2020/04/02 更新

写真a

コバヤシ カズト
小林 和人
KOBAYASHI Kazuto
所属
医学部附属研究施設 生体機能研究部門 教授
職名
教授

学位

  • 農学博士 ( その他の授与機関 )

  • 医学博士 ( その他の授与機関 )

研究キーワード

  • チロシン水酸化酵素、イムノトキシン細胞標的法、トランスジェニックマウス、線条体、大脳基底核、神経回路

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / 神経科学一般

経歴

  • 福島県立医科大学   教授

    2017年2月 - 現在

論文

  • Enhancement of the transduction efficiency of a lentiviral vector for neuron-specific retrograde gene delivery through the point mutation of fusion glycoprotein type E.

    Kato, S., Sugawara, M., Kobayashi, K., Kimura, K., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.

    J Neurosci Methods   311   147 - 155   2019年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jneumeth.2018.10.023

    PubMed

  • Monitoring and updating of action selection for goal-directed behavior through the striatal direct and indirect pathways.

    Nonomura S, Nishizawa K, Sakai Y, Kawaguchi Y, Kato S, Uchigashima M, Watanabe M, Yamanaka K, Enomoto K, Chiken S, Sano H, Soma S, Yoshida J, Samejima K, Ogawa M, Kobayashi K, Nambu A, Isomura Y, Kimura M.

    Neuron   99 ( 6 )   1302 - 1314   2018年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.neuron.2018.08.002

    PubMed

  • Chemical Landscape for Tissue Clearing Based on Hydrophilic Reagents.

    Tainaka K, Murakami TC, Susaki EA, Shimizu C, Saito R, Takahashi K, Hayashi-Takagi A, Sekiya H, Arima Y, Nojima S, Ikemura M, Ushiku T, Shimizu Y, Murakami M, Tanaka KF, Iino M, Kasai H, Sasaoka T, Kobayashi K, Miyazono K, Morii E, Isa T, Fukayama M, Kakita A, Ueda HR

    Cell Rep.   24 ( 8 )   2196 - 2210   2018年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.celrep.2018.07.056

    PubMed

  • Task-dependent function of striatal cholinergic interneurons in behavioural flexibility.

    Okada, K., Nishizawa, K, Setogawa, S., Hashimoto, K. and Kobayashi, K.

    Eur J Neurosci.   47 ( 10 )   1174 - 1183   2018年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/ejn.13768

    PubMed

  • Targeted expression of step-function opsins in transgenic rats for optogenetic studies.

    Igarashi H, Ikeda K, Onimaru H, Kaneko R, Koizumi K, Beppu K, Nishizawa K, Takahashi Y, Kato F, Matsui K, Kobayashi K, Yanagawa Y, Muramatsu SI, Ishizuka T, Yawo H.

    Sci Rep.   8 ( 1 )   5435   2018年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-018-23810-8

    PubMed

  • Copy number elevation of 22q11.2 genes arrests the developmental maturation of working memory capacity and adult hippocampal neurogenesis.

    Boku, S., Izumi, T., Abe, S., Takahashi, T., Nishi, A., Nomaru, H., Naka, Y., Kang, G., Nagashima, M., Hishimoto, A., Enomoto, S., Duran-Torres, G., Tanigaki, K., Zhang, J., Ye, K., Kato, S., Männistö, P.T., Kobayashi, K., and Hiroi, N.

    Mol Psychiatry   23 ( 4 )   985 - 992   2018年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/mp.2017.158

    PubMed

  • In Vivo Spiking Dynamics of Intra- and Extratelencephalic Projection Neurons in Rat Motor Cortex.

    Saiki, A., Sakai, Y., Fukabori, R., Soma, S., Yoshida, J., Yawo, H., Kobayashi, K., Kimura, M., and Isomura, Y.

    Cerebral Cortex   28 ( 3 )   1024 - 1038   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/cercor/bhx012

    PubMed

  • Action Selection and Flexible Switching Controlled by the Intralaminar Thalamic Neurons.

    Kato S, Fukabori R, Nishizawa K, Okada K, Yoshioka N, Sugawara M, Maejima Y, Shimomura K, Okamoto M, Eifuku S, Kobayashi K

    Cell reports   22 ( 9 )   2370 - 2382   2018年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.celrep.2018.02.016

    PubMed

  • Anatomical Evidence for a Direct Projection from Purkinje Cells in the Mouse Cerebellar Vermis to Medial Parabrachial Nucleus.

    Hashimoto M, Yamanaka A, Kato S, Tanifuji M, Kobayashi K, Yaginuma H

    Frontiers in neural circuits   12   6   2018年2月( ISSN:16625110

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3389/fncir.2018.00006

    PubMed

  • In Vivo Observation of Structural Changes in Neocortical Catecholaminergic Projections in Response to Drugs of Abuse.

    Morimoto, M., Kobayashi, K., and Okabe, S

    eNeuro   5 ( 1 )   2018年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1523/ENEURO.0071-17.2018

    PubMed

  • Segregated Excitatory-Inhibitory Recurrent Subnetworks in Layer 5 of the Rat Frontal Cortex.

    Morishima, M., Kobayashi, K., Kato, S., Kobayashi, K., and Yasuo Kawaguchi.

    Cereb Cortex   27 ( 12 )   5846 - 5857   2017年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/cercor/bhx276

    PubMed

  • Light/dark phase-dependent spontaneous activity is maintained in dopamine-deficient mice.

    Fujita, M., Hagino, Y., Takeda, T., Kasai, S., Tanaka, M., Takamatsu, Y., Kobayashi, K., and Ikeda, K.

    Mol Brain.   10 ( 1 )   49   2017年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13041-017-0329-4

    PubMed

  • Neuronal cytoskeletal gene dysregulation and mechanical hypersensitivity in a rat model of Rett syndrome.

    Bhattacherjee, A., Mu, Y., Winte, M., Knapp, J.R., Eggiman, A. Gunewardena, S., Kobayashi, K., Kato, S., Krizsan-Agbas, D., and Smith, P.

    Proc Natl Acad Sci U S A.   114 ( 33 )   E6952 - E6961   2017年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1073/pnas.1618210114

    PubMed

  • Optimisation of murine organotypic slice culture preparation for a novel sagittal-frontal co-culture system.

    Joost, S., Kobayashi, K., Wree, A., and Haas, S.J.

    J Neurosci Methods.   285   49 - 57   2017年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jneumeth.2017.05.003

    PubMed

  • The use of an optimized chimeric envelope glycoprotein enhances the efficiency of retrograde gene transfer of a pseudotyped lentiviral vector in the primate brain.

    Tanabe, S., Inoue, K.-I., Tsuge, H., Uezono, S., Nagaya, K., Fijiwara, M., Kato, S., Kobayashi, K., and Takada, M.

    Neurosci Res.   120   45 - 52   2017年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.neures.2017.02.007

  • Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations.

    Oh YM, Karube F, Takahashi S, Kobayashi K, Takada 3, Uchigashima M, Watanabe M, Nishizawa K, Kobayashi K, Fujiyama F

    Brain Struct Funct.   222 ( 5 )   2359 - 2378   2017年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00429-016-1346-2

    PubMed

  • Spatial distribution of synapses on tyrosine hydroxylase-expressing juxtaglomerular cells in the mouse olfactory glomerulus.

    Kiyokage, E., Kobayashi, K, and Toida, K

    Journal of Comparative Neurology   525 ( 5 )   1059 - 1074   2017年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/cne.24147

  • Dopamine D1 receptor immunoreactivity on fine processes of GFAP-positive astrocytes in the substantia nigra pars reticulate of adult mouse.

    Nagatomo, K., Suga, S., Saitoh, M., Kogawa, M., Kobayashi, K., Yamamoto, Y., and Yamada, K.

    Front. Neuroanat   11 ( 3 )   2017年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3389/fnana.2017.00003

    PubMed

  • Distinct neural mechanisms for the control of thirst and salt appetite in the subfornical organ.

    Matsuda, T., Hiyama, T.Y., Nimura, F., Matsusaka, T., Fukamizu, A., Kobayashi, K., Kobayashi, K., and Noda, M.

    Nature Neuroscience   20 ( 2 )   230 - 241   2017年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/nm.4463.

  • Contribution of propriospinal neurons to recovery of hand dexterity after corticospinal tract lesions in monkeys.

    Tohyama, T., Kinoshita, M., Kobayashi, K., Isa, K., Watanabe, D., Kobayashi, K., Liu, M., and Isa, T.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114 ( 3 )   604 - 609   2017年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1073/pnas.1610787114.

    PubMed

  • Involvement of mesolimbic dopaminergic network in neuropathic pain relief by Treadmill exercise: A study for specific neural control with Gi-DREADD in mice.

    Kenta Wakaizumi, Takashige Kondo, Yusuke Hamada, Michiko Narita, Rui Kawabe, Hiroki Narita, Moe Watanabe, Shigeki Kato, Emiko Senba, Kazuto Kobayashi, Naoko Kuzumaki, Akihiro Yamanaka, Hiroshi Morisaki, and Minoru Narita

    Mol. Pain 12   12   pii:1744806916681567   2016年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1177/1744806916681567

    PubMed

  • Neuronal circuits and physiological roles of the basal ganglia in terms of transmitters, receptors and related disorders.

    Yamada, K., Takahashi, S., Karube, F., Fujiyama, F., Kobayashi, K., Nishi, A., and Momiyama, T.

    The Journal of Physiological Sciences   66 ( 6 )   435 - 446   2016年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12576-016-0445-4

  • Survival of corticostriatal neurons by small GTPase Rho.

    131. Kobayashi, K. Sano, H., Kato, S., Kuroda, K., Nakamuta, S., Isa, T., Nambu, A., Kaibuchi, K., and Kobayashi, K.

    Neurosci. Lett.   630 ( 1 )   45 - 52   2016年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.neulet.2016.07.020

    PubMed

  • Ionic basis for membrane potential resonance in neurons of the inferior olive.

    Matsumoto-Makidono, Y., Nakayama, H., Yamasaki, M., Miyazaki, T., Kobayashi, K., Watanabe, M., Kano, M., Sakimura, K. and Hashimoto, K.

