伏正幸, 森田浩一, 関興一, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   221   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 分子イメージングとがん治療戦略:イメージングによるインビボ組織染色を目指して。

    久下 裕司、佐治 英郎、玉木 長良、趙 松吉、関 興一、上田 真史、清野 泰

    INNERVISION   22 ( 7 )   17   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 半導体検出器を使用した小被写体用PET装置の基本性能とその評価について

    久保直樹, 加藤千恵次, 玉木長良, 趙松吉, 森本裕一, 上野雄一郎, 北口博司, 土屋一俊, 小嶋進一, 梅垣菊男

    核医学   43 ( 4 )   343   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • PETを用いた塵肺の評価―FDGとMETの比較―

    鐘ケ江香久子, 志賀哲, 趙松吉, 玉木長良, 中野郁夫, 木村清信, 加地浩

    核医学   43 ( 4 )   333   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ApoE‐/‐及び対照マウスの動脈組織への&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG及び&lt;sup&gt;99m&lt;/sup&gt;Tc‐annexin A5の集積:高脂肪食による経時的変化

    趙芫, 久下裕司, 久下裕司, 趙松吉, 犬伏正幸, 森田浩一, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   230   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;11&lt;/sup&gt;C‐methionine(MET)の腫瘍・肉芽腫への集積性の違い:&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG及び&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FLTとの比較

    趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 竹井俊樹, 趙芫, 加藤誠一, 鐘ケ江香久子, 犬伏正幸, 森田浩一, 関興一, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   249   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 半導体検出器が装備された小視野PET装置の基礎的検討

    久保直樹, 趙松吉, 加藤千恵次, 上野雄一郎, 森本裕一, 雨宮健介, 梅垣菊男, 犬伏正幸, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   244   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • &lt;sup&gt;3&lt;/sup&gt;H‐FLTを用いた癌の分子標的療法(Iressa)の早期治療効果の評価

    趙松吉, 久下裕司, 久下裕司, 竹井俊樹, 趙芫, 加藤誠一, 鐘ケ江香久子, 犬伏正幸, 森田浩一, 関興一, 玉木長良

    核医学   43 ( 3 )   221   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • FDG-PETによる炎症病変診断法の開発:膜輸送遺伝子,病理組織学的検討。

    玉木 長良、小華和 征志、趙 松吉

    INNERVISION   21 ( 7 )   17   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • FDG-PET検査の改良による腫瘍の鑑別診断法の開発:膜輸送遺伝子による検討。

    玉木 長良、久下 裕司、趙 松吉、塚本江利子、中駄 邦博

    INNERVISION   18 ( 8 )   25   2003年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • In: Molecular Imaging for Integrated Medical Therapy and Drug Development (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.)

    Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.( 範囲: Semiconductor detector-based scanner for nuclear medicine)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:51-65   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Takeuchi W, Suzuki A, Ueno Y, Shiga T, Hirata K, Okamoto S, Zhao S, Kuge Y, Kubo N, Kobayashi K, Watanabe S, Kobashi K, Umegaki K, Tamaki N.   出版地:  

  • In: Prespectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.)

    Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.( 範囲: Preclinical evaluation of a thymidine phosphorylase imaging probe, [123I]IIMU, for the translational research)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:125-130   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Nishijima K, Zhao S, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y   出版地:  

  • In: Prespectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.)

    Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.( 範囲: Discovery and Evaluation of Biomarkers for Atherosclerosis Differential Proteomic of Plasma and Tissues)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:131-139   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Sakamoto T, Hanzawa H, Manri N, Sakakibara M, Shimizu Y, Zhao Y, Zhao S, Yamada S, Kamiya K, Eki Y, Suzuki A, Higuchi H, Sugano C, Tsutsui H, Tamaki N, Kuge Y   出版地:  

  • In: Prespectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.)

    Kuge Y, Shiga T, Tamaki N eds.( 範囲: Radioimmunodetection of Atherosclerotic Lesions Focusing on the Accumulation Mechanism of Immunoglobulin G.)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:141-150   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Shimizu Y, Hanzawa H, Zhao Y, Nishijima K, Fukura S, Sakamoto T, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y   出版地:  

  • Molecular Imaging for the Assessment of Tumor Malignancy and Response to Therapy. In: Molecular Imaging for Integrated Medical Therapy and Drug Development (Tamaki N, Kuge Y eds.).

    ( 範囲: Molecular Imaging of Atherosclerotic Plaque Vulnerability: Comparison between 18F-FDG and 99mTc-Annexin A5.)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:19-29   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Kuge Y, Zhao S, Takei T, Tamaki N   出版地:  

  • Molecular Imaging for the Assessment of Tumor Malignancy and Response to Therapy. In:Molecular Imaging for Integrated Medical Therapy and Drug Development (Tamaki N, Kuge Y eds.).

    ( 範囲: Initial Performance Measurement of an Integrated PET/SPECT/CT System for Small Animal Imaging.)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:30-41   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Morimoto Y, Ueno Y, Kojima S, Takeuchi W, Ishitsu T, Matsuzaki K, Umegaki K, Kubo N, Katoh C, Zhao S, Shiga T, Tamaki N.   出版地:  

  • Molecular Imaging for the Assessment of Tumor Malignancy and Response to Therapy. In:Molecular Imaging for Integrated Medical Therapy and Drug Development (Tamaki N, Kuge Y eds.).

    ( 範囲: Development of a prototype 3D PETscanner using semiconductor detectors and depth of interaction information.)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:60-68   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Magota K, Kubo N, Narihiro K, Suzuki K, Nishijima K, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N:   出版地:  

  • Molecular Imaging for the Assessment of Tumor Malignancy and Response to Therapy. In: Molecular Imaging for Integrated Medical Therapy and Drug Development (Tamaki N, Kuge Y eds.).

    ( 範囲: Molecular Imaging of Atherosclerotic Plaque Vulnerability: Comparison between 18F-FDG and 99mTc-Annexin A5)

    Springer (Springer Science+Business Media), Heidelberger  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:66-77   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Zhao Y, Kuge Y, Zhao S, Strauss HW, Blankenberg FG, Tamaki N:   出版地:  

  • In: PET and Molecular Imaging: State of the art and future perspectives.

    ( 範囲: Time course of apoptotic tumor response using 99mTc-annexin V following a single dose of chemotherapy: comparison with immunohistological findings in an experimental animal model.)

    International Congress Series 1264: Radiology (Tamaki N, Kuge Y eds)  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:249-252   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Takei T, Kuge Y, Zhao S, Mochizuki T, Strauss HW, Blankenberg FG, Tait JF, Tamaki N   出版地:  

  • In: PET and Molecular Imaging: State of the art and future perspectives (Tamaki N, Kuge Y eds.)

    ( 範囲: An ultra-high-energy collimator for small animal imaging in dula-isotope study of 18F and 99mTc)

    International Congress Series 1264: Radiology (Tamaki N, Kuge Y eds)  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:275-279   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Kubo N, Zhao S, Kinda A, Motomura N, Katoh C, Kuge Y, Tamaki N   出版地:  

▼全件表示

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • Possibility of 123I-meta-iodobenzylguanidine (MIBG) as companion diagnostic drug for therapeutic alpha-emitting meta-211At-astato-benzylguanidine (211At-MABG) in normal and pheocheomocytoma xenograft mice

    SNMMI2023 Annual Meeting   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

  • 日本のアスタチン‐211を用いた標的α線治療開発の現状と福島県立医科大学の取組

    笹川医学奨学金進修生同学会日本支部2022年度総会・学術セミナー   2023年3月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  • Current Status and Future Prospects of Preclinical Development of Targeted Alpha Particle Therapy using 211At at Fukushima Medical University

    2023年1月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

  • Similarities and differences of dosimetry between meta-[211At]astatobenzylguanidine (211At-MABG) and meta-[123I]iodobenzylguanidine (123I-MIBG) as companion diagnostic drug in PC12 pheochromocytoma model mice

