2023/12/02 更新

写真a

オオタニ コウジ
大谷 晃司
OTANI Koji
所属
福島県立医科大学 医療人育成・支援センター 教授
医学部(臨床医学系) 整形外科学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(医学) ( 福島県立医科大学 )

研究キーワード

  • 脊椎、脊髄、神経根、脊椎変性疾患、疫学、高齢者、転倒、骨折、QOL、骨粗鬆症、医学教育

  • 高齢者

  • 骨粗鬆症

  • 骨折

  • 転倒

  • 脊髄

  • 脊椎変性疾患

  • 脊椎

  • 神経根

  • 疫学

  • 医学教育

  • QOL

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学  / 整形外科学

  • その他 / その他  / 医学教育

経歴

  • 医療人育成・支援センター センター長 主任教授 臨床医学教育研修部門 部門長 医学部整形外科学講座 兼任教授

    2017年2月 - 現在

  • 福島県立医科大学   教授

    2017年2月 - 現在

  • 医療人育成・支援センター センター長 主任教授 臨床医学教育研修部門 部門長 医学部整形外科学講座 兼任教授

    2017年2月 - 現在

  • 福島県立医科大学   医学部(臨床医学系) 整形外科学講座   教授

    2014年8月 - 現在

  • 医療人育成・支援センター 教授 臨床医学教育研修部門 部門長 医学部整形外科学講座 兼任教授

    2014年8月 - 2017年1月

  • 医療人育成・支援センター 准教授 臨床医学教育研修部門 副部門長 医学部整形外科学講座 兼任准教授

    2008年5月 - 2014年7月

▼全件表示

所属学協会

  • 日本整形外科学会

  • 国際腰椎学会

    2006年6月 - 現在

  • 日本脊椎脊髄病学会

  • 日本脊椎脊髄病学会

  • 日本整形外科学会

  • 国際腰椎学会

▼全件表示

委員歴

  • 日本脊椎脊髄病学会   評議員  

    2011年 - 現在   

  • 日本脊椎脊髄病学会   評議員  

    2011年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 国際腰椎学会   会員  

    2006年6月 - 現在   

  • International Society of Study for Lumbar Spine   member  

    2006年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 国際腰椎学会   会員  

    2006年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

取得資格

  • 日本脊椎脊髄病学会指導医   2003

  • 日本整形外科学会専門医   1998

  • 医師免許   1990年06月07日

論文

  • Potential influencing factor on health-related quality of life in Japanese with knee osteoarthritis: the Locomotive syndrome and Health outcome in Aizu cohort Study (LOHAS)

    Otoshi K., Kikuchi S., Otani K., Sonobe T., Sekiguchi M., Konno S.

    Journal of Experimental Orthopaedics   10 ( 1 )   88   2023年12月( ISSN:2197-1153

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1186/s40634-023-00649-1

    PubMed

  • Syntactic Impairment Associated with Hypoperfusion in the Left Middle and Inferior Frontal Gyri after Right Cerebellar Hemorrhage.

    Nogami C, Kobayashi R, Yokoi K, Ohba M, Hashimoto R, Sakamoto K, Inoue K, Otani K, Hirayama K

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   62 ( 22 )   3405 - 3412   2023年11月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.2169/internalmedicine.0023-22

    PubMed

  • Management of Antithrombotic Drugs before Elective Spine Surgery: A Nationwide Web-Based Questionnaire Survey in Japan(タイトル和訳中)

    Tezuka Fumitake, Sakai Toshinori, Imagama Shiro, Takahashi Hiroshi, Takaso Masashi, Aizawa Toshimi, Otani Koji, Okuda Shinya, Kato Satoshi, Kanemura Tokumi, Kawaguchi Yoshiharu, Konishi Hiroaki, Suda Kota, Terai Hidetomi, Nakanishi Kazuo, Nishida Kotaro, Machino Masaaki, Miyakoshi Naohisa, Murakami Hideki, Yamato Yu, Yukawa Yasutsugu, Medical Safety Promotion Committee of The Japanese Society for Spine Surgery and Related Research

    Spine Surgery and Related Research   7 ( 5 )   428 - 435   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • A muscle-preserving, spinous process-splitting approach for ossification of the ligamentum flavum in the thoracic spine in professional athletes: a report of three cases

    Kato K., Yabuki S., Otani K., Nikaido T., Otoshi K., Watanabe K., Kobayashi H., Konno S.I.

    Fukushima journal of medical science   69 ( 2 )   143 - 150   2023年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.5387/fms.2022-32

    PubMed

  • A muscle-preserving, spinous process-splitting approach for ossification of the ligamentum flavum in the thoracic spine in professional athletes: a report of three cases(タイトル和訳中)

    Kato Kinshi, Yabuki Shoji, Otani Koji, Nikaido Takuya, Otoshi Kenichi, Watanabe Kazuyuki, Kobayashi Hiroshi, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   69 ( 2 )   143 - 150   2023年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Relationship between dysphagia and motor function in community-dwelling older people(タイトル和訳中)

    Sato Mari, Tominaga Ryoji, Kurita Noriaki, Sekiguchi Miho, Otani Koji, Konno Shin-ichi, Oi Naoyuki

    Geriatrics & Gerontology International   23 ( 8 )   603 - 608   2023年8月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Relationship between dysphagia and motor function in community-dwelling older people

    Sato M., Tominaga R., Kurita N., Sekiguchi M., Otani K., Konno S.i., Oi N.

    Geriatrics and Gerontology International   23 ( 8 )   603 - 608   2023年8月( ISSN:14441586

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/ggi.14632

    PubMed

  • Lumbar intradural space reduction during the Valsalva maneuver observed using cine MRI and MR myelography: a single-case experimental study

    Yamakuni R., Seino S., Ishii S., Ishikawa H., Kikori K., Ando T., Kakamu T., Fukushima K., Otani K., Ito H.

    Acta Neurochirurgica   165 ( 8 )   2111 - 2120   2023年8月( ISSN:00016268

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1007/s00701-023-05678-4

    PubMed

  • Is grip strength useful in screening to predict the severity of locomotive syndrome?

    Kobayashi T., Morimoto T., Ono R., Otani K., Mawatari M.

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 4 )   880 - 885   2023年7月( ISSN:09492658

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.jos.2022.03.011

    PubMed

  • Relationship between lumbar spinal stenosis and cauda equina movement during the Valsalva maneuver

    Yamakuni R., Ishii S., Kakamu T., Ishikawa H., Sekino H., Seino S., Fukushima K., Otani K., Ito H.

    Skeletal Radiology   52 ( 7 )   1349 - 1358   2023年7月( ISSN:03642348

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1007/s00256-022-04274-4

    PubMed

  • Is grip strength useful in screening to predict the severity of locomotive syndrome?(タイトル和訳中)

    Kobayashi Takaomi, Morimoto Tadatsugu, Ono Rei, Otani Koji, Mawatari Masaaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 4 )   880 - 885   2023年7月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 脊椎疾患における院内転倒 睡眠薬と夜間転倒に着目した当院のインシデント分析

    小林 洋, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 良浩, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   14 ( 6 )   953 - 958   2023年6月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Clinical characteristics of locomotive syndrome categorised by the 25-question Geriatric Locomotive Function Scale: A systematic review

    Kobayashi T., Morimoto T., Shimanoe C., Ono R., Otani K., Mawatari M.

    BMJ Open   13 ( 5 )   e068645   2023年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1136/bmjopen-2022-068645

    PubMed

  • 脊椎手術における高位確認に関するアンケート調査(脊椎手術のヒヤリハット)

    川口 善治, 今釜 史郎, 高橋 寛, 高相 晶士, 相澤 俊峰, 大谷 晃司, 奥田 眞也, 加藤 仁志, 金村 徳相, 小西 宏昭, 酒井 紀典, 須田 浩太, 手束 文威, 中西 一夫, 西田 康太郎, 町野 正明, 宮腰 尚久, 村上 英樹, 大和 雄, 湯川 泰紹, JSSR安全医療推進委員会

    Journal of Spine Research   14 ( 5 )   748 - 752   2023年5月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • In vivo [<sup>18</sup>F]THK-5351 imaging detected reactive astrogliosis in argyrophilic grain disease with comorbid pathology: A clinicopathological study

    Kobayashi R., Nakamura T., Naganuma F., Harada R., Morioka D., Kanoto M., Furumoto S., Kudo Y., Kabasawa T., Otani K., Futakuchi M., Kawakatsu S., Okamura N.

    Journal of Neuropathology and Experimental Neurology   82 ( 5 )   427 - 437   2023年5月( ISSN:00223069

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1093/jnen/nlad018

    PubMed

  • Generalization of a clinical diagnosis support tool for lumbar spinal stenosis: Can the ankle brachial pressure index be replaced by palpation of the posterior tibial artery in the lumbar spinal stenosis diagnostic support tool? (DISTO project)(タイトル和訳中)

    Nikaido Takuya, Sekiguchi Miho, Yonemoto Koji, Kakuma Tatsuyuki, Watanabe Kazuyuki, Kato Kinshi, Kobayashi Hiroshi, Tominaga Ryoji, Otani Koji, Yabuki Shoji, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi, DISTO-Project Working Group

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 3 )   543 - 546   2023年5月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Generalization of a clinical diagnosis support tool for lumbar spinal stenosis: Can the ankle brachial pressure index be replaced by palpation of the posterior tibial artery in the lumbar spinal stenosis diagnostic support tool? (DISTO project)

    Nikaido T., Sekiguchi M., Yonemoto K., Kakuma T., Watanabe K., Kato K., Kobayashi H., Tominaga R., Otani K., Yabuki S., Kikuchi S.i., Konno S.i.

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 3 )   543 - 546   2023年5月( ISSN:09492658

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.jos.2022.02.005

    PubMed

  • Effect of car use on social frailty among community-dwelling older adults in rural areas

    Uchida K., Ueda Y., Nakamura J., Murata S., Endo T., Otani K., Ono R.

    Journal of Transport and Health   30   2023年5月( ISSN:22141405

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.jth.2023.101609

  • A Simplified Screening Tool for the One-Leg Standing Test to Determine the Severity of Locomotive Syndrome

    Kobayashi T., Morimoto T., Shimanoe C., Ono R., Otani K., Mawatari M.

    Life   13 ( 5 )   2023年5月( ISSN:2075-1729

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.3390/life13051190

    PubMed

  • Comparison of student self-assessment and teacher assessment of medical interview performance during bedside learning.

    Tang Z, Shikama Y, Otani K

    Fukushima journal of medical science   69 ( 1 )   21 - 28   2023年4月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.5387/fms.2023-03

    PubMed

  • ベッドサイドラーニング中の医療面接能力に関する学生自己評価と教員評価の比較(Comparison of student self-assessment and teacher assessment of medical interview performance during bedside learning)

    Tang Zunyi, Shikama Yayoi, Otani Koji

    Fukushima Journal of Medical Science   69 ( 1 )   21 - 28   2023年4月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 【脊椎脊髄領域の画像診断-最新の知識と進歩】成人の脊椎脊髄疾患の画像診断 腰痛の画像診断全般

    中村 正隆, 大谷 晃司

    整形・災害外科   66 ( 5 )   519 - 524   2023年4月( ISSN:0387-4095

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Esophageal mast cells may be associated with the perception of symptoms in patients with eosinophilic esophagitis(タイトル和訳中)

    Kanamori Atsushi, Tanaka Fumio, Takashima Shingo, Sawada Akinari, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   20 ( 2 )   333 - 341   2023年4月( ISSN:1612-9059

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Factors affecting the quality of life in the chronic phase of thoracolumbar osteoporotic vertebral fracture managed conservatively with a brace

    Inose H., Kato T., Ichimura S., Nakamura H., Hoshino M., Takahashi S., Togawa D., Hirano T., Tokuhashi Y., Ohba T., Haro H., Tsuji T., Sato K., Sasao Y., Takahata M., Otani K., Momoshima S., Hirai T., Yoshii T., Takahashi K., Okawa A.

    Spine Journal   23 ( 3 )   425 - 432   2023年3月( ISSN:15299430

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.spinee.2022.11.012

    PubMed

  • 合併症と25項目高齢者ロコモ機能尺度、ロコモティブシンドローム診断との関連(The association of comorbidities with the 25-question geriatric locomotive function scale and the diagnosis of locomotive syndrome)

    Kobayashi Takaomi, Morimoto Tadatsugu, Shimanoe Chisato, Ono Rei, Otani Koji, Mawatari Masaaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 2 )   453 - 459   2023年3月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • The association of comorbidities with the 25-question geriatric locomotive function scale and the diagnosis of locomotive syndrome

    Kobayashi T., Morimoto T., Shimanoe C., Ono R., Otani K., Mawatari M.

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 2 )   453 - 459   2023年3月( ISSN:09492658

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.jos.2021.11.021

    PubMed

  • Lumbar spinal stenosis is a risk factor for the development of dementia: locomotive syndrome and health outcomes in the Aizu cohort study

    Kobayashi H., Tominaga R., Otani K., Sekiguchi M., Nikaido T., Watanabe K., Kato K., Yabuki S., Konno S.i.

    European Spine Journal   32 ( 2 )   488 - 494   2023年2月( ISSN:09406719

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1007/s00586-022-07318-4

    PubMed

  • Clinicopathological diversity of semantic dementia: Comparisons of patients with early-onset versus late-onset, left-sided versus right-sided temporal atrophy, and TDP-type A versus type C pathology

    Kawakatsu S., Kobayashi R., Morioka D., Hayashi H., Utsunomiya A., Kabasawa T., Ohe R., Futakuchi M., Otani K.

    Neuropathology   43 ( 1 )   5 - 26   2023年2月( ISSN:09196544

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/neup.12859

    PubMed

  • Assessment of Lumbar Spinal Stenosis as a Risk Factor for Development of Sleep Disorder: The Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Kobayashi H, Sekiguchi M, Otani K, Ono R, Nikaido T, Watanabe K, Kato K, Kobayashi Y, Yabuki S, Konno SI, Matsumoto Y

    International journal of general medicine   16   5417 - 5424   2023年( ISSN:1178-7074

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.2147/IJGM.S435739

    PubMed

  • Risk factors for progression of the severity of locomotive syndrome: A two-year longitudinal observational study

    Kobayashi T., Morimoto T., Shimanoe C., Ono R., Otani K., Mawatari M.

    Journal of Orthopaedic Science   2023年( ISSN:09492658

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.jos.2023.02.008

    PubMed

  • Relationship between lumbar facet joint osteoarthritis and comorbidities: A cross-sectional study in the Japanese community

    Kobayashi K., Otani K., Sekiguchi M., Kato K., Tominaga R., Konno S.i.

    Journal of Orthopaedic Science   2023年( ISSN:09492658

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.jos.2023.05.002

    PubMed

  • Management of Antithrombotic Drugs before Elective Spine Surgery: A Nationwide Web-Based Questionnaire Survey in Japan

    Tezuka F., Sakai T., Imagama S., Takahashi H., Takaso M., Aizawa T., Otani K., Okuda S., Kato S., Kanemura T., Kawaguchi Y., Konishi H., Suda K., Terai H., Nakanishi K., Nishida K., Machino M., Miyakoshi N., Murakami H., Yamato Y., Yukawa Y.

    Spine Surgery and Related Research   7 ( 5 )   428 - 435   2023年

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.22603/SSRR.2023-0015

    PubMed

  • Bow hunter’s syndrome: temporary obstruction of blood flow in the affected vertebral artery during posterior occipitocervical fusion. Illustrative case

    Otani K., Yokota T., Handa J., Nikaido T., Kojima T., Sato N., Konno S.

    Journal of Neurosurgery: Case Lessons   4 ( 24 )   2022年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.3171/CASE22428

    PubMed

  • Valosin-containing protein Asp395Gly mutation in a patient with frontotemporal dementia: a case report

    Kobayashi R., Naruse H., Kawakatsu S., Iseki C., Suzuki Y., Koyama S., Morioka D., Ishiura H., Mitsui J., Ohta Y., Tsuji S., Toda T., Otani K.

    BMC Neurology   22 ( 1 )   406   2022年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1186/s12883-022-02951-4

    PubMed

  • Yamada氏らの「20~89歳の成人8681名の可動性を定量化するロコモティブシンドロームリスク検査の基準値 日本における全国横断研究」に対するコメント(Comment on Yamada et al.: Reference values for the locomotive syndrome risk test quantifying mobility of 8681 adults aged 20-89 years: A cross-sectional nationwide study in Japan)

    Kobayashi Takaomi, Morimoto Tadatsugu, Otani Koji

    Journal of Orthopaedic Science   27 ( 5 )   1164 - 1165   2022年9月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 腰部脊柱管狭窄症患者2例におけるバルサルバ手技中の馬尾移動(Cauda equina movement during the Valsalva maneuver in two patients with Lumbar spinal canal stenosis)

    Yamakuni Ryo, Ishikawa Hironobu, Hasegawa Osamu, Sekino Hirofumi, Ishii Shiro, Otani Koji, Ito Hiroshi

    Fukushima Journal of Medical Science   68 ( 2 )   135 - 141   2022年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • MRI上の腰椎椎間板変性と腰痛の関連性 横断的地域研究(Relationship between lumbar disc degeneration on MRI and low back pain: A cross-sectional community study)

    Watanabe Takehiro, Otani Koji, Sekiguchi Miho, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   68 ( 2 )   97 - 107   2022年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Limbic-predominant age-related TDP-43 encephalopathy characterised by frontotemporal dementia-like behavioural symptoms

    Kobayashi R., Kawakatsu S., Morioka D., Hayashi H., Utsunomiya A., Kabasawa T., Otani K.

    Psychogeriatrics   22 ( 4 )   574 - 579   2022年7月( ISSN:13463500

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/psyg.12828

    PubMed

  • ロコモティブシンドロームに対する5問自記式尺度を用いた簡易スクリーニングツールの開発(Development of a simple screening tool based on the 5-question geriatric locomotive function scale for locomotive syndrome)

    Kobayashi Takaomi, Morimoto Tadatsugu, Shimanoe Chisato, Ono Rei, Otani Koji, Mawatari Masaaki

    Journal of Orthopaedic Science   27 ( 4 )   913 - 920   2022年7月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 紅斑性粘膜に取り囲まれた光沢のある白色びらん Wilson病患者における胃病変の新規内視鏡所見(Lustrous White Erosions Surrounded by an Erythematous Mucosa: A Novel Endoscopic Finding of Gastric Lesions in Patients with Wilson Disease)

    Kitagawa Daiki, Ominami Masaki, Taira Koichi, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Maruyama Hirotsugu, Itani Shigehiro, Nishida Yu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Kuwae Yuko, Watanabe Toshio, Ohsawa Masahiko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 12 )   1835 - 1841   2022年6月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 潰瘍性大腸炎症例に認められた、抗結核薬投与中の奇異性反応の一例(A case of paradoxical response during anti-tuberculosis treatment in a patient with ulcerative colitis)

    Hosomi Shuhei, Sugita Naoko, Kanamori Atsushi, Ominami Masaki, Otani Koji, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Fujiwara Yasuhiro

    Clinical Journal of Gastroenterology   15 ( 3 )   592 - 597   2022年6月( ISSN:1865-7257

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Comparing Medial Temporal Atrophy Between Early-Onset Semantic Dementia and Early-Onset Alzheimer's Disease Using Voxel-Based Mor-phometry: A Multicenter MRI Study

    Kobayashi R., Hayashi H., Kawakatsu S., Shibuya Y., Morioka D., Ohba M., Yoshioka M., Sakamoto K., Kanoto M., Otani K.

    Current Alzheimer Research   19 ( 7 )   503 - 510   2022年6月( ISSN:15672050

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.2174/1567205019666220820145429

    PubMed

  • ロコチェックによるロコモティブシンドロームの重症度スクリーニングツールの開発(Development of a tool for screening the severity of locomotive syndrome by the loco-check)

    Kobayashi Takaomi, Morimoto Tadatsugu, Shimanoe Chisato, Ono Rei, Otani Koji, Mawatari Masaaki

    Journal of Orthopaedic Science   27 ( 3 )   701 - 706   2022年5月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 運動誘発性腰痛、傍脊柱筋の脂肪浸潤率、腰椎矢状バランスの関係(The Relationship between Exercise-Induced Low Back Pain, the Fat Infiltration Rate of Paraspinal Muscles, and Lumbar Sagittal Balance)

    Nakamura Masataka, Otani Koji, Kaneko Yota, Sekiguchi Miho, Konno Shin-ichi

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 3 )   261 - 270   2022年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 日本人炎症性腸疾患患者のライフスタイル因子に対するCOVID-19ロックダウンの影響(Effect of the Coronavirus Disease 2019 Lockdown on Lifestyle Factors in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease)

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Fujimoto Koji, Nakata Rieko, Itani Shigehiro, Ohminami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kamata Noriko, Ohfuji Satoko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 9 )   1329 - 1336   2022年5月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Focal striatal amyloid deposition in Alzheimer's disease caused by APP p.V717I mutation: Longitudinal positron emission tomography study

    Kobayashi R., Kawakatsu S., Hayashi H., Morioka D., Hara N., Ikeuchi T., Otani K.

    Geriatrics and Gerontology International   22 ( 4 )   360 - 362   2022年4月( ISSN:14441586

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/ggi.14361

    PubMed

  • 健康診断時の慢性便秘症の疫学・病因に関する質問票調査(A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan)

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年3月( ISSN:0912-0009

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 日本における未矯正屈折異常の有病率 会津コホート研究におけるロコモティブシンドロームと健康アウトカム(The prevalence of uncorrected refractive error in Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study)

    Hiratsuka Yoshimune, Ono Koichi, Takesue Atsuhide, Sadamatsu Yoshinari, Yamada Masakazu, Otani Koji, Sekiguchi Miho, Konno Shinichi, Fukuhara Shunichi, Murakami Akira

    Japanese Journal of Ophthalmology   66 ( 2 )   199 - 204   2022年3月( ISSN:0021-5155

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Dopamine Transporter Imaging for Frontotemporal Lobar Degeneration With Motor Neuron Disease

    Kobayashi R., Kawakatsu S., Ohba M., Morioka D., Kanoto M., Otani K.

    Frontiers in Neuroscience   16   755211   2022年2月( ISSN:16624548

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.3389/fnins.2022.755211

    PubMed

  • Non-pharmacological Approaches to Apathy and Depression: A Scoping Review of Mild Cognitive Impairment and Dementia

    Oba H., Kobayashi R., Kawakatsu S., Suzuki K., Otani K., Ihara K.

    Frontiers in Psychology   13   815913   2022年2月( ISSN:1664-1078

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.3389/fpsyg.2022.815913

    PubMed

  • クローン病患者におけるStaphylococcus schleiferiにより引き起こされた化膿性脊椎炎(Pyogenic Spondylitis Caused by Staphylococcus schleiferi in a Patient with Crohn's Disease)

    Fujimoto Koji, Hosomi Shuhei, Nakata Rieko, Sugita Naoko, Nishida Yu, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 4 )   577 - 580   2022年2月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Trimodal hallucination and delusion after right thalamomesencephalic infarction

    Sakamoto K., Kobayashi R., Yokoi K., Otaka M., Okada O., Hosokawa K., Kimura M., Kawakatsu S., Otani K., Hirayama K.

    Psychogeriatrics   22 ( 1 )   149 - 155   2022年1月( ISSN:13463500

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/psyg.12793

    PubMed

  • Associations between clinical neck symptoms and various evaluations ofcervical intervertebral disc degeneration by magnetic resonance imaging.

    Otaki H, Otani K, Watanabe T, Sekiguchi M, Konno SI

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 3 )   107 - 118   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2021-20.

    PubMed

  • Usefulness of the Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients (BS-POP) for Predicting Poor Outcomes in Patients Undergoing Lumbar Decompression Surgery.

    Watanabe K, Otani K, Nikaido T, Kato K, Kobayashi H, Handa J, Yabuki S, Kikuchi SI, Konno SI

    Pain Research & Manegement   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1155/2021/2589865. eCollection 2021.

    PubMed

  • Development of a self-administered questionnaire for the screening of cervical myelopathy. Part 2, investigation of its characteristics in surgical cases.

    Kobayashi H, Otani K, Handa J, Kato K, Watanabe K, Nikaido T, Yabuki S, Konno SI

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 3 )   102 - 106   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2021-03.

    PubMed

  • The association between clinical symptoms of lumbar spinal stenosis and MRI axial imaging findings.

    Fushimi Y, Otani K, Tominaga R, Nakamura M, Sekiguchi M, Konno SI

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 3 )   150 - 160   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2021-22.

    PubMed

  • Grip Strength as a Screening Index for Severe Degenerative Cervical Myelopathy in Primary Care: Development of Cutoff Values Using Receiver Operating Curve Analysis.

    Kobayashi H, Otani K, Nikaido T, Watanabe K, Kato K, Handa J, Yabuki S, Konno SI

    International Journal of General Medicine   14   9863 - 9872   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2147/IJGM.S336541. eCollection 2021.

    PubMed

  • Clinicopathological heterogeneity of Alzheimer's disease with pure Alzheimer's disease pathology: Cases associated with dementia with Lewy bodies, very early-onset dementia, and primary progressive aphasia

    Kawakatsu S., Kobayashi R., Hayashi H., Morioka D., Utsunomiya A., Kabasawa T., Ohe R., Otani K.