    Cell Rep.   16   994 - 1004   2016年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Dopamine synapse is a neuroligin-2-mediated contact between dopaminergic presynaptic and GABAergic postsynaptic structures.

    Uchigashima, M., Ohtsuka, T., Kobayashi, K., and Watanabe, M.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113 ( 15 )   4206 - 4211   2016年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1073/pnas.1514074113.

  • Neuronal circuits and physiological roles of the basal ganglia in terms of transmitters, receptors and related disorders.

    Yamada, K., Takahashi, S., Karube, F., Fujiyama, F., Kobayashi, K., Nishi, A., and Momiyama, T.

    J. Physiol.. Sci.   2016年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Phosphoproteomics of the dopamine pathway enables discovery of Rap1 activation as reward signal in vivo.

    Nagai, T., Nakamuta, S., Kuroda, K., Nakauchi, S., Nishioka, T., Takano, T., Zhang, X., Tsuboi, D., Funahashi, Y., Nakano, T., Yoshimoto, J., Kobayashi, K., Uchigashima, M., Watanabe, M., Miura, M., Nishi, A., Kobayashi, K., Yamada, K., Amano, M. and Kaibuchi, K.

    Neuron   89 ( 3 )   550 - 565   2016年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.neuron.2015.12.019

    PubMed

  • Causal link between the cortico-rubral pathway and functional recovery through forced impaired limb use in rats with stroke.

    Ishida, A., Isa, K., Umeda, T., Kobayashi, K., Kobayashi, K., Hida, H., and Isa, T.

    J. Neurosci.   36 ( 2 )   455 - 467   2016年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1523/JNEUROSCI.2399-15.2016

    PubMed

  • Altering entry site preference of lentiviral vectors into neuronal cells by pseudotyping with envelope glycoproteins.

    Kobayashi, K., Kato, S., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.

    Methods Mol. Biol. (Gene Therapy of Neurological Disorders; ed. Manfredsson, F.)   1382   175 - 186   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/978-1-4939-3271-9_12

    PubMed

  • Differential contribution of Ih to the integration of excitatory synaptic inputs in substantia nigra pars compacta and ventral tegmental area dopaminergic neurons.

    Masi, A., Narducci, R., Resta, F., Carbone, C., Kobayashi, K., and Mannaioni, G.

    Eur. J. Neurosci.   42 ( 9 )   2699 - 2706   2015年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.111/ejn.13066

    PubMed

  • Differential roles of the nucleus accumbens shell neurons containing dopamine D1 and D2 receptors in behavioral sensitization.

    Kai, N., Nishizawa, K., Ueda, S., and Kobayashi, K.

    J. Neurochem.   135   1232 - 1241   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1111/jnc.13380

    PubMed

  • Rho-kinase inhibition during early cardiac development causes arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy in mice. Arterioscler.

    Ellawindy, A., Satoh, K., Sunamura, S., Kikuchi, N., Suzuki, K., Minami, T., Ikeda, S., Tanaka, S., Shimizu, T., Enkjargal, B., Miyata, S., Taguchi, Y., Handoh, T., Kobayashi, K., Kobayashi, K., Nakayama, K., Miura, M., and Shimokawa, H.

    Thromb. Vasc Biol.   35 ( 10 )   2172 - 2184   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1161/ATVBAHA.115.305872

    PubMed

  • Distinct roles of basal forebrain cholinergic neurons in spatial and object recognition memory.

    Okada, K, Nishizawa, K., Kobayashi, T., Sakata, S., and Kobayashi, K. (2015)

    Sci. Rep.   5   13158   2015年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1038/srep13158

    PubMed

  • Double virus vector infection to the prefrontal network of the macaque brain.

    Oguchi, M., Okajima, M., Tanaka, S., Koizumi, M., Kikusui, T., Ichihara, N., Kato, S., Kobayashi, K., and Sakagami, M.

    PLoS One   10 ( 7 )   e0132825   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.013825.

    PubMed

  • An avian sarcoma leukosis virus receptor-envelope system for simultaneous dissociation of multiple neural circuits in mammalian brain.

    Matsuyama, M., Ohashi, Y., Tsubota, T., Yaguchi, M., Kato, S., Kobayashi, K., and Miyashita, Y.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   112 ( 22 )   E2947-E2956   2015年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Avian sarcoma leukosis virus receptor-envelope system for simultaneous dissection of multiple neural circuits in mammalian brain.

    Matsuyama M, Ohashi Y, Tsubota T, Yaguchi M, Kato S, Kobayashi K, Miyashita Y

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112 ( 22 )   E2947 - 56   2015年6月( ISSN:0027-8424

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1073/pnas.1423963112

    PubMed

  • Involvement of cholinergic system in hyperactivity in dopamine-deficient mice.

    Hagino, Y., Kasai, S., Fujita, M., Setogawa, S., Yamaura, H., Yanagihara, D., Hashimoto, M., Kobayashi, K., Meltzer, H.Y., and Ikeda, K.

    Neuropsychopharmacology   40   1141 - 1150   2015年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 遺伝子改変技術による脳機能と病態に関する神経ネットワークの解明

    小林 和人

    福島医学雑誌   65 ( 3 )   79 - 93   2015年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 大脳基底核による運動制御と病態生理、

    佐野裕美、小林和人、南部篤

    分子脳科学、化学同人(三品昌美編)   pp. 44-55 (total 291 pages)   2015年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • RHOA inactivation enhances Wnt signaling and promotes colorectal cancer.

    Rodrigues, P., Macaya, I., Bazzocco, S., Mazzolini, R., Andretta, E., Dopeso, H., Mateo-Lozano, S., Bilic, J., Cartón-García, F., Nieto, R., Suárez-López, L., Afonso, E., Landolfi, S., Hernandez-Losa, J., Kobayashi, K., y Cajal, S.R., Tabernero, J., Tebbutt, N.C., Mariadason, J.M., Schwartz Jr, S., and Arango, D.

    Nat. Commun.   5   5458   2014年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1038/ncomms6458

    PubMed

  • Transcriptional and structural plasticity of tyrosine hydroxylase expressing neurons in both striatum and nucleus accumbens following dopaminergic denervation.

    Depboylu, C., Klietz, M., Maurer, L., Oertel, W.H., Kobayashi, K., Weihe, E., Höglinger, G.U., and Schäfer, M. K.

    J. Chem. Neuroanat. : (Nov) doi   61/62   169 - 175   2014年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.jchemneu.2014.10.003

    PubMed

  • Simultaneous visualization of extrinsic and intrinsic axon collaterals in Golgi-like detail for mouse corticothalamic and corticocortical cells: a double viral infection method.

    Watakabe, A., Takaji, M., Kato, S., Kobayashi, K., Mizukami, H., Ozawa, K., Ohsawa, S., Matsui, R., Watanabe, D., and Yamamori, T.

    Front. Neural Circuits   8   110   2014年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3389/fncir.2014.00110

    PubMed

  • Crucial role of rho-kinase in pressure overload-induced right ventricular hypertrophy and dysfunction in mice.

    Ikeda, S., Satoh, K., Kikuchi, N., Miyata, S., Suzuki, K., Omura, J., Shimizu, T., Kobayashi, K., Kobayashi, K., Fukumoto, Y., Sakata, Y., and Shimokawa, H.

    Arterioscler. Thromb. Vasc Biol.   34 ( 6 )   1260 - 1271   2014年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1161/ATVBAHA.114.303320

  • Enhanced flexibility of place discrimination learning by targeting of striatal cholinergic interneurons.

    Okada, K., Nishizawa, K., Fukabori, R., Kai, N., Shiota, A., Ueda, S., Tsutsui, Y., Sakata, S., Matsushita, N., and Kobayashi, K.

    Nat. Commun.   5   3778   2014年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1038/ncomms4778

    PubMed

  • Lesions of the nucleus accumbens core modulate development of matching behavior.

    Kai, N., Tsutsui, Y., and Kobayashi, K.

    BMC Neurosci.   15   55   2014年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1186/1471-2202-15-55

  • Improved transduction efficiency of a lentiviral vector for neuron-specific retrograde gene transfer by optimizing the junction of fusion envelope glycoprotein.

    Kato, S., Kobayashi, K., and Kobayashi, K.

    J. Neurosci. Methods   227   151 - 158   2014年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.jneumeth.2014.02.015

    PubMed

  • Methylglyoxal (MG) and cerebro-renal interaction: Does long-term orally-administered MG cause cognitive impairment in normal Sprague-Dawley rats?

    Watanabe, K., Okada, K., Fukabori, R., Hayashi, Y., Asahi, K., Terawaki, H., Kobayashi, K., Watanabe, T., and Nakayama, M.

    Toxins   6 ( 1 )   254 - 269   2014年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3390/toxins6010254

  • Molecular mechanisms that drive estradiol-dependent burst firing of Kiss1 neurons in the rostral periventricular preoptic area.

    Zhang, C., Tonsfeldt, K.J., Qiu, J., Bosch, M.A., Kobayashi, K., Steiner, R.A., Kelly, M.J. and Rønnekleiv, O.K.

    Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab.   305 ( 11 )   E1384-1397   2013年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Viral vector-mediated selective and reversible blockade of the pathway for visual orienting in mice.

    Sooksawate, T., Isa, K., Matsui, R., Kato, S., Kinoshita, M., Kobayashi, K., Watanabe, D., Kobayashi, K., and Isa, T.

    Front. Neural Circuits   7   162   2013年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3389/fncir.2013.00162

    PubMed

  • Highly efficient retrograde gene transfer into motor neurons by lentiviral vector pseudotyped with fusion glycoprotein.

    Hirano, M., Kato, S., Kobayashi, K., Okada, T., Yaginuma, H., and Kobayashi, K.

    PLoS One   8 ( 9 )   e75896   2013年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0075896

    PubMed

  • Chronic alterations in monoaminergic cells in locus coeruleus in orexin neuron-ablated narcoleptic mice.

    Tsujino, N., Tsunematsu, T., Uchigashima, M., Konno, K., Yamanaka, A., Kobayashi, K., Watanabe, M., Koyama, Y., and Sakurai, T.