    EANM'22 - Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine   2022年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  • 低免疫原性ストレプトアビジン変異体と改変ビオチンを用いるプレターゲティングシステムの開発

    日本放射線化学会第66回討論会(2022)   2022年9月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  • 悪性褐色細胞腫PC12移植マウスにおける123I-MIBGイメージングとex-vivo体内動態及び線量評価の比較

    第62回日本核医学会学術総会   2022年9月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  • Imaging of 5-HT2A receptors in rats with semi-chronic administration of phencyclidine

    NEURO 2022   2022年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

  • Effects of single and repeated 211At-MABG treatments on tumor growth suppression in a pheochromocytoma xenograft

    SNMMI2022 Annual Meeting   2022年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • Synthesis and evaluation of 211At-labeled bis-iminobiotin for pretargeted alpha radioimmunotherapy

    SNMMI2022 Annual Meeting   2022年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 急性骨髄性白血病における211At標識抗CD82抗体の治療効果

    第3回放射線災害・医科学研究拠点ワークショップ   2022年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

  • 急性骨髄性白血病における211At標識抗CD82抗体の治療効果

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 悪性褐⾊細胞腫PC12移植マウスにおける123I-MIBGと211At-MABGの体内動態及び線量評価

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • Correlation of radiotoxicity and dosimetry of 211At-MABG in normal mice.

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 高齢マウスの局所脳糖代謝に対する人参栄養湯の効果:インシュリン負荷による18F-FDG オートラジオグラフィーの画像手法を用いた評価

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 第1相試験に向けた211At-MABGの⾮臨床開発戦略

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 正常マウスにおけるフリー 211Atの臓器毒性評価

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 褐色細胞腫モデルにおける211At-MABGの反復投与による腫瘍成長の抑制効果の評価

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • ヒト急性白血病モデルマウスにおける211At-CD33の体内動態

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • ヒト急性白血病モデルマウスにおける211At-CD82の体内動態

    第61回日本核医学会学術総会   2021年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • Evaluation of acute radiotoxicity profile of alpha-particle-emitting meta-211At-astato-benzylguanidine (211At-MABG) in normal BALB/c mice

    SNMMI2021 Annual Meeting   2021年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • Evaluation of effect of Ninjin'yoeito on regional brain glucose metabolism by 18F-FDG autoradiography with insulin loading in superaged mice

    SNMMI2021 Annual Meeting   2021年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • ヒト胃癌細胞移植担癌モデル動物におけるドラッグデリバリーシステム(Cupid-Psycheシステム)を用いたアルファ線の治療効果

    第60回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • イミノビオチン誘導体の合成とアスタチン標識の検討

    第60回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • プレターゲティングへの応用を目指した211At標識改変イミノビオチンの体内分布測定

    第60回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • 211At標識イミノビオチンを用いたプリターゲティング法の最適化 投与間隔による薬物動態評価

    第60回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • コンパニオン診断薬としての123I-MIBGから推定した211At-MABGの線量評価検討

    第60回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • 正常マウスにおける211At-MABGの 血液毒性の用量反応関係

    第60回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • 褐色細胞腫モデルにおける211At-MABGと 131I-MIBGの抗腫瘍効果および安全性の比較

    第60回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • 正常マウスにおける211At-MABGの毒性評価

    第60回日本肺癌学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • Biodistribution and dosimetry studies for the optimization of pre-targeted radionuclide therapy using 211At-labeled modified biotin.

    2020欧州核医学会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • Evaluation of therapeutic effect of the targeted alpha therapy using Cupid-211At-labeled Psyche-B pretargeting system in a human gastric cancer cell xenograft.

    2020欧州核医学会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • Search for the optimal bis-iminobiotin for the pretargeting strategy using a mutated low immunogenic streptavidin.

    2020欧州核医学会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 正常マウスにおける211At-MABG と123I-MIBGの放射線線量の比較評価

    日本放射線影響学会大3回大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • α放射体211At標識イミノビオチンの作成と安定性評価

    日本放射線影響学会第63回大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • Differences and similarities in biodistribution, pharmacokinetics and metabolites of 211At-MABG versus 123I-MIBG in normal mice.

    2020米国核医学・分子イメージング学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • Effects and safety of alpha-emitting meta-211At-astato-benzylguanidine (211At-MABG) compared with 131I-meta-iodobenzylguanidine (131I-MIBG) on tumor growth suppression in a pheochromocytoma mouse model.

    2020米国核医学・分子イメージング学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • Feasibility of cancer stem cells-targeted radioimmunotherapy for acute myelogenous leukemia with 211At-CXCR4 monoclonal antibody.

    2020米国核医学・分子イメージング学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • Development of a low immunogenic mutated streptavidin pretargeting strategy with 211At labeled modified biotin for advanced cancer treatment.

    2020米国核医学・分子イメージング学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • Effects of alpha-emitting meta-211At-astato-benzylguanidine (211At-MABG) compared to 131I-meta-iodobenzylguanidine (131I-MIBG) on tumor growth suppression in a pheochromocytoma mouse model.

    2020第102回米国内分泌学会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  • Delta-like 1 homolog (DLK-1)を標的した治療開発および臨床的意義の検討

    第60回日本肺癌学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Delta-like 1 homolog (DLK-1)を標的した治療開発および臨床的意義

    第32回日本バイオセラピィ学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • [211At]MABGの薄層クロマトグラフィー手順の探索

    第59回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • 211At-MABG吸収線量評価におけるコンパニオン診断薬123I-MIBGの活用

    第59回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • 正常マウスにおける211At-MABGの薬物動態と代謝産物の予備的評価

    第59回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • An effort to diagnostic and therapeutic nuclear medicine at Fukushima Medical University using two medical cyclotrons

    International Symposium on Traends in Radiopharmaceuticals (ISTR 2019)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • An effort to diagnostic and therapeutic nuclear medicine at Fukushima Medical University using two medical cyclotrons.

    International Symposium on Traends in Radiopharmaceuticals (ISTR 2019)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • Delta-like 1 homolog (DLK1) expression in non-small-cell lung cancer and the development of radioimmunotherapy targeting DLK1

    World Coference on Lung Cancer (WCLC 2019)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  • Evaluation of the potential of organ glucose metabolism by 18F-FDG accumulation with insulin loading in older mice compared with younger normal mice

    The 66th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2019)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

  • Possibility of 123I-meta-iodobenzylguanidine (123I-MIBG) as companion diagnostic drug for therapeutic alpha-emitting meta-211At-astato-benzylguanidine (211At-MABG)

    The 66th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2019)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

  • Synthesis of [211At]MABG Using Remote-controlled Synthesizer and Quality Evaluation

    The ISRS 2019  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  • Biodistribution and dosimetry of Free and meta-[211At]astatobenzylguanidine (MABG) in normal mice

    The 11th International Symposium on TargetedAlpha-Therapy (TAT11)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  • 遠隔操作可能な合成装置を用いた[211At]MABGの合成とその品質評価

    日本薬学会 第139年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  • 小動物用飼育ケージ内でのAt-211水溶液の飛散の空間分布の評価

    第58回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • At-211の汚染はサーベイメーターを用いた直接法によって検出できるか?