    Neuropathology   41 ( 6 )   427 - 449   2021年12月( ISSN:09196544

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/neup.12765

    PubMed

  • 頸髄症のスクリーニングのための自記式質問票の開発(第2部) 外科症例の特徴の検討(Development of a self-administered questionnaire for the screening of cervical myelopathy. Part 2, investigation of its characteristics in surgical cases)

    Kobayashi Hiroshi, Otani Koji, Handa Junichi, Kato Kinshi, Watanabe Kazuyuki, Nikaido Takuya, Yabuki Shoji, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 3 )   102 - 106   2021年12月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 臨床的頸部症状とMRIによる頸椎椎間板変性の様々な評価との関連(Associations between clinical neck symptoms and various evaluations of cervical intervertebral disc degeneration by magnetic resonance imaging)

    Otaki Haruka, Otani Koji, Watanabe Takehiro, Sekiguchi Miho, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 3 )   107 - 118   2021年12月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 腰部脊柱管狭窄症の臨床症状とMRI軸位断画像所見との関連(The association between clinical symptoms of lumbar spinal stenosis and MRI axial imaging findings)

    Fushimi Yuki, Otani Koji, Tominaga Ryoji, Nakamura Masataka, Sekiguchi Miho, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 3 )   150 - 160   2021年12月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Low-dose zolpidem-induced visual hallucinations in prodromal dementia with Lewy bodies

    Kobayashi R., Morioka D., Suzuki A., Kawakatsu S., Otani K.

    Asian Journal of Psychiatry   66   102908   2021年12月( ISSN:18762018

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.ajp.2021.102908

    PubMed

  • Reciprocal relationship between locomotive syndrome and social frailty in older adults.

    Ono R, Murata S, Uchida K, Endo T, Otani K

    Geriatrics & Gerontology International   21 ( 11 )   981 - 984   2021年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/ggi.14273.

    PubMed

  • 高齢者におけるロコモティブシンドロームと社会的フレイルとの相互関係(Reciprocal relationship between locomotive syndrome and social frailty in older adults)

    Ono Rei, Murata Shunsuke, Uchida Kazuaki, Endo Tatsuya, Otani Koji

    Geriatrics & Gerontology International   21 ( 11 )   981 - 984   2021年11月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • The Change of Lumbar Spinal Stenosis Symptoms over a Six-Year Period in Community-Dwelling People.

    Otani K, Kikuchi SI, Yabuki S, Nikaido T, Watanabe K, Kato K, Kobayashi H, Konno SI

    Medicina (Kaunas)   57 ( 10 )   1116   2021年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3390/medicina57101116.

    PubMed

  • Dose-response relationship between spino-pelvic alignment determined by sagittal modifiers and back pain-specific quality of life

    Ryoji Tominaga, Noriaki Kurita, Yoshiyuki Kokubun, Takuya Nikaido, Miho Sekiguchi, Koji Otani, Masumi Iwabuchi, Osamu Shirado, Shunichi Fukuhara, Shin-ichi Konno

    European Spine Journal,   30 ( 10 )   3019 - 3027   2021年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Risk factors for subsequent vertebral fracture after acute osteoporotic vertebral fractures.

    Inose H, Kato T, Ichimura S, Nakamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Tokuhashi Y, Ohba T, Haro H, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Takahashi K, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A

    European Spine Journal   30 ( 9 )   2698 - 2707   2021年9月( ISSN:0940-6719

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00586-021-06741-3.

    PubMed

    その他リンク : https://link.springer.com/article/10.1007/s00586-021-06741-3/fulltext.html

  • Prevalence and factors associated with uncorrected presbyopia in a rural population of Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Sadamatsu Y, Ono K, Hiratsuka Y, Takesue A, Tano T, Yamada M, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S, Murakami A

    Japanese Journal of Ophthalmology   65 ( 5 )   724 - 730   2021年9月( ISSN:0021-5155

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10384-021-00863-3.

    PubMed

    その他リンク : https://link.springer.com/article/10.1007/s10384-021-00863-3/fulltext.html

  • 内科医が遭遇する運動器の症候・疾患についての対処法

    大谷 晃司

    日本臨床内科医会会誌   36 ( 3 )   S59   2021年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of the decreases in regional cerebral blood flow in the posterior cingulate cortex, precuneus, and parietal lobe between suspected non-Alzheimer's disease pathophysiology and Alzheimer's disease

    Hayashi H., Kobayashi R., Kawakatsu S., Ohba M., Morioka D., Otani K.

    Psychogeriatrics   21 ( 5 )   716 - 721   2021年9月( ISSN:13463500

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/psyg.12729

    PubMed

  • 日本の農村部の集団での未矯正老視の割合と関連因子 ロコモティブシンドロームと健康アウトカムを解明する会津コホート研究(Prevalence and factors associated with uncorrected presbyopia in a rural population of Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study)

    Sadamatsu Yoshinari, Ono Koichi, Hiratsuka Yoshimune, Takesue Atsuhide, Tano Takatoshi, Yamada Masakazu, Otani Koji, Sekiguchi Miho, Konno Shinichi, Kikuchi Shinichi, Fukuhara Shunichi, Murakami Akira

    Japanese Journal of Ophthalmology   65 ( 5 )   724 - 730   2021年9月( ISSN:0021-5155

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Epidemiological study of cervical cord compression and its clinical symptoms in community-dwelling residents.

    Hirai T, Otani K, Sekiguchi M, Kikuchi SI, Konno SI

    PLOS one   16 ( 8 )   e0256732   2021年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0256732.

    PubMed

  • Roles of Children and Adolescents in COVID-19 Transmission in the Community: A Retrospective Analysis of Nationwide Data in Japan

    Imamura T., Saito M., Ko Y.K., Imamura T., Otani K., Akaba H., Ninomiya K., Furuse Y., Miyahara R., Sando E., Yasuda I., Tsuchiya N., Suzuki M., Oshitani H.

    Frontiers in Pediatrics   9   705882   2021年8月( ISSN:2296-2360

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.3389/fped.2021.705882

    PubMed

  • Corneal Eccentricity in a Rural Japanese Population: The Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Yoshida Y, Ono K, Tano T, Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A

    Ophthalmic Epidemiology   24   1 - 6   2021年8月( ISSN:0928-6586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1080/09286586.2021.1968004.

    PubMed

  • 動機づけ面接や非言語的コミュニケーションに基づく医学生へのコミュニケーション教育の試み

    青木 俊太郎, 竹林 由武, 色摩 弥生, 安井 清孝, 大谷 晃司

    医学教育   52 ( 4 )   295 - 304   2021年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頚椎内視鏡を用いた低侵襲治療によるQOLの改善効果

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 半田 隼一, 小林 良浩, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   33 ( 3 )   186   2021年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄に対する除圧術の長期成績 手術範囲から除外した無症候性狭窄と術後新規症状の出現に関与する因子の検討

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   33 ( 3 )   406   2021年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う上位頚髄症に対する環椎後弓切除術の手術成績 -2例報告-

    遠藤 裕司, 渡邉 和之, 小林 良浩, 小林 洋, 加藤 欽志, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   33 ( 3 )   311   2021年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The use of text mining to detect key shifts in Japanese first-year medical student professional identity formation through early exposure to non-healthcare hospital staff.

    Shikama Y, Chiba Y, Yasuda M, Stanyon M, Otani K

    BMC Medical Education   21 ( 1 )   389   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12909-021-02818-1.

    PubMed

  • Association of Lumbar Spinal Stenosis With Severe Disability and Mortality Among Community-Dwelling Older Adults: The Locomotive Syndrome and Health Outcomes in the Aizu Cohort Study.

    Hijikata Y, Kamitani T, Otani K, Konno S, Fukuhara S, Yamamoto Y.

    Spine (Phila Pa 1976)   46 ( 14 )   E784 - E790   2021年7月( ISSN:03622436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0000000000003912

    PubMed

  • 福島県内の臨床研修医の研修開始時点での臨床能力の自己評価

    川井 巧, 色摩 弥生, 安田 恵, 及川 沙耶佳, 唐 尊一, 青木 俊太郎, 安井 清孝, 諸井 陽子, マハム・スタンヨン, 大谷 晃司

    医学教育   52 ( Suppl )   171   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cross-cultural constructions of unprofessional behaviour : a Qmethod pilot study

    Maham S, Shikama Y, Horsburgh J, Moula Z, Parekh R, Otani K

    医学教育   52 ( Suppl )   85   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸髄症を呈したアルカプトン尿症性脊椎症に対して椎弓形成術を施行した一例

    波入 雄大, 大谷 晃司, 半田 隼一, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形外科学会雑誌   64 ( 1 )   184   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オンライン地域体験実習を通して醸成されるプロフェッショナリズムに関する検討

    安田 恵, 色摩 弥生, 坂本 信雄, 川井 巧, 青木 俊太郎, 末永 博紀, 安井 清孝, 諸井 陽子, 大谷 晃司

    医学教育   52 ( Suppl )   148   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • コロナ禍に対応したオンライン「早期臨床体験実習」

    諸井 陽子, 色摩 弥生, 安田 恵, 青木 俊太郎, 安井 清孝, 大谷 晃司

    医学教育   52 ( Suppl )   149   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本人学生に能動的議論参加を促すグループ討論会の試み

    安井 清孝, Maham Stanyon, 諸井 陽子, 青木 俊太郎, 千葉 靖子, 大谷 晃司, 色摩 弥生

    医学教育   52 ( Suppl )   155   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development of a simple screening tool based on the 5-question geriatric locomotive function scale for locomotive syndrome.

    Kobayashi T, Morimoto T, Shimanoe C, Ono R, Otani K, Mawatari M

    Journal of Orthopaedic Science   ( 21 )   2021年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jos.2021.05.001.

  • Bow-hunter症候群に対する後方固定術により患側椎骨動脈の一時的な血流途絶を認めた一例

    横田 武尊, 大谷 晃司, 半田 隼一, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形外科学会雑誌   64 ( 1 )   183   2021年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The significance of the fat infiltration rate of paraspinal muscles in exercise-induced low back pain

    Nakamura M, Otani K, Sekiguchi M, Konno S

    東北整形外科学会雑誌   64 ( 1 )   183   2021年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development of a tool for screening the severity of locomotive syndrome by the loco-check.

    Kobayashi T, Morimoto T, Shimanoe C, Ono R, Otani K, Mawatari M

    Journal of Orthopaedic Science   ( 21 )   2021年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jos.2021.03.011.

    PubMed

  • 3.運動器疼痛の臨床研究 3)LOHAS

    大谷 晃司

    ペインクリニック   42 ( 別冊春 )   S103 - S111   2021年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 早期胃癌のために内視鏡的粘膜下層剥離術を受けた患者におけるHelicobacter pylori除菌後の胃内ディスバイオシスの長期的持続(Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer)

    Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Suda Wataru, Higashimori Akira, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Nakatsu Geicho, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    Gastric Cancer   24 ( 3 )   710 - 720   2021年5月( ISSN:1436-3291

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 急性骨粗鬆症性圧迫骨折後の遺残性腰痛の予測因子(Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture)

    Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Ichimura Shoichi, Nakamura Hiroaki, Hoshino Masatoshi, Togawa Daisuke, Hirano Toru, Tokuhashi Yasuaki, Ohba Tetsuro, Haro Hirotaka, Tsuji Takashi, Sato Kimiaki, Sasao Yutaka, Takahata Masahiko, Otani Koji, Momoshima Suketaka, Yuasa Masato, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi

    Journal of Orthopaedic Science   26 ( 3 )   453 - 458   2021年5月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球症は似た免疫組織学的プロファイルを呈す(Eosinophilic esophagitis and asymptomatic esophageal eosinophilia display similar immunohistological profiles)

    Kitamura Hiroyuki, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   68 ( 3 )   246 - 252   2021年5月( ISSN:0912-0009

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 多種アレルゲン特異的IgEの診断的アッセイにより示された感作パターンに基づいた、食道好酸球増多症症例の分類(Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs)

    Nakata Akinobu, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Gastroenterology   56 ( 5 )   422 - 433   2021年5月( ISSN:0944-1174

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 【運動器疼痛】運動器疼痛の臨床研究 LOHAS

    大谷 晃司

    ペインクリニック   42 ( 別冊春 )   S103 - S111   2021年5月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ossification of the ligamentum flavum in the thoracic spine mimicking sciatica in a young baseball pitcher:a case report.

    Kato K, Yabuki S, Otani K, Nikaido T, Otoshi KI, Watanabe K, Kikuchi SI, Konno SI

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 1 )   33 - 37   2021年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2020-26.

    PubMed

  • 若い野球投手における坐骨神経痛に類似した胸椎の黄色靱帯の骨化 1症例報告(Ossification of the ligamentum flavum in the thoracic spine mimicking sciatica in a young baseball pitcher: a case report)

    Kato Kinshi, Yabuki Shoji, Otani Koji, Nikaido Takuya, Otoshi Ken-ichi, Watanabe Kazuyuki, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 1 )   33 - 37   2021年4月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 片側腰痛を呈する高校野球選手の胸腰筋との接合部での腹斜筋損傷(Abdominal oblique muscle injury at its junction with the thoracolumbar fascia in a high school baseball player presenting with unilateral low back pain)

    Kato Kinshi, Otoshi Ken-ichi, Yabuki Shoji, Otani Koji, Nikaido Takuya, Watanabe Kazuyuki, Kobayashi Hiroshi, Handa Jun-ichi, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   67 ( 1 )   49 - 52   2021年4月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 好酸球性食道炎患者において、ボノプラザンは症状、内視鏡的および組織学的効果の点で、プロトンポンプ阻害薬と同様の効果を示す(Vonoprazan shows efficacy similar to that of proton pump inhibitors with respect to symptomatic, endoscopic, and histological responses in patients with eosinophilic esophagitis)

    Kuzumoto Takuya, Tanaka Fumio, Sawada Akinari, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   18 ( 2 )   372 - 379   2021年4月( ISSN:1612-9059

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 腰椎傍脊柱筋の脂肪浸潤割合に関連する因子の検討

    中村 正隆, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   362   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住高齢者における後彎姿勢と要介護および死亡との関連性

    土方 保和, 紙谷 司, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一, 竹上 未紗, 福原 俊一, 山本 洋介

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   384   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般住民における10年間の腰椎椎間板変性進行と腰痛関連QOLとの関連の検討 南会津スタディ

    小林 賢司, 大谷 晃司, 関口 美穂, 富永 亮司, 渡邉 剛広, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   384   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Redundant never root(馬尾弛緩)の臨床的意義

    伏見 友希, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   389   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MRI上の頸椎椎間板変性とNeck Pain and Disability Scale との関係

    大谷 晃司, 大瀧 遙, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   504   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般住民における腰椎矢状面のX線学的指標と腰痛の関係 南会津スタディ

    兼子 陽太, 大谷 晃司, 関口 美穂, 富永 亮司, 小林 賢司, 中村 正隆, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   614   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎変形性すべり症に対する内視鏡下除圧術の中長期成績 椎間関節の矢状化は内視鏡下圧術の術後成績に影響するか

    二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   623   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄(症)における歩行障害の術後経過 足10秒テストを用いた予後予測

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 半田 隼一, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   339   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ロコモティブシンドロームの進行と認知機能との関係

    大谷 晃司, 紺野 愼一, 関口 美穂, 小野 玲, 内田 一彰, 村田 峻輔

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 2 )   S100   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Redundant nerve rootの臨床的意義

    伏見 友希, 大谷 晃司, 中村 正隆, 関口 美穂, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S681   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 自己効力感と運動器慢性疼痛やロコモティブシンドロームとの関係

    大谷 晃司, 紺野 愼一, 関口 美穂, 小野 玲, 内田 一彰, 村田 峻輔

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S934   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般住民における10年間の腰椎椎間板変性進行と腰痛発生との関連の検討 南会津スタディ

    小林 賢司, 大谷 晃司, 関口 美穂, 富永 亮司, 渡邉 剛広, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S1003   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓骨切り術におけるいわゆるC5麻痺の発生頻度

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   257   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MRI上の腰椎椎間板変性と前屈時腰痛、後屈時腰痛との関係

    渡邉 剛広, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   334   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of Alzheimer’s disease patients and healthy controls in the easy Z-score imaging system with differential image reconstruction methods using SPECT/CT: verification using normal database of our institution

    Ohba M., Kobayashi R., Kirii K., Fujita K., Kanezawa C., Hayashi H., Kawakatsu S., Otani K., Kanoto M., Suzuki K.

    Annals of Nuclear Medicine   35 ( 3 )   307 - 313   2021年3月( ISSN:09147187

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1007/s12149-020-01562-8

    PubMed

  • Predictors for quality of life improvement after acute osteoporotic vertebral fracture: results of post hoc analysis of a prospective randomized study.

    Inose H, Kato T, Nkamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Tokuhashi Y, Ohba T, Haro H, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Takahashi K, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A.

    Quality of Life Research   30 ( 1 )   129 - 135   2021年1月( ISSN:09629343

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s11136-020-02629-9

    PubMed

    その他リンク : http://link.springer.com/article/10.1007/s11136-020-02629-9/fulltext.html

  • Association between single limb standing test results and healthcare costs among community-dwelling older adults.

    Tominaga R, Yamazaki S, Fukuma S, Goto R, Sekiguchi M, Otani K, Iwabuchi M, Shirado O, Fukuhara S, Konno SI.

    Archives of Gerontology and Geriatrics   92   104256 - 104256   2021年1月( ISSN:01674943

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.archger.2020.104256

    PubMed

  • Abdominal oblique muscle injury at its junction with the thoracolumbar fascia in a high school baseball player presenting with unilateral low back pain.

    Kato K, Otoshi KI, Yabuki S, Otani K, Nikaido T, Watanabe K, Kobayashi H, Handa JI, Konno SI

    Fukushima J Med Sci   67 ( 1 )   49 - 52   2021年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2020-27.

    PubMed

  • When I say ...cultural competence.

    Stanyon M, Shikama Y, Otani K.

    Medical Education   55 ( 5 )   556 - 557   2020年12月( ISSN:03080110

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/medu.14439

    PubMed

  • Magnetic resonance imaging findings in the hyperacute phase of atypical femoral fracture: a case description.

    Kobayashi K, Kaneuchi Y, Hakozaki M, Otani K, Konno S.

    Quantitative Imaging in Medicine and Surgery   10 ( 12 )   2366 - 2369   2020年12月( ISSN:22234292

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.21037/qims-20-794

    PubMed

  • Familial dementia with Lewy bodies with VPS13C mutations

    Kobayashi R., Naruse H., Koyama S., Kawakatsu S., Hayashi H., Ishiura H., Mitsui J., Ohta Y., Toda T., Tsuji S., Otani K.

    Parkinsonism and Related Disorders   81   31 - 33   2020年12月( ISSN:13538020

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1016/j.parkreldis.2020.10.008

    PubMed

  • 胃癌患者における斜台転移(clival metastasis)の稀な1症例(A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer)

    Yoshikawa-Kimura Akie, Taira Koichi, Katanosaka Yuki, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年12月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Sagittal imbalance and symptoms of depression in adults: Locomotive Syndrome and Health Outcomes in the Aizu Cohort Study (LOHAS)

    Watanabe K, Otani K, Tominaga R, Kokubun Y, Sekiguchi M, Fukuma S, Kamitani T, Nikaido T, Kato K, Kobayashi H, Yabuki S, Kikuchi SI, Konno SI

    European Spine Journal   30 ( 9 )   2450 - 2456   2020年11月( ISSN:09406719

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00586-020-06660-9

    PubMed

  • 健診時のピロリ菌抗体価が陰性高値であった被験者における胃炎の京都分類の有用性(Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-Helicobacter pylori antibody during a medical check-up)

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Recognition of the coronavirus disease 2019 pandemic and face mask wearing in patients with Alzheimer's disease: an investigation at a medical centre for dementia in Japan

    Kobayashi R., Hayashi H., Kawakatsu S., Morioka D., Aso S., Kimura M., Otani K.

    Psychogeriatrics   20 ( 6 )   923 - 925   2020年11月( ISSN:13463500

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/psyg.12617

    PubMed

  • 腰椎MRIにおける腰椎椎間板変性と腰痛

    渡邉 剛広, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   12 ( 4 )   S95   2020年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Headache in Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy.

    Yabuki S, Takatsuki K, Otani K, Nikaido T, Watanabe K, Kato K, Kobayashi H, Handa JI, Konno S.

    Pain Research & Management   2020   8856088   2020年9月( ISSN:12036765

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1155/2020/8856088

    PubMed

  • Detection of reduced dopamine transporter availability by <sup>123</sup>I-N-omega-fluoropropyl-2-beta-carbomethoxy-3-beta (4-iodophenyl) nortropane single-photon emission computed tomography in a patient of frontotemporal dementia with motor neuron disease

    Kobayashi R., Hayashi H., Kawakatsu S., Nagasawa H., Koyama S., Ishizawa K., Otani K.

    Psychogeriatrics   20 ( 5 )   799 - 801   2020年9月( ISSN:13463500

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/psyg.12584

    PubMed

  • Phenoconversion from rapid eye movement sleep behaviour disorder to multiple system atrophy is predicted by abnormal dopamine transporter imaging combined with normal <sup>123</sup>I-metaiodobenzylguanidine myocardial scintigraphy: a case report

    Kobayashi R., Hayashi H., Kawakatsu S., Morioka D., Iseki C., Ishizawa K., Otani K.

    Psychogeriatrics   20 ( 5 )   807 - 809   2020年9月( ISSN:13463500

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/psyg.12543

    PubMed

  • 高齢の身体表現性障害患者における脳血流の変化

    戸田亘,松本純弥,石井士朗,板垣俊太郎,大谷晃司,青木俊太郎,三浦至,志賀哲也,松本貴智,菅原茂耕,山國遼,箱﨑元晴,渡邊宏剛,矢吹省司,二階堂琢也,渡邉和之,加藤欽志,小林洋,伊藤浩,紺野愼一,矢部博興

    精神神経学雑誌   2020 ( 特別 )   S298   2020年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛性間欠跛行における傍脊柱筋の脂肪浸潤割合の意義

    中村 正隆, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 8 )   S1663   2020年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛診療ガイドライン2019(改定第2版)のポイント

    大谷 晃司

    日本薬剤師会雑誌   72 ( 9 )   951 - 957   2020年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 気分障害が併存する慢性疼痛患者に対する集団行動活性化療法の試み

    横倉俊也,青木俊太郎,戸田亘,松本純弥,大谷晃司,本谷亮,上田由桂,大西真央,志賀可奈子,川嶋彩花,板垣俊太郎,三浦至,矢部 博興

    精神神経学雑誌   2020 ( 特別 )   S571   2020年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛診療ガイドライン2019(改定第2版)のポイント

    大谷 晃司

    日本薬剤師会雑誌   72 ( 9 )   951 - 957   2020年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛診療ガイドライン2019(改訂第2版)のポイント

    大谷 晃司

    日本薬剤師会雑誌   72 ( 9 )   951 - 957   2020年9月( ISSN:0369-674X

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 腰痛性間欠跛行における傍脊柱筋の脂肪浸潤割合の意義

    中村 正隆, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 8 )   S1663   2020年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛および腰痛特異的機能障害とMRI画像におけるシュモール結節との関係

    渡邉 剛広, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   32 ( 3 )   425   2020年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器難治性疼痛に対する多職種連携の現状と課題

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田隼一, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   32 ( 3 )   311   2020年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎疾患における神経障害性疼痛の診断と特徴

    二階堂 琢也, 関口 美穂, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 大谷晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   32 ( 3 )   307   2020年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【高齢者慢性疼痛治療の現状と課題】高齢者の慢性疼痛に対する心理療法

    青木 俊太郎, 大谷 晃司, 矢部 博興

    Progress in Medicine   40 ( 8 )   845 - 849   2020年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【高齢者の慢性疼痛治療の現状と課題】高齢者の慢性疼痛に対する心理療法

    青木 俊太郎, 大谷 晃司, 矢部 博興

    Progress in Medicine   40 ( 8 )   845 - 849   2020年8月( ISSN:0287-3648

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Risk Factors of Nonunion After Acute Osteoporotic Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study.

    Inose H, Kato T, Ichimura S, Nakamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Tokuhashi Y, Ohba T, Haro H, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A.

    Spine (Phila Pa 1976)   45 ( 13 )   895 - 902   2020年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.197/BRS.0000000000003413

    PubMed

  • コミュニケーション講義が医学生のコミュニケーションを行う自信に与える影響

    青木 俊太郎, 竹林 由武, 色摩 弥生, 大谷 晃司

    医学教育   51 ( Suppl )   114   2020年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域体験実習を通して醸成されるプロフェッショナリズムに関する検討

    安田 恵, 色摩 弥生, 坂本 信雄, 青木 俊太郎, 末永 博紀, 安井 清孝, 諸井陽子, 唐 尊一, マハム・スタンヨン, 大谷 晃司

    医学教育   51 ( Suppl )   139   2020年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • タトゥシールを用いた身体診察模擬患者へのムラージュ

    諸井 陽子, 色摩 弥生, 坂本 信雄, 安田 恵, 安井 清孝, 青木 俊太郎, 末永博紀, 唐 尊一, Maham Stanyon, 大谷 晃司

    医学教育   51 ( Suppl )   189   2020年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Moodleを活用した臨床実習の双方向性評価システムの構築

    唐 尊一, 坂本 信雄, 色摩 弥生, 諸井 陽子, 安井 清孝, 青木 俊太郎, 末永博紀, 安田 恵, マハム・スタンヨン, 大谷 晃司

    医学教育   51 ( Suppl )   203   2020年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture.