    PLoS One   8 ( 7 )   e70012   2013年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0070012

    PubMed

  • Role of convergent activation of glutamatergic and dopaminergic systems in the nucleus accumbens in the development of methamphetamine psychosis and dependence.

    Miyazaki, M., Noda, Y., Mouri, A., Kobayashi, K., Mishina, M., Nabeshima, T., Yamada, K.

    Int. J. Neuropsychopharmacol.   16 ( 6 )   1341 - 1350   2013年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1017/S1461145712001356

    PubMed

  • Protocadherin 17 regulates presynaptic assembly in topographic cortico-basal ganglia circuits.

    Hoshina, N., Tanimura, A., Yamasaki, M., Inoue, T., Fukabori, R., Kuroda, T., Yokoyama, K., Tezuka, T., Sagara, H., Hirano, S., Kiyonari, H., Takada, M., Kobayashi, K., Watanabe, M., Kano, M., Nakazawa, T. and Yamamoto, T.

    Neuron   78 ( 5 )   839 - 854   2013年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.neuron.2013.03.031

    PubMed

  • Signals through the striatopallidal indirect pathway stop movements by phasic excitation in the substantia nigra.

    Sano, H., Chiken, S., Hikida, T., Kobayashi, K., and Nambu, A.

    J. Neurosci.   33 ( 17 )   7583 - 7594   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    PubMed

  • Dopamine synapse is a neuroligin-2-mediated contact between dopaminergic presynaptic and GABAergic postsynaptic structures.

    Uchigashima, M., Ohtsuka, T., Kobayashi, K., and Watanabe, M.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   113 ( 15 )   4206 - 4211   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1073/pnas.1514074113

    PubMed

  • Transcranial direct-current stimulation increases extracellular dopamine levels in the rat striatum.

    Tanaka, T., Takano, Y., Tanaka, S., Hironaka, N., Kobayashi, K., Watanabe, K., Honda, M.

    Front. Syst. Neurosci.   7   6   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.3389/fnsys.2013.00006

    PubMed

  • Dissecting circuit mechanisms by genetic manipulation of specific neural pathways.

    Kato, S., Kobayashi, K., and Kobayashi, K

    Rev. Neurosci.   24 ( 1 )   1 - 8   2013年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1515/revneuro-2012-0043

    PubMed

  • Striatal indirect pathway contributes to selection accuracy of learned motor actions.

    Nishizawa, K., Fukabori, R., Okada, K., Kai, N., Uchigashima, M., Watanabe, M., Shiota, A., Ueda, S., Tsutsui, Y., and Kobayashi, K.

    J. Neurosci.   32 ( 39 )   13421 - 13432   2012年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Functional properties of dopamine neurons and co-expression of vasoactive-intestinal-polypeptide in the dorsal raphe nucleus and ventro-lateral periaqueductal grey.

    Dougalis, A.G., Matthews, GAC, Bishop, MW, Brischoux, F., Kobayashi, K., and Ungless, M.A.

    Eur. J. Neurosci.   36 ( 10 )   3322 - 3332   2012年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1111/j.1460-9568.2012.08255.x.

    PubMed

  • Genetic dissection of the circuit for hand dexterity in primates.

    Kinoshita, M., Matsui, R., Kato, S., Hasegawa, T., Kasahara, H., Isa, K., Watakabe, A., Yamamori, T., Nishimura, Y., Alstermark, B., Watanabe, D., Kobayashi, K., and Isa, T.

    Nature   487 ( 7406 )   235 - 238   2012年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Immunotoxin-mediated tract targeting in the primate brain: selective elimination of the cortico-subthalamic “hyperdirect” pathway.

    Inoue, K., Koketsu, D., Kato, S., Kobayashi, K., Nambu, A., and Takada, M.

    PLoS One   7 ( 6 )   e39149   2012年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Striatal direct pathway modulates response time in execution of visual discrimination.

    Fukabori, R., Nishizawa, K., Okada, K., Kai, N., Kobayashi, K., Uchigashima, M., Watanabe, M., Tsutsui, Y., and Kobayashi, K.

    Eur. J. Neurosci.   35 ( 5 )   784 - 797   2012年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Visualization of the cortical projection neurons by retrograde TET-Off lentiviral vector.

    Watakabe, A., Kato, S., Kobayashi, K., Takaji, M., Nakagami, Y., Sadakane, O., Ohtsuka, M., Hioki, H., Kaneko, T., Okuno, H., Kawashima, T., Bito, H., Kitamura Y., and Yamamori, T.

    PLoS One   7   e46157   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Neuron-specific gene transfer through retrograde transport of lentiviral vector pseudotyped with a novel type of fusion envelope glycoprotein.

    Kato, S., Kuramochi, M., Takasumi, K., Kobayashi, K., Inoue, K., Takahara, D., Hitoshi, S., Ikekana, K., Shimada, T., Takada, M., and Kobayashi, K.

    Hum. Gene Ther.   22 ( 12 )   1511 - 1523   2011年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Selective neural pathway targeting reveals key roles of thalamostriatal projection in the control of visual discrimination.

    Kato, S., Kuramochi, M., Kobayashi, K., Fukabori, R., Okada, K., Uchigashima M., Watanabe, M., Tsutsui, Y., and Kobayashi, K.

    J. Neurosci.   31 ( 47 )   17169 - 17179   2011年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Postnatal development of tyrosine hydroxylase mRNA-expressing neurons in mouse neostriatum.

    Masuda, M., Miura, M., Inoue, R., Imanishi, M., Saino-Saito, S., Takada, M., Kobayashi, K., and Aosaki, T. (2011)

    Eur. J. Neurosci.   34 ( 9 )   1355 - 1367   2011年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Dynamic expression of cadherins modulates vocal plasticity in a songbird.

    Matsunaga, E., Suzuki, K., Kato, S., Kurotani, T., Kobayashi, K., and Okanoya, K.

    PLoS One   6 ( 9 )   e25272   2011年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • p38 MAPKs regulate the expression of genes in the dopamine synthesis pathway through phosphorylation of NR4A nuclear receptors.

    Sekine, Y., Takagahara, S., Hatanaka, R., Watanabe, T., Oguchi, H., Noguchi, T., Naguro, I., Kobayashi, K., Tsunoda, M., Funatsu, T., Nomura, H., Toyoda, T., Matsuki, N., Kuranaga, E., Miura, M., Takeda, K., and Ichijo, H.

    J. Cell. Sci.   124 ( 17 )   3006 - 3016   2011年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Up-regulation of dopamine D1 receptor in the hippocampus after establishment of conditioned place preference by cocaine.

    Tanaka, T., Kai, N., Kobayashi, K., Takano, Y., Hironaka, N.

    Neuropharmacology   61 ( 4 )   842 - 848   2011年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sensory input regulates spatial and subtype-specific patterns of neuronal turnover in the adult olfactory bulb.

    Sawada, M., Kaneko, N., Wake, H., Inada, H., Kato, Y., Yanagawa, Y., Kobayashi, K., Nemoto, T., Nabekura, J. and Sawamoto, K.

    J. Neurosci.   31 ( 32 )   11587 - 11596   2011年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Compensation of depleted neuronal subsets by new neurons in a local area of the adult olfactory bulb.

    Koshi Murata, Maki Imai, Shigetada Nakanishi, Dai Watanabe, Ira Pastan, Kazuto Kobayashi, Tomoko Nihira, Hideki Mochizuki, Shuichi Yamada, Kensaku Mori and Masahiro Yamaguchi

    J. Neurosci.   31 ( 29 )   10540 - 10557   2011年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Targeting of locus ceruleus noradrenergic neurons expressing human interleukin-2 receptor a-subunit in transgenic mice by a recombinant immunotoxin anti-Tac(Fv)-PE38: A study for exploring noradrenergic influence upon anxiety-like and depression-like behaviors.

    Itoi, K., Sugimoto, N., Suzuki, S., Sawada, K., Das, G., Uchida, K., Fuse, T., Ohara, S., and Kobayashi, K.

    J. Neurosci.   31 ( 16 )   6132 - 6139   2011年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Glomerular Sclerosis is prevented during urinary tract obstruction due to podocyte protection.

    Matsusaka, T., Kobayashi, K., Kon, V., Qing-cheng, Pastan, I., Fogo, A.B., and Ichikawa, I.

    Am. J. Physiol. Renal Physi.   300 ( 3 )   F792-800   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A lentiviral strategy for highly efficient retrograde gene transfer by pseudotyping with fusion envelope glycoprotein.

    Kato, S., Kobayashi, K., Inoue, K., Kuramochi, M., Okada, T., Yaginuma, H., Morimoto, K., Shimada, T., Takada, M., and Kobayashi, K.

    Hum. Gene Ther.   22 ( 2 )   197 - 206   2011年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Rho/Rho-kinase signaling pathway controls axon patterning of a specified subpopulation of cranial motor neurons.

    Kobayashi, K., Masuda, T., Takahashi, M., Miyazaki, J., Nakagawa, M., Uchigashima, M., Watanabe, M., Yaginuma, H., Osumi, N., Kaibuchi, K., and Kobayashi, K.

    Eur. J. Neurosci.   33 ( 4 )   612 - 621   2011年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • AKT suppresses retrograde degeneration of dopaminergic axons by inhibition of macroautophagy.

    Cheng, H.-C., Kim, S.R., Oo, T., Kareva, T., Yarygina, O., Rzhetskaya, M., Wang, C., During, M., Talloczy, Z., Tanaka, K., Komatsu, M., Kobayashi, K., Okano, H., Kholodilov, N., and Burke, R.

    J. Neurosci.   31 ( 6 )   2125 - 2135   2011年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lever pressing responses under a fixed-ratio schedule of mice with 6-hydroxydopamine-induced dopamine depletion in the nucleus accumbens.

    Tsutsui, Y., Nishizawa, K., Kai, N., and Kobayashi, K.

    Behav. Brain Res.   217 ( 1 )   60 - 66   2011年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Evaluation of Pax6 mutant rat as a model for autism.

    Umeda, T., Takashima, N., Nakagawa, R., Maekawa, M., Ikegami, S., Yoshikawa, T., Kobayashi, K., Okanoya, K., Inokuchi, K., and Osumi, N.