    第58回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • 正常マウスにおけるフリー211Atおよびmeta-[211At]astatobenzylguanidine (MABG)の組織吸収線量評価

    第58回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • [211At]MABGの自動合成装置を用いた製造と品質評価 Synthesizer of [211At]MABG

    第58回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • Investigation of the influence of intratumoral glutathione status on the distribution of a hypoxic probe [18F]FMISO

    WFNMB 2018  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

  • Preclinical evaluation of [18F]DiFA, a novel PET probe for tumor hypoxia, in comparison with [18F]MISO

    The 64rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2017)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

  • Effect of eribulin on remodeling of tumor vasculature confirmed by FMISO PET imaging-Small-animal PET study in human breast cancer cell xenograft

    The 64rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2017)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

  • The Production of 211At at Fukushima Medical University

    The 10th International Symposium on Targeted Alpha Therapy (TAT-10) in Kanazawa  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • Production of At-211 by In-house Cyclotron and Characterization at Fukushima Medical University

    The 76th Annual Meeting of the Japan Radiological Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

  • Inflammatory Changes in Brain and Lymphoid Organs after Ischemic Stroke: PET Imaging for Cell Therapy

    the International Stroke Conference 201T  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

  • Current Status and Future Prospects of Molecular Imaging and Targeted Radionuclide Therapy in Fukushima Medical University

    Asian Forum for Accelerators and Detectors (AFAD 2017)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

  • Current Status and Future Prospects of Molecular Imaging and Targeted Radionuclide Therapy in Fukushima Medical University

    Asian Forum for Accelerators and Detectors (AFAD 2017)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

  • FMISO PETイメージングによるeribulinの低酸素解除作用の実証:小動物PETと乳癌モデルを用いた検討

    第56回日本核医学学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  • FMISO PETイメージングによるeribulinの腫瘍内低酸素状態解除作用の評価

    第31回福島県核医学研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

  • FMISO PETイメージングによるeribulinの腫瘍内低酸素状態解除作用の実証―小動物用PETと乳癌モデルを用いた検討―

    第12回小動物インビボイメージング研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Effects of eribulin on remodeling of tumor vasculature evaluated with FMISO hypoxia imaging in a human breast cancer cell xenograft

    The 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • Does FMISO-PET really visualize only hypoxic states?; accumulation mechanism assessment of FMISO in hypoxic cells in combination with mass spectrometry

    The 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • Metabolic Aspects of [14C]Acetete in Rabbit Atherosclerotic Arteries at Different Feeding Conditions: In Vitro Evaluation for Atherosclerosis Imaging with [11C]Acetate

    The 63rdSociety of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • Effects of eribulin on remodeling of tumor vascular evaluated with FMISO hypoxia imaging in a human breast cancer cell xenograft

    The 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • Effects of eribulin on remodeling of tumor vasculature evaluated with FMISO hypoxia imaging in a human breast cancer cell xenograft

    The 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • Effects of eribulin on remodeling of tumor vascular evaluated with FMISO hypoxia imaging in a human breast cancer cell xenograft

    The 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • Metabolic Aspects of [14C]Acetete in Rabbit Atherosclerotic Arteries at Different Feeding Conditions: In Vitro Evaluation for Atherosclerosis Imaging with [11C]Acetate

    The 63rdSociety of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • Does FMISO-PET really visualize only hypoxic states?; accumulation mechanism assessment of FMISO in hypoxic cells in combination with mass spectrometry

    The 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • 肺癌細胞移植モデルに対するマルチキナーゼ阻害剤sorafenib治療後の腫瘍増殖能変化のFLTによる評価

    日本分子イメージング学会第11回総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 肺癌細胞移植モデルに対するマルチキナーゼ阻害剤sorafenib治療後の腫瘍増殖能変化のFLTによる評価

    日本薬学会第136年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  • 北海道大学核医学分子影像研究的现状与展望

    第5回JSPS中国同窓会・学術セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • Preclinical Translational Researches of Novel PET and SPECT Tracers: 18F-FDiFA and 123I-IIMU for Hypoxia and Thymidine Phosphorylase Imaging

    The Asia Oceania Federation of Nuclear Medicine and Biology (AOFNMB) 2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月 - 2015年11月

  • Preclinical Translational Researches of Novel PET and SPECT Tracers: 18F-FDiFA and 123I-IIMU for Hypoxia and Thymidine Phosphorylase Imaging

    The Asia Oceania Federation of Nuclear Medicine and Biology (AOFNMB) 2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • Preclinical Translational Researches of Novel PET and SPECT Tracers: 18F-FDiFA and 123I-IIMU for Hypoxia and Thymidine Phosphorylase Imaging

    The Asia Oceania Federation of Nuclear Medicine and Biology (AOFNMB) 2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • Dynamic PET evaluation of the increased FLT accumulation after sorafenib treatment in mice bearing a human renal cell carcinoma xenograft

    The 2015 World Molecular Imaging Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞後の局所糖代謝を改善する―小動物用PET/CTによる検討

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Preclinical evaluation of thymidine phosphorylase imaging probe, [123I]IIMU, A road to First-in-human clinical study

    Ninth Japan-China Joint Seminar on Radiopharmaceutical Chemistry (JCSRC 2015)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • イメージング質量分析法(IMS)による低酸素イメージング剤”FMISO”の腫瘍内代謝・集積機序の経時的評価

    第55回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 14C-酢酸の家兎動脈硬化病変への集積機序:11C-酢酸による動脈硬化イメージングのための基礎的検討。

    第55回日本核医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • Eribulinの低酸素解除作用のFMISO低酸素イメージングを用いたヒト乳癌癌移植モデルにおける評価

    第55回日本核医学学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • Preclinical Translational Researches of Novel PET and SPECT Tracers: 18F-FDiFA and 123I-IIMU for Hypoxia and Thymidine Phosphorylase Imaging

    The Asia Oceania Federation of Nuclear Medicine and Biology (AOFNMB) 2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • Study of accumulation mechanism of hypoxia imaging probe “FMISO” in tumors by imaging mass spectrometry: A possible involvement of low-molecular metabolites

    The 2015 World Molecular Imaging Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • Dynamic PET evaluation of the increased FLT accumulation after sorafenib treatment in mice bearing a human renal cell carcinoma xenograft

    The 2015 World Molecular Imaging Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • Expression level of fatty acid-binding protein 5 increased in pro-inflammatory macrophage with atherosclerotic lesion formation; evaluation as a potential biomarker for atherosclerosis imaging

    The European Society of Cardiology (ESC) Congress 2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

  • Sphigomyelin synthase 2 deficiency enhances glucose clearance and tissue uptake in mice

    The 14th International Conference on Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation, and Related Diseases  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  • Thymidine phosphorylase (TP) expression in normal mice: comparison with biodistribution of a novel TP imaging probe

    The 62nd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

  • Accumulation mechanism of non-targeted immunoglobulin G in atherosclerotic legions

    The 62nd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

  • [111In-DTPA-D-Phe-1-Asp0-D-Phe1]-オクトレオチドの体内動態評価 : 放射能の腎集積性低減と腫瘍集積性の向上

    日本薬学会第135回年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • イメージング質量分析(IMS)による低酸素イメージング剤“FMISO”の腫瘍内集積機序の検討:低分子代謝物の関与の可能性

    日本分子イメージング学会第10回総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

  • Dynamic 18F-FLT PETを用いた腎癌細胞移植モデルにおけるsorafenib治療後のFLT集積亢進過程の評価

    日本分子イメージング学会第10回総会・学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

  • 動脈硬化病変への免疫グロブリンG集積機序の探索:動脈硬化診断用薬剤開発へ応用に関する基礎的検討

    第10回日本分子イメージング学会総会・学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

  • 125I-BMIPPの肝臓への集積機序:食餌誘導性肥満マウスにおける検討

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年

  • Hypoxia imaging with 18F-fluoromisonidazole for differentiating tumors from granulomas: a comparison with 18F-/14C-FDG in experimental rat models.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Effects of feeding conditions on the myocardial and hepatic accumulation of radioiodine-labeled BMIPP in mice.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Changes in tumor oxygen states after sorafenib therapy evaluated by using 18F-fluoromisonidazole hypoxia imaging in a renal cell cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Evaluation of dynamic changes in tumor hypoxia and proliferation after radiotherapy in human head and neck cancer xenograft using dual tracers of FMISO and FLT.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Mechanisms of anti-tumor effects underlying sorafenib treatment: evaluation of tumor oxygen states using 18F-FMISO in a human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Increased metabolite levels of glycolysis and pentose phosphate pathway in rabbit atherosclerotic arteries and hypoxic macrophage.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Irbesartan reduces atherosclerosis in Watanabe Heritable Hyperlipidemic (WHHL) rabbits: Non-invasive imaging of inflammation with 18F-FDG PET