    Inose H, Kato T, Ichimura S, Nakamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Tokuhashi Y, Ohba T, Haro H, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A.

    Journal of Orthopaedic Science   26 ( 3 )   453 - 458   2020年6月( ISSN:09492658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/J.Jos.2020.04.015

    PubMed

  • Delusions without hallucinations after midbrain infarction

    Sakamoto K., Yokoi K., Kawakatsu S., Kobayashi R., Kunihiro K., Okada O., Sato Y., Otani K., Hirayama K.

    Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences   32 ( 3 )   302 - 304   2020年6月( ISSN:08950172

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1176/appi.neuropsych.19040097

    PubMed

  • Morphological characterisation of glial and neuronal tau pathology in globular glial tauopathy (Types II and III)

    Tanaka H., Toyoshima Y., Kawakatsu S., Kobayashi R., Yokota O., Terada S., Kuroda S., Miura T., Higuchi Y., Otsu H., Sanpei K., Otani K., Ikeuchi T., Onodera O., Kakita A., Takahashi H.

    Neuropathology and Applied Neurobiology   46 ( 4 )   344 - 358   2020年6月( ISSN:03051846

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/nan.12581

    PubMed

  • 頚椎後方固定術中の椎骨動脈損傷により、巨大な仮性動脈瘤を形成した1例

    半田 隼一, 大谷 晃司, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   63 ( 1 )   177   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢で発症した Clay-shoveler’s fracture の一例

    佐藤 俊樹, 大谷 晃司, 半田 隼一, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   63 ( 1 )   176 - 177   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島医大における脊椎脊髄外科の臨床研究への取り組み-腰部脊柱管狭窄診断サポートツール全国多施設研究(DISTO project)-

    小林 洋, 関口 美穂, 米本 孝二, 角間 辰之, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 半田 隼一, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   63 ( 1 )   172   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼの使用経験

    小林 賢司, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   63 ( 1 )   165   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄症における認知症が術後疼痛と機能に与える影響について

    石川 圭佑, 半田 隼一, 笹島 功一, 相澤 利武, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 大谷 晃司

    東北整形災害外科学会雑誌   63 ( 1 )   127   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 重度骨粗鬆症例に対する脊椎固定術の工夫 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節に対する手術療法 平成における当科の治療法変遷

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 半田 隼一, 矢吹省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   63 ( 1 )   82   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 難治性・多発性化膿性脊椎炎に対する長範囲後方固定 一例報告

    小林 良浩, 渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田隼一, 紺野 慎一, 富永 亮司

    東北整形災害外科学会雑誌   63 ( 1 )   178   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MRIによる頸椎椎間板変性の評価 腰椎と頸椎の分類法の比較

    大瀧 遥, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 慎一

    Journal of Spine Research   11 ( 6 )   890 - 896   2020年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 専門医試験をめざす症例問題トレーニング 脊椎・脊髄疾患

    大谷 晃司

    臨床整形外科   71 ( 5 )   470 - 473   2020年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県立医科大学における臨床実習改革に向けた多面的アプローチ

    坂本 信雄, 唐 尊一, 木村 隆, 濱口 杉大, 橋本 優子, 色摩 弥生, 大谷 晃司

    福島医学雑誌   70 ( 1 )   41 - 61   2020年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【脊椎脊髄疾患に対する分類・評価法】(第3章)腰椎 神経性間欠跛行の分類(解説/特集)

    大谷 晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   33 ( 4 )   340 - 341   2020年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【脊椎脊髄疾患に対する分類・評価法】(第3章)腰椎 神経性間欠跛行の分類

    大谷 晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   33 ( 4 )   340 - 341   2020年4月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 腰部脊柱管狭窄における神経障害形式がQOLに与える影響

    半田 隼一, 大谷 晃司, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 矢吹省司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S121   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MRI横断像を用いた腰椎所見の判定評価 評価別の検者内/検者間信頼性の検討

    伏見 友希, 大谷 晃司, 中村 正隆, 関口 美穂, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S184   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ロコモ25と運動機能テストの関係 地域在住住民2551名での検討

    小林 孝臣, 森本 忠嗣, 小野 玲, 大谷 晃司, 馬渡 正明

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S207   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器加齢性疾患の予防法と治療法の開発に向けた統合的アプローチ ロコモティブシンドロームと認知機能との関係

    大谷 晃司, 紺野 愼一, 関口 美穂, 小野 玲

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S485   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する身体所見の意義 一般住民における10年経過観察

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S1128   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄の無症候性狭窄は症候性狭窄となるか 術後10年経過例での検討

    渡邉 和之, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 大谷 晃司, 矢吹省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S122   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチ

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田隼一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   74   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸椎椎間板変性のMRIによる評価と疼痛の関連の検討

    大瀧 遥, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   127   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 下肢深部反射に影響を与える因子の検討 南会津スタディより

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林洋, 半田 隼一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   172   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎MRIにおける腰椎椎間板変性と腰痛との関係 南会津スタディより

    渡邉 剛広, 大谷 晃司, 大瀧 遥, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   173   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 野球選手の腰痛に対する病態評価 診断的ブロックを用いた疼痛分析

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林洋, 半田 隼一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   268   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎変性すべりを伴う腰部脊柱管狭窄に対する除圧術の長期成績 術後10年での検討

    渡邉 和之, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   461   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄術後における、術後経過の基準値 JOABPEQによる患者立脚型評価と足10秒テストによる定量評価を用いた5年フォローアップによる検討

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 半田 隼一, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   465   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 性の違いが腰部脊柱管狭窄症状を有する地域在住住民のQOLに与える影響 南会津スタディより

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   511   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎制動術の長期生存率 最長28年までの後ろ向き調査

    太田 昌博, 金山 雅弘, 大谷 晃司, 大羽 文博, 田中 将, 辻本 武尊, 吉川 慶, 百貫 亮太, 長谷川 裕一, 橋本 友幸, 紺野 愼一, 岩崎 倫政

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   623   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄に対する除圧術の適応の限界 術後5年での検討

    渡邉 和之, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   673   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 傍脊柱筋の退行性変化と脊椎圧迫骨折、腰痛性間欠跛行との関係

    中村 正隆, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   11 ( 3 )   632   2020年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lessons from and perspectives for healthcare student volunteer activities after the Fukushima disaster

    Kawashima M, Murakami M, Saito T, Oyama I, Tauchi M, Oikawa K, Sekine M, Sekine T, Ozawa N, Saito Y, Yamaji H, Yagiuchi Y, Kumagai A, Otani K

    Radioprotection   55 ( 4 )   271 - 276   2020年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Utility of Easy Z -Score Imaging System-Assisted SPECT in Detecting Onset Age-Dependent Decreases in Cerebral Blood Flow in the Posterior Cingulate Cortex, Precuneus, and Parietal Lobe in Alzheimer's Disease with Amyloid Accumulation

    Hayashi H., Kobayashi R., Kawakatsu S., Morioka D., Otani K.

    Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra   10 ( 2 )   63 - 68   2020年( ISSN:1664-5464

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1159/000507654

    PubMed

  • 医学生の医学用語に対する認知と理解の習熟過程

    菅原 亜紀子, 諸井 陽子, 小林 元, 大谷 晃司, 石川 和信

    医学教育   50 ( 6 )   563 - 567   2019年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Level of Low Back Pain-Related Disability Is Associated with Risk of Subsequent Falls in an Older Population: Locomotive Syndrome and Health Outcomes in Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Kimachi K, Kimachi M, Takegami M, Ono R, Yamazaki S, Goto Y, Onishi Y, Sekiguchi M, Otani K, Konno SI, Kikuchi SI, Fukuhara S, Yamamoto Y

    Pain Med   2377 ( 2384 )   2019年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Coexistence of Chronic Musculoskeletal Pain and Depressive Symptoms and Their Combined and Individual Effects on Onset of Disability in Older Adults: A Cohort Study.

    Murata S, Ono R, Omata J, Endo T, Otani K

    J Am Med Dir Assoc   20 ( 10 )   1263 - 1267   2019年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸椎椎間板変性のMRIによる各種評価法の再現性の比較

    大瀧 遥, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1646   2019年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般地域住民における脊柱・骨盤矢状面アライメントとQOLの関連性の検討

    富永 亮司, 大谷 晃司, 岩渕 真澄, 菊地 臣一, 白土 修, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1727   2019年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における頸髄圧迫と臨床症状の疫学調査

    平井 亨, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1727   2019年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎外科における新技術 頸椎疾患に対する脊椎内視鏡とO-armナビゲーション併用手術の有用性

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 半田 隼一, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   31 ( 3 )   241   2019年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Acute pseudogout lumbar discitis resembling acute pyelonephritis in an elderly woman.

    Hakozaki M, Sekine T, Otani K, Konno S

    Intern Med J   49 ( 8 )   1048 - 1050   2019年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • アザチオプリンは、潰瘍性大腸炎治療に対するタクロリムス投与で誘導される長期寛解の維持に有用である 治療の逆確率重み付け解析(Azathioprine Is Useful for Maintaining Long-term Remission Induced by Tacrolimus for the Treatment of Ulcerative Colitis: An Inverse Probability of a Treatment Weighing Analysis)

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Sugita Naoko, Itani Shigehiro, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Kakimoto Kazuki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   58 ( 16 )   2305 - 2313   2019年8月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 大学入学前の人体・健康教育に関する分析および教科書間の比較

    神田 正樹, 木下 瑠菜, 楯 和馬, 小野 将寛, 古矢 野々香, 垣野内 景, 大谷 晃司, 挟間 章博

    医学教育   50 ( Suppl )   248   2019年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県立医科大学と東北大学医学科の比較 災害教育の変遷

    新津 順也, 大山 伊吹, 鈴木 禄貴, 岡村 悠里, 秋本 愛美, 江角 愛, 川島 萌, 桜井 睦美, 鈴木 早也香, 増田 千晴, 加賀谷 豊, 大谷 晃司

    医学教育   50 ( Suppl )   161   2019年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 早期臨床体験実習のバックヤード見学が学生に与える影響

    色摩 弥生, 青木 俊太郎, 坂本 信雄, 末永 博紀, 唐 尊一, 千葉 靖子, 諸井 陽子, 安井 清孝, 大谷 晃司

    医学教育   50 ( Suppl )   198   2019年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SP参加型医療面接実習での学生の自己効力感に対するフィードバックの影響

    青木 俊太郎, 色摩 弥生, 安井 清孝, 諸井 陽子, 坂本 信雄, 末永 博紀, 唐 尊一, 千葉 靖子, 大谷 晃司

    医学教育   50 ( Suppl )   223   2019年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 臨床実習へのモデル・コア・カリキュラムの活用と自己評価表の導入 国際認証受審に向けた本学の取組み

    坂本 信雄, 唐 尊一, 色摩 弥生, 大谷 晃司

    医学教育   50 ( Supple )   111   2019年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑑別疾患想起能力に対する症候論講義とTBL授業の比較

    安井 清孝, 色摩 弥生, 坂本 信雄, 青木 俊太郎, 諸井 陽子, 末永 博紀, 唐 尊一, 千葉 靖子, 大谷 晃司

    医学教育   50 ( Suppl )   112   2019年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 医学部のおけるチーム基盤型学習(TBL)の導入に関する全国調査

    諸井 陽子, 色摩 弥生, 安井 清孝, 青木 俊太郎, 千葉 靖子, 坂本 信雄, 唐 尊一, 末永 博紀, 大谷 晃司

    医学教育   50 ( Suppl )   111   2019年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本人成人における肥満と裂孔ヘルニアは食道好酸球浸潤の非アレルギー性危険因子である可能性がある(Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults)

    Tanaka Fumio, Fukumoto Shinya, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   16 ( 3 )   309 - 315   2019年7月( ISSN:1612-9059

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 腰部脊柱管狭窄症患者における日本整形外科学会腰痛評価質問票の基準値およびQOL悪化の特徴 腰部脊柱管狭窄症診断支援ツール DISTOプロジェクト(Reference values of the Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire in patients with lumbar spinal stenosis and characteristics of deterioration of QOL: Lumbar Spinal Stenosis Diagnosis Support Tool: DISTO project)

    Kobayashi Hiroshi, Sekiguchi Miho, Yonemoto Koji, Kakuma Tatsuyuki, Tominaga Ryoji, Kato Kinshi, Watanabe Kazuyuki, Nikaido Takuya, Otani Koji, Yabuki Shoji, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi, DISTO project working group

    Journal of Orthopaedic Science   24 ( 4 )   584 - 589   2019年7月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 多発椎体骨折を契機に発見された続発性骨粗鬆症の1例

    富永 亮司, 矢吹 省司, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也,大谷 晃司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   173   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎砂時計腫術後15年で頚椎砂時計腫を発症した1例

    結城 拓也, 渡邉 和之, 大谷 晃司, 小林 洋, 加藤 欽志, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   205   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 転移性髄内腫瘍の治療経験(1例報告)

    國島 麻実子, 渡邉 和之, 小林 洋, 加藤 欽志, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   204 - 205   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 幼児環軸関節亜脱臼の治療経験 一例報告

    草野 敬悟, 渡邉 和之, 小林 洋, 加藤 欽志, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   204   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県における脊椎外科手術レジストリの現状

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   201   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住後期高齢者においてソーシャルフレイルと認知機能低下は腎臓機能低下と関連するか?

    小野 玲, 村田 峻輔, 内田 一彰, 小俣 純一, 遠藤 達矢, 大谷 晃司

    日本老年医学会雑誌   56 ( suppl )   116 - 117   2019年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住後期高齢者においてソーシャルフレイルと認知機能低下は腎機能低下と関連するか?

    小野 玲, 村田 峻輔, 内田 一彰, 小俣 純一, 遠藤 達矢, 大谷 晃司

    日本老年医学会雑誌   2019年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 重症併存症がみられる患者の早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の晩期成績 傾向スコアを用いた比較解析(Long-term outcome of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in patients with severe comorbidities: a comparative propensity score analysis)

    Tanoue Kojiro, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Gastric Cancer   22 ( 3 )   558 - 566   2019年5月( ISSN:1436-3291

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 医学生のアンプロフェッショナルな行動を防ぐための特別授業の報告 飲酒と性暴力

    色摩 弥生, 刑部 有祐, 大谷 晃司

    福島医学雑誌   69 ( 1 )   19 - 30   2019年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Globular glial tauopathy Type II: Clinicopathological study of two autopsy cases

    Tanaka H., Kawakatsu S., Toyoshima Y., Miura T., Mezaki N., Mano A., Sanpei K., Kobayashi R., Hayashi H., Otani K., Ikeuchi T., Onodera O., Kakita A., Takahashi H.

    Neuropathology   39 ( 2 )   111 - 119   2019年4月( ISSN:09196544

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1111/neup.12532

    PubMed

  • 日本人被験者においてBarrett食道は好酸球性食道炎と負に関連する(Barrett's esophagus is negatively associated with eosinophilic esophagitis in Japanese subjects)

    Takashima Shingo, Tanaka Fumio, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   16 ( 2 )   168 - 173   2019年4月( ISSN:1612-9059

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • ロコモティブシンドロームの経年的変化

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S809   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MRIによる頸椎椎間板変性の評価 各種評価法の比較

    大瀧 遥, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S698   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 10秒テストと握力を用いた頸髄症スクリーニングツールの開発 利き手と左右差を用いたスコアリングシステム

    小林 洋, 大谷 晃司, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S505   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 学童期バスケットボール選手の腰痛 -メディカルサポートは有用かー

    渡邉 和之, 大歳 憲一, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   430 - 430   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 10秒テストと握力を用いた頸髄症スクリーニングツールの開発 利き手と左右差を用いたスコアリングシステム

    小林 洋, 大谷 晃司, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S505   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛の大規模疫学研究 一般住民における腰部脊柱管狭窄症と腰痛との関係 南会津スタディより

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 二階堂 琢也, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   309   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎疾患による神経障害性疼痛の特徴 痛みの認知 心理的問題 QOLとの関係

    二階堂 琢也, 関口 美穂, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   122   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 感染性心内膜炎を合併した化膿性脊椎炎の特徴

    森本 忠嗣, 前田 和政, 寺島 嘉紀, 宮腰 尚久, 大谷 晃司, 寒竹 司, 中村 英一郎, 信藤 真理

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   728   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎部硬膜管面積と転倒との関係ー横断研究ー

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   612   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 足10秒テストを用いた、腰仙椎部疾患における下肢運動機能の定量評価 -第2報:術後5年フォローアップによる経時的変化の検討ー

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   610   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における腰部脊柱管狭窄の実態-硬膜管の横断面積は10年後の腰部脊柱管狭窄症状の存在を予測できるか-

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   547   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における傍脊柱筋の脂肪変性と腰部脊柱管狭窄との関係ー南会津スタディー

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 関口 美穂, 猪狩 貴弘, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   545   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MRIによる頚椎椎間板変性の各種評価法の比較

    大瀧 遥, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   544   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 野球選手における腰椎終末期分離の存在は競技生活に影響するか?

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   432 - 432   2019年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of Rigid and Soft-Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture: A Prospective, Randomized, Multicenter Study.

    Kato T, Inose H, Ichimura S, Tokuhashi Y, Nakamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Haro H, Ohba T, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Tateishi U, Tomita M, Takemasa R, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A

    Journal of clinical medicine   8 ( 2 )   2019年2月( ISSN:2077-0383

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3390/jcm8020198

    PubMed

  • Association Between the Discrepancy in Self-Reported and Performance-Based Physical Functioning Levels and Risk of Future Falls Among Community-Dwelling Older Adults: The Locomotive Syndrome and Health Outcomes in Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Kamitani T, Yamamoto Y, Fukuma S, Ikenoue T, Kimachi M, Shimizu S, Yamamoto S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Yamazaki S, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    J Am Med Dir Assoc   20 ( 2 )   159 - 200   2019年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本人被験者における機能性ディスペプシアと陥凹型胃びらんとの関連性(Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects)

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   58 ( 3 )   321 - 328   2019年2月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Reference values of the Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire in patients with lumbar spinal stenosis and characteristics of deterioration of QOL: Lumbar Spinal Stenosis Diagnosis Support Tool: DISTO project.

    Kobayashi H, Sekiguchi M, Yonemoto K, Kakuma T, Tominaga R, Kato K, Watanabe K, Nikaido T, Otani K, Yabuki S, Kikuchi SI, Konno SI, DISTO project working group.

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 4 )   584 - 589   2019年1月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jos.2018.11.022

    PubMed

  • Longitudinal Association Between Subjective Fatigue and Future Falls in Community-Dwelling Older Adults: The Locomotive Syndrome and Health Outcomes in the Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Kamitani T, Yamamoto Y, Kurita N, Yamazaki S, Fukuma S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    J Aging Health   31 ( 1 )   67 - 84   2019年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新専門医制度についてー総論ー

    大谷 晃司

    福島県立医科大学医学部同窓会報   ( 48 )   2019年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 福島県全体の臨床医学教育力アップに向けた取り組み

    大谷 晃司

    福島医学雑誌   69 ( 1 )   43 - 49   2019年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Assessment of amyloid deposition in patients with probable REM sleep behavior disorder as a prodromal symptom of dementia with lewy bodies using PiB-PET

    Kobayashi R., Hayashi H., Kawakatsu S., Okamura N., Yoshioka M., Otani K.

    Frontiers in Neurology   10 ( JUN )   671   2019年( ISSN:1664-2295

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.3389/fneur.2019.00671

    PubMed

  • Association Between the Discrepancy in Self-Reported and Performance-Based Physical Functioning Levels and Risk of Future Falls Among Community-Dwelling Older Adults: The Locomotive Syndrome and Health Outcomes in Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Kamitani T, Yamamoto Y, Fukuma S, Ikenoe T, Kimachi M, Shimizu S, Yamamoto S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Yamazaki S, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Journal of the American Medical Directors Association   20 ( 2 )   195 - 200   2018年11月( ISSN:1525-8610

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jamda.2018.09.009

    PubMed

  • Magnitude of dural tube compression does not show a predictive value for symptomatic lumbar spinal stenosis for 1-year follow-up: a prospective cohort study in the community.

    Otani K, Kikuchi SI, Nikaido T, Konno SI

    Clinical interventions in aging   13   1739 - 1746   2018年9月( ISSN:1176-9092

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2147/CIA.S171049

    PubMed

  • Postoperative neck symptoms of posterior approach for cervical compressive myelopathy: Expansive open-door laminoplasty vs. segmental partial laminectomy

    Otani K., Iwabuchi M., Sato K., Konno S., Kikuchi S.

    Fukushima journal of medical science   64 ( 2 )   54 - 59   2018年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2017-20

    PubMed

  • Association Between Subjective Sleep Quality and Future Risk of Falls in Older People: Results From LOHAS.

    Takada S, Yamamoto Y, Shimizu S, Kimachi M, Ikenoue T, Fukuma S, Onishi Y,Takegami M, Yamazaki S, Ono R, Sekiguchi M, Otani K, Kikuchi SI, Konno SI,Fukuhara S.

    The Journals of Gerontology   73 ( 9 )   1205 - 1211   2018年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/gerona/glx123.

  • Postoperative neck symptoms of posterior approach for cervical compressive myelopathy: Expansive open-door laminoplasty vs. segmental partial laminectomy(和訳中)

    Otani Koji, Iwabuchi Masumi, Sato Katsuhiko, Konno Shinichi, Kikuchi Shinichi

    Fukushima Journal of Medical Science   64 ( 2 )   54 - 59   2018年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • プロ野球選手における胸部黄色靱帯骨化症の特徴 年齢と性をマッチさせた対照例との比較

    Kato Kinshi, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 沼崎 広法, 紺野 愼一

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   38 ( 4 )   470   2018年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎障害および最先端のconditioning プロのスポーツ選手における腰部椎間関節痛の診断と治療

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 紺野 愼一

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   38 ( 4 )   464   2018年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における頸髄圧迫と臨床症状との関係 錐体路徴候

    平井 亨, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 8 )   S1962   2018年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【骨・関節疾患の診療の最前線(I)】 歩くときの痛みと腰部脊柱管狭窄症の治療

    大谷 晃司

    医学と薬学   75 ( 8 )   925 - 933   2018年7月( ISSN:0389-3898

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外傷初期診療セミナーの参加学生の講義内容への理解度に関する検討

    田内 雅士, 佐竹 秀一, 大谷 晃司

    医学教育   49 ( Suppl )   261   2018年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県立医科大における災害・放射線医学教育の変遷

    鈴木 禄貴, 大山 伊吹, 小澤 尚弥, 守屋 伶香フローラ, 千葉 菜々絵, 福地 雄二, 坂本 隆二, 遠藤 伊栞, 岡村 悠里, 山田 祈乃里, 大谷 晃司

    医学教育   49 ( Suppl )   252   2018年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大学入学前の人体・健康教育に関する分析

    神田 正樹, 木下 瑠菜, 楯 和馬, 遠藤 知里, 垣野内 景, 大谷 晃司, 後藤 あや, 挾間 章博

    医学教育   49 ( Suppl )   248   2018年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 医学用語によって異なる医学生の用語認知と説明能力の習熟パターン

    菅原 亜紀子, 諸井 陽子, 小林 元, 大谷 晃司, 石川 和

    医学教育   49 ( Suppl )   225   2018年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎分離症に対するO-armと脊椎内視鏡を用いた最小侵襲分離部修復術 1例報告

    富永 亮司, 矢吹 省司, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邊 和之, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   236   2018年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄におけるMRI所見の比較 腰椎検診参加者を対象とした検討

    須藤 一達, 渡邉 和之, 平井 亨, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   156 - 157   2018年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における頸髄圧迫と臨床症状との関係 自覚症状と錐体路徴候

    平井 亨, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    PAIN RESEARCH   33 ( 2 )   126   2018年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prospective one-year follow-up of lumbar spinal stenosis in a regional community.

    Otani K, Kikuchi SI, Yabuki S, Onda A, Nikaido T, Watanabe K, Konno SI

    Journal of pain research   11   455 - 464   2018年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2147/JPR.S148402

    PubMed

  • 運動器慢性痛と抑うつ症状の組み合わせによる日常生活動作障害発症への影響

    村田 峻輔, 小野 玲, 小俣 純一, 遠藤 達矢, 大谷 晃司

    日本老年医学会雑誌   55 ( Suppl )   137   2018年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における膝痛、腰痛、および転倒との関連性 LOHAS

    福田 宏成, 遠藤 達矢, 富永 亮司, 岩渕 真澄, 関口 美穂, 大谷 晃司, 白土 修, 紺野 慎一

    運動器リハビリテーション   29 ( 2 )   151   2018年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ロコモティブシンドロームを有した地域在住高齢者における座位時間と糖尿病の関係

    小野 玲, 村田 峻輔, 小俣 純一, 遠藤 達矢, 大谷 晃司

    日本老年医学会雑誌   55 ( Suppl )   143   2018年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Beauty parlor stroke syndrome due to a bone fragment from an osteophyte of the atlas: case report.

    Kameda T, Otani K, Tamura T, Konno S

    Journal of neurosurgery. Spine   28 ( 4 )   389 - 394   2018年4月( ISSN:1547-5654

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3171/2017.7.SPINE17226

    PubMed

  • Association between vision-specific quality of life and falls in community-dwelling older adults: LOHAS.