    PLoS One   5 ( 12 )   e15500   2010年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Synaptic input of ON-bipolar cells onto the dopaminergic neurons of the mouse retina.

    Contini, M., Lin, B., Kobayashi, K., Okano, H., Masland, R.H., and Raviola, E.

    J. Comp. Neurol.   518 ( 11 )   2035 - 2050   2010年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Effects of age, presence of neurons and endothelin-3 on the ability of enteric neuron precursors to colonize recipient gut.

    Hotta, R., Anderson, R.B., Kobayashi, K., Newgreen, D.F. and Young, H.M.

    Neurogastroenterol. Motil.   22 ( 3 )   331-e86   2010年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 道具的学習と行動制御を研究するモデル実験動物

    小林和人、深堀良二、甲斐信行、岡田佳奈、小林とも子

    生体の科学   61 ( 1 )   47 - 52   2010年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Molecular identity of periglomerular and short axon cells.

    Kiyokage E., Pan Y., Shao, Z., Kobayashi, K., Szabo, Y., Yanagawa, Y., Obata, K., Okano, H., Toida, K., Puche, A.C., and Shipley. M.T.

    J. Neurosci.   30 ( 3 )   1185 - 1196   2010年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ドパミンによるドパミンニューロンの選択的障害

    小林憲太、小林和人

    Clinical Neuroscience   28 ( 1 )   8 - 9   2010年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Unexpected expression of α- and β-globin in mesencephalic dopaminergic neurons and glial cells.

    Biagioli, M., Pinto, M., Cesselli, D., Zaninello, M., Lazarevic, D., Simone, R., Vlachouli, C., Plessy, C., Bertin, N., Beltrami, A., Kobayashi, K., Gallo, V., Ferrer, I., Santoro, C., Rivella, S., Beltrami, C.A., Carninci, P., Raviola, E., and Gustincich, S.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   106 ( 36 )   15446 - 15451   2009年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • イムノトキシン細胞標的法を用いた直接路・間接路の機能解析

    深堀良二、小林和人 (2009)

    Brain and Nerve   61 ( 4 )   412 - 418   2009年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Interplay between cytosolic dopamine, calcium, and alpha-synuclein causes selective death of substantia nigra neurons.

    Mosharov EV, Larsen KE, Kanter E, Phillips KA, Wilson K, Schmitz Y, Krantz DE, Kobayashi K, Edwards RH, and Sulzer D.

    Neuron   62 ( 2 )   218 - 229   2009年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Identification of an activator protein-1-like Sequence as the glucocorticoid response element in the rat tyrosine hydroxylase gene.

    Sheela Rani, C.S., Elango, N., Wang, S.-S., Kobayashi, K. and Strong, R.

    Mol. Pharmacol.   75 ( 3 )   589 - 598   2009年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Laminin peptide YIGSR and its receptor regulate sensory axonal response to the chemoattractive guidance cue in the chick embryo.

    Masuda, T., Sakuma, C., Kobayashi, K., Kikuchi, K., Soda, E., Shiga, T., Kobayashi, K., and Yaginuma, H.

    J. Neurosci. Res.   87 ( 2 )   353 - 359   2009年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The migratory behavior of immature enteric neurons.

    Hao, M., Anderson, R.B., Kobayashi, K., Whitington, P.M., and Young, H.M.

    Dev. Neurobiol.   69 ( 1 )   22 - 35   2009年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Laser capture microdissection and cDNA array analysis for identification of mouse KIAA/FLJ genes differentially expressed in the embryonic dorsal spinal cord.

    Masuda, T., Kai, N., Sakuma, C., Kobayashi, K., Koga, H., Yaginuma, H.

    Brain Res.   1249 ( 1 )   61 - 67   2009年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ephrin-A5 regulates the formation of the ascending midbrain dopaminergic pathways.

    Cooper, M.A., Kobayashi, K., and Zhou, R.

    Dev. Neurobiol.   69 ( 1 )   36 - 46   2009年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Transient silencing of synaptic transmitter release from specific neuronal types by recombinant tetanus toxin light chain fused to antibody variable region.

    Kobayashi, T., Kai, N., Kobayashi, K., Fujiwara, T., Akagawa,I., Onda, M., and Kobayashi, K.

    J. Neurosci. Methods   175 ( 1 )   125 - 132   2008年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Effects on NGF, NT-3, and GDNF family members on neurite outgrowth and migration from pelvic ganglia in embryonic and newborn mice.

    Stewart, A.L., Anderson, R.B., Kobayashi, K., Young, H.M.

    BMC-Dev. Biol.   8 ( 73 )   2008年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Selective loss of nigral dopamine neurons induced by overexpression of truncated human -synuclein in mice.

    Wakamatsu, M., Ishii, A., Iwata, S., Sakagami, J., Ukai, Y., Ono, M., Kanbe, D., Muramatsu, S.I., Kobayashi, K., Iwatsubo, T., and Yoshimoto, M.

    Neurobiol. Aging   29 ( 4 )   574 - 585   2008年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Non cell-autonomous roles for the planar cell polarity gene Vangl2 in development of the coronary circulation.

    Phillips, H.M., Hildreth, V., Murdoch, J.N., Kobayashi, K., Chaudhry, B. and Henderson, D.J.

    Circ. Res.   102 ( 5 )   615 - 623   2008年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Visceral afferents directly activate catecholamine neurons in the solitary tract nucleus.

    Appleyard, S.M., Marks, D., Kobayashi, K., Okano, H., Low, M.J., and Andresen, M.C.

    J. Neurosci.   27 ( 48 )   13292 - 13302   2007年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Efficient gene transfer via retrograde transport in rodent and primate brains using a human immunodeficiency virus type 1-based vector pseudotyped with rabies virus glycoprotein.

    Kato, S., Inoue, K., Kobayashi, K., Yasoshima, Y., Miyachi, S., Inoue, S., Hanawa, H., Shimada, T., Takada, M., and Kobayashi, K.

    Human Gene Ther.   18 ( 11 )   1141 - 1152   2007年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Guidance cues from the embryonic dorsal spinal cord chemoattract dorsal root ganglion axons.

    Masuda, T., Sakuma C., Taniguchi, M., Kobayashi, K., Kobayashi, K., Shiga, T., and Yaginuma, H.

    Neuroreport   18 ( 16 )   1645 - 1649   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Compartment-specific modulation of GABAergic synaptic transmission by -opioid receptor in the mouse striatum with green fluorescent protein-expressing dopamine islands.

    Miura, M., Saino-Saito, S., Masuda, M., Kobayashi, K., and Aosaki, T.

    J. Neurosci.   27 ( 36 )   9721 - 9728   2007年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Controlled cell targeting system to study the brain neural circuitry.

    Kobayashi, K.

    Neurosci. Res.   58 ( 2 )   118 - 123   2007年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Controlled cell targeting system to study the brain neural circuitry.

    Kobayashi, K.

    Neurosci. Res.   58 ( 2 )   118 - 123   2007年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Accumulation of phosphorylated a-synuclein dopaminergic neurons of transgenic mice that express human -synuclein.

    Wakamatsu, M., Ishii, A., Ukai, Y., Sakagami, J., Iwata, S., Ono, M., Matsumoto, K., Nakamura, A., Tada, N., Kobayashi, K., Iwatsubo, T., and Yoshimoto, M.

    J. Neurosci. Res.   85   1819 - 1825   2007年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ER81 and CaMKIV identify anatomically and phenotypically defined subsets of mouse olfactory bulb interneurons.

    Saino-Saito, S., Cave, J.W., Akiba, Y., Sasaki, H., Goto, K., Kobayashi, K., Berlin, R.A., and Baker, H.

    J. Comp. Neurol.   502 ( 4 )   485 - 496   2007年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ニューロンネットワーク解析の新技術:組換え体イムノトキシンを利用した細胞標的法

    小林 和人

    化学と生物   45 ( 1 )   16 - 20   2007年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ニューロンネットワーク解析の新技術:組換え体イムノトキシンを利用した細胞標的法

    小林 和人

    化学と生物   45 ( 1 )   16 - 20   2007年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Selective loss of nigral dopamine neurons induced by overexpression of truncated human a-synuclein in mice.

    Wakamatsu, M., Ishii, A., Iwata, S., Sakagami, J., Ukai, Y., Ono, M., Kanbe, D., Muramatsu, S.I., Kobayashi, K., Iwatsubo, T., and Yoshimoto, M.

    Neurobiol. Aging   2006年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Bidirectional reguation of dopamine D2 and neurotensin NTS1 receptors in dopamine neurons.

    Jomphe, C., Lemelin, P.-L., Okano, H., Kobayashi, K., and Trudeau, L.-E.

    Eur. J. Neurosci.   24 ( 10 )   2789 - 2800   2006年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Decline of endogenous dopamine release in parkin-deficient mice revealed by ex vivo autoradiography.

    Sato, S., Chiba, T., Nishiyama, S., Kakiuchi, T., Tsukada, H., Hatano, T., Fukuda, T., Yasoshima, Y., Kai, N., Kobayashi, K., Mizuno, Y., Tanaka, K., and Hattori, N.

    J. Neurosci. Res.   84   1350 - 1357   2006年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Dynamic temporal and cell type-specific expression of Wnt signaling components in the developing midbrain.

    Rawal, N., Castelo-Branco, G., Sousa, K. M., Kobayashi, K., Okano, H., and Arenas, E.

    Exp. Cell Res.   312 ( 9 )   1626 - 1636   2006年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Granulocyte-colony stimulating factor is neuroprotective in a model of Parkinson’s disease.

    Meuer, K., Teismann, P., Peters, K., Göricke, B., Lingor, P., Schlachetzki, J., Kobayashi, K., Dietz, G. P.H., Schulz, J.B., Bähr, M., Schneider, A., and Weishaupt, J. H.

    J. Neurochem.   97 ( 3 )   675 - 686   2006年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Separation of m-opioid receptor desensitization and internalization: endogenous receptors in primary neuronal cultures.

    Arttamangkul, S., Torrecilla, M., Kobayashi, K., Okano, H., and Williams, J.T.

    J. Neurosci.   26 ( 15 )   4118 - 4125   2006年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Altered gene expression in the subdivisions of the amygdala of Fyn-deficient mice as revealed by laser capture microdissection and mKIAA cDNA array analysis.