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • Effects of feeding conditions on the hepatic pharmacokinetics of radioiodine-labeled BMIPP in mice: Comparison with palmitic acid.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 核医学教育講演8「小動物イメージング‐様々なモダリティーの特徴と注意点~なぜ小動物イメージングが必要~」

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Dose-dependent elevation of 18F-FDG concentration in the blood after ARB administration: Experiment in mice given telmisartan.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 頭頸部癌における放射線照射後の腫瘍増殖反応と腫瘍内低酸素状態の経時的変化:FLTとFMISOによる評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • FMISO PET reflects antiangiogenic tumor response after sorafenib treatment in human renal cell carcinoma xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 腎細胞癌モデルにおける18F-FMISOによる腫瘍内酸素状態の評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Sequential evaluation of intratumoral proliferative activity after radiotherapy by FLT in human head and neck cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • [125I]BMIPPのマウス心筋への取り込みにおよぼす摂餌状態の影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Radioiodinated BMIPP as a potential probe for hepatic fatty acid metabolism: evaluation in mice at different feeding status.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • Hypoxia imaging with 18F-fluoromisonidazole for differentiating tumors from granulomas: a comparison with 18F-/14C-FDG in experimental rat models.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Monitoring tumor proliferative activity after radiotherapy by FLT in head and neck cancer xenograft comparison with Ki67.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • Effects of feeding conditions on the myocardial and hepatic accumulation of radioiodine-labeled BMIPP in mice.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Increased intratumoral FLT uptake after multi-kinase inhibitor sorafenib treatment in human renal cell carcinoma xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Changes in tumor oxygen states after sorafenib therapy evaluated by using 18F-fluoromisonidazole hypoxia imaging in a renal cell cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • Monitoring intratumoral proliferative and hypoxic responses to radiotherapy by FLT and FMISO in human head and neck cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 動脈硬化血管とマクロファージの代謝解析:低酸素による解糖系・ペントースリン酸回路の代謝産物の増加。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • FLT can early reflect response of tumor proliferation to multikinase inhibitor (sorafenib) treatment in a human renal cell carcinoma xenograft: comparison with Ki-67.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Evaluation of dynamic changes in tumor hypoxia and proliferation after radiotherapy in human head and neck cancer xenograft using dual tracers of FMISO and FLT.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞周囲の神経受容体機能を改善させる―&lt;sup&gt;123&lt;/sup&gt;I‐iomazenil SPECTによる検討

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Mechanisms of anti-tumor effects underlying sorafenib treatment: evaluation of tumor oxygen states using 18F-FMISO in a human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • 腎細胞癌移植マウスにおけるマルチキナーゼ阻害剤Sorafenib治療後のFLTによる治療反応評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 肉芽腫・腫瘍の鑑別診断における18F-FMISO低酸素イメージング:小動物用PETを用いたラットモデルにおける14C-FDGとの比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • がんの診断・治療効果評価におけるPETの応用~基礎研究を中心に~

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Increased metabolite levels of glycolysis and pentose phosphate pathway in rabbit atherosclerotic arteries and hypoxic macrophage.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年

  • 腫瘍・肉芽腫における&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FMISO集積の特徴:&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG及び組織学的比較

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Irbesartan reduces atherosclerosis in Watanabe Heritable Hyperlipidemic (WHHL) rabbits: Non-invasive imaging of inflammation with 18F-FDG PET

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 腎細胞癌移植モデルにおける抗血管新生剤(sorafenib)の治療反応のFMISO PETによる評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 放射線照射により生成される一酸化窒素は固形腫瘍の再酸素化に必須である。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 抗血管新生剤(sorafenib)の抗腫瘍効果の機序:肺癌細胞移植モデルにおけるFMISOによる腫瘍内酸素状態の評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 動脈血栓能を反映する18F‐フルオロデオキシグルコースの血管集積

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Prediction of early antiproliferative response to anti-VEGF monoclonal antibody molecular-targeting therapy (bevacizumab) in human tumor xenograft using FLT

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • 動脈硬化病変における炎症細胞への18F-FDG集積と低酸素との関連: バルーン傷害モデルでの検討

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 固形腫瘍内における放射線誘導性再酸素化の動態の評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 放射線照射により生成される一酸化窒素は固形腫瘍の再酸素化に必須である。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 動脈血栓能を反映する18F‐フルオロデオキシグルコースの血管集積

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 18F-FLT can detect early antiproliferative response to anti-EGFR molecular targeting therapy (cetuximab) in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • 腫瘍と肉芽腫の鑑別診断におけるDynamic 18F-Fluoro-L-a-methyltyrosine (18F-FAMT)-PETの有用性

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • FMISO PET reflects antiangiogenic tumor response to multi-kinase inhibitor (sorafenib) in human renal cell carcinoma xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • FMISO PET reflects antiangiogenic tumor response to multi-kinase inhibitor (sorafenib) in human renal cell carcinoma xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 18F-FLT but not 18F-FDG can early and dose-dependently detect antiproliferative responses of human tumor xenograft to epidermal growth factor receptor targeting with a tyrosine kinase inhibitor, gefitinib

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • Dose-dependent elevation of 18F-FDG concentration in the blood after ARB administration: Experiment in mice given telmisartan.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 固形腫瘍内における放射線誘導性再酸素化の動態の評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • チミジンホスホリラーゼを標的とする新規腫瘍イメージング剤(123I-IIMU)の開発:マウス組織におけるチミジンホスホリラーゼ発現と123I-IIMU集積との関係。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Usefulness of [C-11]methionine in differentiating tumor from granuloma: Comparison with [F-18]FDG

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • 18F-FMISOを用いた腎細胞癌移植モデルにおける抗血管新生療法(sorafenib)の早期治療反応の評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Suppressive effects of irbesartan on inflammation and apoptosis in atherosclerotic plaques of apoE-/- mice: Molecular imaging with 14C-FDG and 99mTc-annexin A5.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • 18F-Fluorothymidine (18F-FLT) as early predictor of tumor response for anti-epidermal growth factor receptor antibody in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • 18F-Fluorothymidine (18F-FLT) as early predictor of tumor response for anti-epidermal growth factor receptor antibody in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Dynamic MET PET analysis has an additional value for differentiating tumors from granulomas: An experimental study using small animal PET

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • Omeprazole modifies physiologic FDG uptake in the GUT.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • 放射性ヨウ素標識BMIPPのマウス肝臓中挙動に及ぼす摂餌状態の影響:パルミチン酸との比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 放射線照射後に生成される一酸化窒素は固形腫瘍の再酸素化に関与する

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • FMISO PET can early evaluate antiangiogenic response to anti-EGFR molecular-targeting therapy (cetuximab) in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Monitoring Early Response to Molecular-Targeting Therapy (Iressa) in Human tumor xenograft using 18F-FLT.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Biologic correlates of intratumoral heterogeneity in FDG distribution with regional expressions of glucose transporters and hexokinase-II in experimental tumors.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年

  • FMISO PET reflects antiangiogenic tumor response after sorafenib treatment in human renal cell carcinoma xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞周囲の受容体機能を改善させる―&lt;sup&gt;123&lt;/sup&gt;I‐iomazenil SPECTによる検討

    再生医療  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • FMISO PET can early evaluate antiangiogenic response to anti-EGFR molecular-targeting therapy (cetuximab) in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • 小動物用PET画像による腫瘍内18F-FDG集積の評価:オートラジオグラフィー画像との比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Dominant negative HIF-1a reduces FDG uptake in pancreatic cancer cells