    Niihata K, Fukuma S, Hiratsuka Y, Ono K, Yamada M, Sekiguchi M, Otani K, Kikuchi S, Konno S, Fukuhara S

    PloS one   13 ( 4 )   e0195806   2018年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0195806

    PubMed

  • 福島県立医科大学医学部における臨床実習の課題克服に向けての一提案 医学部5・6年生が指導した1年生の臨床検査実習についての検討

    坂本 信雄, 小林 淳, 杉本 浩一, 色摩 弥生[亀岡], 竹石 恭知, 大谷 晃司

    福島医学雑誌   68 ( 1 )   47 - 55   2018年4月( ISSN:0016-2582

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県立医科大学の臨床実習改革元年(2016年)の現状報告 教員と学生のアンケートによる臨床実習の課題抽出

    色摩 弥生[亀岡], 安井 清孝, 刑部 有祐, 土屋垣内 晶, 中島 大, 安田 恵, 諸井 陽子, 坂本 信雄, 大谷 晃司

    福島医学雑誌   68 ( 1 )   31 - 45   2018年4月( ISSN:0016-2582

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【脊椎脊髄手術の安全性を高める予防と対策】 (第2章)術前 手術患者に対する術前心理的評価法

    大谷 晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   31 ( 4 )   295 - 302   2018年4月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県初期研修医に対するアンケートからみるエコーハンズオンセミナーの有用性

    高野 真澄, 大谷 晃司

    超音波医学   45 ( Suppl )   S776   2018年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新専門医制度下の専門医研修の目指すところと今後の展望 医学部や卒後の臨床医学教育の目指すところと整形外科

    大谷 晃司

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S35   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般住民における肩こりと頸部痛の差異 健康関連QOLの検討

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S223   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般住民における背筋力と脊柱矢状面アライメントとの関連 Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study(LOHAS)

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 関口 美穂, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   787   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部傍脊柱筋の退行性変化と神経性間欠跛行との関係 南会津スタディ

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 関口 美穂, 猪狩 貴弘, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   654   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄は転倒の危険因子となるか? 縦断研究

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   653   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 10秒テストと握力を組み合わせた、新しい頸髄症スクリーニングツールの開発 南会津スタディ

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 富永 亮司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   490   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄に対する棘突起縦割式切除術の有効性の検討 系統レビューとメタアナリシス

    富永 亮司, 二階堂 琢也, 小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   360   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄に対する保存治療は自然経過と比較してQOLを改善するか? Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study(LOHAS)

    加藤 欽志, 大谷 晃司, 関口 美穂, 矢吹 省司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 富永 亮司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   319   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊柱矢状面アライメントと頸部愁訴との関連 Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study(LOHAS)

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 関口 美穂, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   230   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ロコモティブシンドロームと認知機能との関係

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S1157   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における傍脊柱筋の退行性変化と腰部脊柱管狭窄との関係 南会津スタディ

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 関口 美穂, 猪狩 貴弘, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S1098   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 自記式腰部脊柱管狭窄診断サポートツールは、腰部脊柱管狭窄の重症度を評価できるか(第1報) 地域住民における横断調査

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S832   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般住民における腰痛性間欠跛行に関連する因子の検討 南会津スタディ

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 関口 美穂, 猪狩 貴弘, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S829   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 握力を用いた頸部脊髄症のスクリーニングの有用性 南会津スタディ 年齢階層別・性別のカットオフ値の検討

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 富永 亮司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S723   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日整会プロジェクト研究が発展させた脊髄脊椎疾患治療 腰部脊柱管狭窄症のpopulation-based study

    矢吹 省司, 関口 美穂, 大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S555   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 10秒テストと握力を組み合わせた、新しい頸髄症スクリーニングツールの開発 南会津スタディ

    小林 洋, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 富永 亮司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   490   2018年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Surgical Outcomes of Cervical Myelopathy in Patients with Athetoid Cerebral Palsy: A 5-year Follow-Up.

    Watanabe K, Otani K, Nikaido T, Kato K, Kobayashi H, Yabuki S, Kikuchi SI, Konno SI.

    Asian Spine   11 ( 6 )   928 - 934   2017年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4184/asj.2017.11.6.928

    PubMed

  • 脊椎外科における内視鏡手術の未来 頸椎疾患における脊椎内視鏡手術の現状と未来 

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   WS-2   2017年12月( ISSN:1344-6703

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impairment of triad conditioned facilitation in amyotrophic lateral sclerosis.

    Groiss SJ, Mochizuki H, Hanajima R, Trenado C, Nakatani-Enomoto S, Otani K, Ugawa Y.

    Amyotroph Lateral Scler Frontotemporal Degener   18 ( 7-8 )   604 - 610   2017年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1080/21678421.2017.1321676

    PubMed

  • 難治性慢性疼痛に対するリエゾン診療

    大谷 晃司

    臨床整形外科   52 ( 11 )   1045 - 1048   2017年11月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lecture 難治性慢性疼痛に対するリエゾン診療

    大谷 晃司

    臨床整形外科   52 ( 11 )   1045 - 1048   2017年11月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域住民における頸部脊髄症と脊椎神経根症の自然経過 10年フォローアップ

    平井 亨, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Psin Research   9 ( 3 )   S51   2017年10月( ISSN:2186-2796

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器慢性痛患者における痛みの認知と心理的要因の特徴 脊椎疾患と関節疾患との比較

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 関口 美穂, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   9 ( 3 )   S54   2017年10月( ISSN:2186-2796

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Short-term effect of back school based on cognitive behavioral therapy involving multidisciplinary collaboration.

    Motoya R, Otani K, Nikaido T, Ono Y, Matsumoto T, Yamagishi R, Yabuki S, Konno SI, Niwa SI, Yabe H.

    Fukushima Journal of Medical Science   63 ( 2 )   81 - 89   2017年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2016-07

    PubMed

  • Vertebral fracture at the caudal end of a surgical fusion for thoracic vertebral fracture in a patient with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis (DISH).

    Kobayashi H, Otani K, Watanabe K, Kato K, Nikaido T, Yabuki S, Kikuchi SI, Konno SI.

    Fukushima Journal of Medical Science   63 ( 2 )   112 - 115   2017年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2016-10.

    PubMed

  • 膝窩部痛を契機に診断された先天性皮膚洞

    渡邉 和之, 加藤 欽志, 富永 亮司, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   29 ( 3 )   276   2017年8月( ISSN:1342-7784

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • び漫性特発性骨増殖症(DISH)患者の胸椎骨折に対する外科的融合の尾方端における椎体骨折(Vertebral fracture at the caudal end of a surgical fusion for thoracic vertebral fracture in a patient with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis(DISH))

    Kobayashi Hiroshi, Otani Koji, Watanabe Kazuyuki, Kato Kinshi, Nikaido Takuya, Yabuki Shoji, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   63 ( 2 )   112 - 115   2017年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 集学的アプローチを含む認知行動療法に基づいた腰痛教室の短期効果(Short-term effect of back school based on cognitive behavioral therapy involving multidisciplinary collaboration)

    Motoya Ryo, Otani Koji, Nikaido Takuya, Ono Yoko, Matsumoto Takatomo, Yamagishi Ryohei, Yabuki Shoji, Konno Shin-ichi, Niwa Shin-ichi, Yabe Hirooki

    Fukushima Journal of Medical Science   63 ( 2 )   81 - 89   2017年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Longitudinal Assosiation Between Subjective Fatigue and Fututre Falls in Community-Dwelling Older Adults: The Locomotive Syndrome and Health Outcomes in the Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Kamitani T, Yamamoto Y, Kurita N, Yamazaki S, Fukuma S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.

    J Aging Health   2017年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1177/0898264317721825

    PubMed

  • Bowel/bladder dysfunction and numbness in the sole of the both feet in lumbar spinal stenosis - A multicenter cross-sectional study.

    Watanabe K, Sekiguchi M, Yonemoto K, Nikaido T, Kato K, Otani K, Yabuki S, KakumaT, Kikuchi SI, Konno SI; DISTO-project working group.

    Journal of Orthopaedic Science   22 ( 4 )   647 - 651   2017年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jos.2017.04.006

    PubMed

  • 腰部脊柱管狭窄の特異的QOL尺度 JOABPEQの性・年齢階層別基準値の測定 多施設共同横断研究(DISTOプロジェクト)

    小林 洋, 関口 美穂, 米本 孝二, 角間 辰之, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   52 ( 7 )   631 - 637   2017年7月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄における直腸/膀胱機能障害と両足底の痺れ 多施設横断研究(Bowel/bladder dysfunction and numbness in the sole of the both feet in lumbar spinal stenosis: A multicenter cross-sectional study)

    Watanabe Kazuyuki, Sekiguchi Miho, Yonemoto Koji, Nikaido Takuya, Kato Kinshi, Otani Koji, Yabuki Shoji, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji, Kakuma Tatsuyuki, Yonenobu Kazuo, Takahashi Keisuke, Iizuka Hideki, Taguchi Toshihiko, Kanchiku Tukasa, Takeshita Katsushi, Hara Nobuhiro, Tani Toshikazu, Takemasa Ryuichi, Chiba Kazuhiro, Hozogane Naofumi, Nagata Kensei, Sato Kimiaki, Nohara Yutaka, Teneichi Hiroshi, Hoshino Yuichi, Seichi Atsushi, Yamashita Toshihiko, Takebayashi Tsuneo, Yoshida Munehito, Yamada Hiroshi, DISTO-project working group

    Journal of Orthopaedic Science   22 ( 4 )   647 - 651   2017年7月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between subjective sleep quality and future risk of falls in older people: results from LOHAS.

    Takada S, Yamamoto Y, Shimizu S, Kimachi M, Ikenoue Y, Fukuma S, Onishi Y, Takegami M, Yamazaki S, Ono R, Sekiguchi M, Otani K, Kikuchi SI, Konno SI, Fukuhara S.

    J Gerontol A Biol Sci Med Sci   2017年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/gerona/glx123

    PubMed

  • 馬尾障害が急性増悪した腰部脊柱管狭窄の1例

    小林 一貴, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   230   2017年6月( ISSN:1348-8694

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸椎手術時にMayfield3点固定で頭蓋骨骨折を来した2例

    富永 亮司, 渡邉 和之, 小林 洋, 加藤 欽志, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   251   2017年6月( ISSN:1348-8694

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 幼児に発生した胸髄硬膜外血腫の1例

    小林 一貴, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   110 - 114   2017年6月( ISSN:1348-8694

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住高齢者におけるロコモティブシンドローム・ソーシャルプレイルと座位時間の関係

    小野 玲, 村田 峻輔, 大谷 晃司

    日本老年医学会雑誌   54 ( Suppl. )   159   2017年5月( ISSN:0300-9173

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県におけるエコーハンズオンセミナーの役割 初期研修医エコー研修アンケートから

    高野 真澄, 大谷 晃司

    超音波医学   44 ( Suppl. )   S696   2017年4月( ISSN:1346-1176

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住高齢者における運動器慢性疼痛と日常生活動作の関係

    村田 峻輔, 小野 玲, 小俣 純一, 遠藤 達也, 大谷 晃司

    理学療法学   44 ( Suppl.2 )   P-MT-11-2   2017年4月( ISSN:0289-3770

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Complications of spinal surgery for elderly patients with lumbar spinal stenosis in a super-aging country: An analysis of 8033 patients.

    Imajo Y, Taguchi T, Neo M, Otani K, Ogata T, Ozawa H, Miyakoshi N, Murakami H, Iguchi T

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22 ( 1 )   10 - 15   2017年1月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jos.2016.08.014

    PubMed

  • 日本人の頸椎症性脊髄症患者2961例における手術・全身合併症 各種年代の比較(Surgical and general complications in 2,961 Japanese patients with cervical spondylotic myelopathy: Comparison of different age groups)

    Imajo Yasuaki, Taguchi Toshihiko, Neo Masashi, Otani Koji, Ogata Tadanori, Ozawa Hiroshi, Miyakoshi Naohisa, Murakami Hideki, Iguchi Tetsuhiro

    Spine Surgery and Related Research   1 ( 1 )   7 - 13   2017年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 超高齢化社会における腰部脊柱管狭窄症の高齢患者に対する脊椎手術の合併症 患者8033例の分析(Complications of spinal surgery for elderly patients with lumbar spinal stenosis in a super-aging country: An analysis of 8033 patients)

    Imajo Yasuaki, Taguchi Toshihiko, Neo Masashi, Otani Koji, Ogata Tadanori, Ozawa Hiroshi, Miyakoshi Naohisa, Murakami Hideki, Iguchi Tetsuhiro

    Journal of Orthopaedic Science   22 ( 1 )   10 - 15   2017年1月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Surgical and general complications in 2,961 Japanese patients with cervical spondylotic myelopathy: Comparison of different age groups.

    Imajo Y, Taguchi T, Neo M, Otani K, Ogata T, Ozawa H, Miyakoshi N, Murakami H, Iguchi T.

    Spine Surg Relat Res   1 ( 1 )   7 - 13   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.22603/ssrr.1.2016-0007

  • 地域在住高齢者における運動器慢性痛と日常生活動作の関係

    村田 峻輔, 小野 玲, 小俣 純一, 遠藤 達矢, 大谷 晃司

    理学療法学Supplement   2016 ( 0 )   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.14900/cjpt.2016.0164

  • 腰痛に対する医学・相補代替療法の臨床 非特異的腰痛に対する考え方と対応

    大谷 晃司

    日本統合医療学会誌   9 ( 3 )   320 - 320   2016年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 器質的疾患を有する運動器慢性痛患者の運動習慣 痛みの破局的思考・QOLとの関係

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 関口 美穂, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   8 ( 3 )   S54 - S54   2016年10月( ISSN:2186-2796

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 【骨折(四肢・脊椎脊髄外傷)の診断と治療(その1)】 脊椎 脊椎椎体(頸椎・胸椎・腰椎) 軸椎歯突起骨折の治療経験

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    別冊整形外科   ( 70 )   173 - 176   2016年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【慢性腰痛の診断と治療update】 (Part3)臨床<診断> 腰部脊柱管狭窄症評価法

    大谷 晃司

    Bone Joint Nerve   6 ( 4 )   731 - 743   2016年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【神経学的所見に乏しい腰痛の診断と治療】 神経学的所見に乏しい腰痛の診断と治療 腰痛教室

    本谷 亮, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 矢部 博興, 紺野 愼一

    ペインクリニック   37 ( 10 )   1269 - 1276   2016年10月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 生物心理社会モデルに基づいた痛みに対する科学的アプローチ 生物心理社会モデルに基づいた痛みに対する科学的アプローチ 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチ

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   8 ( 2 )   192 - 198   2016年9月( ISSN:2186-2796

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Retinal vessel diameters in a Japanese population: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Tano T, Ono K, Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Onishi Y, Takegami M, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A

    Acta ophthalmologica   94 ( 6 )   e432 - 41   2016年9月( ISSN:1755-375X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/aos.12953

    PubMed

  • Relationship Between Kyphotic Posture and Falls in Community-Dwelling Men and Women: The Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Tominaga R, Fukuma S, Yamazaki S, Sekiguchi M, Otani K, Kikuchi S, Sasaki S, Kobayashi S, Fukuhara S, Konno S

    Spine   41 ( 15 )   1232 - 8   2016年8月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0000000000001602

    PubMed

  • 腰痛の機能的病態診断への挑戦 あきらめたときが非特異的腰痛 プロ野球選手における腰部障害の病態評価への挑戦 診断的ブロックの有用性

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   36 ( 4 )   466 - 466   2016年8月( ISSN:1340-8577

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • スポーツに伴う脊髄障害の病態と治療 アスリートにおける黄色靱帯骨化症 野球選手を中心に

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   36 ( 4 )   470 - 470   2016年8月( ISSN:1340-8577

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 腰痛症の病態と治療 非器質性腰痛の診断と治療

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   28 ( 3 )   202 - 202   2016年8月( ISSN:1342-7784

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 福島災害医療セミナー エマルゴ理解のための「エマグロ」トレーニング

    嶋貫 佳奈子, 小早川 義貴, 田治 明宏, 大谷 晃司

    医学教育   47 ( Suppl. )   279 - 279   2016年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 災害医療系サークルFukushima WILLの今後の目指す方向性 「東日本大震災から5年目を迎えて」を企画・実行して

    齋藤 優衣, 四宮 翼, 関根 萌, 志賀 麻寿美, 西山 沙織, 末永 佳奈子, 石井 三千花, 大谷 晃司

    医学教育   47 ( Suppl. )   279 - 279   2016年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 放射線についてより多くの人に知ってもらうためには 学園際の展示での経験

    池田 ゆき, 旗野 将貴, 奥村 一輝, 石綿 翔, 藤巻 光, 伊藤 百花, 村澤 朋世, 末永 佳奈子, 福地 雄仁, 伊藤 愛, 熊谷 敦史, 大谷 晃司

    医学教育   47 ( Suppl. )   279 - 279   2016年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 東日本大震災の被災者に対するPhotovoiceの実践について

    守屋 伶香フローラ, 田中 奏多, 町田 萌子, 及川 孔, 柳澤 貴裕, 米倉 一磨, 関根 英治, 大谷 晃司

    医学教育   47 ( Suppl. )   274 - 274   2016年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • アスリートの腰痛 120%の状態でフィールド復帰を支援する アスリートにおける腰下肢痛の診断 診断的ブロックによる疼痛分析

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    JOSKAS   41 ( 4 )   116 - 116   2016年7月( ISSN:1884-8842

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 女性医師の幸せって何だろう?

    片岡 茉莉子, 鈴木 七生, 井本 麻美子, 長島 智春, 菊池 栄作, 斉藤 詩帆, 斉藤 優衣, 伊藤 葉月, 前田 都秋, 亀岡 弥生, 大谷 晃司, 蓮沼 直子, 小宮 ひろみ

    医学教育   47 ( Suppl. )   268 - 268   2016年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Airway management in a patient with nuchal, interspinous, and flavum ligament rupture by a sickle: a case report.

    Sorimachi K, Ono Y, Kobayashi H, Watanabe K, Shinohara K, Otani K

    Journal of medical case reports   10 ( 1 )   172   2016年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13256-016-0957-9

    PubMed

  • Unusual chest wall pain caused by thoracic disc herniation in a professional baseball pitcher.

    Kato K, Yabuki S, Otani K, Nikaido T, Otoshi K, Watanabe K, Kikuchi S, Konno S

    Fukushima journal of medical science   62 ( 1 )   64 - 7   2016年6月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2015-25

    PubMed

  • MR Neurographyを用いた腰仙椎部神経根障害の画像診断

    小林 洋, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 愼一, 佐藤 勝彦, 関根 拓未, 丹治 一

    東北整形災害外科学会雑誌   59 ( 1 )   244 - 244   2016年6月( ISSN:1348-8694

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄に対する選択的除圧術 術前評価と手術成績

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 志田 努, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   59 ( 1 )   40 - 40   2016年6月( ISSN:1348-8694

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 小児の胸髄硬膜外血腫の1例

    小林 一貴, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 紺野 愼一

    東北整形災害外科学会雑誌   59 ( 1 )   235 - 235   2016年6月( ISSN:1348-8694

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • プロ野球投手において胸椎椎間板ヘルニアにより惹起された異常な胸壁痛(Unusual chest wall pain caused by thoracic disc herniation in a professional baseball pitcher)

    Kato Kinshi, Yabuki Shoji, Otani Koji, Nikaido Takuya, Otoshi Ken-ichi, Watanabe Kazuyuki, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   62 ( 1 )   64 - 67   2016年6月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Low Testosterone Levels and Reduced Kidney Function in Japanese Adult Men: The Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Journal of the American Medical Directors Association   17 ( 4 )   371.e1 - 6   2016年4月( ISSN:1525-8610

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jamda.2016.01.011

    PubMed

  • 腰痛は心で治る

    大谷晃司

    日刊ゲンダイ   2016年3月23日   13   2016年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎変性すべり症に対する選択的除圧術の有用性と限界の検証 JOABPEQの経時的変化からみた前向き研究

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   616 - 616   2016年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 野球選手における胸椎黄色靱帯骨化症の頻度と実態

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 2 )   S92 - S92   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 成人脊柱矢状面アライメント異常とうつの関連 Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study(LOHAS)

    渡邉 和之, 関口 美穂, 福間 真悟, 紙谷 司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 富永 亮司, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 2 )   S196 - S196   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 一般住民におけるMRI上の所見と腰痛との関係 横断研究

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 2 )   S200 - S200   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Pain-source別の腰痛の特徴 神経根性腰痛の臨床像

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 2 )   S336 - S336   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 脊柱矢状面アライメントと睡眠障害の関連 Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study(LOHAS)

    二階堂 琢也, 関口 美穂, 福間 真悟, 紙谷 司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 富永 亮司, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 3 )   S624 - S624   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄症の術後満足度に関する因子の検討 経時的変化

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 3 )   S889 - S889   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 一般地域住民の胸椎後彎と転倒の関連性における男女差の検討

    富永 亮司, 福間 真悟, 関口 美穂, 大谷 晃司, 菊地 臣一, 福原 俊一, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 3 )   S897 - S897   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄症はメタボリックシンドロームのリスク要因である LOHASによる6年後の縦断解析

    小野 玲, 竹上 未紗, 大谷 晃司, 山崎 新, 関口 美穂, 紺野 愼一, 菊地 臣一, 福原 俊一

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 3 )   S1083 - S1083   2016年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 非特異的腰痛の基礎と臨床 非特異的腰痛の臨床像 心理社会的要因と脳画像の特徴

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   192 - 192   2016年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 新規に開発された腰部脊柱管狭窄症状スケールの有用性 手術症例における検討

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 小林 洋, 関口 美穂, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   213 - 213   2016年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 圧迫性頸髄症に対する後方手術の術後成績 術前BS-POPはその治療成績を予測できるか?

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   517 - 517   2016年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • プロ野球選手における腰椎終末期分離と椎間板変性はどちらがより競技生活に影響するか? 腰痛による競技離脱に関する検討

    加藤 欽志, 大歳 憲一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 小林 洋, 富永 亮司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   535 - 535   2016年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • MR Neurographyを用いた腰仙椎部神経根の解剖学的特徴

    小林 洋, 丹治 一, 加藤 欽志, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   553 - 553   2016年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 福島県の医師不足改善について私見

    大谷晃司

    FCOA NEWS   21   5 - 6   2016年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【運動器疼痛性疾患に対する薬物療法update】 運動器疼痛性疾患に対するオピオイドの使い方

    大谷 晃司

    整形・災害外科   59 ( 2 )   169 - 177   2016年2月( ISSN:0387-4095

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary dumbbell-shaped epidural myxoid liposarcoma of the thoracic spine: A case report and review of the literature.

    Kaneuchi Y, Hakozaki M, Yamada H, Tajino T, Watanabe K, Otani K, Hojo H, Hasegawa T, Konno S

    Oncology letters   11 ( 2 )   1421 - 1424   2016年2月( ISSN:1792-1074

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ol.2016.4089

    PubMed

  • Retinal vessel diameters in a Japanese population: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study

    Tano T, Ono K, Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Onishi Y, Takegami M, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A

    Acta Ophthalmol   Epub ahead of print   2016年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 中枢機能の障害による痛みを考える

    牛田享宏、住谷昌彦、大谷晃司

    Pract Pain Manag   6 ( 4 )   244 - 247   2016年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【健康日本21における日本整形外科学会の取り組み】 腰痛症 高齢者の腰痛の特徴

    大谷 晃司

    クリニシアン   62 ( 12 )   1152 - 1159   2015年12月( ISSN:0387-1541

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 生物心理社会モデルに基づいた痛みに対する科学的アプローチ 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチ

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 関口 美穂, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   7 ( 3 )   S22 - S22   2015年11月( ISSN:2186-2796

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 慢性痛の心理アセスメント事例経験 「施す医療」から「支える医療」への転換を目指して 運動器慢性痛に対する心理アセスメントの実際

    二階堂琢也、大谷晃司、渡邉和之、加藤欽志、志田努、矢吹省司、紺野愼一

    J Musculoskelet Pain Res   7 ( 2 )   185 - 189   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Relationship between lumbar spinal stenosis and psychosocial factors: a multicenter cross-sectional study (DISTO project)

    Sekiguchi M*, Yonemoto K, Kakuma T, Nikaido T*, Watanabe K*, Kato K*, Otani K*, Yabuki S*, Kikuchi S*, Konno S*

    Eur Spine J   24 ( 10 )   2288 - 2294   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 保存療法でなおす運動器疾患-OAから外傷まで- 体幹 腰部脊柱管狭窄症

    大谷晃司

    Orthopaedics   28 ( 10 )   61 - 70   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【保存療法でなおす運動器疾患-OAから外傷まで-】 体幹 腰部脊柱管狭窄症

    大谷 晃司

    Orthopaedics   28 ( 10 )   61 - 70   2015年10月( ISSN:0914-8124

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 慢性痛の心理アセスメント事例経験 「施す医療」から「支える医療」への転換を目指して 運動器慢性痛に対する心理アセスメントの実際

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 志田 努, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   7 ( 2 )   185 - 189   2015年10月( ISSN:2186-2796

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Relationship between lumbar spinal stenosis and psychosocial factors: a multicenter cross-sectional study (DISTO project).