    Kai, N., Iwase, K., Imai, K., Nakahira, E., Soma, M., Ohtsuka, S., Yagi, T., Kobayashi, K., Koga, H., Takiguchi, M., and Yuasa, S.

    Brain Res.   1073/1074   60 - 70   2006年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Visualization, direct isolation, and transplantation of midbrain dopaminergic neurons.

    Sawamoto, K., Nakao, N., Kobayashi, K., Matsushita, N., Takahashi, H. et al.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   98 ( 11 )   6423 - 6428   2001年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Modest Neuropsychological deficits caused by reduced noradrenaline metabolism in mice heterozygous for a mutated tyrosine hydroxylase gene

    Kobayashi, K., Noda, Y., Matsushita, N., Nishii, K., Sawada, H. et al.,

    J. Neurosci.   20 ( 6 )   2418 - 2426   2000年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Autonomic neuropathy in transgenic mice cansed by immunotorin targeting of the peripheral neurons system

    Sawada, H., Nishii, K., Suzuki, T., Hasegawa, K., Hata, T., et al.

    J. Neurosci. Res.   51 ( 2 )   162 - 173   1998年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ablation of cerebellar Golgi cells disrupts synaptic integration involring GABA inhibition and NMDA receptor activation in motor control

    Watanabe, D., Inokawa, H., Hashimoto, K., Suzuki, N., Kano, M., et al.

    Cell   95 ( 1 )   17 - 27   1998年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Motor and learning dysfunction during postnatal development in mice defective in dopamine neuronal transmission

    Nishii, K., Matsushita, N., Sawada, H., Sano, H., Noda, Y., et al.

    J. Neurosci. Res.   54 ( 4 )   450 - 464   1998年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Targeted disruption of the tyrosire hydroxylase locus results in severe catecholamine depletion and perinatal lethality in mice.

    Kobayashi, K., Morita, S., Sawada, H., Mizuguchi, T., Yamada, K. et al.

    J. Biol. Chem.   270 ( 45 )   27235 - 27243   1995年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Immunotoxin-mediated conditional disruption of specific neurons in transgenic mice.

    Kobayashi, K., Morita, S., Sawada, H., Mizuguchi, T., Yamada, K., et al.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   92 ( 4 )   1132 - 1136   1995年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Functional and high lerel expression of human dopamine β-hydroxylase ih transgenic mice

    Kobayashi, K., Morita, S., Mizuguchi, T., Sawada, H., Yamada, K., et al.

    J. Biol. Chem.   269 ( 47 )   29725 - 29731   1994年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Genetic alteration of catecholamine specificity in transgenic mice.

    Kobayashi, K., Sasaoka, T., Morita, S., Nagatsu, I., Iguchi, A. et al.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   89 ( 5 )   1631 - 1635   1992年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Tissue-specific and high-level expression of the human tyvosine hydroxylase gene in transgenic mice

    Kaneda, N., Sasaoka, T., Kobayashi, K., Kiuchi, K., Nagatsu, I. et al.

    Neuron   6   583 - 594   1991年

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Viral Gene Therapy

    InTech  2011年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:371-380   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Kato, S., Kobayashi, K., Kuramochi, M., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K. (2011)   出版地:Rijeka (Croatia)  

  • The Primer on the Autonomic Nervous System, 3rd edition

    Academic Press  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:45-48   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Kobayashi, K. and Nagatsu, T.   出版地:London  

  • Neuromethods, Controlled Genetic Manipulations

    Humana Press Inc.  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:193-205   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Kobayashi, K., Okada, K., and Kai, N.   出版地:New York  

  • Gene Therapy

    InTech  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Kato, S., Kobayashi, K., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.  

  • Gene Therapy -Tools and Potential Applications

    InTech  2013年2月  ( ISBN:978-953-51-1014-9

     詳細を見る

    担当ページ:387-398   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Kato, S., Kobayashi, K., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.   出版地:Rijeka (Croatia)  

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • 融合糖タンパク質E型変異体を用いた神経特異的逆行性ウイルスベクターによるマーモセット脳内への遺伝子導入効率の向上

    第8回マーモセット研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

  • 現代の脂質食はドパミンニューロンの過剰産生を介して嗜好食品の摂取を促す

    次世代脳若手合同シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

  • 自らのキャリア形成を振り返って

    FMUキャリアアップセミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • 視床線条体路を介する行動選択と切り替えの調節

    遺伝研研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • 線条体における学習依存的な神経回路シフトの解明

    第33回日本大脳基底核研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

  • 若手研究者のための科研費研究計画書の書き方

    福島県立医科大学科研費講習会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

  • Behavioral selection and switching flexibility regulated by thalamustriatal circuit

    第41回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • Lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-E2 glycoprotein suitable for retrograde gene transfer into neural networks involveing cerebral cortical areas in nonhuman primates and rodents.

    第41回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • Identification of indirect pathway neurons and dopaminergic innervation in the rat dorsomedial striatum

    第41回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • Anatomical evidence for a direct projection from Purukinje cells in the mouse cerebellar vermis to medial parabrachial nucleus

    第41回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • 神経回路の遺伝子操作による動物モデル研究

    第29回東北動物実験研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • A Novel Chemogenetic Strategyby using Drosophila IRs.

    Seminar in Lausanne Unniversity  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • Gene expression profile of dopamine-deficient mouse brain for underlying molecular pathology in psychiatric disorders

    31st CINP2018  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • Function of subclassified corticotropin-releasing factor neurons in the hypothalamic paraventricular nucleus

    第95回日本生理学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

  • 行動の選択と柔軟な切り替えを媒介する視床髄板内核ニューロン

    大脳基底核機能研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

  • 行動の選択と切り替えを媒介する神経回路ネットワーク

    奈良医大特別講演  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

  • 特定神経回路の機能制御を可能とする高頻度逆行性導入ウイルスベクターの開発

    京大霊長類研究所共同利用研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

  • 背内側線条体コリン作動性介在神経細胞の行動柔軟性における双方向的制御

    先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

  • Noradrenergic control of emotional memory retrieval.

    適応回路シフト国際シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • 経路選択的な回路操作技術の応用:行動制御機構の解明に迫る経路選択的な回路操作技術の応用:行動制御機構の解明に迫る

    生理研研究会「脳の階層的理解を目指して」  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • Differences in retrograde gene transfer efficiency and cytotoxicity between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in rodent and primate brains.

    47th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • Action-specific reinforcement and update by direct- and indirect- pathway striatal projection neurons.

    47th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • 経路選択的な遺伝子操作技術を応用した脳機能と病態モデル研究

    愛知医科大学特別講義・研究セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • 選択的経路標的法による回路機能の解析

    平成29年度日本アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会・第52回日本アルコール・アディクション医学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • Transcriptome profiling of dopamine-deficient mouse brain

    第60回日本神経化学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • 脳神経ネットワークにおける経路選択的な機能操作技術

    第4回包括的緩和医療科学学術研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

  • 遺伝子改変技術を応用した脳神経回路機能の解析

    星薬科大学セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

  • Dynamic shifts of regional brain activation pattern during acquisition of an auditory discrimination task

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Dopamine D1 receptor immunoreactivity detected on fine processes of astrocytes in the adult mouse.

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Classification of corticotropin-releasing factor neurons in the hypothalamic paraventricular nucleus according to their differential neural projections

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Dopamine metabolism and coping behaveors under the tail suspenseon stress

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Activity of direct- and indirect-pathway striatal projection neurons identified by optogenetics during adaptive choice task with probabilistics reward

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • A chemogenetics approach to elucidate the role of the striatopallidal neurons in the performance of operant auditory discrimination

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Optimizing the junction of chimeric fusion glycoprotein of a lentiviral vector for higjly neuron-specific retrograde gene transfer

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • The lentiviral vector pseudotyped with FuG-E glycoprotein is more suitable, compared with the FuG-B2 type, for retrograde gene transfer into the cortical input system of primates.

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Controlling stimulus-response learning through striatal direct and indirect pathways

    40th Annual Meeting of the Society Japan Neuroscience Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Functional analysis of Rho/Rho-kinase signaling pathway in corticostriatal neuron survival using a new gene delivery system

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Controlling stimulus-response learning through striatal direct and indirect pathways

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Differential involvement of direct- and indirect-pathway spiny projection neuron in action valuation and update in the dorsomedial striatum

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • AMPA density is homogeneneous across striatal synapses irrespective of cell types and input pathways

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Optogenetic analysis of neuronal network of medullary respiratory center in transgenic rats expressing channelrhodopsin in Phox2b expressing cells

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Responses in the basal ganglia induced by cortico-striatal neurons

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidal cells and their terminations

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Distinct neural mechanisms for the control of thirst and salt appetite in the subfornical organ

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Coordinated expression of learned motor behavior through striatofugal pathways. Advances in Japanese Behavioral Neuroscience: Diversity of Dopaminergic Regulation in the Basal Ganglia.

    40th Annual Meeting of the Society Japan Neuroscience Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

  • 皮質線条体路による意思決定の制御メカニズムの解析

    第122回日本解剖学会総会・全国学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • Behavioral role of the neural pathway connecting the cerebellum and basal ganglia functions.

    平成28年度第3回大脳基底核機能研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

  • The lentiviral vector pseudotyped with FuG-E glycoprotein is more suitable, compared with FuG-B2, for retrograde gene transfer in the cortical input system of primate brains.

    第6回日本マーモセット研究会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

  • Comparative study of gene transduction efficiency for retrograde gene transfer lentiviral vector with novel fusion envelope glycoproteins.

    46th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  • Dorsal striatal indirect pathway modulates the response selection accuracy in performance of an auditory conditional discrimination task.