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • Monitoring tumor proliferative activity after radiotherapy by FLT in head and neck cancer xenograft comparison with Ki67.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 放射性標識核酸誘導体による腫瘍の核医学診断と内用療法。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 18F-Fluorothymidine PET/CT as early predictor of tumor response for anti-epidermal growth factor receptor antibody in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Effects of insulin and glucose loading on FDG uptake and GLUT expression in experimental inflammatory lesions and tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • 18F-Fluorothymidine PET/CT as early predictor of tumor response for anti-epidermal growth factor receptor antibody in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • 動物用PETを用いた分子イメージング研究 ~腫瘍の診断と治療効果評価~。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Dynamics of 18F-FDG Uptake in Experimental Granuloma and Tumor: Basic Studies in Rat Models Using Small Animal PET/CT System

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年

  • Effects of insulin and glucose loading on FDG uptake in experimental inflammatory lesions and malignant tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2001年

  • 125I-BMIPP肝臓への集積機序:絶食及び非絶食マウスにおける検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • 高用量ARB投与によるFDG の組織集積の上昇:Telmisartan投与マウスでの検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Application of semiconductor gamma-camera for whole-body dynamic SPECT in small animal imaging.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Biologic Features of Intratumoral 18F-FMISO Distribution in a Rat Model of Glioma.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • A novel radiolabeled probe for molecular imaging of thymidine phosphorylase: Suppressed accumulation into tumor cells by target gene knockdown.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 肉芽腫・腫瘍における18F-FMISO-PETの有用性:小動物用PETを用いた基礎的検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 18F-FLT can predict tumor proliferation response to radiotherapy in human head and neck cancer xenograft in comparison with Ki-67.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • Early Evaluation of Antiangiogenic Response to Anti-EGFR Molecular Targeted therapy (cetuximab) by Using FMISO PET in Human Lung Cancer Xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • チミジンホスホリラーゼを標的とする新規腫瘍イメージング剤の開発:siRNA導入による腫瘍細胞への集積低下。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Suppressive effects of irbesartan on inflammation and apoptosis in atherosclerotic plaques of apoE-/- mice: Molecular imaging with 14C-FDG and 99mTc-annexin A5.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Evaluation of intratumoral 18F-FDG distribution using small animal PET: Comparison with autoradiography.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • A novel radiolabeled probe for molecular imaging of thymidine phosphorylase: Suppressed accumulation into tumor cells by target gene knockdown.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 腎細胞癌移植マウスにおけるマルチキナーゼ阻害剤Sorafenib治療後のFLTによる治療反応評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Evaluation of intratumoral 18F-FDG distribution using small animal PET: Comparison with autoradiography.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 11C-Methionine but not 18F-FDG and 18F-FLT can differentiate tumor from granuloma in experimental rat models.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Sequential evaluation of intratumoral proliferative activity after radiotherapy by FLT in human head and neck cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • PREDICTION OF EARLY ANTIPROLIFERATIVE RESPONSE TO ANTI-EGFR MOLECULA-TARGETING THERAPY (CETUXIMAB) IN HUMAN TUMOR XENOGRAFT USING 18F-FLT PET.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 分子イメージング装置を用いた研究とその成果~動物用PETを中心に~。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 特別講演1.癌の診断・治療効果評価におけるPETの応用~基礎研究を中心に~

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • 北海道大学における小動物インビボイメージング研究の現状。第7回小動物インビボイメージング研究会

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • PREDICTION OF EARLY ANTIPROLIFERATIVE RESPONSE TO ANTI-EGFR MOLECULA-TARGETING THERAPY (CETUXIMAB) IN HUMAN TUMOR XENOGRAFT USING 18F-FLT PET.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • ApoE-/-マウス動脈硬化に対するテルミサルタンの治療効果: 99mTc-annexin A5による評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • A radiolabeled uracil derivative as a novel SPECT tracer for thymidine phosphorylase (TP): cell specific uptake responses to TP expression.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • A radiolabeled uracil derivative as a novel SPECT tracer for thymidine phosphorylase (TP): cell specific uptake responses to TP expression.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 腫瘍・肉芽腫における18F-FMISO集積の特徴:18F-FDF及び組織学的比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Biological characteristics of intratumoral 18F-FMISO distribution in a rodent model of glioma.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Evaluation of early response to epidermal growth factor receptor targeting therapy with the tyrosine kinase inhibitor, gefitinib (Iressa) in human xenograft using 18F-FLT.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Utility of 99mTc-annexin A5 for Evaluating the Therapeutic Effect of ARB on Atherosclerosis: an Experimental Study with Telmisartan Treated apoE-/- Mice.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Biological characteristics of intratumoral 18F-FMISO distribution in a rodent model of glioma.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Hypoxia imaging with 18F-fluoromisonidazole (FMISO) for differentiating tumors from granulomas: a comparison with FDG in experimental rat models using small animal PET.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Increased intratumoral FLT uptake after multi-kinase inhibitor sorafenib treatment in human renal cell carcinoma xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Early Evaluation of Antiangiogenic Response to Anti-EGFR Molecular Targeted therapy (cetuximab) by Using FMISO PET in Human Lung Cancer Xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • FLT PET can early predict antiproliferative response to anti-EGFR molecular-targeting therapy (cetuximab) in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Hypoxia imaging with 18F-fluoromisonidazole (FMISO) for differentiating tumors from granulomas: a comparison with FDG in experimental rat models using small animal PET.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Biologic aspects of intratumoral [18F]FMISO distribution in a rodent model of glioma.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Dynamics of 18F-FDG uptake in experimental granulomas induced with activated macrophages: Comparison with malignant tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年

  • Monitoring intratumoral proliferative and hypoxic responses to radiotherapy by FLT and FMISO in human head and neck cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Careful assessment of FDG uptake due to elevated FDG concentration in the blood and organs by high dose ARB administration: Experiment in mice given telmisartan.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Modification of FDG uptake by steroid pretreatment: a potential means for differentiating tumor from granuloma by PET

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年

  • Effects of feeding conditions on the hepatic pharmacokinetics of radioiodine-labeled BMIPP in mice: Comparison with palmitic acid.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • FLT PET can early predict antiproliferative response to anti-EGFR molecular-targeting therapy (cetuximab) in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 不安定プラークの検出における18F-FDGと99mTc-annexin A5の有用性:ApoE-/-マウスの動脈硬化病変への集積と病理学的検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Radioiodinated BMIPP as a potential probe for hepatic fatty acid metabolism: evaluation in mice at different feeding status.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • FLT can early reflect response of tumor proliferation to multikinase inhibitor (sorafenib) treatment in a human renal cell carcinoma xenograft: comparison with Ki-67.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • ヒト癌移植マウスにおける抗EGFR抗体(Cetuximab)による分子標的療法:18F-FLT PETを用いた早期治療効果評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Utility of 99mTc-annexin A5 for Evaluating the Therapeutic Effect of ARB on Atherosclerosis: an Experimental Study with Telmisartan Treated apoE-/- Mice.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Biologic aspects of intratumoral [18F]FMISO distribution in a rodent model of glioma.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • チミジンホスホリラーゼを標的とする新規腫瘍イメージング剤の開発:siRNAによる標的ノックダウンと腫瘍細胞への集積。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞周囲の神経受容体機能を改善させる―&lt;sup&gt;123&lt;/sup&gt;I‐iomazenil SPECTによる検討

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Double-tracer autoradiographic study with histochemical interpretation for evaluating feasibility of 18F-FDG/99mTc-annexin A5 on vulnerable plaque detection.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • Performance evaluation of a semiconductor spect system for small animal imaging.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年

  • Biologic Features of Intratumoral 18F-FMISO Distribution in a Rat Model of Glioma.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Careful assessment of FDG uptake due to elevated FDG concentration in the blood and organs by high dose ARB administration: Experiment in mice given telmisartan.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗EGFR抗体(cetuximab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年

  • 腎細胞癌移植マウスにおけるマルチキナーゼ阻害剤Sorafenib治療後のFLTによる治療反応評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • The therapeutic effect of telmisartan on atherosclerosis in apoE-/- mice: an evaluation with 99mTc-annexin A5.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Dynamic 11C-MET pet has an additional value for differentiating tumors from granulomas: an experimental study using small animal pet in comparison with 18F-FDG.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • ヒト癌移植マウスにおける抗EGFR抗体(Cetuximab)による分子標的療法:18F-FMISOを用いた早期治療効果評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • Dynamic 11C-MET pet has an additional value for differentiating tumors from granulomas: an experimental study using small animal pet in comparison with 18F-FDG.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • ヒト癌移植マウスにおける抗VEGF抗体(Bevacizumab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • がんの診断・治療効果評価におけるPETの応用~基礎研究を中心に~

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • ヒト癌細胞移植マウスにおける抗EGFR抗体(Cetuximab)による分子標的療法:FLTを用いた早期治療効果評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • Is MET valuable in differentiating cancer from granuloma?