    Sekiguchi M, Yonemoto K, Kakuma T, Nikaido T, Watanabe K, Kato K, Otani K, Yabuki S, Kikuchi S, Konno S

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   24 ( 10 )   2288 - 94   2015年10月( ISSN:0940-6719

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00586-015-4002-2

    PubMed

  • Diagnostic accuracy of the Self-administered, Self-reported History Questionnaire for lumbar spinal stenosis patients in Japanese primary care settings: a multicenter cross-sectional study (DISTO-project)

    Kato K, Sekiguchi M, Yonemoto K, Kakuma T, Nikaido T, Watanabe K, Otani K, Yabuki S, Kikuchi S, Konno S

    J Orthop Sci   20 ( 5 )   805 - 810   2015年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 痛みの科学と臨床病態 慢性腰痛における脳内変化

    加藤 欽志, 関口 美穂, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 菊地 臣一, 紺野 慎一

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 8 )   S1487 - S1487   2015年9月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Diagnostic accuracy of the Self-administered, Self-reported History Questionnaire for lumbar spinal stenosis patients in Japanese primary care settings: a multicenter cross-sectional study (DISTO-project).

    Kato K, Sekiguchi M, Yonemoto K, Kakuma T, Nikaido T, Watanabe K, Otani K, Yabuki S, Kikuchi S, Konno S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   20 ( 5 )   805 - 10   2015年9月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-015-0740-6

    PubMed

  • 地域住民における腰部脊柱管狭窄の自然経過 10年フォローアップ

    猪狩 貴弘, 大谷 晃司, 関口 美穂, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    福島医学雑誌   65 ( 3 )   117 - 117   2015年9月( ISSN:0016-2582

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Diagnostic accuracy of the Self-administered, Self-reported History Questionnaire for lumbar spinal stenosis patients in Japanese primary care settings: a multicenter cross-sectional study (DISTO-project)

    Kato K, Sekiguchi M, Yonemoto K, Kakuma T, Nikaido T, Watanabe K, Otani K, Yabuki S, Kikuchi S, Konno S

    J Orthop Sci   20 ( 5 )   805 - 810   2015年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本の一次医療施設における腰部脊椎管狭窄症患者に対する自己記入式の自己申告病歴質問票の診断精度 多施設共同横断研究(DISTO-project)(Diagnostic accuracy of the Self-administered, Self-reported History Questionnaire for lumbar spinal stenosis patients in Japanese primary care settings: a multicenter cross-sectional study(DISTO-project))

    Kato Kinshi, Sekiguchi Miho, Yonemoto Koji, Kakuma Tatsuyuki, Nikaido Takuya, Watanabe Kazuyuki, Otani Koji, Yabuki Shoji, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi

    Journal of Orthopaedic Science   20 ( 5 )   805 - 810   2015年9月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chronic hyperglycemia increases the risk of lateral epicondylitis: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study (LOHAS)

    Otoshi K, Takegami M, Sekiguchi M, Onishi Y, Yamazaki S, Otani K, Shishido H, Fukuhara S, Kikuchi S, Konno S

    Springerplus   4 ( 407 )   Open Access   2015年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1186/s40064-015-1204-3

  • 地域在住高齢者の開眼片足立ち試験と医療費の関連性

    富永 亮司, 山崎 新, 関口 美穂, 大谷 晃司, 菊地 臣一, 後藤 励, 福原 俊一, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   27 ( 3 )   305 - 305   2015年8月( ISSN:1342-7784

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 分娩直後に発症した硬膜外脊髄動静脈瘻による脊髄症の治療

    嶋崎 睦, 渡邉 和之, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 志田 努, 大谷 晃司, 矢吹 省司, 紺野 慎一, 喜古 雄一郎

    東日本整形災害外科学会雑誌   27 ( 3 )   271 - 271   2015年8月( ISSN:1342-7784

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 高齢化社会における骨粗鬆症治療の重要性

    大谷晃司*

    旭化成ファーマ発行リーフレット   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Association between hand-grip strength and depressive symptoms: Locomotive Syndrome and Health Outcomes in Aizu Cohort Study (LOHAS)

    FUKUMORI,N: YAMAMOTO,Y: TAKEGAMI,M: YAMAZAKI,S: Onishi,Y: SEKIGUCHI,M*: OTANI,K*: KONNO,S*: KIKUCHI,S: Fukuhara,S

    Age Ageing   44 ( 4 )   592 - 598   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 外傷初期診療セミナー 解剖生理を学んでいない下級生と上級生との間に理解度・満足度等の差異はあるか

    関根 萌, 四宮 翼, 永井 拓, 佐竹 秀一, 大谷 晃司

    医学教育   46 ( Suppl. )   243 - 243   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Association between hand-grip strength and depressive symptoms: Locomotive Syndrome and Health Outcomes in Aizu Cohort Study (LOHAS).

    Fukumori N, Yamamoto Y, Takegami M, Yamazaki S, Onishi Y, Sekiguchi M, Otani K, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Age and ageing   44 ( 4 )   592 - 8   2015年7月( ISSN:0002-0729

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/ageing/afv013

    PubMed

  • 指導医講習会の学習効果と60歳以上の受講者に観察された医学教育研修でのパターナリズム

    小林 元, 石川 和信, 諸井 陽子, 菅原 亜紀子, 大谷 晃司, 村川 雅洋, 羽金 和彦, 渡辺 直彦, 向原 茂明, 福井 次矢

    医学教育   46 ( Suppl. )   168 - 168   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 医学部生・看護学部生のための福島災害医療セミナー開催の経験(第3報) 医学生が関心を持つ項目は何か?

    四宮 翼, 関根 萌, 永井 拓, 熊谷 敦史, 安井 清孝, 川嶌 讓, 小早川 義貴, 小塚 浩, 大谷 晃司

    医学教育   46 ( Suppl. )   242 - 242   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 災害時に求められる医学生の活動 東日本大震災時の福島医大附属病院での経験

    永井 拓, 四宮 翼, 関根 萌, 豊田 喜弘, 垣野内 景, 大谷 晃司

    医学教育   46 ( Suppl. )   243 - 243   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Association between hand-grip strength and depressive symptoms: Locomotive Syndrome and Health Outcomes in Aizu Cohort Study (LOHAS)

    FUKUMORI,N: YAMAMOTO,Y: TAKEGAMI,M: YAMAZAKI,S: Onishi,Y: SEKIGUCHI,M*: OTANI,K*: KONNO,S*: KIKUCHI,S: Fukuhara,S

    Age Ageing   44 ( 4 )   592 - 598   2015年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 肩こりの疫学とQOLへの影響

    大谷晃司*、矢吹省司*

    整形・災害外科   58 ( 7 )   851 - 858   2015年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【肩こりを考える】 肩こりの疫学とQOLへの影響

    大谷 晃司, 矢吹 省司

    整形・災害外科   58 ( 7 )   851 - 858   2015年6月( ISSN:0387-4095

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Nucleus pulposus-induced increase in vascular permeability in the nerve root: An experimental study

    Otani K*, Guang-Ping M, Arai I, Konno S*, Kjell Olmarker, Kikuchi S*

    J Spine Res   6 ( 5 )   952 - 957   2015年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Computational psychological study of the Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients (BS-POP) for patients with chronic low back pain: verification of responsiveness

    Yoshida,K: Sekiguchi,M*: Otani,K*: Mashiko,H: Shioda,H: Wakita,T: Niwa,S: Kikuchi,S*: Konno,S*

    J Orthop Sci   20 ( 3 )   469 - 7   2015年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Computational psychological study of the Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients (BS-POP) for patients with chronic low back pain: verification of responsiveness.

    Yoshida K, Sekiguchi M, Otani K, Mashiko H, Shioda H, Wakita T, Niwa S, Kikuchi S, Konno S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   20 ( 3 )   469 - 74   2015年5月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-015-0694-8

    PubMed

  • 慢性腰痛患者に対する「整形外科疾患における精神医学的問題を見つけるための簡易問診票(BS-POP)」に関する計量心理学的研究 反応性の検証(Computational psychological study of the Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients(BS-POP) for patients with chronic low back pain: verification of responsiveness)

    Yoshida Katshuhiro, Sekiguchi Miho, Otani Koji, Mashiko Hirobumi, Shioda Harumi, Wakita Takafumi, Niwa Shin-ichi, Kikuchi Shin-ichi, Konno Shin-ichi

    Journal of Orthopaedic Science   20 ( 3 )   469 - 474   2015年5月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 神経根における髄核によって誘発される血管透過性亢進に関する実験的研究(Nucleus Pulposus-Induced Increase in Vascular Permeability in The Nerve Root: An Experimental Study)

    Otani Koji, Mao Guang-Ping, Arai Itaru, Konno Shinichi, Olmarker Kjell, Kikuchi Shinichi

    Journal of Spine Research   6 ( 5 )   952 - 957   2015年5月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ほかの施設のやり方を学ぼう!体位固定の工夫 体位作成のための事前シミュレーションの取り組み

    佐久間厚、金成貴子、小原伸樹、大谷晃司*、渡邊和之*

    オペナーシング   30 ( 4 )   435 - 438   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊椎脊髄の冠名徴候・症候群 冠名徴候(第5章) 詐病・ヒステリーを見破る徴候 Bowlus-Currierテスト

    大谷晃司*

    脊椎脊髄ジャーナル   28 ( 4 )   326 - 327   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【脊椎脊髄の冠名徴候・症候群】 冠名徴候 (第5章)詐病・ヒステリーを見破る徴候 Bowlus-Currierテスト

    大谷 晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   28 ( 4 )   326 - 327   2015年4月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【ほかの施設のやり方を学ぼう!体位固定の工夫】 体位作成のための事前シミュレーションの取り組み

    佐久間 厚, 金成 貴子, 小原 伸樹, 大谷 晃司, 渡邊 和之

    オペナーシング   30 ( 4 )   435 - 438   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 疼痛関連自己効力が変形性膝関節症の症状発現とQOLに与える影響 横断研究

    大歳 憲一, 菊地 臣一, 小林 秀男, 沼崎 広法, 関口 美穂, 大谷 晃司

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 3 )   S731 - S731   2015年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 後期高齢者の頸椎症性脊髄症に対する手術選択 後方法の立場から

    大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 志田 努, 矢吹 省司, 紺野 愼一, 菊地 臣一

    Journal of Spine Research   6 ( 3 )   400 - 400   2015年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 患者立脚型アウトカム(JOABPEQ、JOACMEQ)を用いた臨床研究の現状と課題 腰部脊柱管狭窄に対する除圧術の手術成績評価におけるJOABPEQの問題点 術前の腰痛の程度はJOABPEQでみた手術成績に影響するか

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 志田 努, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   6 ( 3 )   424 - 424   2015年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 地域住民における腰部脊柱管狭窄の実態 硬膜管の横断面積は、6年後の腰部脊柱管狭窄症状の存在を予測できるか

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 志田 努, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   6 ( 3 )   544 - 544   2015年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 地域住民における腰部脊柱管狭窄の自然経過 10年フォローアップ

    猪狩 貴弘, 大谷 晃司, 関口 美穂, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   6 ( 3 )   544 - 544   2015年3月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 高齢化社会における骨粗鬆症治療の重要性

    大谷 晃司

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 3 )   S505 - S505   2015年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 傍脊柱筋萎縮に関する地域住民における疫学的検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 志田 努, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 3 )   S597 - S597   2015年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 腰椎変性すべり症における椎間垂直動揺性と手術成績との関係

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 3 )   S627 - S627   2015年3月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Japanese 2011 nationwide survey on complications from spine surgery

    Imajo Y, Taguchi T, Yone K, Okawa A, Otani K, Ogata T, Ozawa H, Shimada Y, Neo M, Iguchi T

    J Orthop Sci   20 ( 1 )   38 - 54   2015年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Japanese 2011 nationwide survey on complications from spine surgery.

    Imajo Y, Taguchi T, Yone K, Okawa A, Otani K, Ogata T, Ozawa H, Shimada Y, Neo M, Iguchi T

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   20 ( 1 )   38 - 54   2015年1月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-014-0656-6

    PubMed

  • Severe Cervical Kyphosis in Adolescent after Minor Trauma -A Case Report

    Watanabe k, Yabuki S, Otani K, Onda A, Nikaido T, Konno S

    Journal of Orthopedic Research and Physiotherapy   2015年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎手術合併症に関する日本の2011年全国調査(Japanese 2011 nationwide survey on complications from spine surgery)

    Imajo Yasuaki, Taguchi Toshihiko, Yone Kazunori, Okawa Atsushi, Otani Koji, Ogata Tadanori, Ozawa Hiroshi, Shimada Yoichi, Neo Masashi, Iguchi Tetsuhiro

    Journal of Orthopaedic Science   20 ( 1 )   38 - 54   2015年1月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折治療のコツとpitfall 新鮮骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存療法のEBMと治療の実際(解説/特集)

    大谷晃司*

    整外最小侵襲術誌   73   19 - 27   2014年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Association between kyphosis and subacromial impingement syndrome: LOHAS study

    Otoshi,K*: Takegami,M: Sekiguchi,M*: Onishi,Y: Yamazaki,S: Otani,K*: Shishido,H*: Kikuchi,S*: Konno,S*

    J Shoulder Elbow Surg   23 ( 12 )   e300   2014年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Association between kyphosis and subacromial impingement syndrome: LOHAS study.

    Otoshi K, Takegami M, Sekiguchi M, Onishi Y, Yamazaki S, Otani K, Shishido H, Kikuchi S, Konno S

    Journal of shoulder and elbow surgery   23 ( 12 )   e300 - 7   2014年12月( ISSN:1058-2746

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jse.2014.04.010

    PubMed

  • 【骨粗鬆症性椎体骨折治療のコツとpitfall】 新鮮骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存療法のEBMと治療の実際

    大谷 晃司

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル   ( 73 )   19 - 27   2014年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lumbar spinal stenosis-specific symptom scale: validity and responsiveness.

    Sekiguchi M, Wakita T, Otani K, Onishi Y, Fukuhara S, Kikuchi S, Konno S

    Spine   39 ( 23 )   E1388 - 93   2014年11月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0000000000000583

    PubMed

  • 整形外科最前線 あなたならどうする?

    大谷晃司*、菊地臣一*、川上亮一*、紺野愼一*

    臨床整形外科   49 ( 11 )   1007 - 1010   2014年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lumbar spinal stenosis-specific symptom scale: validity and responsiveness

    Sekiguchi,M*: Wakita,T: Otani,K*: Onishi,Y: Fukuhara,S: Kikuchi,S*: Konno,S*

    Spine (Phila Pa 1976)   39 ( 23 )   E1   2014年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 整形外科最前線 あなたならどうする?

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 川上 亮一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   49 ( 11 )   1007 - 1010   2014年11月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 形成外科医のための手外科の基本 手指における骨・関節損傷の治療の要点

    川上亮一*、大谷晃司*、相木比古乃

    形成外科   57 ( 増刊 )   S22-S30   2014年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【形成外科医のための手外科の基本】 手指における骨・関節損傷の治療の要点

    川上 亮一, 大谷 晃司, 相木 比古乃

    形成外科   57 ( 増刊 )   S22 - S30   2014年9月( ISSN:0021-5228

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Multiple rib stress fractures associated with chronic coughing caused by untreated bronchial asthma in a premenopausal woman

    Hakozaki M*, Otani K*, Kikuchi S*, Takano H, Konno S*

    West Indian Med J   63 ( 4 )   388 - 9   2014年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰痛の不思議を理解する 最新の知見から リエゾン診療が教えてくれたこと

    大谷晃司*

    理学療法magazine   1 ( 1 )   31 - 36   2014年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【腰痛の不思議を理解する】 最新の知見から リエゾン診療が教えてくれたこと

    大谷 晃司

    理学療法magazine   1 ( 1 )   31 - 36   2014年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Diagnostic value of the lumbar extension-loading test in patients with lumbar spinal stenosis: a cross-sectional study.

    Takahashi N, Kikuchi S, Yabuki S, Otani K, Konno S

    BMC musculoskeletal disorders   15   259   2014年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/1471-2474-15-259

    PubMed

  • Diagnostic value of the lumbar extension-loading test in patients with lumbar spinal stenosis: a cross-sectional study

    TAKAHASHI,Naoto: KIKUCHI,Shinichi*: YABUKI,Shoji*: OTANI,Koji*: KONNO,Shinichi*

    BMC Musculoskelet Disord   15   259   2014年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Diagnostic value of the lumbar extension-loading test in patients with lumbar spinal stenosis: a cross-sectional study

    TAKAHASHI,Naoto: KIKUCHI,Shinichi*: YABUKI,Shoji*: OTANI,Koji*: KONNO,Shinichi*

    BMC Musculoskelet Disord   15   259   2014年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Does the fusion of a lumbar disc herniation improve the clinical outcome? An investigation with a minimum10-year follow-up

    Otani K, Kikuchi S, Sato K, Yabuki S, Yamauchi K, Takeyachi Y, Konno S

    J Spinal Disord Tech   27 ( 4 )   196 - 201   2014年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Does the fusion of a lumbar disk herniation improve the clinical outcome? an investigation with a minimum 10-year follow-up.

    Otani K, Kikuchi S, Sato K, Yabuki S, Yamauchi K, Takeyachi Y, Konno S

    Journal of spinal disorders & techniques   27 ( 4 )   196 - 201   2014年6月( ISSN:1536-0652

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BSD.0b013e318269399c

    PubMed

  • Does the fusion of a lumbar disc herniation improve the clinical outcome? An investigation with a minimum10-year follow-up

    Otani K, Kikuchi S, Sato K, Yabuki S, Yamauchi K, Takeyachi Y, Konno S

    J Spinal Disord Tech   27 ( 4 )   196 - 201   2014年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Supratentorial subdural hemorrhage of a previous head injury and cerebellar hemorrhage after cervical spinal surgery: a case report and review of the literature.

    Morimoto T, Shiraki M, Otani K, Sonohata M, Mawatari M

    Spine   39 ( 12 )   E743 - 7   2014年5月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0000000000000323

    PubMed

  • Supratentorial subdural hemorrhage of a previous head injury and cerebellar hemorrhage after cervical spinal surgery: a case report and review of the literature

    Morimoto T, Shiraki M, Otani K*, Sonohata M, Mawatari M

    Spine (Phila Pa 1976)   39 ( 12 )   E743-7   2014年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器疼痛におけるオピオイド治療(座談会)

    山口重樹、大谷晃司*、関山裕詩、園畑素樹

    Locomotive Pain Frontier   3 ( 1 )   5 - 11   2014年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器疼痛におけるオピオイド治療

    山口 重樹, 大谷 晃司, 関山 裕詩, 園畑 素樹

    Locomotive Pain Frontier   3 ( 1 )   5 - 11   2014年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 患者さんにはこう説明しよう!まるごとわかる腰部脊柱管狭窄症 病態生理

    大谷晃司*

    整形外科看護   19 ( 2 )   118 - 121   2014年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄における除圧術の手術成績とBS-POPによる精神医学的問題評価との関係 BS-POPの手術前後での変化に着目した前向き研究

    加藤欽志*、大谷晃司*、二階堂琢也*、渡邉和之*、矢吹省司*、菊地臣一*、紺野愼一*

    臨床整形外科   49 ( 2 )   123 - 129   2014年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 精神医学的問題が腰部脊柱管狭窄の手術成績に与える影響 前向き研究 BS-POPによる術前評価とJOABPEQとの関係

    二階堂琢也*、菊地臣一*、大谷晃司*、渡邉和之*、加藤欽志*、矢吹省司*、紺野愼一*

    臨床整形外科   49 ( 2 )   117 - 121   2014年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【患者さんにはこう説明しよう!まるごとわかる腰部脊柱管狭窄症】 病態生理

    大谷 晃司

    整形外科看護   19 ( 2 )   118 - 121   2014年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 精神医学的問題が腰部脊柱管狭窄の手術成績に与える影響 前向き研究 BS-POPによる術前評価とJOABPEQとの関係

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    臨床整形外科   49 ( 2 )   117 - 121   2014年2月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄における除圧術の手術成績とBS-POPによる精神医学的問題評価との関係 BS-POPの手術前後での変化に着目した前向き研究

    加藤 欽志, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡邉 和之, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   49 ( 2 )   123 - 129   2014年2月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nightmare of a breastfeeding mother: Aortic valve endocarditis due to Streptococcus salivarius after breast engorgement

    Hakozaki M., Otani K., Kikuchi S., Takano H., Konno S.

    West Indian Medical Journal   63 ( 4 )   389 - 390   2014年1月( ISSN:00433144

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.7727/wimj.2013.290

  • Low testosterone levels, depressive symptoms, and falls in older men: a cross-sectional study

    Kurita,N: Horie,S: Yamazaki,S: Otoshi,K*: Otani,K*: Sekiguchi,M*: Onishi,Y: Takegami,M: Ono,R: Konno,S*: Kikuchi,S*: Fukuhara,S

    J Am Med Dir Assoc   15 ( 1 )   30 - 5   2014年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Low testosterone levels, depressive symptoms, and falls in older men: a cross-sectional study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Journal of the American Medical Directors Association   15 ( 1 )   30 - 5   2014年1月( ISSN:1525-8610

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jamda.2013.11.003

    PubMed

  • 脊椎脊髄疾患による痛みとしびれの評価

    矢吹省司、菊地臣一、大谷晃司、二階堂琢也、渡辺和之、加藤欽志、紺野 愼一

    日整会誌   87 ( 12 )   1137 - 46   2013年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lumbar spinal stenosis has a negative impact on quality of life compared with other comorbidities: an epidemiological cross-sectional study of 1862 community-dwelling Individuals

    Otani K, Kikuchi S, Yabuki S, Igarashi T, Nikaido T, Watanabe K, Konno S

    Scientific World Journal   2013:590652   2013年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊椎脊髄疾患による痛みとしびれを考える 脊椎脊髄疾患による痛みとしびれの評価

    矢吹 省司, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 渡辺 和之, 加藤 欽志, 紺野 愼一

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 12 )   1137 - 1146   2013年12月( ISSN:0021-5325

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The termination level of the conus medullaris and lumbosacral transitional vertebrae

    Morimoto T, Sonohata M, Kitajima M, Konishi H, Otani K, Kikuchi S, Mawatari M

    J Orthop Sci   18 ( 6 )   878 - 84   2013年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Prevalence of lumbar spinal stenosis, using the diagnostic support tool, and correlated factors in Japan: a population-based study

    Yabuki S, Fukumori N, Takegami M, Onishi Y, Otani K, Sekiguchi M, Wakita T, Kikuchi S, Fukuhara S, Konno S

    J Orthop Sci   18 ( 6 )   893 - 900   2013年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The termination level of the conus medullaris and lumbosacral transitional vertebrae.

    Morimoto T, Sonohata M, Kitajima M, Konishi H, Otani K, Kikuchi S, Mawatari M

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   18 ( 6 )   878 - 84   2013年11月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-013-0461-7

    PubMed

  • Prevalence of lumbar spinal stenosis, using the diagnostic support tool, and correlated factors in Japan: a population-based study.

    Yabuki S, Fukumori N, Takegami M, Onishi Y, Otani K, Sekiguchi M, Wakita T, Kikuchi S, Fukuhara S, Konno S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   18 ( 6 )   893 - 900   2013年11月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-013-0455-5

    PubMed

  • 日本における診断支援ツールを用いて特定した腰部脊椎管狭窄の有病率およびその関連因子 集団ベースの研究(Prevalence of lumbar spinal stenosis, using the diagnostic support tool, and correlated factors in Japan: a population-based study)

    Yabuki Shoji, Fukumori Norio, Takegami Misa, Onishi Yoshihiro, Otani Koji, Sekiguchi Miho, Wakita Takafumi, Kikuchi Shin-ichi, Fukuhara Shunichi, Konno Shin-ichi

    Journal of Orthopaedic Science   18 ( 6 )   893 - 900   2013年11月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊髄円錐の末端レベルと腰仙移行椎(The termination level of the conus medullaris and lumbosacral transitional vertebrae)

    Morimoto Tadatsugu, Sonohata Motoki, Kitajima Masaru, Konishi Hiroaki, Otani Koji, Kikuchi Shin-ichi, Mawatari Masaaki

    Journal of Orthopaedic Science   18 ( 6 )   878 - 884   2013年11月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄手術調査報告 2013

    今城靖明、田口敏彦、米和徳、大川淳、大谷晃司、尾形直則、小澤浩司、島田洋一、根尾昌志、井口哲弘、日本脊椎脊髄病学会安全医療推進委員会

    J Spine Res   4 ( 9 )   1367 - 1379   2013年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄手術調査報告 2013

    今城 靖明, 田口 敏彦, 米 和徳, 大川 淳, 大谷 晃司, 尾形 直則, 小澤 浩司, 島田 洋一, 根尾 昌志, 井口 哲弘, 日本脊椎脊髄病学会安全医療推進委員会

    Journal of Spine Research   4 ( 9 )   1367 - 1379   2013年9月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Skeletal muscle MRI in a patient with neuralgic amyotrophy

    Matsuda N., Kobayashi S., Otani K., Hasegawa O., Ugawa Y.