    Dopamine 2016  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

  • Comparison of the efficiency of retrograde gene transfer between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in primate brains: Cortical input system

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • The role of cerebellar projections to the centrolateral thalamic nucleus in motor and cognitive functions

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Elucidating thr Function of the Prefronto-striatal Circuit of the Macaque Brain Using the Double Virus Vector Infection

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Activity of dopamine D2 receptor-expressing striatal neurons during decision-making task

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Use of an optimized chimeric envelope glycoprotein for enhancement of the efficiency of retrogarade gene transfer of a pseudotyped lentiviral vector in the primate brain

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Comparison of the efficiency of retrograde gene transfer between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in primate brains: Striatal input system

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Functional analysis of Rho GTPase signaling in corticostriatal neurons usinf a dual viral vector system

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Contribution of propriospinal neurons to recovery of hand dexterity after the corticospinal tract lesion in monkeys

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Subtype-selective Gene Expression System for Cotricostriaral Neurons: Approach from Double Viral Vector Infection.

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Cortical spike ensembles of two distinct types of pyramidal neurons and fast-spiking interneurons

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • Distinct role of cholinergic neuronal groups in basal forebrain on the spatial/object recognition memory

    第39回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • ウイルスベクター二重感染法による皮質線条体ニューロンのサブタイプ選択的な遺伝子導入法の開発

    第121回日本解剖学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  • 行動感作における側坐核シェルのドパミンD1受容体とD2受容体含有細胞の役割の違い

    第26回マイクロダイアリシス研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

  • 前脳基底部コリン作動系が再認記憶メカニズムに果たす役割

    包括脳冬のシンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

  • 求心性神経の感知応答が見えるラットの開発

    包括脳冬のシンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

  • 脳神経回路における経路選択的な機能操作技術

    第58回日本甲状腺学会基礎甲状腺学セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • Thalamostriatal system controls selection and flexibility of motor actions.

    45th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • Cortically induced responses in the basal ganglia thurough the cortico-striatal neurons.

    45th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • Dorsomedial and dorsolateral striatum have important roles in distinct learning phase of conditional discrimination.

    45th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • “Multi-Linc” – an optogenetic/electrophysiological method to reveal information flows among multiple brain areas.

    45th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • Survival of corticostriatal neurons by rho gtpase signaling pathway.

    45th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • Novel transgenic animals for tracing and optogenetics -Flame rats and bistable ChR receptor rats-.

    45th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 大脳基底核は何をしているのか?基礎から病態まで

    第9回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 環境刺激に適応する大脳基底核回路のメカニズム

    第45回日本神経精神薬理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • Selective elimination of basal ganglia pathways in animal models

    16th Biennial Meeting of the Spanish Society for Neurosciences (SENC),  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • Differential roles of dopamine D1 and D2 receptor-containing neurons of the nucleus accumbens shell in behavioral sensitization

    第58回日本神経化学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • 経路選択的な神経回路操作技術

    研究戦略ワークショップStrategy for Neuroscience 2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • 刺激弁別の学習過程における線条体領域の機能シフト

    2015年度第1回大脳基底核機能研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

  • 線条体コリン作動性介在ニューロンを介する行動柔軟性の制御

    解剖学会・生理学会合同大会2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • ウィルスベクターを用いた神経回路改変技術による霊長類脳機能の研究

    平成26年度京都大学霊長類研究所共同利用研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • 行動適応と神経回路の機能シフト

    浜松医科大学セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • トランスジェニックラット技術による神経回路機構の解明

    第5回新潟大学脳研究所国際シンポジウム、  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • 遺伝子改変技術による脳機能と病態に関与する神経ネットワークの解明

    平成26年度福島医学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

  • 経路選択的な神経回路操作技術のマーモセット脳機能研究への応用

    第4回マーモセット研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

  • 行動選択における視床線条体路の役割

    生理学研究所研究会「行動システム脳科学の新展開」  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

  • 学習による神経回路のシフト

    第25回マイクロダイアリシス研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • 行動の選択と柔軟性と媒介する神経ネットワーク

    理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターセミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

  • 線条体コリン作動性介在細胞による行動切り替えの調節

    第21回ファーマサイエンスファーラム「生体機能解析から創薬を科学する」  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Dorsal striatal indirect pathway regulates the response selection accuracy in auditory conditional discrimination.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Inhibitory role of cholinergic interneurons in the dorsomedial striatum via muscarinic M4 receptors on reversal and extinction learning.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Over-expression of Tbx1 or COMT in the mouse hippocampus partially recapitulates behavioral phenotypes of 22q11.2 duplication.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Improvement of gene transduction efficiency for neuron-specific retrograde gene transfer lentiviral vector with a novel function envelope glycoprotein.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Dissecting multiple neuronal pathways in mammalian brain using Avian sarcoma and leucosis virus envelop-receptor pairs.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Metabotropic glutamate receptor dependent slow calcium oscillations were observed in the medium spiny projection neurons of striatum.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • 行動の選択と柔軟性を制御する神経ネットワーク:線条体入力系の役割

    第87回日本生化学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Corticothalamic and corticocortical cells in mouse M1 exhibit layer- and area-specific elaboration of axon collaterals.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Expressing designer receptors exclusively activated by designer drags on the frontostriatal projection neurons in the primate brain using double viral vector transfection.

    44th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • Dorsal striatal indirect pathway regulates the performance of auditory conditional discrimination.

    16th International Society of Addiction Medicine Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  • V-1遺伝子によるアクチン重合依存的な黒質線条体ドーパミン生合成酵素群の統合的新規発現制御機構

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 背内側線条体コリン作動性介在ニューロンはムスカリン性M4受容体を介して行動柔軟性を抑制する

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 背内側線条体から投射する間接路は固執反応の調節を介して条件付弁別学習の実行を制御する

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 行動の選択と柔軟性を制御する視床線条体システム

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 神経細胞特異的な逆行性遺伝子導入を示すレンチウイルスベクターにおける融合糖タンパク質ジャンクションの最適化

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 大脳皮質-線条体ニューロンの神経生理学的役割

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 線条体の遅いカルシウム振動は直接路及び間接路ニューロンで発生している

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 哺乳類脳における経路特異的遺伝子導入を可能にする3つの独立したGate-Tagベクターの開発

    Neuro2013 第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 認知記憶における前脳基底部コリン作動性神経系の役割:新しい認知症病態モデル

    第11回臨床・基礎研究交流会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • ウィルスベクターによる神経回路の標識と制御

    第一回脳機能医工学研究センターセミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • 線条体アセチルコリン神経伝達による行動柔軟性の制御

    新潟大学脳研究所特別講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

  • ウイルスベクターによる神経回路の標識と制御

    多次元脳トレーニング&レクチャー「ヒト、サル、ラットの脳解剖から学習・認知の理解へ」  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 行動の選択と柔軟性を制御する神経ネットワーク:遺伝子操作による特定神経回路の改変と制御

    浜松医科大学セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

  • Key roles of striatal indirect pathway in response selection accuracy of auditory discrimination.

    43rd Annual Meeting of Society for Neuroscienc  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • Verified contribution of propriospinal neurons to recovery of hand dexterity after a corticospinal tract lesion in the monkey.

    43rd Annual Meeting of Society for Neuroscienc  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • Effects of specific immunotoxin lesion of noradrenergic neurons in the locus coeruleus on the state of wakefulness in mice.

    43rd Annual Meeting of Society for Neuroscienc  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • V-1 maintains and augments nigrostriatal dopaminergic function through actin polymerization in vitro and in vivo.

    43rd Annual Meeting of Society for Neuroscienc  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • Functional control of specific neural pathways in basal ganglia circuit by HiRet vector-mediated transgene expression.

    43rd Annual Meeting of Society for Neuroscienc  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • 線条体間接路を介する刺激弁別学習の実行制御

    第45回東北生理談話会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • 線条体淡蒼球路を介する聴覚性弁別学習の制御

    第28回日本大脳基底核研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

  • HiRetベクターを利用した二重遺伝子導入法による特定神経路におけるチャネルロドプシン遺伝子の高レベルな発現誘導

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 運動制御における線条体投射ニューロンの生理学的役割

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • TET2重染色法(TEDI)を使った大脳皮質投射ニューロンサブタイプの同時標識

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 背内側線条体コリン作動性介在ニューロンは行動の柔軟性を抑制する

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 融合糖タンパク質組換え体レンチウイルスベクターによる運動ニューロンへの高頻度逆行性遺伝子導入

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 神経回路機能の遺伝子操作と制御に向けたウイルスベクター技術

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 視床外側中心核と束傍核から背側線条体へ入力する神経路の行動学的役割に関する比較解析

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • サルの皮質脊髄路損傷後の手指功緻性回復における脊髄固有ニューロンの寄与の検証

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会第56回日本神経化学会大会第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • ウイルスベクター2重感染法を用いた経路選択的遮断法のマウス指向運動制御系を指標とする考察

    Neuro2013第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 特定神経路におけるRho GTPaseシグナル伝達系の機能解析

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • HiRetとNeuRetウイルスベクターによる逆行性遺伝子導入の特性と比較

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会第56回日本神経化学会大会第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • トランスジェニックラット線条体へのレンチウイルス遺伝子導入によるNR1遺伝子ノックダウンに基づく細胞タイプ選択的なグルタミン酸神経伝達の抑制

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 聴覚弁別学習の遂行における背内側線条体から投射する線条体投射路の機能解析

    Neuro2013 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • Distinct behavioral roles of thalamostriatal pathways arising from the central lateral and parafascicular nuclear groups in basal ganglia function.

    第6回MCCS-Asia シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • Behavioral roles of the striatal indirect pathway from the dorsomedial striatum in sensory discrimination task.

    第6回MCCS-Asia シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • Behavioral roles of thalamostriatal pathway in sensory discrimination learning.

    Dopamine 2013  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

  • Striatal indirect pathway controls selection accuracy of motor response in the performance of conditional discrimination.

    11th International Basal Ganglia Society Meeting (IBAGS)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  • Phosphorylation of respiratory complex I and II by c-Src is required for neuronal viability.

    第86回日本薬理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  • 神経回路特異的な機能改変技術を用いた刺激弁別学習における視床線条体神経路の行動生理学的役割の解明

    第35回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  • リバスチグミンがアルツハイマー病モデルマウスに及ぼす記憶改善効果

    第31回日本認知症学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  • Neural pathway-specific targeting reveals essential roles of thalamostriatal pathway in the acquisition and performance of sensory discrimination learning.

    42nd Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • Sensory input-dependent spatiotemporal regulation of neuronal turnover in the adult olfactory bulb.