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • 放射線治療に対する腫瘍増殖反応の18F-FLTによる評価:ヒト頭頸部癌移植モデル動物におけるKi-67との比較検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年

  • Evaluation of FMISO uptake in rat tumor tissue:comparison with FDG uptake.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • Evaluation of FMISO uptake in rat tumor tissue:comparison with FDG uptake.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • 腫瘍・肉芽腫における&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FMISO集積の特徴:&lt;sup&gt;18&lt;/sup&gt;F‐FDG及び組織学的比較

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • The therapeutic effect of telmisartan on atherosclerosis in apoE-/- mice: an evaluation with 99mTc-annexin A5.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年

  • 18F-Fluorothymidine (FLT) as tumor response predictor for anti-epidermal growth factor receptor (EGFR) antibody in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • 18F-Fluorothymidine (FLT) as tumor response predictor for anti-epidermal growth factor receptor (EGFR) antibody in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • Dynamic MET PET analysis has an additional value for differentiating tumors from granulomas: An experimental study using small animal PET

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • Usefulness of 11C-methionine in evaluating cellular proliferation and differential diagnosis of tumor and granuloma

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • 骨髄間質細胞移植は脳梗塞後の局所糖代謝を改善する―小動物用PET/CTによる検討

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年

  • Prediction of early antiproliferative response to anti-VEGF monoclonal antibody molecular-targeting therapy (bevacizumab) in human tumor xenograft using FLT

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • The effect of steroid on FDG uptake in experimental tumor, granulomatous and inflammatory lesions

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • ラット腫瘍組織におけるFMISO集積の評価:FDG集積との比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • 18F-FLT can detect early antiproliferative response to anti-EGFR molecular targeting therapy (cetuximab) in human lung cancer xenograft.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • Fluorothymidine (FLT)を用いた分子標的治療薬の治療効果予測。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • シーメンス社製小動物用イメージング装置の使用経験。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  • Rhodococcus肉芽腫とラットglioma腫瘍ラットモデルにおけるFDG集積の比較検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年

  • Dynamics of 18F-FDG Uptake in Experimental Granuloma and Tumor: Basic Studies in Rat Models Using Small Animal PET/CT System

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年

  • Dynamics of 18F-FDG uptake in experimental granulomas induced with activated macrophages: Comparison with malignant tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年

  • 肉芽腫・腫瘍モデルラットにおけるFDGのダイナミクス:小動物用PETを用いた基礎的検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年

  • チミジンホスホリラーゼ標的SPECT薬剤の合成。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年

  • 3H-FLTによる癌の分子標的療法の早期治療効果評価:担がんマウスにおける投与量依存性の検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • 細胞の増殖能評価、腫瘍-肉芽腫の鑑別診断における11C-methionineと18F-FDGの比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • 細胞の増殖能の評価及び腫瘍と肉芽腫の鑑別診断における11C-メチオニンの有用性:18F-FDGとの比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • 18F-FLT but not 18F-FDG can early and dose-dependently detect antiproliferative responses of human tumor xenograft to epidermal growth factor receptor targeting with a tyrosine kinase inhibitor, gefitinib

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • Usefulness of 11C-methionine in evaluating cellular proliferation and differential diagnosis of tumor and granuloma

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • 11C-methionine(MET)の腫瘍・肉芽腫への集積性の違い:18F-FDG及び18F-FLTとの比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • 半導体検出器が装備された小視野PET装置の基礎的検討。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • 3H-FLTを用いた癌の分子標的療法(Iressa)の早期治療効果の評価。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Usefulness of [C-11]methionine in differentiating tumor from granuloma: Comparison with [F-18]FDG

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Monitoring Early Response to Molecular-Targeting Therapy (Iressa) in Human tumor xenograft using 18F-FLT.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Application of semiconductor gamma-camera for whole-body dynamic SPECT in small animal imaging.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Evaluation of early response to epidermal growth factor receptor targeting therapy with the tyrosine kinase inhibitor, gefitinib (Iressa) in human xenograft using 18F-FLT

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • 11C-Methionine but not 18F-FDG and 18F-FLT can differentiate tumor from granuloma in experimental rat models.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • 半導体検出器を用いた次世代PETカメラの開発-(3)空間分解能評価

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • 腫瘍及び炎症組織における3H-FLTの集積。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年

  • Modification of FDG uptake by steroid pretreatment: a potential means for differentiating tumor from granuloma by PET

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年

  • Performance evaluation of a semiconductor spect system for small animal imaging.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年

  • Is MET valuable in differentiating cancer from granuloma?

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • 腫瘍と肉芽腫の鑑別診断におけるMETの有用性:FDGとの比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • BCG肉芽腫及び悪性腫瘍への18F-FDG集積に及ぼすステロイドの影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • 褐色脂肪のFDG集積に対する甲状腺機能の影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • The effect of steroid on FDG uptake in experimental tumor, granulomatous and inflammatory lesions

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • Omeprazole modifies physiologic FDG uptake in the GUT.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2004年

  • 腫瘍組織におけるFDG分布:Gluts及びHexokinase‐IIの発現との比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年

  • 小動物SPECTにおける高エネルギー用ピンホールコリメータの試作。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年

  • Biologic correlates of intratumoral heterogeneity in FDG distribution with regional expressions of glucose transporters and hexokinase-II in experimental tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年

  • 実験的腫瘍および炎症組織への18F-FDG集積に及ぼすSteroidの影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • Dominant negative HIF-1αの発現によるひと膵癌細胞のFDG集積低下。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • Dominant negative HIF-1a reduces FDG uptake in pancreatic cancer cells

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • Effects of insulin and glucose loading on FDG uptake and GLUT expression in experimental inflammatory lesions and tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • 実験的腫瘍及び炎症組織におけるFDG集積とGLUT発現の関係:インシュリン·グルコース負荷の影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2001年

  • Effects of insulin and glucose loading on FDG uptake in experimental inflammatory lesions and malignant tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2001年

  • 実験的腫瘍及び炎症組織へのFDG集積に及ぼすインシュリンとグルコース負荷の影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2000年

  • マンノース結合アルブミンの腫瘍集積。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 1998年

  • 新規イメージング技術を用いたα線放出核種の組織内局所線量評価の基礎検討

    第58回アイソトープ・放射線研究発表会   2021年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • 小動物SPECTにおける高エネルギー用ピンホールコリメータの試作。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年

  • 腫瘍組織におけるFDG分布:Gluts及びHexokinase‐IIの発現との比較。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2003年

  • Effects of insulin and glucose loading on FDG uptake and GLUT expression in experimental inflammatory lesions and tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • 実験的腫瘍および炎症組織への18F-FDG集積に及ぼすSteroidの影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • Dominant negative HIF-1αの発現によるひと膵癌細胞のFDG集積低下。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • Dominant negative HIF-1a reduces FDG uptake in pancreatic cancer cells

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  • Effects of insulin and glucose loading on FDG uptake in experimental inflammatory lesions and malignant tumors

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2001年

  • 実験的腫瘍及び炎症組織におけるFDG集積とGLUT発現の関係:インシュリン·グルコース負荷の影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2001年

  • 実験的腫瘍及び炎症組織へのFDG集積に及ぼすインシュリンとグルコース負荷の影響。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2000年

  • マンノース結合アルブミンの腫瘍集積。

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 1998年

▼全件表示

産業財産権

  • アルファ線放出核種で標識された抗CD82抗体

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権

    出願番号:特願2022-108025  出願日:2022年7月

  • 放射性フッ素標識化合物

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権

    出願番号:特願2012-553103  出願日:2012年9月

    公開番号:WO2013-042668  公開日:2013年3月

    特許番号/登録番号:特許第5208328号  登録日:2013年3月  発行日:2013年3月

  • 画像診断剤、抗腫瘍効果予測装置、抗腫瘍剤効果予測方法及び抗腫瘍効果予測プログラム

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権

    出願番号:特願2014-153847  出願日:2014年7月

    公開番号:特開2015-044803  公開日:2015年3月

  • 増殖性疾患の内用放射線治療剤

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権

    出願番号:特願2009-050415  出願日:2009年3月

    公開番号:特開2010-202591  公開日:2010年9月

  • オクトレオチド類似体及びそれを用いた放射性画像診断剤

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権

    出願番号:特願2013-194032  出願日:2013年9月

    公開番号:特開2015-059105  公開日:2015年3月

  • ウラシル化合物又はその塩、これらを有効成分として含有するイメージング剤、およびこれらを有効成分として含有する腫瘍診断をするためのイメージング剤

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権

    出願番号:特願2007-229002  出願日:2007年9月

    公開番号:特開2009-062287  公開日:2009年3月

    特許番号/登録番号:特許第5179811号  登録日:2013年1月  発行日:2013年1月

  • 放射性フッ素標識化合物

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権

    出願番号:JP2012073858  出願日:2012年9月

    公開番号:WO2013-042668  公開日:2013年3月

▼全件表示

受賞

  • 2020米国核医学・分子イメージング学会ポスター賞 (Basic, Oncology部門)・金賞

    受賞年月:2020年7月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 薬物送達システムとα線放出核種を組み合わせた革新的な白血病治療法の開発

    2023年4月 - 2026年3月

    趙 松吉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 211At-PSMAリガンドの唾液腺集積機序の解明と治療応用に関する研究

    2023年4月 - 2026年3月

    織内昇、趙 松吉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • がん幹細胞をターゲットとしたα線放出核種を用いた革新的な白血病治療法の開発

    2020年4月 - 2023年3月

    趙 松吉

  • 標的アルファ線治療におけるプレターゲティング法の最適化と複数がん種への適応

    2020年4月 - 2023年3月

    鷲山幸信、趙松吉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • α線核種によるがん治療の線量評価に基づく正常細胞障害の解明に関する研究

    2019年4月 - 2022年3月

    織内昇、趙松吉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 個別化医療を志向したがんに選択的なチミジンホスホリラーゼイメージング技術の開発

    2019年4月 - 2022年3月

  • 血管新生因子PD-ECGFを標的とした新規At-211標識治療用放射性薬剤の開発

    2019年4月 - 2022年3月

  • 低酸素分子イメージングに基づく新しい口腔癌治療戦略の構築

    2019年4月 - 2022年3月

  • 低酸素腫瘍に対する新たな治療戦略の構築

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    この研究は、多種の担癌モデル動物においてエリブリンが腫瘍内低酸素状態の改善に寄与する薬剤であるとのProof of Concept(POC)取得を行う「①小動物PET、オートラジオグラフィー(ARG)、病理との対比によるPOC取得」と患者を対象に腫瘍の低酸素状態を評価し、エリブリンが腫瘍内低酸素状態の改善に寄与する事を探索的に評価する「②臨床でのPOC取得の為の探索的検討」の2つのサブ研究に分かれており、それぞれの進捗状況につき記述する。
    ①小動物PET、ARG、病理との対比によるPOC取得
    エリブリンと放射線の治療評価のための乳がんモデルとしてMDA-MB-231移植腫瘍モデルを樹立した。本モデルにおいて[18F]FMISOによる低酸素描出が可能かどうかを検討し、小動物用PET-CTにより腫瘍への[18F]FMISO集積が認められたことを確認した。エリブリンについては、製薬会社との原体提供契約を締結し、動物実験に必要な量を確保できた。
    ②臨床でのPOC取得の為の探索的検討
    平成30年10月16日研究開発振興課事務連絡事項や共同研究者・臨床研究事務局との話し合いの結果、まず、エルブリンの薬事承認が下りている再発乳癌・悪性軟部腫瘍で臨床研究非該当のいわゆる観察研究を行うこととなった。本臨床研究の実施・管理に関する標準業務手順書(モニタリングに関する標準業務手順書・データマネジメントに関する標準業務手順書・統計解析計画書等)の作成・整備を行った。また、低酸素イメージングPETプローブ、[18F]FMISOを北海道大学病院にて製造し、臨床試験に用いるため、 [18F]FMISO注射液標準書、及び[18F]FMISOの製造・品質試験に関する標準操作手順書・記録書類(「[18F]FMISO注射液製造」標準操作手順書、[18F]FMISO注射液試験成績書など、22種)を作成、または改訂した。

  • アルファ線放出核種内用療法による難治がん治療薬の開発

    2018年4月 - 2021年3月

  • チミジンホスホリラーゼ画像化によるがんの治療効果予測:前臨床動物実験による実証

    2016年4月 - 2019年3月

  • チミジンホスホリラーゼ画像化によるがんの治療効果予測:前臨床動物実験による実証

    2016年4月 - 2019年3月

    趙 松吉、趙 松吉, 久下 裕司, 東川 桂, 志水 陽一, 志賀 哲, 北川 善政, 大倉 一枝, 秋澤 宏行

      詳細を見る

    申請者らは、多くのがんに高く発現するチミジンホスホリラーゼ(TP)の発現量を画像化する新しい核医学診断薬として、5-[123/125I]iodo-6-[(2-iminoimidazolidinyl)methyl]uracil (IIMU)を開発し、本薬剤がTP発現量に対応して、がんに集積することを明らかにしてきた。またTPは抗がん剤のPaclitaxel, Docetaxel, Mitomycin Cの治療、放射線照射により誘導されるため、これらの抗がん剤や放射線療法との併用により5-FUやそのプロドラッグの効果が増強されることも知られている。これらのことから、TPの発現量やその酵素活性の定量的画像化により、5-FUやそのプロドラッグ、または他の抗がん剤や放射線療法との併用を用いるがん治療の効果が予測可能になると考えられる。そこで本研究では、このIIMUを用いるTP画像化によって、5-FUやそのプロドラッグによるがん治療の効果予測が可能なことを前臨床動物実験で実証することを目的として、平成28年度、平成29年度に続き、平成30年度には以下の検討行った。
    抗がん剤のPaclitaxelの治療によるTP発現量増加と腫瘍への125I-IIMU集積増加をin vivo実験で実証した。ヒト大腸癌細胞(WiDr)をヌードマウスに移植した担癌マウスにおいて、Paclitaxelを腹腔内に4日間投与後、5日目に125I-IIMUを尾静脈より投与し、腫瘍への125I-IIMUの集積とTP発現量を比較検討した。その結果、腫瘍組織におけるTP発現量の増加が認められ、腫瘍への125I-IIMU集積量も増加傾向を示した。以上の結果によって、IIMUを用いたTP発現量の画像化により、5-FUやそのプロドラッグのがん治療の効果予測の可能性が示唆され、さらなる研究が期待される。

  • がん幹細胞及びがん細胞を標的とするα線放出核種を用いた膵がんの新規治療法開発

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    α線は組織内の飛程が短いため正常細胞の障害が少なく生物学的効果の優れた特性を有するため、癌治療に有効である。サイクロトロンで製造可能な211At(α線飛程:55-70μm)標識抗体による難治性腫瘍の治療開発を目標とする研究である。本研究ではがん幹細胞に発現するタンパクを認識する抗体に211Atを標識し、標識抗体の評価を行った。125I標識抗体および211At標識抗体を作成し、抗原を発現するがん細胞株を移植して作成した腫瘍モデルにおける体内動態と腫瘍に対する親和性を比較して211At標識抗体の有用性に関する基礎検討を行った。
    ヒト膵癌細胞(BxBC-3,PANC-1,MIA-PaCa)と白血病細胞(U937)におけるヨウ素標識抗体の取り込みをin vitroで評価し、高い取り込みを示したU937細胞株を移植した担癌モデルマウスにおける125I標識抗体および211At標識抗体の体内動態を検討した。
    211At標識抗体はPBSおよびマウス血漿中で安定であることを確認した。担癌モデルマウスに125I標識抗体および211At標識抗体を投与し、投与24時間後までの各群のマウスをイソフルラン麻酔下で安楽死させ、血液ならびに主要臓器と腫瘍を摘出して重量と放射能を測定し、集積を%ID/gで定量した。
    その結果、211At標識抗体の体内分布は125I標識抗体の体内分布と類似しており、腫瘍への集積も相同であった。本抗体はIgGであるため血中クリアランスが遅く、211At の物理学的半減期7時間に近い6時間後の時点でも血漿中に残存する標識抗体は高い値であった。

  • がんの個別化治療戦略を実現する革新的PET診断技術の開発:[18F]DiFAによる低酸素イメージング

    2015年4月 - 2017年3月

  • 腫瘍発現酵素標的イメージング―腫瘍の質的評価と治療における有用性の確立

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    腫瘍に特異的に発現するチミジンホスホリラーゼ(TP)の発現レベルを画像化する新しいがん診断薬剤として、TP阻害活性をもつ放射性ヨウ素標識ウラシル誘導体を設計・合成し、TP発現に対応した腫瘍集積性を示すことを見出してきた。本研究により薬剤の腫瘍細胞取り込み機構が明らかになったことは、臨床応用上、本イメージング技術の信頼度をより高め、適用範囲を拡大するための重要な知見を与えた。

  • PD-ECGFを標的とした腫瘍イメージング:I-123標識体の製造システムの開発

    2014年4月 - 2017年3月

    趙 松吉、西嶋 剣一, 久下 裕司, 趙 松吉, 大倉 一枝

      詳細を見る

    血管新生因子PD-ECGFは、正常組織に比べ様々な固形腫瘍において高レベルで発現していることが知られている。本研究では、PD-ECGFを標的として新規に開発したI-123標識IIMUの自動製造システムを構築することを目的とした。本研究期間において、原料である放射性ヨウ素の溶液組成が変更となった。そのため、再度、合成条件の最適化を行わなければならなかったが、従来と同等の放射化学的収率でI-123標識IIMUを得ることができた。本研究の成果は、I-123標識IIMUの自動製造システムを構築する上で重要な知見を与えた。

  • チミジンホスホリラーゼのイメージングによるがん治療効果予測の実証

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    抗がん剤である5-フルオロウラシルやそのプロドラッグは、チミジンホスホリラーゼ(TP)という酵素による代謝を受けて、抗がん効果を発揮する構造にかわる。そこで、がんにおけるTPの発現量を、私たちが開発したイメージング技術によって調べることにより、これらの抗がん剤の治療効果を予測することが可能か検討した。その結果、TP発現量が多いがんほど高い治療効果が得られる可能性が示されたが、その他の要因によっても治療効果が影響を受ける可能性が示された。したがって、私たちが開発したイメージング技術は抗がん剤の治療効果予測に利用できるが、その予測の際には注意を払う必要がある考えられる。

  • 細胞増殖・血管新生分子イメージング:がん分子標的薬の早期治療効果評価法の確立

    2011年 - 2013年

      詳細を見る

    がんの分子標的薬の治療効果を早期に的確に判断するのは最適な個別化治療戦略の選択に非常に重要である。そこで、本研究では、PET・SPECTといった、細胞増殖・血管新生/低酸素などを画像化する分子イメージング法によるがん分子標的療法の早期治療効果評価の有効性を動物実験において実証した。さらに申請者らが開発してきた“血管新生因子を標的とする分子プローブ”の特異性・有効性をin vitroおよびin vivo実験において実証した。これらの研究成果は、がんの分子レベルの変化を画像化しうる分子イメージング法の特長を生かし、新しいがん分子標的治療の効果評価法を構築するための重要な知見を提供するものである。

  • 不安定プラークの早期・特異的同定:プレターゲティング法による組織因子イメージング

    2011年 - 2012年

      詳細を見る

    組織因子(TF)の選択的な描出により不安定な動脈硬化プラークを特異的に検出しうる新しい核医学イメージング法の構築のための研究を行った。その結果、(1)18F標識ビオチン誘導体の合成法、(2)モデル動物におけるPET撮像条件・TF発現、(3)抗ウサギTF抗体の動脈硬化病変への集積性、(4)抗ウサギTF抗体の血液からのクリアランスに関する知見を得た。本研究により、TFイメージングのための基盤的技術の構築が出来た。

  • PETを用いた冠血管内皮機能評価方法の確立に関する研究 (分担者)

    2007年4月 - 2009年3月

  • PETを用いた冠血管内皮機能評価方法の確立に関する研究

    2007年 - 2008年

      詳細を見る

    研究目的はポジトロン断層撮像法(PET)を用い、心筋血流量を定量評価する方法を確立することである。第2の目的はPETによる本計測法を冠血管動脈硬化危険因子保持者のリスク評価へ応用することである。
    喫煙者では心筋血流増加率は有意に低下していた。よって心筋血流PETを用いることで早期の冠動脈硬化病変の検出が可能となった。従来までの計測法では非侵襲的に冠動脈の早期の動脈硬化性変化を定量的に評価することが不可能であった。PETを用いた計測法は非侵襲的であり単なるリスク評価にとどまらず治療介入の評価に応用しうる優れた診断法になる可能性がある。

  • がんの個別化治療戦略を実現する革新的PET診断技術の開発:[18F]DiFAによる低酸素イメージング 

    2015年4月 - 2017年3月

    志賀 哲、趙 松吉

  • 腫瘍発現酵素標的イメージング―腫瘍の質的評価と治療における有用性の確立

    2014年4月 - 2018年3月

    大倉 一枝、趙 松吉

  • チミジンホスホリラーゼのイメージングによるがん治療効果予測の実証

    2013年4月 - 2016年3月

    秋澤 宏行、趙 松吉

  • 不安定プラークの特異的イメージング:低分子人工抗体を用いた核医学診断薬の開発

    2013年4月 - 2014年3月

  • 細胞増殖・血管新生分子イメージング:がん分子標的薬の早期治療効果評価法の確立

    2011年4月 - 2014年3月

  • 不安定プラークの早期・特異的同定:プレターゲティング法による組織因子イメージング (分担者)

    2011年4月 - 2013年3月

  • 分子イメージングによるがん病態の動的解析:臨床分子イメージングの実現へ向けて (分担者)

    2008年4月 - 2011年3月

  • PETを用いた冠血管内皮機能評価方法の確立に関する研究 (分担者)

    2007年4月 - 2009年3月

    森田 浩一、趙 松吉

  • ポジトロン断層撮影法(PET)による腫瘍・炎症の新しい診断・評価法の開発と応用

    2005年4月 - 2007年3月

  • 癌の分子標的療法:分子イメージングによる早期治療効果の評価

    2005年4月 - 2007年3月

    趙 松吉

  • ポジトロン断層撮影法(PET)による腫瘍・炎症の新しい診断・評価法の開発と応用

    2005年4月 - 2007年3月

    趙 松吉

▼全件表示