    Clinical Neurology   53 ( 8 )   650 - 653   2013年8月( ISSN:0009918X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5692/clinicalneurol.53.650

  • 骨格筋MRIが脱神経筋分布の評価に有用であった神経痛性筋萎縮症の1例

    松田希、小林俊輔、大谷晃司、長谷川靖、宇川義一

    臨床神経学   53 ( 8 )   650 - 653   2013年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨格筋MRIが脱神経筋分布の評価に有用であった神経痛性筋萎縮症の1例

    松田 希, 小林 俊輔, 大谷 晃司, 長谷川 靖, 宇川 義一

    臨床神経学   53 ( 8 )   650 - 653   2013年8月( ISSN:0009-918X

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎椎間板ヘルニアに対する手術成績と心理的要因 整形外科患者に対する精神医学的問題評価のための簡易質問票(BS-POP)を用いた検討 前向き研究

    渡邉和之、大谷晃司、二階堂琢也、加藤欽志、矢吹省司、菊地臣一、紺野愼一

    臨整外   48 ( 7 )   699 - 704   2013年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎椎間板ヘルニアに対する手術成績と心理的要因 整形外科患者に対する精神医学的問題評価のための簡易質問票(BS-POP)を用いた検討 前向き研究

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   48 ( 7 )   699 - 704   2013年7月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果 歩行負荷試験で誘発される症状による解析

    二階堂琢也、菊地臣一、矢吹省司、大谷晃司、渡邉和之、加藤欽志、紺野愼一

    J Spine Res   4 ( 6 )   1071 - 1075   2013年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄による神経根障害に対する除圧術の手術成績と心理的要因 整形外科患者に対する精神医学的問題評価のための簡易質問票(BS-POP)を用いた検討 前向き研究

    渡邉和之、大谷晃司、二階堂琢也、加藤欽志、矢吹省司、菊地臣一、紺野愼一

    臨整外   48 ( 6 )   553 - 557   2013年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果 歩行負荷試験で誘発される症状による解析

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   4 ( 6 )   1071 - 1075   2013年6月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄による神経根障害に対する除圧術の手術成績と心理的要因 整形外科患者に対する精神医学的問題評価のための簡易質問票(BS-POP)を用いた検討 前向き研究

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   48 ( 6 )   553 - 557   2013年6月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Overactive bladder symptom severity is associated with falls in community-dwelling adults: LOHAS study.

    Kurita N, Yamazaki S, Fukumori N, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Horie S, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    BMJ open   3 ( 5 )   2013年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1136/bmjopen-2012-002413

    PubMed

  • 圧迫性頸髄症における下肢機能評価 術前と術後1年での検討

    渡邉和之、大谷晃司、二階堂琢也、加藤欽志、矢吹省司、紺野愼一

    日本脊髄障害医学会雑誌   26 ( 1 )   118 - 119   2013年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Prevalence of pterygium in a population in Northern Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study

    Tano T, Ono K, Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Onishi Y, Takegami M, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A

    Acta Ophthalmol   91 ( 3 )   e232-6   2013年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Overactive bladder symptom severity is associated with falls in community-dwelling adults: LOHAS study.

    Kurita N, Yamazaki S, Fukumori N, Otoshi K, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Horie S, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    BMJ Open   3 ( 5 )   e002413   2013年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Prevalence of pterygium in a population in Northern Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Tano T, Ono K, Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Onishi Y, Takegami M, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A

    Acta ophthalmologica   91 ( 3 )   e232 - 6   2013年5月( ISSN:1755-375X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/aos.12044

    PubMed

  • 圧迫性頸髄症における下肢機能評価 術前と術後1年での検討

    渡邉 和之, 大谷 晃司, 二階堂 琢也, 加藤 欽志, 矢吹 省司, 紺野 愼一

    日本脊髄障害医学会雑誌   26 ( 1 )   118 - 119   2013年5月( ISSN:1348-3242

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄特異的尺度

    大谷晃司

    ペインクリニック   34 ( 別冊春 )   S136-S144   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 一般住民における腰椎変性側弯の実態 Cobb角からみた検討

    大谷晃司、菊地臣一、矢吹省司、恩田啓、二階堂琢也、渡辺和之、紺野愼一

    臨整外   48 ( 4 )   323 - 326   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎疾患に対する診断・評価の進歩 疼痛の評価と病態の検討 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)による腰部脊柱管狭窄の手術成績評価の妥当性と限界 腰痛の程度と機能障害の乖離例からみた治療評価・前向き研究

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 紺野 愼一

    別冊整形外科   ( 63 )   45 - 49   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Limaprost alfadex and nonsteroidal anti-inflammatory drugs for sciatica due to lumbar spinal stenosis

    Onda A, Kikuchi S, Yabuki S, Otani K, Nikaido T, Watanabe K, Konno S

    Eur Spine J   22 ( 4 )   794 - 801   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Limaprost alfadex and nonsteroidal anti-inflammatory drugs for sciatica due to lumbar spinal stenosis.

    Onda A, Kikuchi S, Yabuki S, Otani K, Nikaido T, Watanabe K, Konno S

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   22 ( 4 )   794 - 801   2013年4月( ISSN:0940-6719

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00586-012-2551-1

    PubMed

  • 【腰椎疾患up-to-date】 腰椎疾患に対する診断・評価の進歩 疼痛の評価と病態の検討 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)による腰部脊柱管狭窄の手術成績評価の妥当性と限界 腰痛の程度と機能障害の乖離例からみた治療評価・前向き研究

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 紺野 愼一

    別冊整形外科   ( 63 )   45 - 49   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎変性側彎症の手術 現状と課題 一般住民における腰椎変性側彎の実態 Cobb角からみた検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 恩田 啓, 二階堂 琢也, 渡辺 和之, 紺野 愼一

    臨床整形外科   48 ( 4 )   323 - 326   2013年4月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【整形外科関連疾患での慢性の痛み】 客観的評価方法 疾患特異的評価 腰部脊柱管狭窄特異的尺度

    大谷 晃司

    ペインクリニック   34 ( 別冊春 )   S136 - S144   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄(症)における手術治療 : 手術成績向上のための治療戦略

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia   33 ( 2 )   307 - 311   2013年3月( ISSN:02854945

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2199/jjsca.33.307

  • 腰部脊柱管狭窄症治療におけるエピドラスコピーの位置づけ 腰部脊柱管狭窄(症)における手術治療 手術成績向上のための治療戦略

    二階堂琢也、大谷晃司、紺野愼一

    日臨麻誌   33 ( 2 )   307 - 311   2013年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄症治療におけるエピドラスコピーの位置づけ 腰部脊柱管狭窄(症)における手術治療 手術成績向上のための治療戦略

    二階堂 琢也, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    日本臨床麻酔学会誌   33 ( 2 )   307 - 311   2013年3月( ISSN:0285-4945

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Erratum: Prevalence of lumbar spinal stenosis, using the diagnostic support tool, and correlated factors in Japan: A population-based study (Journal of Orthopaedic Science DOI:10.1007/s00776-013-0455-5)

    Yabuki S., Fukumori N., Takegami M., Onishi Y., Otani K., Sekiguchi M., Wakita T., Kikuchi S., Fukuhara S., Konno S.

    Journal of Orthopaedic Science   18 ( 6 )   2013年1月( ISSN:09492658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-013-0482-2

  • 救急外来で役立つ! シーネ固定をマスターしよう

    大谷晃司

    レジデントノート   14 ( 15 )   2896 - 2903   2013年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • なるほどわかった!日常診療のズバリ基本講座 救急外来で役立つ!シーネ固定をマスターしよう

    大谷 晃司

    レジデントノート   14 ( 15 )   2896 - 2903   2013年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎変性側弯症の手術 アンケート結果

    大谷晃司、種市洋、阿部栄二、豊根和明、大谷和之、清水敬親、細金直文、中川幸洋

    臨整外   48   375 - 380   2013年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Book review 腰痛をこころで治す−心療整形外科のすすめ

    大谷晃司

    Pract Pain Manag   4   58   2013年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lumbar spinal stenosis has a negative impact on quality of life compared with other comorbidities: an epidemiological cross-sectional study of 1862 community-dwelling individuals.

    Otani K, Kikuchi S, Yabuki S, Igarashi T, Nikaido T, Watanabe K, Konno S

    TheScientificWorldJournal   2013   590652   2013年( ISSN:2356-6140

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1155/2013/590652

    PubMed

  • Book review 腰痛をこころで治す−心療整形外科のすすめ

    大谷晃司

    Pract Pain Manag   4   58   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Headache prevalence and long working hours: the role of physical inactivity

    Sato K, Hayashino Y, Yamazaki S, Takegami M, Ono R, Otani K, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Public Health   126 ( 7 )   587 - 593   2012年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A case of thoracic myelopathy secondary to alkaptonuric spondylosis

    Onda A, Kikuchi SI, Yabuki S, Otani K, Konno S

    J Orthop Sci   17 ( 4 )   495 - 499   2012年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A case of thoracic myelopathy secondary to alkaptonuric spondylosis.

    Onda A, Kikuchi S, Yabuki S, Otani K, Konno S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   17 ( 4 )   495 - 9   2012年7月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-011-0095-6

    PubMed

  • Gender difference in association between low back pain and metabolic syndrome: locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study (LOHAS).

    Ono R, Yamazaki S, Takegami M, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Hayashino Y, Kikuchi S, Konno S, Fukuhara S

    Spine   37 ( 13 )   1130 - 7   2012年6月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0b013e31824231b8

    PubMed

  • ドパミンシステムスタビライザーであるアリピプラゾールの少量投与によって、モルヒネ依存から離脱できた難治性慢性疼痛の1例

    笠原諭、大谷晃司

    Pract Pain Manag   3 ( 2 )   130 - 132   2012年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄診断サポートツールを用いた診断的中率の検討

    関根拓未、菊地臣一、矢吹省司、大谷晃司、恩田啓、二階堂琢也、紺野愼一

    J Spine Res   3 ( 6 )   859 - 862   2012年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 慢性腰痛(下肢症状も含む)における精神医学的評価と治療

    大谷晃司

    オルソペディックス   25 ( 7 )   49 - 54   2012年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Gender difference in association between low back pain and metabolic syndrome: locomotive syndrome and health outcome in Aizu Cohort Study (LOHAS)

    Ono R, Yamazaki S, Takegami M, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Hayashino Y, Kikuchi S, Konno S, Fukuhara S

    Spine (Phila Pa 1976)   37 ( 13 )   1130 - 7   2012年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果 疾患と神経障害型式による比較、前向きコホート研究

    二階堂琢也、菊地臣一、矢吹省司、大谷晃司、渡辺和之、加藤欽志、紺野愼一

    J Spine Res   3 ( 6 )   849 - 854   2012年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【腰部脊柱管狭窄症の診断と評価】 腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果 疾患と神経障害型式による比較、前向きコホート研究

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡辺 和之, 加藤 欽志, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   3 ( 6 )   849 - 854   2012年6月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【腰部脊柱管狭窄症の診断と評価】 腰部脊柱管狭窄診断サポートツールを用いた診断適中率の検討

    関根 拓未, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 恩田 啓, 二階堂 琢也, 紺野 慎一

    Journal of Spine Research   3 ( 6 )   859 - 862   2012年6月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【これが私の腰痛治療戦略】 慢性腰痛(下肢症状も含む)における精神医学的評価と治療

    大谷 晃司

    Orthopaedics   25 ( 7 )   49 - 54   2012年6月( ISSN:0914-8124

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ドパミンシステムスタビライザーであるアリピプラゾールの少量投与によって、モルヒネ依存から離脱できた難治性慢性疼痛の1例

    笠原 諭, 大谷 晃司

    Practice of Pain Management   3 ( 2 )   130 - 132   2012年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Locomotor dysfunction and risk of cardiovascular disease, quality of life, and medical costs: design of the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study (LOHAS) and baseline characteristics of the study population

    Otani K, Takegami M, Fukumori N, Sekiguchi M, Onishi Y, Yamazaki S, Ono R, Otoshi K, Hayashino Y, Fukuhara S, Kikuchi S, Konno S; The LOHAS Research Group.

    J Orthop Sci   17 ( 3 )   261 - 271   2012年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Locomotor dysfunction and risk of cardiovascular disease, quality of life, and medical costs: design of the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study (LOHAS) and baseline characteristics of the study population.

    Otani K, Takegami M, Fukumori N, Sekiguchi M, Onishi Y, Yamazaki S, Ono R, Otoshi K, Hayashino Y, Fukuhara S, Kikuchi S, Konno S, LOHAS Research Group.

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   17 ( 3 )   261 - 71   2012年5月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-012-0200-5

    PubMed

  • 大震災と整形外科医 福島県での経験から 東日本大震災と引き続く放射線被ばく問題について 福島医大、福島医大整形外科の活動と福島県の現状

    大谷晃司、紺野愼一、宍戸裕章

    臨整外   47 ( 3 )   215 - 223   2012年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Failed back surgery syndrome(FBSS)について

    大谷晃司

    日臨麻会誌   32 ( 2 )   266 - 270   2012年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰下肢痛治療におけるエピドラスコピーの位置づけ Failed Back Surgery Syndrome(FBSS)について

    大谷 晃司

    日本臨床麻酔学会誌   32 ( 2 )   266 - 270   2012年3月( ISSN:0285-4945

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大震災と整形外科医 福島県での経験から 東日本大震災と引き続く放射線被ばく問題について 福島医大,福島医大整形外科の活動と福島県の現状

    大谷 晃司, 紺野 愼一, 宍戸 裕章

    臨床整形外科   47 ( 3 )   215 - 223   2012年3月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development and validation of a symptom scale for lumbar spinal stenosis.

    Sekiguchi M, Wakita T, Otani K, Onishi Y, Fukuhara S, Kikuchi S, Konno S

    Spine   37 ( 3 )   232 - 9   2012年2月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0b013e318216afb4

    PubMed

  • Development and validation of a symptom scale for lumbar spinal stenosis

    Sekiguchi M, Wakita T, Otani K, Onishi Y, Fukuhara S, Kikuchi S, Konno S

    Spine (Phila Pa 1976)   37 ( 3 )   232 - 239   2012年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 慢性腰痛の治療について(Q&A)

    大谷晃司、菊地臣一、紺野愼一

    ペインクリニック   33 ( 1 )   115 - 116   2012年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 慢性腰痛の治療について

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    ペインクリニック   33 ( 1 )   115 - 116   2012年1月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地方の医師不足への処方箋−新臨床研修制度化における福島県・福島医大の活動

    大谷晃司

    Doctor`sc magazine   151   2   2012年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 手術部位感染(SSI)対策 SSI発症時の対応 硬膜外膿瘍例

    大谷晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   24 ( 12 )   1083 - 6   2011年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【手術部位感染(SSI)対策】 SSI発症時の対応 硬膜外膿瘍例

    大谷 晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   24 ( 12 )   1083 - 1086   2011年12月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development and validation of a quality of life scale specific for lumbar spinal stenosis.

    Sekiguchi M, Wakita T, Fukuhara S, Otani K, Onishi Y, Kikuchi S, Konno S

    Spine   36 ( 21 )   E1407 - 14   2011年10月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0b013e31821fd4b1

    PubMed

  • Neck Pain and Disability Scale(NPDS) 日本語版の開発

    小野玲、大谷晃司、竹上未紗、鈴鴨よしみ、GreenJoseph、菊地臣一、福原俊一、紺野愼一

    臨床整形外科   46 ( 10 )   899 - 907   2011年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Development and validation of a quality of life scale specific for lumbar spinal stenosis

    Sekiguchi M, Wakita T, Fukuhara S, Otani K, Onishi Y, Kikuchi S, Konno S

    Spine (Phila Pa 1976)   36 ( 21 )   E1407-14   2011年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 日本における腰痛の有症状割合と腰痛に関連する要因の検討 地域住民を対象とした調査

    竹上未紗、菊地臣一、高橋奈津子、鈴鴨よしみ、山崎新、小野玲、大谷晃司、福原俊一、紺野愼一

    臨床整形外科   46 ( 10 )   917 - 925   2011年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 日本における腰痛の有症状割合と腰痛に関連する要因の検討 地域住民を対象とした調査

    竹上 未紗, 菊地 臣一, 高橋 奈津子, 鈴鴨 よしみ, 山崎 新, 小野 玲, 大谷 晃司, 福原 俊一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   46 ( 10 )   917 - 925   2011年10月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neck Pain and Disability Scale(NPDS) 日本語版の開発

    小野 玲, 大谷 晃司, 竹上 未紗, 鈴鴨 よしみ, Green Joseph, 菊地 臣一, 福原 俊一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   46 ( 10 )   899 - 907   2011年10月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • チーム医療における心身医学的アプローチ 福島県立医科大学附属病院における運動器の慢性疼痛患者に対するリエゾン診療(解説)

    大谷晃司

    心身医学(0385-0307)   51 ( 8 )   709 - 714   2011年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Pseudogout of the acromioclavicular joint: report of two cases and review of the literature

    Hakozaki M, Kikuchi S, Otani K, Tajino T, Konno S

    Mod Rheumatol   21 ( 4 )   440 - 3   2011年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Pseudogout of the acromioclavicular joint: report of two cases and review of the literature.

    Hakozaki M, Kikuchi S, Otani K, Tajino T, Konno S

    Modern rheumatology   21 ( 4 )   440 - 3   2011年8月( ISSN:1439-7595

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10165-011-0417-8

    PubMed

  • チーム医療における心身医学的アプローチ 福島県立医科大学附属病院における運動器の慢性疼痛患者に対するリエゾン診療

    大谷 晃司

    心身医学   51 ( 8 )   709 - 714   2011年8月( ISSN:0385-0307

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reliability, validity, and responsiveness of the Japanese version of the Neck Pain and Disability Scale

    Ono R, Otani K, Takegami M, Suzukamo Y, Goolkasian P, Wheeler AH, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    J Orthop Sci   16 ( 4 )   339 - 346   2011年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 福島医大における地域医療教育 見学・参加型から達成型への試み(会議録)

    大谷晃司, 熊谷智広, 小宮ひろみ, 石川和信, 錫谷達夫, 大平弘正, 福島哲仁, 大和田憲司, 宗像源之, 竹村真生子, 佐竹秀一

    医学教育(0386-9644)   42   57   2011年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Reliability, validity, and responsiveness of the Japanese version of the Neck Pain and Disability Scale.

    Ono R, Otani K, Takegami M, Suzukamo Y, Goolkasian P, Wheeler AH, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   16 ( 4 )   339 - 46   2011年7月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-011-0053-3

    PubMed

  • 手術を必要とした脊椎圧迫骨折後偽関節例の初期治療と問題点(会議録)

    武井寛, 勝見敬一, 小澤浩司, 村上秀樹, 橋本淳一, 和田簡一郎, 大谷晃司, 鈴木智人, 伊藤拓緯, 山崎昭義

    東北整形災害外科学会雑誌(1348-8694)   55 ( 1 )   210   2011年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 神経根ブロックによる腰痛と臀部痛の分析 腰仙椎部退行性疾患による下肢痛を有する症例での検討

    大谷晃司、菊地臣一、矢吹省司、恩田啓、二階堂琢也、紺野愼一

    Journal of Spine Research   2 ( 6 )   1122 - 1125   2011年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎変性すべり症の腰痛 機能障害から見た評価

    二階堂琢也、菊地臣一、矢吹省司、大谷晃司、渡辺和之、紺野愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   23 ( 2 )   219 - 223   2011年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙椎黄色靱帯内血腫による神経根障害 1例報告(会議録/症例報告)

    関根拓未, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田啓, 二階堂琢也, 紺野愼一

    東北整形災害外科学会雑誌(1348-8694)   55 ( 1 )   214   2011年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎変性疾患に対するグラフ制動術の中・長期成績(会議録)

    恩田啓, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 紺野慎一

    東北整形災害外科学会雑誌(1348-8694)   55 ( 1 )   212   2011年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎変性すべり症の腰痛 手術前後のX線所見と腰痛関連機能障害の関係(会議録)

    二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田啓, 紺野愼一

    東北整形災害外科学会雑誌(1348-8694)   55 ( 1 )   211   2011年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 神経根ブロックによる腰痛と臀部痛の分析 腰仙椎部退行性疾患による下肢痛を有する症例での検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 恩田 啓, 二階堂 琢也, 紺野 愼一

    Journal of Spine Research   2 ( 6 )   1122 - 1125   2011年6月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎変性すべり症の腰痛 機能障害から見た評価

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 渡辺 和之, 紺野 愼一

    東日本整形災害外科学会雑誌   23 ( 2 )   219 - 223   2011年6月( ISSN:1342-7784

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄の診断に対する立位伸展負荷試験の有用性 歩行負荷試験との比較-前向きコホート研究

    高橋直人、菊地臣一、矢吹省司、大谷晃司、紺野慎一

    臨整外   46 ( 4 )   333 - 340   2011年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Four cases of chronic pain that improved dramatically following low-dose aripiprazole administration

    Kasahara S, Kunii Y, Mashiko H, Otani K, Konno S, Niwa S

    Prim Care Companion CNS Disord   13 ( 2 )   PCC.10l01078   2011年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.4088/PCC.10l01078

  • 腰部脊柱管狭窄の診断に対する立位伸展負荷試験の有用性 歩行負荷試験との比較-前向きコホート研究

    高橋 直人, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 紺野 慎一

    臨床整形外科   46 ( 4 )   333 - 340   2011年4月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Back painの病態と治療 腰仙椎部退行性疾患による下肢痛に合併する腰痛 神経根ブロックによる検討(会議録)

    大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田啓, 二階堂琢也, 渡辺和之, 紺野愼一

    日本整形外科学会雑誌(0021-5325)   85 ( 3 )   318   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎変性側彎症の自然経過 一般住民における腰椎変性側彎の実態 Cobb角からみた検討 横断研究(会議録)

    大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田啓, 二階堂琢也, 渡辺和之, 紺野愼一

    Journal of Spine Research(1884-7137)   2 ( 3 )   431   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • JOABPEQによる腰部脊柱管狭窄の手術成績評価 術前の心理的障害スコアによる術後成績の検討、前向き研究(会議録)

    二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田啓, 渡辺和之, 紺野愼一

    Journal of Spine Research(1884-7137)   2 ( 3 )   512   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙椎部退行性疾患の手術成績とBS-POPとの関係 前向き研究(会議録)

    大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田啓, 二階堂琢也, 渡辺和之, 紺野愼一

    Journal of Spine Research(1884-7137)   2 ( 3 )   639   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄QOLスケールの開発と検証(会議録)

    関口美穂, 脇田貴文, 大谷晃司, 大西良浩, 福原俊一, 菊地臣一, 紺野愼一

    Journal of Spine Research(1884-7137)   2 ( 3 )   757   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頸椎後縦靱帯骨化症に対する脊柱管拡大術 画像上での術後成績関与因子の検討(会議録)

    高山文治, 菊地臣一, 大谷晃司, 紺野愼一

    Journal of Spine Research(1884-7137)   2 ( 3 )   769   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄に対する手術長期成績 手術満足度に影響を与える因子(会議録)

    二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田啓, 渡辺和之, 紺野愼一

    日本整形外科学会雑誌(0021-5325)   85 ( 3 )   S431   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄QOLスケールの開発と検証(会議録)

    関口美穂, 脇田貴文, 大谷晃司, 大西良浩, 福原俊一, 菊地臣一, 紺野愼一

    日本整形外科学会雑誌(0021-5325)   85 ( 3 )   S589   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄症状スケールの開発と検証(会議録)

    関口美穂, 脇田貴文, 大谷晃司, 大西良浩, 福原俊一, 菊地臣一, 紺野愼一

    日本整形外科学会雑誌(0021-5325)   85 ( 3 )   S590   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 地域における腰痛とメタボリックシンドロームの疫学 Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study(LOHAS)(会議録)

    小野玲(神戸大学 大学院保健), 大谷晃司, 竹上未紗, 関口美穂, 大西良弘, 山崎新, 林野泰明, 菊地臣一, 福原俊一, 紺野愼一

    日本整形外科学会雑誌(0021-5325)   85 ( 3 )   S684   2011年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 手術を必要とした骨粗鬆性椎体圧迫骨折後偽関節例の初期治療と問題点

    武井寛、勝見敬一、小澤浩司、村上秀樹、橋本淳一、和田簡一郎、大谷晃司、鈴木智人、伊藤拓緯、山崎昭義

    臨整外   46 ( 1 )   5 - 10   2011年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A validation study of the Brief Scale for Psychiatric problems in Orthopaedic Patients (BS-POP) for patients with chronic low back pain (verification of reliability, validity, and reproducibility)

    Yoshida K, Sekiguchi M, Otani K, Mashiko H, Shiota H, Wakita T, Niwa S, Kikuchi S, Konno S

    J Orthop Sci   16 ( 1 )   7 - 13   2011年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A validation study of the Brief Scale for Psychiatric problems in Orthopaedic Patients (BS-POP) for patients with chronic low back pain (verification of reliability, validity, and reproducibility).

    Yoshida K, Sekiguchi M, Otani K, Mashiko H, Shiota H, Wakita T, Niwa Si, Kikuchi S, Konno S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   16 ( 1 )   7 - 13   2011年1月( ISSN:0949-2658

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00776-010-0012-4

    PubMed

  • 手術を必要とした骨粗鬆性椎体圧迫骨折後偽関節例の初期治療と問題点

    武井 寛, 勝見 敬一, 小澤 浩司, 村上 秀樹, 橋本 淳一, 和田 簡一郎, 大谷 晃司, 鈴木 智人, 伊藤 拓緯, 山崎 昭義

    臨床整形外科   46 ( 1 )   5 - 10   2011年1月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 第3回腰部脊柱管狭窄講演会 記録集 Session 3. 症例から考える(腰部脊柱管狭窄またはPADのどちらの治療を優先させるか)

    大谷晃司

    J Spine Research 2   404 - 416   2011年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The predictive factors for the resorption of a lumbar disc herniation on plain MRI

    Iwabuchi M1, Murakami K, Ara F, Otani K, Kikuchi S

    Fukushima J Med Sci   56 ( 2 )   91 - 97   2010年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The predictive factors for the resorption of a lumbar disc herniation on plain MRI.