    42nd Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • Striatopallidal neurons attenuate motor activity through the phasic response pattern in the basal ganglia.

    42nd Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • A microarray-based screen for transcription factors expressed in fetal pontine noradrenergic neurons and examination of their functional roles in catecholamine-synthesizing enzyme gene expression.

    42nd Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • Genetic dissection of the spinal circuit for hand dexterity in macaque monkeys.

    42nd Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • Visualization of the cortical projection neuron subtypes by TET-double infection method (TEDI).

    42nd Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • 学習の獲得と実行を媒介する神経ネットワーク:遺伝子操作による特定神経回路の改変と制御

    奈良医大セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • 背外側線条体から投射する線条体淡蒼球路は聴覚弁別学習の正確な遂行を調節する

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 光遺伝学と逆行性遺伝子導入を利用した大脳皮質-線条体経路選択的な興奮誘導

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 霊長類における改変型逆行性感染型レンチウイルスベクター使用による黒質ドーパミンニューロンへの選択的遺伝子発現

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • イムノトキシンによる青斑核ノルアドレナリンニューロンの選択的破壊がマウスの睡眠・覚醒サイクル与える影響について

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • イムノトキシン細胞標的法を用いたサル皮質-視床下核路の選択的除去

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 選択的神経路標的法は弁別学習の制御における視床線条体路の重要な役割を示す

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 深堀良二、岡田佳奈、西澤佳代、甲斐信行、小林憲太、内ヶ島基政、渡辺雅彦、筒井雄二、小林和人

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • マイクロアレイ解析によって得られた青斑核ノルアドレナリン作動性ニューロンに発現する転写因子群の発生過程における発現変化の組織学的解析

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 脳内ノルアドレナリン合成酵素遺伝子を制御する転写因子候補のスクリーニング

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • V-1はアクチン重合により活性化されるMAL/SRF依存的経路を介してチロシン水酸化酵素遺伝子の発現を促進する

    Neuro2012 第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • Neural circuit mechanism for learning dependent on dopamine transmission.

    10th International Catecholamine Symposium (XICS)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • V-1 stimulates Th gene transcription via actin assembley- and Notch signaling-dependent mechanisms, but represses PNMT gene expression, in catecholaminergic cells.

    10th International Catecholamine Symposium (XICS)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • Selective ablation of dopamine beta-hydroxylase neurons (subpopulation of TH neurons) in the brain: new insights into brain catecholaminergic circuitry and catecholamine-related diseases.

    10th International Catecholamine Symposium (XICS)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 脳を知る最新ツール:遺伝子の運び屋ウイルスベクターって何?

    第5回脳科学研究戦略推進プログラム サイエンスカフェ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

  • トランスジェニックラットに関するチュートリアル「ラット遺伝子改変技術を脳科学研究に活かすために」ラットの特徴を生かした行動解析

    包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • 逆行性レンチウイルスベクターによる特定神経路の機能制御と行動生理学的解析

    包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • Selective gene expression in nigral dopamine neurons by the use of modified lentiviral vectors with enhanced retrograde transfer in primates.

    包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • 新しい遺伝子導入法により解明した、マカクザル前肢到達把持運動に関わる神経回路の機能

    包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • 光遺伝学を応用した大脳皮質−線条体経路の神経生理学的機能の解明

    包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • 学習行動に関わる視床線条体路の機能解析

    第27回日本大脳基底核研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • 学習の獲得と実行を調節する神経ネットワーク:遺伝子操作による特定神経回路の改変と制御

    広島大学医学部神経生理セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

  • 学習と行動を制御する基底核神経回路のメカニズム

    青森ドーパミン研究会特別講演  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

  • 学習と行動の基盤となる脳内神経回路のメカニズム

    獨協医科大学基礎セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

  • 学習の獲得と実行を媒介する神経ネットワーク:遺伝子操作による特定神経回路の改変と制御

    国立精神神経センター・システム神経科学セミナーシリーズ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

  • 学習の獲得と実行を制御する神経ネットワーク:遺伝子操作による特定神経回路の改変と制御

    名古屋大学医学部大学院セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

  • 線条体投射路を介する道具的学習の制御

    第85回日本薬理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • 脳内遺伝子導入技術を利用した行動と脳機能の研究

    霊長類研究所共同利用研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • 学習と行動を制御する脳内神経回路のメカニズム

    玉川大学脳科学研究所セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

  • 新規融合糖タンパク質組換え体レンチウイルスベクター系による神経細胞特異的逆行性遺伝子導入

    第34回日本分子生物学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • 学習と行動を媒介する神経回路機構

    トランスジェニックラットを応用した脳科学研究の最先端」ワークショップ  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • イムノトキシン細胞標的法を用いたアルツハイマー病モデルマウスの作成とモデルマウスにおけるリバスチグミンの記憶改善

    第30回日本認知症学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 遺伝子改変技術を利用した脳の回路と行動の研究

    産業医科大学大学院特別講義  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 道具的条件付けを調節する脳内神経回路のメカニズム

    生理学研究所情動研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 学習と行動を制御する神経ネットワーク:精神・神経疾患の病態メカニズム解明へ向けて

    北海道大学精神医学講座セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • マイクロアレイとデータベースを用いた脊髄神経軸索ガイダンス機構解明へのアプローチ

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • マカクザル脊髄固有ニューロン活動の経路選択的な遮断による到達-把持運動の阻害

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 高頻度逆行性遺伝子導入ベクターの霊長類脳科学への応用

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 脳機能研究のための神経特異的な高頻度逆行性遺伝子導入ベクターの開発

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • TET2重感染法 (TEDI) による皮質視床投射ニューロン形態の可視化

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 線条体直接路は弁別課題遂行時の反応速度を調節する

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 弁別学習行動における視床−線条体路の機能の研究

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • マッチング行動の発達には側坐核コアが関与する

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 視床下部室傍核に存在するヒスタミンH1受容体発現ニューロンの選択的破壊を利用した摂食調節機構の研究

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 前脳基底部コリン作動性ニューロンの情動と記憶の調節

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 経頭蓋直流電流刺激の線条体細胞外ドパミン濃度に対する遠隔影響

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • イムノトキシン神経路標的法によるサル大脳基底核ハイパー直接路の選択的除去

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 橋領域ノルアドレナリン作動性ニューロン発現遺伝子の網羅的解析に基づく新規カテコールアミン合成酵素転写調節因子の同定—チロシン水酸化酵素プロモーター下緑色蛍光タンパク質発現マウス胎仔を用いた検討

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 線条体—淡蒼球投射ニューロンは淡蒼球外節および黒質網様部の応答パターンを介して運動を制御する

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • トランスジェニックマウスを用いたヒトIL-2受容体α-サブユニット発現青斑核ノルアドレナリン作動性ニューロンターゲティング:ノルアドレナリン作動性ニューロンが不安様行動およびうつ様行動に及ぼす影響

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • マウス大脳皮質におけるカテコールアミン作動性ニューロン軸索の生体イメージング

    Neuro2011 第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • Behavioral and physiological roles of straital projection pathways in instrumental learning

    23rd Biennial meeting of International Society for Neurocehmistry  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  • 分子・細胞標的による脳疾患モデル研究

    第6回日本統合失調症学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

  • 震災と原発事故を教訓にして

    平成23年度生理学研究所安全衛生講習会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

  • 学習と行動を制御する神経ネットワーク

    東京工業大学大学院セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

  • Neural circuit mechanism underlying learning and behavioral control related to dopamine transmission: Genetic analysis and manipulation of brain functions.

    熊本大学大学院セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

  • Neural mechanism of basal ganglia circuit that controls acquisition and execution of learning: genetic analysis and manipulation of brain functions

    理化学研究所セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

  • マウス視床下部室傍核のヒスタミンH1受容体発現ニューロンの選択的死滅による摂食亢進と体重増加

    第89回日本生理学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 学習の獲得と実行を制御する脳のメカニズム:遺伝子改変技術を用いた脳神経回路の研究

    東京農業大学大学院講義  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

  • 遺伝子改変技術を用いた脳神経回路の研究:道具的学習の脳内機構をモデルに

    東京医科歯科大学医学研究科大学院講義  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

  • 脳神経回路研究のための融合糖タンパク質組換え体レンチウイルスベクター系による高頻度逆行性遺伝子導入

    第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会合同大会(BMB2010)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • 高頻度逆行性輸送ウィルスベクターを用いた神経回路操作技術

    第20回日本臨床精神神経薬理学会・第40回日本神経精神薬理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 生体嗅球介在ニューロンの入れ替わりにおける時間的・空間的特徴の解析

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 逆行性感染型レンチウイルスベクターを用いた神経路選択的細胞操作法の開発

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 成体マウス嗅球における不足した新生顆粒細胞サブタイプの優先的組み込み

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • マッチング法則の獲得における側坐核ドパミンD2受容体発現ニューロンの役割

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 線条体コリン作動性ニューロン損傷による逆転学習促進 

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 刺激弁別学習の実行における線条体―淡蒼球ニューロンの役割

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • レンチウイルスベクターシステムとCre-loxP組換え反応を利用した神経細胞特異的なRhoシグナル伝達系の抑制

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • TET-OFFレンチウイルスベクターによるマーモセット脳への遺伝子導入

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 高頻度逆行性輸送ベクターを利用した視床-線条体路の学習行動における機能の研究

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 刺激弁別学習の実行における線条体―黒質ニューロンの役割

    Neuro2010第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会Neuro2010  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • Highly efficient gene delivery system into the brain through retrograde axonal transport by using lentiviral vectors pseudotyped with rabies virus glycoprotein and its derivertives.

    第16回日本遺伝子治療学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

  • "TET-OFF"LENTIVIRAL VECTORS DRIVE HIGH-LEVEL TRANSGENE EXPRESSION IN MARMOSET BRAINS

    第16回日本遺伝子治療学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

  • 倉持真人、加藤成樹、高住賢司、小林憲太、小林和人

    第10回日本分子生物学学会春季シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

  • 脳神経機能研究ための高頻度逆行性輸送ベクターの開発

    第76回日本生化学会東北支部例会・シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • Development of the efficient gene transfer system through a lentiviral vector with retrograde axonal transport for specific neural circuit labeling.

    第32回日本分子生物学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

  • 学習と行動を制御する神経回路メカニズム

    北海道大学脳科学研究教育センター・シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

  • 学習と行動を司る脳のネットワーク

    CREST公開シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

  • 成体マウス嗅球における新生顆粒細胞サブタイプの補償的組み込み

    第32回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • 線条体におけるドーパミンD2受容体発現ニューロンの運動機能

    第32回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • 逆行性遺伝子導入により標識された視床―線条体神経路のイムノトキシン細胞標的

    第32回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • 強化学習における線条体―黒質神経路の行動学的役割

    第32回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • 菱脳運動神経の回路形成におけるRhoシグナル伝達系の役割

    第32回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • コカイン誘発報酬効果に対する海馬領域におけるドパミンの役割

    第32回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • Neural circuit mechanisms underlying dopamine-dependent behaviors. Multidisciplinary approaches to basal ganglia functions.

    XXXVI International Congress of Physiological Sciences (IUPS)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

  • 行動制御を媒介する脳神経回路の作動機構

    放射線医学総合研究所セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

  • 逆行輸送を介して特定神経路を標識する新規レンチウイルスベクター系の開発

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

  • 遺伝子の働きを使って行動制御の仕組みをひもとく

    CREST公開シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • Molecular biological approaches for functional dissection of the brain neural circuitry.

    Rutgers University seminar  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • Efficient retrograde gene transfer sinto primate brain with an HIV-1 based lentiviral vector pseudotyped with rabies virus glycoprotein.

    38th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • Efficient gene transfer system through retrograde axonal transport with a human immunodeficiency virus type 1-based vector pseudotyped with rabies virus glycoprotein.

    38th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • Conditional ablation of dopamine D2 receptor-containing neurons in the nucleus accumbens shell impairs reward-related behavior.

    38th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • Behavioral and physiological analysis of the striatopallidal neural pathway by conditional transmission silencing.

    38th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • 空間学習における海馬と視床前核群の機能的連携

    第41回東北生理談話会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

  • 細胞標的法による脳神経回路機能の制御

    産業技術総合研究所セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • 菱脳運動神経のパターン形成におけるRho/Rho-kinaseシグナル伝達系の役割

    第31回日本神経科学学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • 報酬行動における2種類の側坐核shell投射ニューロンの役割

    第31回日本神経科学学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • 条件的伝達抑制法による線条体―淡蒼球神経路の機能解析

    第31回日本神経科学学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • 運動制御における線条体―黒質神経路の行動生理学的役割

    第31回日本神経科学学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • 逆行性軸索輸送されるHIV-1由来レンチウイルスベクターの開発

    第31回日本神経科学学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • 逆行性軸索輸送されるHIV-1由来レンチウイルスベクターの開発

    第31回日本神経科学学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • マウス嗅球におけるイムノトキシンによる細胞除去後のmGluR2陽性顆粒細胞サブタイプの優先的組み込み

    第31回日本神経科学学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • 細胞標的法と神経ネットワーク制御:逆行性輸送ベクターの応用

    基礎生物学研究所研究会「遺伝子導入法の神経研究への応用」  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

  • イムノトキシン細胞標的法を用いた線条体ドーパミンD1受容体発現細胞の選択的除去

    BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

  • Conditional ablation of dopamine D2 receptor-containing neurons in the nucleus accumbens shell impairs reward-related behavior

    BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

  • アカデミアにおける環境整備

    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

  • ドーパミン依存性行動を媒介する皮質・基底核回路のメカニズム

    第17回神経科学の基礎と臨床「大脳・基底核の基礎と臨床Up Date」  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

  • A lesion of the nucleus accumbens dopamine system shortens the lever-pressing inter-response time and delays response initiation in mice.

    37th Annual Meeting of Society for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

  • Selective ablation of tenascin C-positive radial glia by diphtheria toxin-gene transfer by means of in utero electroporation.

    その他の会議  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

  • 菱脳運動神経の回路形成におけるRho/Rho-kinaseシグナル伝達系 の役割

    Neuro2007 第50回日本神経化学会(横浜)大会、第30回日本神経科学大会、第17回日本神経回路学会大会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • マウス青斑核において選択的に発言する遺伝子転写産物の同定と性格づけ

    Neuro2007 第50回日本神経化学会(横浜)大会、第30回日本神経科学大会、第17回日本神経回路学会大会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • マウス嗅球顆粒細胞サブタイプ除去後の新生顆粒細胞の補償的組み込み

    Neuro2007 第50回日本神経化学会(横浜)大会、第30回日本神経科学大会、第17回日本神経回路学会大会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • ドーパミン誘導性運動に対する前頭前皮質-視床下核経路の機能

    Neuro2007 第50回日本神経化学会(横浜)大会、第30回日本神経科学大会、第17回日本神経回路学会大会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • 線条体ストリオソーム・マトリックスにおけるコリン作動性介在ニューロンに対するミューオピオイド受容体の調節作用

    Neuro2007 第50回日本神経化学会(横浜)大会、第30回日本神経科学大会、第17回日本神経回路学会大会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • 霊長類脳研究へ向けた遺伝子改変技術

    霊長類研究所  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • ドーパミン伝達による脳機能制御の神経回路機構

    宮崎Neuroscience 研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • Essential role of the striatonigral neural pathway in motor behavior revealed by conditional ablation of dopamine D1 receptor-containing neurons in the dorsal striatum.

    2nd symposium for Molecular and Cellular Cognition Society-Asia  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • 基底核研究へ向けた遺伝子改変技術

    第22回日本基底核研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

  • Molecular Biological Approaches for Functional Dissection of the Neural Circuit Mechanism

    Tamagawa-Riken mini-Workshop on Integrative Brain Research  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

  • Conditional ablation of striatal neuronal types containing dopamine D1 receptors by using immunotoxin cell targeting.

    Dopamine 50 Years  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

  • ドーパミン神経伝達による脳機能統合の神経回路メカニズム

    2007年度農芸化学会東京大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • 行動神経科学への分子生物学的アプローチ

    生理学研究所大学院講義  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • Application of immunotoxin cell targeting for primate brain research

    OIST workshop on cognitive neurobiology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • 逆行性輸送活性を有する組換え体レンチウイルスベクターの開発

    第4回CREST領域内研究報告会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • 前頭前皮質-視床下核の機能連関によるドーパミン誘導運動の制御機構の解析

    第4回CREST領域内研究報告会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • ドーパミンによる行動の発達と発現の制御

    第4回CREST領域内研究報告会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • 行動の発達を調節する脳内物質:ドーパミン伝達と脳の発達障害

    CREST第2回公開シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

  • 組み換えゲノムクローン技術を利用した「セミ・ノックインマウス」の開発

    日本分子生物学会2006フォーラム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

  • 脳内カテコールアミンによる脳機能発達と行動制御機構の解明

    愛媛大学医学部生化学セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

  • Functional dissection of the neural circuitry that mediates dopamine-related behaviors.

    Montreal University seminar  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

  • ドーパミン伝達による脳機能統合の神経回路メカニズム

    群馬大学医学部大学院講義  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

  • Key role of Rho/Rho-kinase signaling in hindbrain motor neuron development

    第28回日本生物学的精神医学会第36回日本神経精神薬理学会第49回日本神経化学大会合同年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

  • Noradrenergic modulation of retrieval of reconsolidated memory

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Selective ablation of tenascin C-positive radial glia by diphtheria toxin-gene transfer by means of in utero electroporation

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Tyrosine hydroxylase promoter-reporter- expressing cells in adult mouse olfactory bulb express calcium-binding proteins.

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Selective collection of catecholaminergic (CA) neurons in the brain and its application to gene expression analysis

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Obsevation for developing cerebellar cortex by acoustic impedance microscoppe

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Functional links between the brainstem and hypothalamus-Roles of the noradrenergic system in emotional and stress responses

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Lesion of the nucleus accumbens dopamine system shortens the lever pressing interresponse time and delays the response initiation in mice.

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Prefrontal cortical dopaminergic transmission controls behavioral activation via the subthalamic nucleus activity

    第29回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Laminin peptide YISGR modulates sensory axonal responses for dorsal spinal cord-derived chemoattractive guidance cues in higher vertebrate embryos

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Essential role of Rho/Rho-kinase signaling pathway in development of hindbrain motor neurons

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • Immunotoxin targeting of the subthalamic neurons reveals coordination od dopamine-dependent motor behavior through differential neural pathways

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • イムノトキシン細胞標的法と霊長類の脳機能研究への応用

    OISTワークショップ:これからの霊長類脳研究  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

  • 動物の輸入届出制度

    第83回日本生理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

  • Promoting action of endogenous and exogenous epidermal growth factor-ErbB1 signals on the development of midbrain dopaminergic neurons

    第83回日本生理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

  • Selective collection of catecholaminergic neurons in the brain and its application to functional analyses using tyrosine hydroxylase (TH)-green fluorescent protein (GFP) transgenic mice.

    第83回日本生理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

  • ドーパミン誘導性運動における前頭前皮質―基底核連関回路の役割

    第83回日本生理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

▼全件表示

受賞

  • 平成26年度福島医学会賞

    受賞年月:2015年1月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成25年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)

    受賞年月:2013年5月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • ジストニアの病態生理機構の解明と治療法の開発

    2007年10月 - 2011年3月

    小林和人、高田昌彦、南部 篤

  • 線条体投射経路を介する行動制御の神経回路メカニズム

    2007年4月 - 2010年3月

  • ドーパミン神経の生理機能におけるRho GTPase シグナル伝達系の役割」(小林 和人、Louis-Eric trudeau)平成18年度―19年度(125万円)

    2006年4月 - 2008年3月

    小林 和人、Louis-Eric Trudeau(共同出願)、小林憲太

  • 細胞タイプ特異的な神経活動抑制のための新技術開発

    2006年4月 - 2008年3月

  • ドーパミン伝達による行動の発達と発現の制御機構

    2005年10月 - 2010年10月

    小林 和人、八十島安伸、甲斐信行、小林憲太

  • 線条体GABA性インターニューロンの行動生理学的役割に関する研究

    2004年4月 - 2007年3月

▼全件表示