    Iwabuchi M, Murakami K, Ara F, Otani K, Kikuchi S

    Fukushima journal of medical science   56 ( 2 )   91 - 7   2010年12月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 単純MRI上での腰椎椎間板ヘルニア退縮の予測因子(THE PREDICTIVE FACTORS FOR THE RESORPTION OF A LUMBAR DISC HERNIATION ON PLAIN MRI)

    岩渕 真澄, 村上 和也, 荒 文博, 大谷 晃司, 菊地 臣一

    Fukushima Journal of Medical Science   56 ( 2 )   91 - 97   2010年12月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development of a self-administered questionnaire to screen patients for cervical myelopathy.

    Kobayashi H, Kikuchi S, Otani K, Sekiguchi M, Sekiguchi Y, Konno S

    BMC musculoskeletal disorders   11   268   2010年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/1471-2474-11-268

    PubMed

  • Development of a self-administered questionnaire to screen patients for cervical myelopathy

    Kobayashi H1, Kikuchi S, Otani K, Sekiguchi M, Sekiguchi Y, Konno S

    BMC Musculoskelet Disord   11   268   2010年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊椎手術後疼痛症候群

    大谷晃司

    麻酔   59 ( 11 )   1370 - 1377   2010年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • [Failed back surgery syndrome].

    Otani K

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   59 ( 11 )   1370 - 7   2010年11月( ISSN:0021-4892

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 【発症原因別に見た神経障害性疼痛の最近の話題 予防・診断・治療】 脊椎手術後疼痛症候群

    大谷 晃司

    麻酔   59 ( 11 )   1370 - 1377   2010年11月( ISSN:0021-4892

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄(症)の診断サポートツール

    大谷晃司、紺野愼一

    Orthopaedics   23 ( 10 )   1 - 4   2010年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【腰部脊柱管狭窄症診療戦略】 腰部脊柱管狭窄(症)の診断サポートツール

    大谷 晃司, 紺野 愼一

    Orthopaedics   23 ( 10 )   1 - 4   2010年9月( ISSN:0914-8124

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 圧迫性脊椎脊髄疾患や四肢切断術後の遺残性しびれの治療

    大谷晃司、菊地臣一、紺野愼一

    臨整外   45 ( 8 )   689 - 693   2010年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 四肢のしびれ感 圧迫性脊椎脊髄疾患や四肢切断術後の遺残性しびれの治療

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 愼一

    臨床整形外科   45 ( 8 )   689 - 693   2010年8月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄の診断における歩行負荷試験の有用性の検討

    高山文治、菊地臣一、大谷晃司、関口美穂、紺野愼一

    臨整外   45 ( 7 )   587 - 595   2010年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄の診断における歩行負荷試験の有用性の検討

    高山 文治, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 関口 美穂, 紺野 慎一

    臨床整形外科   45 ( 7 )   587 - 595   2010年7月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chance fracture of the lumbar spine in an amateur snowboarder: a case report

    Hakozaki M, Otani K, Kikuchi S, Konno S

    J Sports Med Phys Fitness   50 ( 2 )   214 - 216   2010年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 医学部におけるクラス担任制の全国調査-定員増を迎えて医学生の支援体制をどう諮るか

    石川和信、小林元、福島哲仁、大谷晃司、大戸斉、菅原亜紀子、錫谷達夫、藤田禎三

    日本医事新報   4484   95 - 99   2010年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 医学部におけるクラス担任制の全国調査 定員増を迎えて医学生の支援体制をどう諮るか

    石川 和信, 小林 元, 福島 哲仁, 大谷 晃司, 大戸 斉, 菅原 亜紀子, 錫谷 達夫, 藤田 禎三

    日本医事新報   ( 4484 )   95 - 99   2010年4月( ISSN:0385-9215

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄診療の将来を考える 臨床 診断の落とし穴、リエゾン診療

    大谷晃司

    J Spine Research   1 ( 2 )   203 - 206   2010年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頸部痛、肩こりの概論 肩こりの疫学とQOLへの影響

    大谷晃司、矢吹省司

    Modern Physician   30 ( 2 )   232 - 234   2010年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄診療の将来を考える 臨床 診断の落とし穴、リエゾン診療

    大谷 晃司

    Journal of Spine Research   1 ( 2 )   203 - 206   2010年2月( ISSN:1884-7137

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【頸部痛、肩こりから上肢のシビレ】 頸部痛、肩こりの概論 肩こりの疫学とQOLへの影響

    大谷 晃司, 矢吹 省司

    Modern Physician   30 ( 2 )   232 - 234   2010年2月( ISSN:0913-7963

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第6報) 下肢深部反射の疫学的検討

    二階堂琢也、菊地臣一、矢吹省司、大谷晃司、五十嵐環、恩田啓、山内一矢、竹谷内克彰、高橋一朗、立原久義、高山文治、渡辺和之、紺野慎一

    臨整外   45 ( 1 )   43 - 49   2010年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第6報) 下肢深部反射の疫学的検討

    二階堂 琢也, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 五十嵐 環, 恩田 啓, 山内 一矢, 竹谷内 克彰, 高橋 一朗, 立原 久義, 高山 文治, 渡辺 和之, 紺野 愼一

    臨床整形外科   45 ( 1 )   43 - 49   2010年1月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 座談会:非特異的慢性腰痛

    千葉一裕, 大谷晃司, 高橋邦明

    プライマリ・ケア・フロンティア   6 ( 4 )   2 - 7   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 痛みと心フォーラム記録集 BS-POP(Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients:整形外科疾患患者に対する精神医学的問題評価のための簡易質問票)のValidation study:中間報告

    大谷晃司

    新薬と臨床   59 ( suppl 1 )   3 - 11   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頚椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓骨切り術

    大谷晃司

    The Spine Perspective   7   11 - 14   2010年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Surgical treatment assessment using the Japanese orthopedic association cervical myelopathy evaluation questionnaire in patients with cervical myelopathy: a new outcome measure for cervical myelopathy.

    Nikaido T, Kikuchi S, Yabuki S, Otani K, Konno S

    Spine   34 ( 23 )   2568 - 72   2009年11月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0b013e3181b35a8e

    PubMed

  • Surgical treatment assessment using the Japanese orthopedic association cervical myelopathy evaluation questionnaire in patients with cervical myelopathy:a new outcome measure for cervical myelopathy

    Nikaido T, Kikuchi S, Yabuki S, Otani K, Konno S

    Spine(Phila Pa 1976)   34 ( 23 )   2568 - 2572   2009年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Failed back surgery syndrome の病態とエピドラスコピーの可能性

    大谷晃司

    ペインクリニック   30 ( 別冊秋号 )   S591-600   2009年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第5報) 住民検診参加者における腰痛患者のRoland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)得点からみた通院群と非通院群との比較

    渡辺和之、菊地臣一、大谷晃司、紺野慎一、矢吹省司、五十嵐環、恩田啓、山内一矢、二階堂琢也、竹谷内克彰、高橋一朗、立原久義、高山文治

    臨整外   44 ( 10 )   1017 - 1022   2009年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【神経障害性疼痛の基礎と臨床】 脊椎手術後疼痛症候群 Failed back surgery syndromeの病態とエピドラスコピーの可能性

    大谷 晃司

    ペインクリニック   30 ( 別冊秋 )   S591 - S600   2009年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第5報) 住民検診参加者における腰痛患者のRoland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)得点からみた通院群と非通院群との比較

    渡辺 和之, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 紺野 愼一, 矢吹 省司, 五十嵐 環, 恩田 啓, 山内 一矢, 二階堂 琢也, 竹谷内 克彰, 高橋 一朗, 立原 久義, 高山 文治

    臨床整形外科   44 ( 10 )   1017 - 1022   2009年10月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 身体表現性障害(疼痛性障害)による歩行困難に対して整形外科とのリエゾン治療が奏功した1症例 BPDに併存するADHDの鑑別をめぐって

    笠原諭、山本佳子、増子博文、大谷晃司、紺野愼一、丹羽真一

    臨床精神医学   38 ( 9 )   1159 - 1166   2009年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第4報) 腰部脊柱管狭窄と腰痛関連QOLとの関係(縦断研究)

    大谷晃司、菊地臣一、紺野慎一、矢吹省司、恩田啓、二階堂琢也、立原久義、高山文治、渡辺和之

    臨整外   44 ( 9 )   911 - 917   2009年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 福島県立医科大学大学医師会会報巻頭言 医療人育成・支援センター 臨床医学教育研修部門の活動のご紹介

    大谷晃司

    福島県立医科大学大学医師会会報   84   2009年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第4報) 腰部脊柱管狭窄と腰痛関連QOLとの関係(縦断研究)

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 矢吹 省司, 恩田 啓, 二階堂 琢也, 立原 久義, 高山 文治, 渡辺 和之

    臨床整形外科   44 ( 9 )   911 - 917   2009年9月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【精神科と他科・他職種との連携】 コンサルテーション・リエゾン精神医学 身体表現性障害(疼痛性障害)による歩行困難に対して整形外科とのリエゾン治療が奏功した1症例 BPDに併存するADHDの鑑別をめぐって

    笠原 諭, 山本 佳子, 増子 博文, 大谷 晃司, 紺野 愼一, 丹羽 真一

    臨床精神医学   38 ( 9 )   1159 - 1166   2009年9月( ISSN:0300-032X

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A segmental partial laminectomy for cervical spondylotic myelopathy: anatomical basis and clinical outcome in comparison with expansive open-door laminoplasty.

    Otani K, Sato K, Yabuki S, Iwabuchi M, Kikuchi S

    Spine   34 ( 3 )   268 - 73   2009年2月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/BRS.0b013e318195b27a

    PubMed

  • 難治性腰痛における治療戦略 難治性腰痛の原因とその対策 特に非器質的腰痛について

    大谷晃司、菊地臣一

    整形外科   60 ( 2 )   np1-np7   2009年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A segmental partial Iaminectomy for cervical spondylotic myelopathy. Anatomical basis and clinical outcome in comparison with expansive open-door Iaminoplasty

    Otani k, Sato K, Yabuki S, Iwabuchi M, Kikuchi S

    Spine (Phila Pa 1976)   34 ( 3 )   268 - 273   2009年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 難治性腰痛における治療戦略 難治性腰痛の原因とその対策 特に非器質的腰痛について

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    整形外科   60 ( 2 )   np1 - np7   2009年2月( ISSN:0030-5901

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第3報) Roland-Morris Disability Questionnaire 日本語版を用いた腰痛による日常生活への支障度の検討

    大谷晃司、菊地臣一、紺野慎一、矢吹省司、五十嵐環、恩田啓、山内一矢、二階堂琢也、竹谷内克彰、高橋一朗、立原久義、高山文治、渡辺和之

    臨整外   44 ( 1 )   49 - 54   2009年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ第3報 Roland-Morris Disability Questionnaire日本語版を用いた腰痛による日常生活への支障度の検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 矢吹 省司, 五十嵐 環, 恩田 啓, 山内 一矢, 二階堂 琢也, 竹谷内 克彰, 高橋 一朗, 立原 久義, 高山 文治, 渡辺 和之

    臨床整形外科   44 ( 1 )   49 - 54   2009年1月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 第17回日本腰痛学会特集記事

    大谷晃司

    Medical Tribune   42 ( 52-53 )   61   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Evaluatig of surgical treatment for lumbar spine disorders using the Japanese Orthopaedic Association Back-PAIN Evaluation(JOABPEQ)-A comparison of decompression surgery results for spondylosis and degenerative spondylolisthesis-

    Nikaido T, Kikuchi S, Yabuki S, Otani K, Onda A, Konno S

    Japanese society for spine surgery and related reserch   20   718 - 723   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄におけるMRIの特徴-硬膜管横断面積の疫学的検討

    二階堂琢也、菊地臣一、紺野愼一、矢吹省司、大谷晃司、恩田啓、渡辺和之

    日整会誌   83   S560   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄に関する臨床疫学調査-縦断的検討

    大谷晃司、菊地臣一、紺野愼一、矢吹省司、関口美穂、恩田啓、二階堂琢也、渡辺和之

    日整会誌   83   S556   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 日本人における頸部愁訴の個人あるいは社会に与えるインパクトに関する調査

    大谷晃司、菊地臣一、紺野愼一、福原俊一、小野玲、竹上未紗、鈴鴨よしみ

    日整会誌   83   S101   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術後にみられる腰痛に対するMRIを用いた検討

    岩渕真澄、村上和也、菅野伸樹、大谷晃司

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   20   541   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頸部脊髄症に対する自記式問診票の開発(第2報)

    小林洋、菊地臣一、紺野愼一、大谷晃司、関口美穂、関口泰史

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   20   138   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頸部愁訴の評価法-NPDS日本語版の開発と臨床での初期使用経験-

    大谷晃司、菊地臣一、紺野愼一、矢吹省司、恩田啓、二階堂琢也、渡辺和之、福原俊一、竹上未紗、小野玲、鈴鴨よしみ

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   20   79   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙椎部退行性疾患の術後成績への心理的要因の関与-術前SF-36スコアと術後の症状改善の関係-

    渡辺和之、菊地臣一、紺野愼一、矢吹省司、大谷晃司、恩田啓、二階堂琢也

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   20   27   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOACMEQ)による腰椎手術の評価-脊椎症と変性すべり症に対する除圧術の比較-

    二階堂琢也、菊地臣一、紺野愼一、矢吹省司、大谷晃司、恩田啓、渡辺和之

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   20   19   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 胸椎部硬膜内に腫瘤を形成した乳癌転移性腫瘍-1例報告-

    二階堂琢也、菊地臣一、紺野愼一、矢吹省司、大谷晃司

    東北整災誌   53   232   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨粗鬆症性新鮮椎体圧迫骨折患者のQOLの経時的変化

    大谷晃司、菊地臣一、紺野愼一、矢吹省司、二階堂琢也

    東北整災誌   53   239   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 座談会 慢性腰痛の病態と治療

    大谷晃司

    The Spine perspective   6   1 - 6   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 地方(地域)の医師確保問題について思うこと

    大谷晃司

    整形外科   60   642   2009年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • リエゾン精神医療というアプローチを学ぼう リエゾン精神医療が必要な整形外科患者とは

    大谷晃司

    整形外科看護   13 ( 12 )   1187 - 1191   2008年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙部神経根障害における疼痛と腰痛関連機能障害の乖離 BS-POPの有用性

    五十嵐環、菊地臣一、紺野慎一、大谷晃司

    臨床整形外科   43 ( 12 )   1205 - 1209   2008年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【リエゾン精神医療で解決しよう! 整形外科患者の心理的要因から生じる身体症状】 リエゾン精神医療というアプローチを学ぼう リエゾン精神医療が必要な整形外科患者とは

    大谷 晃司

    整形外科看護   13 ( 12 )   1187 - 1191   2008年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰仙部神経根障害における疼痛と腰痛関連機能障害の乖離 BS-POPの有用性

    五十嵐 環, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 大谷 晃司

    臨床整形外科   43 ( 12 )   1205 - 1209   2008年12月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Endoscopic surgery for degenerative cervical spine disease

    Yabuki S, Otani K, Nikaido T, Kikuchi S

    日脊会誌   19 ( 3 )   539 - 542   2008年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頚椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術-術式の根拠と適応症例、手技、および従来の椎弓形成術との比較

    大谷晃司、菊地臣一

    整外最小侵襲術誌   48   34 - 41   2008年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頸椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術 術式の根拠、術式の実際、治療成績

    大谷晃司、菊地臣一

    日最小侵襲整外会誌   8 ( 1 )   2 - 6   2008年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第2報)腰部脊柱管狭窄の頻度と健康関連QOLとの関係(横断研究)

    大谷晃司、菊地臣一、紺野慎一、矢吹省司、五十嵐環、恩田啓、山内一矢、二階堂琢也、竹谷内克彰、高橋一朗、立原久義、高山文治、渡辺和之

    臨床整形外科   43 ( 9 )   883 - 888   2008年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頸椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術 術式の根拠、術式の実際、治療成績

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    日本最小侵襲整形外科学会誌   8 ( 1 )   2 - 6   2008年9月( ISSN:1348-6098

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ 第2報 腰部脊柱管狭窄と健康関連QOLとの関係(横断研究)

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 矢吹 省司, 五十嵐 環, 恩田 啓, 山内 一矢, 二階堂 琢也, 竹谷内 克彰, 高橋 一朗, 立原 久義, 高山 文治, 渡辺 和之

    臨床整形外科   43 ( 9 )   883 - 888   2008年9月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【頸部脊髄症に対する最小侵襲手術】 頸椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術 術式の根拠と適応症例、手技、および従来の椎弓形成術との比較

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル   ( 48 )   34 - 41   2008年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ(第1報) 腰部脊柱管狭窄の頻度と腰痛関連QOLとの関係(横断研究)

    大谷晃司、菊地臣一、紺野慎一、矢吹省司、五十嵐環、恩田啓、山内一矢、二階堂琢也、竹谷内克彰、高橋一朗、立原久義、高山文治、渡辺和之

    臨床整形外科   43 ( 8 )   789 - 799   2008年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ 第1報 腰部脊柱管狭窄の頻度と腰痛関連QOLとの関係(横断研究)

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 矢吹 省司, 五十嵐 環, 恩田 啓, 山内 一矢, 二階堂 琢也, 竹谷内 克彰, 高橋 一朗, 立原 久義, 高山 文治, 渡辺 和之

    臨床整形外科   43 ( 8 )   789 - 796   2008年8月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 椎間板・神経根造影(ブロック)

    大谷晃司、菊地臣一

    日獨医報   53 ( 1 )   47 - 55   2008年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨盤部腫瘍に対するマイクロサージャリーを用いた再建術後の長期成績 脊柱の変化とQOL 3例報告

    江尻 荘一, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 田地野 崇宏, 大谷 晃司, 鳥越 均

    日本マイクロサージャリー学会会誌   21 ( 2 )   161 - 162   2008年6月( ISSN:0916-4936

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【CT・MRI時代における非血管特殊造影検査の意義 マスターすべき読影ポイント】 脊椎・脊髄 椎間板・神経根造影(ブロック)

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    日独医報   53 ( 1 )   47 - 55   2008年6月( ISSN:0912-0351

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎変性疾患に対するグラフ制動術の手術手技と長期成績

    矢吹省司、恩田啓、大谷晃司、紺野慎一、菊地臣一

    脊椎脊髄ジャーナル   21 ( 4 )   471 - 475   2008年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 梨状筋症候群

    大谷晃司、菊地臣一

    整形・災害外科   51 ( 5 )   569 - 574   2008年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【末梢神経障害 基礎と臨床のすべて】 梨状筋症候群

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    整形・災害外科   51 ( 5 )   569 - 574   2008年4月( ISSN:0387-4095

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【腰部脊柱管狭窄症up-to-date】 実践編 診断・治療のquintessence 治療 手術療法 腰椎変性疾患に対するグラフ制動術の手術手技と長期成績

    矢吹 省司, 恩田 啓, 大谷 晃司, 紺野 愼一, 菊地 臣一

    脊椎脊髄ジャーナル   21 ( 4 )   471 - 475   2008年4月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頚神経根造影・ブロック

    大谷晃司、菊地臣一、矢吹省司

    脊椎脊髄   21 ( 3 )   181 - 187   2008年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【脊椎疾患に対する神経ブロック療法】 頸神経根造影・ブロック

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司

    脊椎脊髄ジャーナル   21 ( 3 )   181 - 187   2008年3月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎外科Q&A

    大谷晃司

    The Spine perspective   5   7 - 10   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 高齢者の頚椎症・頚髄症の画像診断とその特徴

    大谷晃司

    Orthopaedics   20 ( 13 )   7 - 14   2007年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Mycobacterium bovis BCG vertebral osteomyelitis after intravesical BCG therapy, diagnosed by PCR-based genomic deletion analysis

    Nikaido T, Ishibashi K, Otani K, Yabuki S, Konno S, Mori S, Ohashi K, Ishida T, Nakano M, Yamaguchi O, Suzutani T, Kikuchi S

    J Clin Microbiol   45 ( 12 )   4085 - 7   2007年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Mycobacterium bovis BCG vertebral osteomyelitis after intravesical BCG therapy, diagnosed by PCR-based genomic deletion analysis.

    Nikaido T, Ishibashi K, Otani K, Yabuki S, Konno S, Mori S, Ohashi K, Ishida T, Nakano M, Yamaguchi O, Suzutani T, Kikuchi S

    Journal of clinical microbiology   45 ( 12 )   4085 - 7   2007年12月( ISSN:0095-1137

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1128/JCM.01714-07

    PubMed

  • 【高齢者の頸椎症・頸髄症 その診断と治療】 高齢者の頸椎症・頸髄症の画像診断とその特徴

    大谷 晃司

    Orthopaedics   20 ( 13 )   7 - 14   2007年12月( ISSN:0914-8124

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 神経性間欠跛行 疫学

    大谷晃司

    医薬ジャーナル   43 ( 11 )   2685 - 2687   2007年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Unusual fracture of the humerus in a volleyball player: a case report

    Hakozaki M, Iwabuchi M, Otani K, Konno S, Kikuchi S

    Int J Sports Med   28 ( 11 )   977 - 979   2007年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【プライマリケアのための間欠跛行診療最前線】 神経性間欠跛行 疫学

    大谷 晃司

    医薬ジャーナル   43 ( 11 )   2685 - 2687   2007年11月( ISSN:0287-4741

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頚髄症における術前の頚部愁訴 前向き研究

    畑下智、菊地臣一、矢吹省司、大谷晃司、岩渕真澄

    臨床整形外科   42 ( 10 )   1013 - 1019   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • ヒッププロテクター装着に影響を与える因子の検討

    大谷晃司、菊地臣一、矢吹省司

    別冊整形外科   52   278 - 80   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨粗鬆症に対する薬物治療ー服薬コンプライアンスあるいはアドヒアレンスの検討

    大谷晃司

    別冊整形外科   52   292 - 6   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄に伴う自覚症状 術前後での変化 前向き研究

    加藤欽志、菊地臣一、紺野慎一、大谷晃司

    臨床整形外科   42 ( 10 )   1007 - 1011   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【高齢者骨折に対する私の治療法】 骨粗鬆症に対する治療 骨折予防の薬物療法 骨粗鬆症に対する薬物治療 服薬コンプライアンスあるいはアドヒアレンスの検討

    大谷 晃司

    別冊整形外科   ( 52 )   292 - 296   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄に伴う自覚症状 術前後での変化 前向き研究

    加藤 欽志, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 大谷 晃司

    臨床整形外科   42 ( 10 )   1007 - 1011   2007年10月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸髄症における術前の頸部愁訴 前向き研究

    畑下 智, 菊地 臣一, 矢吹 省司, 大谷 晃司, 岩渕 真澄

    臨床整形外科   42 ( 10 )   1013 - 1019   2007年10月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【高齢者骨折に対する私の治療法】 転倒予防プログラム・リハビリテーションおよび装具 ヒッププロテクター ヒッププロテクター装着に影響を与える因子の検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 矢吹 省司

    別冊整形外科   ( 52 )   278 - 280   2007年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頚椎症性脊髄症に対する頚椎椎弓骨切り術

    大谷晃司、菊地臣一

    整形・災害外科   50 ( 9 )   991 - 998   2007年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【頸椎症性脊髄症治療の進歩】 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓骨切り術

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    整形・災害外科   50 ( 9 )   991 - 998   2007年8月( ISSN:0387-4095

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰部脊柱管狭窄の保存療法について教えてください

    大谷晃司

    ペインクリニック   28 ( 5 )   721   2007年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰部脊柱管狭窄の保存療法について教えてください

    大谷 晃司

    ペインクリニック   28 ( 5 )   721 - 721   2007年5月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 慢性腰痛に対する神経ブロック治療 -適応と限界-

    大谷晃司、菊地臣一

    オルソペディックス   20 ( 2 )   65 - 71   2007年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 肩凝りの病態と疫学

    大谷晃司、矢吹省司

    ペインクリニック   28 ( 2 )   165 - 173   2007年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【慢性腰痛の診療】 慢性腰痛に対する神経ブロック治療 適応と限界

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    Orthopaedics   20 ( 2 )   65 - 71   2007年2月( ISSN:0914-8124

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【肩凝り・頸部痛の病態と治療】 肩凝りの病態と疫学

    大谷 晃司, 矢吹 省司

    ペインクリニック   28 ( 2 )   165 - 173   2007年2月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚髄症に対する固定術後の頚部痛ーA型ボツリヌス毒素の治療効果ー

    大谷晃司、菊地臣一

    日本脳性麻痺の外科研究会誌   17   41 - 3   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頚椎椎弓骨切り術で対応できるアテトーゼ型脳性麻痺による頚髄症ーX線学的特徴ー

    大谷晃司 菊地臣一 紺野慎一 矢吹省司

    日本脳性麻痺の外科研究会誌   17   37 - 9   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊椎疾患と神経内科疾患との鑑別

    大谷晃司、菊地臣一

    日本脊椎脊髄病学会誌   17 ( 2 )   723 - 35   2006年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰痛と腰椎変性所見の関連 疫学的検討

    竹谷内克彰、菊地臣一、紺野慎一、大谷晃司

    臨床整形外科   41 ( 12 )   1281 - 1284   2006年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 健常者に対する10秒テストの疫学調査 -圧迫性頸髄症患者との比較-

    立原久義、菊地臣一、紺野慎一、大谷晃司

    臨床整形外科   41 ( 12 )   1275 - 1279   2006年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊椎疾患と神経内科疾患との鑑別

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   17 ( 2 )   723 - 735   2006年12月( ISSN:1346-4876

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 健常者に対する10秒テストの疫学調査 圧迫性頸髄症患者との比較

    立原 久義, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 大谷 晃司

    臨床整形外科   41 ( 12 )   1275 - 1279   2006年12月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛と腰椎変性所見の関連 疫学的検討

    竹谷内 克彰, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 大谷 晃司

    臨床整形外科   41 ( 12 )   1281 - 1284   2006年12月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛に対する腰部交感神経節ブロック 腰痛に対する腰部交感神経節ブロックの位置付け

    大谷晃司、菊地臣一、紺野慎一、矢吹省司、五十嵐環、二階堂琢也

    日腰痛会誌   12 ( 1 )   61 - 66   2006年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【腰痛に対する各種保存治療 私はこうしている ブロック療法】 腰痛に対する腰部交感神経節ブロック 腰痛に対する腰部交感神経節ブロックの位置付け

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 矢吹 省司, 五十嵐 環, 二階堂 琢也

    日本腰痛学会雑誌   12 ( 1 )   61 - 66   2006年10月( ISSN:1345-9074

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mid-term and long-term follow-up data after placement of the Graf stabilization system for lumbar degenerative disorders

    Onda A, Otani K, Konno S, Kikuchi S

    J Neurosurg Spine   5 ( 1 )   26 - 32   2006年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Mid-term and long-term follow-up data after placement of the Graf stabilization system for lumbar degenerative disorders.

    Onda A, Otani K, Konno S, Kikuchi S

    Journal of neurosurgery. Spine   5 ( 1 )   26 - 32   2006年7月( ISSN:1547-5654

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3171/spi.2006.5.1.26

    PubMed

  • 勤労世代住民の健康とQOLの関連 只見町健康調査から

    菅野聖子、長谷川望、藤田信子、佐藤三佳、梁取良子、大谷晃司、鈴木隆史、加藤清司

    福島県立医科大学看護学部紀要   8   27 - 38   2006年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 勤労世代住民の健康とQOLの関連 只見町健康調査から

    菅野 聖子, 長谷川 望, 藤田 信子, 佐藤 三佳, 梁取 良子, 大谷 晃司, 鈴木 隆史, 加藤 清司

    福島県立医科大学看護学部紀要   ( 8 )   27 - 38   2006年4月( ISSN:1344-6975

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • アテトーゼ型脳性麻痺患者の頚部痛に対するボツリヌス毒素製剤の使用経験ー筋硬度から見た効果発現機序ー

    大谷晃司

    第2回日本脳性麻痺ボツリヌス療法研究会記録集   5 - 7   2006年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊椎・脊髄 腰部脊柱管狭窄・椎間板ヘルニア

    大谷晃司、菊地臣一

    整形外科   56 ( 8 )   963 - 968   2005年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【新時代の運動器リハビリテーション】 代表的疾患のリハビリテーション 脊椎・脊髄 腰部脊柱管狭窄・椎間板ヘルニア

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    整形外科   56 ( 8 )   963 - 968   2005年7月( ISSN:0030-5901

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者における腰部脊柱管狭窄の術後QOL

    紺野慎一、菊地臣一、大谷晃司

    臨床整形外科   40 ( 4 )   359 - 363   2005年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Failed back syndromeの病態 エピドラスコピーによる評価と限界

    大谷晃司

    日本ペインクリニック学会誌   12 ( 2 )   59 - 68   2005年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【脊椎脊髄病学 最近の進歩】 高齢者における腰部脊柱管狭窄の術後QOL

    紺野 愼一, 菊地 臣一, 大谷 晃司

    臨床整形外科   40 ( 4 )   359 - 363   2005年4月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Failed back syndromeの病態 エピドラスコピーによる評価と限界

    大谷 晃司

    日本ペインクリニック学会誌   12 ( 2 )   59 - 68   2005年4月( ISSN:1340-4903

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Block treatment for low back pain--technical note].

    Otani K, Kikuchi S

    Clinical calcium   15 ( 3 )   117 - 21   2005年3月( ISSN:0917-5857

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : CliCa0503437441

    PubMed

  • 腰痛のブロック療法の実際

    大谷晃司、菊地臣一

    Clinical Calcium   15 ( 3 )   437 - 441   2005年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰下肢痛の手術 各術式の適応とその特徴

    恩田啓、菊地臣一、大谷晃司

    ペインクリニック   26 ( 2 )   191 - 197   2005年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【腰痛の管理】 腰痛のブロック療法の実際

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    Clinical Calcium   15 ( 3 )   437 - 441   2005年2月( ISSN:0917-5857

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【腰下肢痛の治療】 腰下肢痛の手術 各術式の適応とその特徴

    恩田 啓, 菊地 臣一, 大谷 晃司

    ペインクリニック   26 ( 2 )   191 - 197   2005年2月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 文献抄訳 Botulinum toxin type A in experimental neuropathic pain.

    大谷晃司

    ペインクリニック   26   1562   2005年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Indomethacin blocks the nucleus pulposus-induced effects on nerve root function. An experimental study in dogs with assessment of nerve conduction and blood flow following experimental disc herniation

    Arai I, Mao GP, Otani K, Konno S, Kikuchi S, Olmarker K

    Eur Spine J   13 ( 8 )   691 - 694   2004年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Indomethacin blocks the nucleus pulposus-induced effects on nerve root function. An experimental study in dogs with assessment of nerve conduction and blood flow following experimental disc herniation.

    Arai I, Mao GP, Otani K, Konno S, Kikuchi S, Olmarker K

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   13 ( 8 )   691 - 4   2004年12月( ISSN:0940-6719

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s005860100268

    PubMed

  • 腰仙椎部移行椎例の脊髄円錐下端の高位分布 MRIによる検討

    森本忠嗣、菊地臣一、佐藤勝彦、大谷晃司

    臨床整形外科   39 ( 11 )   1409 - 1414   2004年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙椎部移行椎例の脊髄円錐下端の高位分布 MRIによる検討

    森本 忠嗣, 菊地 臣一, 佐藤 勝彦, 大谷 晃司

    臨床整形外科   39 ( 11 )   1409 - 1414   2004年11月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰仙椎部椎間板ヘルニア手術後10年以上経過例の腰痛関連QOLの検討

    大谷晃司、菊地臣一、紺野慎一、矢吹省司

    日腰痛会誌   10 ( 1 )   127 - 131   2004年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 急性腰痛に安静は必要か

    大谷晃司、菊地臣一

    整形・災害外科   47 ( 11 )   1373   2004年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙椎部椎間板ヘルニア手術後10年以上経過例の腰痛関連QOLの検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 矢吹 省司

    日本腰痛学会雑誌   10 ( 1 )   127 - 131   2004年10月( ISSN:1345-9074

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 整形外科診療手技のうそ・まこと 急性腰痛に安静は必要か

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    整形・災害外科   47 ( 11 )   1373 - 1373   2004年10月( ISSN:0387-4095

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎・脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第3報) 腰仙椎部退行性疾患に対する手術成績に関与する精神医学的問題の検討

    佐藤勝彦、菊地臣一、大谷晃司、増子博文、丹羽慎一

    臨床整形外科   39 ( 9 )   1145 - 1150   2004年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊椎・脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第3報) 腰仙椎部退行性疾患に対する手術成績に関与する精神医学的問題の検討

    佐藤 勝彦, 菊地 臣一, 大谷 晃司, 増子 博文, 丹羽 真一

    臨床整形外科   39 ( 9 )   1145 - 1150   2004年9月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における骨粗鬆症治療の検討

    山口研、大谷晃司

    東北整災外会誌   48 ( 1 )   70 - 73   2004年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 当科における骨粗鬆症治療の検討

    山口 研, 大谷 晃司

    東北整形災害外科学会雑誌   48 ( 1 )   70 - 73   2004年6月( ISSN:1348-8694

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 整形外科からみたfailed back syndromeの病態 エピドラスコピーへの期待と疑問点を含めて

    大谷晃司

    ペインクリニック   25 ( 3 )   357 - 365   2004年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 整形外科からみたfailed back syndromeの病態 エピドラスコピーへの期待と疑問点を含めて

    大谷 晃司

    ペインクリニック   25 ( 3 )   357 - 365   2004年3月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者大腿骨頸部骨折の周術期合併症と生命予後

    大谷晃司、猪股洋一郎

    東日本整形災害外科学会雑誌   15 ( 4 )   569 - 574   2003年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Orthopractice 私の治療法 退行性骨粗鬆症の圧迫骨折治療 DEBATE 保存的治療派

    矢吹省司、菊地臣一、大谷晃司

    Arthritis   1 ( 3 )   182 - 187   2003年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折におけるMRI像と椎体変形の予後との関連

    山口研、大谷晃司

    臨床整形外科   38 ( 12 )   1499 - 1503   2003年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 高齢者大腿骨頸部骨折の周術期合併症と生命予後

    大谷 晃司, 猪股 洋一郎

    東日本整形災害外科学会雑誌   15 ( 4 )   569 - 574   2003年12月( ISSN:1342-7784

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Orthopractice 私の治療法 退行性骨粗鬆症の圧迫骨折治療 DEBATE 保存的治療派

    矢吹 省司, 菊地 臣一, 大谷 晃司

    Arthritis-運動器疾患と炎症-   1 ( 3 )   182 - 187   2003年12月( ISSN:1348-270X

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折におけるMRI像と椎体変形の予後との関連

    山口 研, 大谷 晃司

    臨床整形外科   38 ( 12 )   1499 - 1503   2003年12月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者大腿骨頚部骨折の術後成績からみたリスクマネージメント

    大谷晃司、猪股洋一郎

    Orthopaedics   16 ( 12 )   63 - 70   2003年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【大腿骨頸部骨折の診断と治療】 高齢者大腿骨頸部骨折の術後成績からみたリスクマネージメント

    大谷 晃司, 猪股 洋一郎

    Orthopaedics   16 ( 12 )   63 - 70   2003年11月( ISSN:0914-8124

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 間欠跛行の病態

    大谷晃司

    整形外科看護   8 ( 10 )   886 - 890   2003年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【もっと知りたい腰部脊柱管狭窄】 間欠跛行の病態

    大谷 晃司

    整形外科看護   8 ( 10 )   886 - 890   2003年10月( ISSN:1342-4718

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 後根神経節と後根神経節細胞(脊髄神経節と脊髄神経節細胞)

    大谷晃司、菊地臣一、本多たかし

    臨床整形外科   38 ( 9 )   1198 - 1200   2003年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 運動器の細胞 知っておきたい 後根神経節と後根神経節細胞(脊髄神経節と脊髄神経節細胞)

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 本多 たかし

    臨床整形外科   38 ( 9 )   1198 - 1200   2003年9月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛の薬物療法

    大谷晃司、菊地臣一、鳥羽衛

    骨・関節・靱帯   16 ( 8 )   968 - 976   2003年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【必見 腰痛学】 治療 保存的治療 腰痛の薬物療法

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 鳥羽 衛

    骨・関節・靱帯   16 ( 8 )   968 - 976   2003年8月( ISSN:0915-1125

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Correlation of low back pain with functional status, general health perception, social participation, subjective happiness, and patient satisfaction.

    Takeyachi Y, Konno S, Otani K, Yamauchi K, Takahashi I, Suzukamo Y, Kikuchi S

    Spine   28 ( 13 )   1461 - 6; discussion 1467   2003年7月( ISSN:0362-2436

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/01.BRS.0000067091.88283.B6

    PubMed

  • Correlation of low back pain with functional status, general health perception, social participation, subjective happiness, and patient satisfaction

    Takeyachi Y, Konno S, Otani K, Yamauchi K, Takahashi I, Suzukamo Y, Kikuchi S

    Spine (Phila Pa 1976)   28 ( 13 )   1461 - 1467   2003年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙椎部椎間板ヘルニアの保存療法 ブロック療法を中心に

    大谷晃司、菊地臣一

    マニピュレーション   18 ( 2 )   60 - 65   2003年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊柱管狭窄(症)・脊柱靭帯骨化症 靭帯石灰化症を含む

    大谷晃司、菊地臣一

    脊椎脊髄ジャーナル   16 ( 5 )   553 - 558   2003年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【脊椎脊髄疾患と薬物療法】 脊柱管狭窄(症)・脊柱靱帯骨化症 靱帯石灰化症を含む

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    脊椎脊髄ジャーナル   16 ( 5 )   553 - 558   2003年5月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰仙椎部椎間板ヘルニアの保存療法 ブロック療法を中心に

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    マニピュレーション   18 ( 2 )   60 - 65   2003年5月( ISSN:0913-2899

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anatomic study of the axis for surgical planning of transarticular screw fixation

    Igarashi T, Kikuchi S, Sato K, Kayama S, Otani K

    Clin Orthop Relat Res   408   162 - 166   2003年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Anatomic study of the axis for surgical planning of transarticular screw fixation.

    Igarashi T, Kikuchi S, Sato K, Kayama S, Otani K

    Clinical orthopaedics and related research   ( 408 )   162 - 6   2003年3月( ISSN:0009-921X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 変形性脊椎症の自然経過

    大谷晃司、菊地臣一

    関節外科   22 ( 1 )   93 - 100   2003年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【変形性関節症の長期自然経過】 変形性脊椎症の自然経過

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    関節外科   22 ( 1 )   93 - 100   2003年1月( ISSN:0286-5394

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰下肢痛と腰痛関連機能,総合的健康感,および社会参加の関連 腰痛関連モデルを用いた疫学的検討

    竹谷内克彰、菊地臣一、紺野慎一、大谷晃司、高橋一朗、鈴鴨よしみ

    臨床整形外科   37 ( 12 )   1409 - 1417   2002年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰下肢痛と腰痛関連機能,総合的健康感,および社会参加の関連 腰痛関連モデルを用いた疫学的検討

    竹谷内 克彰, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 大谷 晃司, 高橋 一朗, 鈴鴨 よしみ

    臨床整形外科   37 ( 12 )   1409 - 1417   2002年12月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 椎間板造影・神経根造影(ブロック)

    大谷晃司、菊地臣一

    臨床画像   18 ( 4月増刊 )   126 - 129   2002年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【若手放射線科医がマスターすべき画像診断テクニック】 マスターしたい造影テクニック 椎間板造影・神経根造影(ブロック)

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    臨床画像   18 ( 4月増刊 )   126 - 139   2002年4月( ISSN:0911-1069

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者大腿骨頸部骨折患者の急性期リハビリテーション

    大谷晃司、佐藤泰央、水野真利子、猪股洋一郎

    骨・関節・靭帯   15 ( 1 )   15 - 21   2002年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 圧迫性神経根障害の病態 形態学的・機能解剖学的検討

    大谷晃司、菊地臣一

    脊椎脊髄ジャーナル   15 ( 1 )   25 - 29   2002年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【神経根の疾患と病態】 圧迫性神経根障害の病態 形態学的・機能解剖学的検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    脊椎脊髄ジャーナル   15 ( 1 )   25 - 29   2002年1月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【整形外科疾患の急性期リハビリテーション】 高齢者大腿骨頸部骨折患者の急性期リハビリテーション

    大谷 晃司, 佐藤 泰央, 水野 真利子, 猪股 洋一郎

    骨・関節・靱帯   15 ( 1 )   15 - 21   2002年1月( ISSN:0915-1125

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • エピドラスコピーの治療効果の発現機序 実験的馬尾・神経根障害モデルからみた検討

    大谷晃司

    ペインクリニック   22 ( 12 )   1626 - 1634   2001年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【エピドラスコピー】 エピドラスコピーの治療効果の発現機序 実験的馬尾・神経根障害モデルからみた検討

    大谷 晃司

    ペインクリニック   22 ( 12 )   1626 - 1634   2001年12月( ISSN:0388-4171

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lumbosacral transitional vertebrae and nerve-root symptoms

    Otani K, Konno S, Kikuchi S

    J Bone Joint Surg Br   83 ( 8 )   1137 - 1140   2001年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 高齢者の大腿骨頸部骨折の周術期管理 生命予後からみた検討

    大谷晃司、猪股洋一郎

    別冊整形外科   40   2 - 6   2001年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【整形外科手術の周術期管理】 高齢者の周術期管理 高齢者の大腿骨頸部骨折の周術期管理 生命予後からみた検討

    大谷 晃司, 猪股 洋一郎

    別冊整形外科   ( 40 )   2 - 6   2001年10月( ISSN:0287-1645

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 非癌性疼痛の臨床 病態と治療 腰下肢痛

    大谷晃司、菊地臣一

    日本臨床   59 ( 9 )   1743 - 1748   2001年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【ペインコントロール 癌及び非癌性疼痛緩和研究の進歩】 非癌性疼痛の臨床 病態と治療 腰下肢痛

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    日本臨床   59 ( 9 )   1743 - 1748   2001年9月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Blood flow measurement in experimental chronic cauda equina compression in dogs: changes in blood flow at various conditions

    Otani K, Kikuchi S, Konno S, Olmarker K

    J Spinal Disord   14 ( 4 )   343 - 346   2001年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 馬尾慢性圧迫モデルに対するLipo prostaglandin E1の効果 デジタルハイスコープビデオシステムを用いての検討

    五十嵐環、菊地臣一、紺野慎一、大谷晃司、青木良仁

    臨床整形外科   36 ( 7 )   853 - 858   2001年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 馬尾慢性圧迫モデルに対するLipo prostaglandin E1の効果 デジタルハイスコープビデオシステムを用いての検討

    五十嵐 環, 菊地 臣一, 紺野 慎一, 大谷 晃司, 青木 良仁

    臨床整形外科   36 ( 7 )   853 - 858   2001年7月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰痛を訴える骨・関節疾患

    大谷晃司、菊地臣一

    痛みと臨床   1 ( 1 )   24 - 34   2001年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【骨・関節疾患の痛み】 腰痛を訴える骨・関節疾患

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    痛みと臨床   1 ( 1 )   24 - 34   2001年2月( ISSN:1345-9023

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰仙椎部椎間板ヘルニアの手術に対する患者の満足度に関与する因子の検討

    佐藤勝彦、菊地臣一、大谷晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   13 ( 8 )   795 - 799   2000年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 【腰椎椎間板ヘルニア再手術例への多面的アプローチ】 腰仙椎部椎間板ヘルニアの手術に対する患者の満足度に関与する因子の検討

    佐藤 勝彦, 菊地 臣一, 大谷 晃司

    脊椎脊髄ジャーナル   13 ( 8 )   795 - 799   2000年8月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 整形外科/知ってるつもり Superior facet syndrome

    大谷晃司、菊地臣一

    臨床整形外科   35 ( 4 )   316 - 8   2000年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 整形外科/知ってるつもり Superior facet syndrome

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    臨床整形外科   35 ( 4 )   316 - 318   2000年3月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nucleus pulposus-induced nerve root injury: relationship between blood flow and motor nerve conduction velocity

    Otani K, Arai I, Mao GP, Konno S, Olmarker K, Kikuchi S

    Neurosurgery   45 ( 3 )   614 - 620   1999年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 四肢コンパートメント症候群

    大谷晃司、菊地臣一

    綜合臨床   48 ( 6 )   1619 - 1621   1999年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 四肢コンパートメント症候群

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    綜合臨床   48 ( 6 )   1619 - 1621   1999年6月( ISSN:0371-1900

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大腿骨頸部骨折の治療成績-生命予後不良例の検討-

    大谷晃司、宮林宏、猪股洋一郎

    整形・災害外科   41 ( 2 )   165 - 169   1998年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 大腿骨頸部骨折の治療成績 生命予後不良例の検討

    大谷 晃司, 宮林 宏, 猪股 洋一郎

    整形・災害外科   41 ( 2 )   165 - 169   1998年2月( ISSN:0387-4095

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鏡視下外側円板状メニスクスの治療経験 外側半月板単独損傷との比較

    大谷晃司、宮林 宏、猪股洋一郎

    東北整形災害外科紀要   41 ( 2 )   204 - 206   1997年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Experimental disc herniation: evaluation of the natural course

    Otani K, Arai I, Mao GP, Konno S, Olmarker K, Kikuchi S

    Spine (Phila Pa 1976)   22 ( 24 )   2894 - 2899   1997年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 鏡視下外側円板状メニスクスの治療経験 外側半月板単独損傷との比較

    大谷 晃司, 宮林 宏, 猪股 洋一郎

    東北整形災害外科紀要   41 ( 2 )   204 - 206   1997年12月( ISSN:0040-8751

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰・下肢症状を呈する椎間板ヘルニアの種々相

    大谷晃司、菊地臣一

    マニピュレーション   12 ( 4 )   8 - 13   1997年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰・下肢症状を呈する椎間板ヘルニアの種々相

    大谷 晃司, 菊地 臣一

    マニピュレーション   12 ( 4 )   8 - 13   1997年11月( ISSN:0913-2899

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸椎破壊性脊椎関節症のMRI所見-脊椎炎との比較-

    大谷晃司、菊地臣一、小林利男

    東北整災誌紀要   41 ( 1 )   1 - 4   1997年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 頸椎破壊性脊椎関節症のMRI所見 脊椎炎との比較

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 小林 利男

    東北整形災害外科紀要   41 ( 1 )   1 - 4   1997年7月( ISSN:0040-8751

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊髄円錐と硬膜嚢の下端の局在―MRIによる検討―

    張明、大谷晃司、佐藤勝彦、菊地臣一

    整形外科   48 ( 4 )   405 - 9   1997年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脊髄円錐と硬膜嚢の下端の局在 MRIによる検討

    張 明, 大谷 晃司, 佐藤 勝彦

    整形外科   48 ( 4 )   405 - 409   1997年4月( ISSN:0030-5901

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰仙椎部硬膜内脱出椎間板ヘルニアの検討

    大谷晃司、菊地臣一、渡辺栄一、関修弘

    脊椎脊髄ジャーナル   10 ( 1 )   69 - 75   1997年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Tolerance to acute compression injury and recovery of nerve function in chronically compressed spinal nerve roots : Experimental study

    Koji Otani, Satoru Kayama, Gung-Ping Mao, Shinichi Konno, Katsuhiko Sato, Kjell Olmarker, Shinichi Kikuchi

    Journal of Orthopaedic Science   2   266 - 270   1997年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 腰仙椎部硬膜内脱出椎間板ヘルニアの検討

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 渡辺 栄一

    脊椎脊髄ジャーナル   10 ( 1 )   69 - 75   1997年1月( ISSN:0914-4412

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大腿骨頸部骨折の治療成績 退院時と退院後の歩行能力

    大谷晃司、宮林宏、猪股洋一郎

    東日本臨床整形外科学会雑誌   8 ( 4 )   438 - 441   1996年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 大腿骨頸部骨折の治療成績 退院時と退院後の歩行能力

    大谷 晃司, 宮林 宏, 猪股 洋一郎

    東日本臨床整形外科学会雑誌   8 ( 4 )   438 - 441   1996年12月( ISSN:0915-8855

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 慢性関節リウマチによる病的腰椎前方すべり発生の1例 MRIでの観察

    大谷晃司、菊地臣一、佐藤勝彦、他

    臨床整形外科   31 ( 10 )   1187 - 1190   1996年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 慢性関節リウマチによる病的腰椎前方すべり発生の1例 MRIでの観察

    大谷 晃司, 菊地 臣一, 佐藤 勝彦

    臨床整形外科   31 ( 10 )   1187 - 1190   1996年10月( ISSN:0557-0433

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰仙椎部硬膜内脱出椎間板ヘルニアの検討

    大谷 晃司

    日本パラプレジア医学会雑誌   9 ( 1 )   238 - 239   1996年4月( ISSN:0914-6822

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 60歳以上の大腿骨頸部骨折の治療成績-機能的予後と生命予後-

    大谷晃司、宮林宏、後藤英隆、猪股洋一郎

    日本リウマチ・関節外科学会雑誌   14 ( 4 )   365 - 371   1996年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 60歳以上の大腿骨頸部骨折の治療成績 機能的予後と生命予後

    大谷 晃司, 宮林 宏, 猪股 洋一郎

    日本リウマチ・関節外科学会雑誌   14 ( 4 )   365 - 371   1996年3月( ISSN:0287-3214

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一人で対処する整形外科診療 整形外科5年生の一人医長 農村高齢者地域における

    大谷晃司

    別冊整形外科   28   243 - 245   1995年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 一人で対処する整形外科診療 整形外科5年生の一人医長 農村高齢者地域における

    大谷 晃司

    別冊整形外科   ( 28 )   243 - 245   1995年10月( ISSN:0287-1645

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における変形性膝関節症の保存療法の検討

    大谷晃司

    東北膝関節研会誌   5   59 - 62   1995年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 当科における変形性膝関節症の保存療法の検討

    大谷 晃司

    東北膝関節研究会会誌   5   59 - 62   1995年7月( ISSN:0917-5164

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎病変のMRI 転移性脊椎腫瘍例に対する検討

    大谷 晃司

    日本パラプレジア医学会雑誌   8 ( 1 )   176 - 177   1995年4月( ISSN:0914-6822

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脊椎病変のMRI―転移性脊椎症例の検討―

    大谷晃司、菊地臣一

    日本パラプレジア医学会誌   8   176 - 7   1995年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 治療に難渋した陳旧性橈骨頭脱臼の1例

    大谷晃司、菊地臣一、横村伸夫

    関節外科   13 ( 2 )   245 - 7   1994年2月

      詳細を見る

    記述言語: