2024/07/24 更新

写真a

マチダ タケシ
町田 豪
MACHIDA Takeshi
所属
医学部(生命科学・社会医学系) 免疫学講座 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 農学博士 ( 2009年3月   九州大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 免疫学  / 免疫学

  • ライフサイエンス / 膠原病、アレルギー内科学  / 膠原病・アレルギー内科学

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 食品科学  / 食品科学

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学  / 植物生理・分子

学歴

  • 九州大学   生物資源環境科学府   生物機能科学

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 福島県立医科大学   医学部(生命科学・社会医学系) 免疫学講座   講師

    2018年7月 - 現在

  • 福島県立医科大学   医学部(生命科学・社会医学系) 免疫学講座   学内講師

    2016年4月 - 2018年6月

  • 福島県立医科大学   医学部(生命科学・社会医学系) 免疫学講座   助教

    2010年4月 - 2016年3月

  • 九州大学   大学院農学研究院・食品衛生化学   特別研究員   日本学術振興会特別研究員PD

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • その他

論文

  • "Factor D" in "Alternative Pathway / Amplification Loop Basics"

    Hideharu Sekine, Takeshi Machida, and Teizo Fujita

    Immunological Reviews   313   15 - 24   2023年

      詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/imr.13155

  • 重症筋無力症の病態:補体の役割と活性化のメカニズム

    町田豪, 関根英治

    脳神経内科   98   809 - 815   2023年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • The complex formation of MASP-3 with pattern recognition molecules of the lectin complement pathway retains MASP-3 in the circulation

    Kohei Kusakari, Takeshi Machida, Yumi Ishida, Tomoko Omori, Toshiyuki Suzuki, Masayuki Sekimata, Ikuo Wada, Teizo Fujita, and Hideharu Sekine

    Frontiers in Immunology   13   907023   2022年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3389/fimmu.2022.907023

  • 補体の多面性:自然免疫・獲得免疫と補体

    町田豪, 関根英治

    日本臨牀   80   1728 - 1734   2022年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • A novel complement inhibitor sMAP-FH targeting both the lectin and alternative complement pathways

    Mika Takasumi, Tomoko Omori, Takeshi Machida, Yumi Ishida, Manabu Hayashi, Toshiyuki Suzuki, Yoshimi Homma, Yuichi Endo, Minoru Takahashi, Hiromasa Ohira, Teizo Fujita, Hideharu Sekine

    The FASEB Journal   34   6598 - 6612   2020年

      詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1096/fj.201902475R

  • Cutting Edge: Role of MASP-3 in the Physiological Activation of Factor D of the Alternative Complement Pathway

    Manabu Hayashi, Takeshi Machida, Yumi Ishida, Yusuke Ogata, Tomoko Omori, Mika Takasumi, Yuichi Endo, Toshiyuki Suzuki, Masayuki Sekimata, Yoshimi Homma, Masahito Ikawa, Hiromasa Ohira, Teizo Fujita, and Hideharu Sekine

    The Journal of Immunology   203 ( 6 )   1411 - 1416   2019年( ISSN:0022-1767

      詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4049/jimmunol.1900605

  • Response to Comment on “Cutting Edge: Role of MASP-3 in the Physiological Activation of Factor D of the Alternative Complement Pathway”

    Takeshi Machida, Manabu Hayashi, Teizo Fujita, and Hideharu Sekine

    The Journal of Immunology   203 ( 12 )   3091 - 3092   2019年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4049/jimmunol.1901087

  • Essential Roles for Mannose-Binding Lectin-Associated Serine Protease-1/3 in the Development of Lupus-Like Glomerulonephritis in MRL/lpr Mice

    Takeshi Machida, Natsumi Sakamoto, Yumi Ishida, Minoru Takahashi, Teizo Fujita, and Hideharu Sekine

    Frontiers in Immunology   9   1191   2018年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3389/fimmu.2018.01191

  • Chloroplastic NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris alleviates environmental stresses in yeast with 2-Cys peroxiredoxin

    Takeshi Machida, Akiko Ishibashi, Ai Kirino, Jun-ichi Sato, Shinji Kawasaki, Youichi Niimura, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto

    PLoS ONE   7 ( 9 )   e45988   2012年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0045988

  • Expression pattern of a chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase in Chlorella vulgaris and its interaction with 2-Cys peroxiredoxin.

    Takeshi Machida, Eri Kato, Akiko Ishibashi, Jun-ichi Sato, Shinji Kawasaki, Youichi Niimura, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   73   695 - 701   2009年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1271/bbb.80761

  • Isolation of cDNAs for hardening-induced genes from Chlorella vulgaris by suppression subtractive hybridization.

    Takeshi Machida, Hisako Murase, Eri Kato, Ken-ichi Honjoh, Kiyoshi Matsumoto, Takahisa Miyamoto, Masayoshi Iio

    Plant Science   175   238 - 246   2008年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.plantsci.2008.04.002

  • C5a stimulation induces caspase-1 activation and mature IL-1β production in human peripheral blood mononuclear cells

    Yuya Fujita, Haruki Matsumoto, Kenji Inada, Michio Onizawa, Kenji Saito, Yuya Sumichika, Shuhei Yoshida, Jumpei Temmoku, Naoki Matsuoka, Tomoyuki Asano, Shuzo Sato, Takeshi Machida, Kiyoshi Migita

    Immunological Medicine   47   68 - 75   2024年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Complement activation products in tears of dry eye and meibomian gland dysfunction

    Hiroki Maehara, Koki Norikawa, Keiichiro Tanaka, Yutaka Kato, Akihito Kasai, Ryo Mukai, Tomoko Omori, Takeshi Machida, Hideharu Sekine, Tetsuju Sekiryu

    Scientific Reports   14   43   2024年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Tear fluid and complement activation products in tears after ocular surgery.

    Hiroki Maehara, Koki Norikawa, Keiichiro Tanaka, Yutaka Kato, Akihito Kasai, Tomoko Omori, Takeshi Machida, Hideharu Sekine, Tetsuju Sekiryu

    BMC Ophthalmology   23   329   2023年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Age-Related Maculopathy Susceptibility 2 and Complement Factor H Polymorphism and Intraocular Complement Activation in Neovascular Age-Related Macular Degeneration

    Yutaka Kato, Yasuharu Oguchi, Tomoko Omori, Akihito Kasai, Masashi Ogasawara, Yukinori Sugano, Kanako Itagaki, Akira Ojima, Yumi Ishida, Takeshi Machida, Hideharu Sekine, Tetsuju Sekiryu

    Ophthalmology Science   2   100167   2022年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.xops.2022.100167

  • Increased CEACAM1 expression on peripheral blood neutrophils in patients with rheumatoid arthritis

    Haruki Matsumoto, Yuya Fujita, Michio Onizawa, Kenji Saitoh, Yuya Sumichika, Shuhei Yoshida, Jumpei Temmoku, Naoki Matsuoka, Makiko Yashiro-Furuya, Tomoyuki Asano, Shuzo Sato, Eiji Suzuki, Takeshi Machida, Hiroshi Watanabe, Kiyoshi Migita

    Frontiers in Immunology   13   978435   2022年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3389/fimmu.2022.978435

  • Changes in complement activation products after anti-VEGF injection for choroidal neovascularization in age-related macular degeneration and pachychoroid disease

    Keiichiro Tanaka, Yasuharu Oguchi, Tomoko Omori, Yumi Ishida, Hiroaki Shintake, Ryutaro Tomita, Akihito Kasai, Masashi Ogasawara, Yukinori Sugano, Kanako Itagaki, Akira Ojima, Takeshi Machida, Hideharu Sekine and Tetsuju Sekiryu

    Scientific Reports   11 ( 1 )   8464   2021年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-021-87340-6

  • Evidence for activation of lectin and classical pathway complement components in aqueous humor of neovascular age-related macular degeneration

    Tomoko Omori, Yasuharu Oguchi, Takeshi Machida, Yutaka Kato, Yumi Ishida, Akira Ojima, Kanako Itagaki, Hiroaki Shintake, Ryutaro Tomita, Akihito Kasai, Yukinori Sugano, Masashi Ogasawara, Hideharu Sekine, and Tetsuju Sekiryu

    Ophthalmic Research   63   252 - 258   2020年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1159/000503258

  • Anaphylatoxin concentration in aqueous and vitreous humor in the eyes with vitreoretinal interface abnormalities

    Yasuharu Oguchi, Tetsuju Sekiryu, Tomoko Omori, Yutaka Kato, Masashi Ogasawara, Yukinori Sugano, Kanako Itagaki, Akira Ojima, Takeshi Machida, Hideharu Sekine

    Experimental Eye Research   195   108025   2020年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.exer.2020.108025

  • Complement activation products and cytokines in pachychoroid neovasculopathy and neovascular age-related macular degeneration

    Yutaka Kato, Yasuharu Oguchi, Tomoko Omori, Hiroaki Shintake, Ryutaro Tomita, Akihito Kasai, Masashi Ogasawara, Yukinori Sugano, Kanako Itagaki, Akira Ojima, Takeshi Machida, Hideharu Sekine, and Tetsuju Sekiryu

    Investigative Ophthalmology & Visual Science   61   39   2020年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1167/iovs.61.13.39

  • Complement activation by autoantigen recognition in the growth process of benign prostatic hyperplasia

    Junya Hata, Takeshi Machida, Kanako Matsuoka, Seiji Hoshi, Hidenori Akaihata, Hiroyuki Hiraki, Toshiyuki Suzuki, Soichiro Ogawa, Masao Kataoka, Nobuhiro Haga, Kei Ishibashi, Yoshimi Homma, Hideharu Sekine, Yoshiyuki Kojima

    Scientific Reports   9   20357   2019年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-019-57001-w

  • Freezing tolerance of Lactuca sativa and induction of CBF and GolS genes during cold treatment

    Ken-ichi Honjoh, Hitomi Okano, Aya Kawabata, Masaru Kurosawa, Taiki Kimura, Takeshi Machida, Yoshimitsu Masuda and Takahisa Miyamoto

    Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University   63   249 - 257   2018年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI : 10.5109/1955390

  • Autoimmune disease mouse model exhibits pulmonary arterial hypertension

    Koichi Sugimoto, Kazuhiko Nakazato, Akihiko Sato, Satoshi Suzuki, Akiomi Yoshihisa, Takeshi Machida, Shu-ichi Saito, Hideharu Sekine, Yasuchika Takeishi

    PLoS ONE   12   e0184990   2017年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0184990

  • 全身性エリテマトーデスの病態理解の進歩〜SLEにおける補体活性化経路の役割〜

    関根英治、大森智子、坂本夏美、町田豪

    福島医学雑誌   67 ( 3 )   113 - 122   2017年

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • IL-13-dependent biomarkers with liver inflammatory differentiation after pneumococcal sepsis during rapid inflammatory phase 国際共著

    Natsuo Yamamoto, Kiwamu Nakamura, Kazuaki Arai, Charles Dela Cruz, Takeshi Machida, Yuhko Suzuki, Yasunori Ogura, Yoshinobu Abe, Hideharu Sekine, Ken Iseki, Philip Askenase, and Keiji Kanemitsu

    European Journal of Immunology   46 ( Supple 1 )   321   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • IFN-γ-receptor-1 is required for intrafollicular localization of marginal zone B cells in the spleens of lupus-prone MRL+/+ mice 国際共著

    Takeshi Machida, Tomoko Omori, Natsumi Sakamoto, Xian Zhang, Gary S. Gilkeson, and Hideharu Sekine

    European Journal of Immunology   46 ( Supple 1 )   935   2016年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Essential role of mannose-binding lectin-associated serine proteases-1/3 (MASP-1/3) in the development of lupus-like glomerulonephritis in MRL/lpr mice

    Natsumi Sakamoto, Takeshi Machida, Minoru Takahashi, Teizo Fujita, and Hideharu Sekine

    Immunobiology   221   1166   2016年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 酵母の凍結ストレス耐性改善へのアプローチ

    本城賢一, 町田豪, 菅向志郎, 宮本敬久

    低温生物工学会誌   61   13 - 17   2015年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 補体異常値を示す疾患とそのメカニズム

    関根英治、大森智子、町田豪

    補体   52 ( 2 )   14 - 26   2015年

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A dual role for IFN-γ in development of peripheral B cells in lupus-prone MRL/lpr mice 国際共著

    Takeshi Machida, Natsumi Sakamoto, Gary S. Gilkeson, Hideharu Sekine

    Arthritis & Rheumatology   66   S857 - S858   2014年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Aged IRF-4-deficient lupus-prone MRL/lpr mice show peripheral B-cell deficiency with elevated serum IFN-γ levels and increased expression of IFN-γ-receptor-1 on B cells

    Takeshi Machida, Natsumi Sakamoto, Kiri Honma, Toshifumi Matsuyama, Katsuyuki Yui, and Hideharu Sekine

    Frontiers in Immunology   2013年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Lack of IRF-1 accelerates development of tubulointerstitial nephritis and pulmonary granulomas with predominant Th2 polarity in lupus-prone MRL/lpr mice 国際共著

    Takeshi Machida, Natsumi Sakamoto, Eiji Suzuki, Xian Zhang, Christopher M. Reilly, Gary S. Gilkeson, and Hideharu Sekine

    Frontiers in Immunology   2013年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Role of complement in a murine model of peanut-induced anaphylaxis

    Toshihisa Kodama, Hideharu Sekine, Yuichi Endo, Minoru Takahashi, Daisuke Iwaki, Takeshi Machida, Kazuko Kanno, Yumi Ishida, and Teizo Fujita

    Immunobiology   218 ( 6 )   844 - 850   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.imbio.2012.10.003

  • IRF-1 deficient lupus-prone MRL/lpr mice show reduced glomerulonephritis but develop severe interstitial nephritis, renal vasculitis and pulmonary granulomas with propensity for Th2 polarity 国際共著

    Hideharu Sekine, Takeshi Machida, Natsumi Sakamoto, Eiji Suzuki, Xiang Zhang, Christopher M. Reily, Gary S. Gilkeson

    Arthritis & Rheumatology   64   S619-620   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Circulating myeloid-derived suppressor cells are increased and correlate to immune suppression, inflammation, and hypoproteinemia in patients with cancer

    Shinji Ohki, Masahiko Shibata, Kenji Gonda, Takeshi Machida, Tatsuo Shimura, Izumi Nakamura, Toru Ohtake, Yoshihisa Koyama, Shinichi Suzuki, Hitoshi Ohto, and Seiichi Takenoshita

    Oncology Reports   28   453 - 458   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/or.2012.1812

  • Interferon regulatory factor-4 deficient lupus-prone MRL/lpr mice show strong propensity for Th1 polarity and develop granulomatous lesions in multiple organs 国際共著

    Hideharu Sekine, Takeshi Machida, Eiji Suzuki, Ting Ting Hsieh Kinser, Efrain Martinez Avila, Phil Ruiz, Christopher M. Reily, Gary Gilkeson

    Arthritis & Rheumatology   63   S213   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • IRF-4-deficient lupus-prone MRL/lpr mice lack serum Ig/auto-Abs and Th17 cells but develop non-immune complex-mediated diffuse proliferative glomerulonephritis and dermatitis/ear necrosis 国際共著

    Hideharu Sekine, Takeshi Machida, Eiji Suzuki, Efrain Martinez Avila, Phil Ruiz, Christopher M. Reily, Gary S. Gilkeson

    Arthritis & Rheumatism   62   S435   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Enhancement of menadione stress tolerance in yeast by accumulation of hypotaurine and taurine.

    Ken-ichi Honjoh, Kanae Matsuura, Takeshi Machida, Koutarou Nishi, Miki Nakao, Tomoki Yano, Takahisa, Miyamoto, Masayoshi Iio

    Amino Acids   38   1173 - 1183   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00726-009-0328-6

  • Chloroplastic glucose 6-phosphate dehydrogenase from Chlorella vulgaris alleviates freezing and menadione-induced oxidative stresses in Saccharomyces cerevisiae.

    Takeshi Machida, Naoto Ohashi, Ayano Mimura, Ken-ichi Honjoh, Masayoshi Iio, Takahisa Miyamoto

    Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University   55   29 - 38   2010年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI : 10.5109/17797

  • Trehalose 6-phosphate synthase and trehalose 6-phosphate phosphatase from Nicotiana tabacum function in trehalose biosynthesis and environmental stress tolerance of yeast

    Takeshi Machida, Ken-ichi Honjoh, Ayuko Aso, Maiko Yamamoto, Masayoshi Iio, Takahisa Miyamoto

    Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University   55   261 - 268   2010年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI : 10.5109/18840

  • Influence of cold hardening on chlorophyll and carotenoid in Chlorella vulgaris.

    Yuta Watanabe, Naotaka Yamada, Takeshi Machida, Ken-ichi Honjoh, Eiichi Kuwano

    Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University   54   195 - 200   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI : 10.5109/14059

  • Expression of a gene encoding a functional glycosyl hydrolase, trehalase, from Nicotiana tabacum in Saccharomyces cerevisiae.

    Takeshi Machida, Ken-ichi Honjoh, Hideyuki Shimizu, Maiko Yamamoto, Masayoshi Iio, Takahisa Miyamoto

    Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University   54   297 - 303   2009年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI : 10.5109/16107

  • タウリン蓄積による耐凍性付与の試み

    本城賢一、西孝太郎、町田豪、宮本敬久、飯尾雅嘉

    低温生物工学会誌   53   47 - 51   2007年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular characterization of low-temperature-inducible NTR-C in Chlorella vulgaris.

    Takeshi Machida, Eri Kato, Akiko Ishibashi, Naoto Ohashi, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto

    Oxford University Press Nucleic Acids Symposium Series   51   463 - 464   2007年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI : 10.1093/nass/nrm232

  • Improvement of Freezing and Oxidative-Stress Tolerance in Saccharomyces cerevisiae by Taurine

    Ken-ichi Honjoh, Takeshi Machida, Koutarou Nishi, Kanae Matsuura, Kevin Webby Soli, Takatoshi Sakai, Hiroya Ishikawa, Kiyoshi Matsumoto, Takahisa Miyamoto, Masayoshi Iio

    Food Science and Technology Research   13   145 - 154   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3136/fstr.13.145

  • Molecular cloning and characterization of a cDNA for low-temperature-inducible cytosolic glucose 6-phosphate dehydrogenase gene from Chlorella vulgaris and expression of the gene in Saccharomyces cerevisiae

    Ken-ichi Honjoh, Takeshi Machida, Takahiro Hagisako, Koushirou Suga, Madoka Yonekura, Hideyuki Shimizu, Naoto Ohashi, Takahisa Miyamoto, Masayoshi Iio, Shoji Hatano

    Plant Science   172   649 - 658   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.plantsci.2006.12.004

▼全件表示

書籍等出版物

  • 「腎と透析」特集 :補体と腎疾患 :温故知新

    「腎と透析」編集委員会( 範囲: 補体学の歴史 レクチン経路の発見も含めて)

    株式会社東京医学社  2024年 

  • 補体と疾患 ーいま補体がおもしろいー

    ( 範囲: 補体の多面性:自然免疫・獲得免疫と補体)

    日本臨牀社  2022年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:町田豪, 関根英治  

  • The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea. The Recent Status and Perspective of Food System, Agricultural Environment and Biology

    その他の出版機関  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:340-351   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:町田豪、石橋明子、加藤枝里、佐藤純一、川崎信治、新村洋一、本城賢一、宮本敬久   出版地:  

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • Lack of MASP-1 results in delayed onset of renal dysfunction and prolonged survival in lupus-prone MRL/lpr mice

    The 52nd Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology   2024年1月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

  • Lack of MASP-1 results in delayed onset of albuminuria and prolonged survival in lupus-prone MRL/lpr mice

    The 29th International Complement Workshop   2023年9月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月 - 2023年9月

  • MASP-1 欠損 MRL/lpr マウスではループス様腎炎による腎機能障害の発症が遅延し、生存期間が延長する

    第59回日本補体学会学術集会   2023年8月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

  • The significance of complex formation of MASP-3 with pattern recognition molecules of the lectin complement pathway in the long-term retention of MASP-3 in the circulation

    28th International Complement Virtual Workshop  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • ループス腎炎における補体レクチン経路の関与

    福島県立医科大学医学研究科大学院研究発表会・サマーポスターセッション   2023年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

  • ヨウ素酸ナトリウム誘発網膜障害モデルマウスにおけるMASP-1の役割

    第58回日本補体学会学術集会   2022年8月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

  • MASP-3の活性化と循環中の保持におけるレクチン経路の認識分子との複合体形成の意義

    令和3年度 ウィンターポスターセッション  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • MASP-3の活性化に対するレクチン経路の認識分子の役割

    第57回日本補体学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 加齢黄斑変性の病態におけるレクチン経路の関与の可能性

    第56回日本補体学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

  • MASP-1 and MASP-3 play independent roles in activation of the lectin and alternative complement pathways

    27th International Complement Workshop  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • MASP-1、MASP-3はレクチン経路、第二経路の活性化に独立して寄与する

    第55回日本補体学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • MRL/lprマウスのループス様糸球体腎炎におけるMASP-1/3の役割

    第55回日本補体学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • SLEモデルMRL/lprマウスの抗dsDNA抗体産生における脾臓辺縁帯B細胞の役割

    Rheumatology Conference 2018  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 補体レクチン経路と第二経路を標的としたMAp44-fHの開発

    研究連携セミナーポスター発表会2017  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • Significant role for splenic marginal zone B cells in anti-dsDNA autoantibody production in lupus-prone mice with an MRL background

    第46回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • Anti-inflammatory effects on liver cells with flavonoids during rapid phase in a severe sepsis

    第46回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • 補体レクチン経路と第二経路を標的とする新規抗補体薬sMAP-fHの開発

    第54回日本補体学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • CRISPR/Cas9システムによるスプライシングバリアントの機能解析

    研究連携セミナーポスター発表会2016  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

  • Possible anti-inflammatory treatment with flavonoids during a severe sepsis

    第45回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

  • Essential role of mannose-binding lectin-associated serine proteases-1/3 (MASP-1/3) in the development of lupus-like glomerulonephritis in MRL/lpr mice

    XXVIth International Complement Workshop  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

  • IFN-γ-receptor is required for intrafollicular localization of marginal zone B cells in the spleens of lupus-prone MRL+/+ mice

    16th International Congress of Immunology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

  • IL-13-dependent biomarkers with liver inflammatory differentiation after pneumococcal sepsis during rapid inflammatory phase

    16th International Congress of Immunology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

  • 補体制御因子sMAPとH因子を応用した新規抗補体薬の開発

    平成28年サマーポスターセッション  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • IFN-γ-receptorはMRL+/+マウスの脾臓における自己反応性辺縁帯B細胞の濾胞内局在を促進する

    Rheumatology Conference 2016  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • SLEの自己抗体産生における辺縁帯B細胞の役割

    研究連携セミナーポスター発表会2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

  • IFN-γ-receptor-1 is required for recruitment of CD19+CD1dhi marginal zone-B cells into the splenic germinal centers in lupus-prone MRL+/+ mice

    第44回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • Altered localization of CD19+ B cells in the splenic germinal centers of IFN-γ-receptor-1 deficient lupus-prone MRL+/+ mice

    11th International Congress on Systemic Lupus Erythematosus  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • MASP-1/3欠損MRL/lprマウスでは補体第二経路活性化が抑制され糸球体腎炎が改善する

    Rheumatology Conference 2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

  • SLEモデルマウスの自己抗体産生におけるIFN-γの役割

    研究連携セミナー2015  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

  • A pivotal role for enhanced IFN-γ stimulation to marginal zone B cells in autoantibody production in murine lupus.

    研究連携セミナーポスター発表会2014  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • Elevated splenic Blimp-1 and CD14 of blood leukocytes within hours in IL-13 deficient mice sepsis

    第43回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • Autoantibody-secreting marginal zone B cells develop significantly in lupus-prone MRL/lpr mice but not associated with expression of IFN-γ-receptor-1 on their surfaces

    第43回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • 肺癌患者のTregにおける、転写因子Heliosに関する臨床的検討

    第27回日本バイオセラピィ学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • A dual role for IFN-γ in development of peripheral B cells in lupus-prone MRL/lpr mice

    2014-Annual Scientific Meeting of the American College of Rheumatology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

  • 腹膜炎ー敗血症モデルにおける補体因子MASP-1/3の役割

    第51回補体シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

  • Role of MASP-1/3 in activation of the alternative complement pathway and development of renal disease in a murine model of systemic lupus erythematosus

    9th International Congress of Autoimmunity  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • IFN-γ-receptor-1 is expressed abundantly on splenic B cells of MRL/lpr mice and is involved in peripheral B-cell survival/maintenance and autoantibody production

    第42回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

  • Masp-1/3 deficient MRL/lpr mice lack the alternative complement pathway activation and are protected from development of lupus-like glomerulonephritis

    The 77th Annual Meeting of the American College of Rheumatology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • 凍結貯蔵性付与を目的としたレタスの低温応答遺伝子解析

    第60回日本食品科学工学会全国大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

  • クロレラNTRCおよびPrx遺伝子導入による高等植物の凍結貯蔵性向上に関する研究

    第60回日本食品科学工学会全国大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

  • Lack of IRF-1 accelerates development of tubulointerstitial nephritis and pulmonary granulomas with predominant Th2 polarity in lupus-prone MRL/lpr mice

    15th International Congress of Immunology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

  • Aged IRF-4-deficient lupus-prone MRL/lpr mice show peripheral B-cell deficiency with elevated serum IFN-γ levels and increased expression of IFN-γ-receptor-1 on B cells

    15th International Congress of Immunology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

  • Lupus-prone MRL/lpr mice express IFN-γ-receptor-1 abundantly on peripheral B cells that is responsible for peripheral B-cell survival/maintenance and autoantibody production

    5th International Conference on B cells and Autoimmunity  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

  • クロレラ由来葉緑体局在型NADPH依存型チオレドキシン還元酵素ならびに2-Cysペルオキシレドキシン遺伝子導入シロイヌナズナのストレス耐性

    第50回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

  • Lack of interferon regulatory factor-1 accelerates development of interstitial nephritis, renal vasculitis, and pulmonary granulomas with predominant Th2 polarity in lupus-prone MRL/lpr mice

    第41回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  • IRF-1 deficient lupus-prone MRL/lpr mice show reduced glomerulonephritis but develop severe interstitial nephritis, renal vasculitis and pulmonary granulomas with propensity for Th2 polarity

    2012 ACR/ARHP Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  • 癌の進行の伴う炎症と免疫抑制におけるMDSCの検討

    第71回日本癌学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 胃・大腸癌患者における血中可溶性IL-2受容体濃度の検討とMDSCの関連

    第71回日本癌学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 乳癌患者におけるMDSCとTh2優位状態の検討

    第10回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • CBF遺伝子の解析に基づくレタス (Lactuca sativa L.) の低温応答性に関する研究

    第49回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

  • 乳癌患者におけるMDSCの検討

    第24回日本バイオセラピィ学会学術集会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • Interferon regulatory factor4-deficient lupus-prone MRL/lpr mice show strong propensity for Th1 polarity and develop granulomatous lesions in multiple organs

    基礎合同セミナーポスター発表会2011  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • IRF-4はMRL/lprマウスのB細胞分化・成熟に必須である

    基礎合同セミナーポスター発表会2011  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • IRF-4 deficient lupus-prone MRL/lpr mice develop granulomatous lesions in multiple organs with strong propensity for Th1 polarity

    第40回日本免疫学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • 乳癌患者における骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)の検討

    第70回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 乳癌患者における骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC:myeloid derived suppressor cells)の検討

    第49回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 癌患者の免疫動態におけるTh17とmyeloid-derived suppressor cells (MDSC) の関与について

    第70回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • レタス (Lactuca sativa) からのCBF様遺伝子のクローニング

    第29回日本植物細胞分子生物学会大会シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • クロレラNTRC/2-Cys Prx抗酸化系遺伝子導入による酵母のストレス耐性向上に関する研究

    第29回日本植物細胞分子生物学会大会シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 癌患者における骨髄由来免疫抑制細胞MDSCの検討

    第21回日本樹状細胞研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

  • IRF-4欠損MRL/lprマウスはCD4陽性Th1細胞が異常増殖し肉芽腫を形成する

    基礎合同セミナーポスター発表会2011  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • IRF4-Deficient Lupus-Prone MRL/lpr Mice Lack Serum Ig/Auto-Abs and Th17 Cells but Develop Non-Immune Complex-Mediated Diffuse Proliferative Glomerulonephritis and Dermatitis/Ear Necrosis

    The 74th annual meeting of the American College of Rheumatology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • クロレラ形質転換法の確立に基づく低温誘導性NTRC遺伝子の破壊に関する研究

    平成22年度日本農芸化学会西日本支部大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • レタスの定温および凍結耐性を評価する遺伝子マーカーの検討

    第47回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

  • クロレラNTRC/2-Cys Prx抗酸化系過酸化物分解活性および本抗酸化系遺伝子導入による酵母の耐凍性に関する研究

    第47回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

  • クロレラ耐凍性誘導物質ルヌラリンの構造活性相関

    日本農芸化学会2010年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • クロレラ耐凍性誘導物質ルヌラリンにより発現誘導される遺伝子の同定

    2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

  • クロレラの耐凍性に及ぼすルヌラリンの影響

    2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

  • クロレラ葉緑体局在NADPHチオレドキシン還元酵素と2-Cys型ペルオキシレドキシン間の相互作用解析

    2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

  • タバコ由来トレハロース合成系酵素群の酵母での発現

    日本農芸化学会2009年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

  • Chlorella vulgaris C-27株のカロテノイドに対する低温馴化の影響

    日本農芸化学会2009年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

  • クロレラ葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素が関わる抗酸化系酵素群の酵母における発現とストレス耐性

    日本農芸化学会2009年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

  • Chloroplastic NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris functions as an antioxidant system with 2-Cys peroxiredoxin

    The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea. The Recent Status and Perspective of Food System, Agricultural Environment and Biology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • クロレラ葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素は2-Cys Prxと共同して過酸化物分解に機能する

    日本農芸化学会西日本支部大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

  • Stress tolerance of yeast expressing genes for taurine synthetic enzymes

    XVI Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

  • Chloroplastic NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris functions as an antioxidant with 2-Cys peroxiredoxin

    XVI Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

  • クロレラ葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素が関与する抗酸化システム

    第45回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • ルヌラリン酸処理によるクロレラの耐凍性獲得誘導

    第45回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

  • クロレラの耐凍性獲得に及ぼすルヌラリン酸の効果

    日本農薬学会第33回大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

  • クロレラ低温誘導性NTR-Cは2-Cys Prxの電子供与体として機能し過酸化物分解を促進する

    日本農芸化学会2008年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

  • Molecular characterization of low-temperature-inducible NTR-C in Chlorella vulgaris

    5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

  • 単細胞緑藻Chlorella vulgaris C-27株の耐凍性獲得に及ぼすルヌラリン酸の効果

    植物化学調節学会第42回大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

  • タウリン合成酵素遺伝子導入による酵母へのストレス耐性付与

    第54回日本食品科学工学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • Molecular characterization of low-temperature-inducible NTR-C from Chlorella vulgaris

    Multi-functionality and Sustainability of land use in SE and E Asia: Japan-Germany International Cooperative Project on Education and Research  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • Chlorella vulgaris C-27株の耐凍性獲得に及ぼすルヌラリン酸の効果

    日本農芸化学会 中四国・西日本支部合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • クロレラ葉緑体局在型G6PDHアイソザイムの低温下における発現挙動と機能解析

    日本農芸化学会 中四国・西日本支部合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • クロレラ由来低温誘導性NADPH依存型チオレドキシン還元酵素の低温での発現挙動と機能解析

    第44回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

  • クロレラにおけるペルオキシレドキシン (Prx) 関与の過酸化物分解酵素系

    日本農芸化学会2007年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • クロレラ由来低温誘導性NADPH依存型チオレドキシン還元酵素のcDNAクローニングとその機能解析

    日本農芸化学会2007年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • クロレラ由来グルコース6-リン酸脱水素酵素アイソザイムのcDNAクローニングと低温下における発現挙動

    日本農芸化学会2007年度大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  • Isolation of cDNAs for hardening specific genes from Chlorella vulgaris by using suppression subtractive hybridization

    Iwate Plant Science Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

  • クロレラ葉緑体局在型g6pdh遺伝子のcDNAクローニングとその発現挙動

    第43回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • クロレラg6pdh遺伝子の酵母での発現とその耐凍性への関与

    第43回化学関連支部合同九州大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • クロレラ由来葉緑体局在型グルコース6-リン酸脱水素酵素 (ch-G6PDH) のcDNAクローニングおよび大腸菌での発現

    日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

▼全件表示

受賞

  • Novo Nordisk International Travel Award for the 16th International Congress of Immunology

    受賞年月:2016年8月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • BioLegend/Tomy Digital Biology Travel Award 2015

    受賞年月:2015年7月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第15回国際免疫学会議Bursary

    受賞年月:2013年6月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 補体因子MASP-3を活性化する血中プロテアーゼの同定

    2021年4月 - 2024年3月

    町田豪、関根英治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • SLEの自己抗体産生における脾臓Marginal zone-B細胞の役割

    2018年4月 - 2021年3月

    町田豪

  • 補体セリンプロテアーゼMASP-1を標的としたループス腎炎の新規治療戦略

    2011年4月 - 2013年3月

    町田豪

  • SLEモデルマウスの自己抗体産生および腎炎病態における脾臓辺縁帯B細胞の役割

    2017年6月 - 2018年3月

  • SLEモデルマウスの脾臓辺縁帯B細胞が自己抗体産生に果たす役割

    2016年6月 - 2017年3月

  • SLEの自己抗体産生には辺縁帯B細胞に対するIFN-γ刺激の増強が重要である

    2015年6月 - 2016年3月

  • SLEの自己反応性B細胞の出現・活性化におけるIFN-γシグナルの役割

    2014年6月 - 2015年3月

  • 補体因子MASP-1/3を標的とする新規製剤の開発とSLEモデル動物への治療効果

    2014年4月 - 2016年3月

    関根 英治、町田 豪

  • 自己反応性Th2細胞による間質性腎炎の新規モデルマウス確立と発症メカニズム解明

    2013年5月 - 2014年3月

  • 補体セリンプロテアーゼMASP-1はループス腎炎の病態に関与するか

    2010年11月 - 2011年8月

  • 低温誘導性NTR-Cの機能解明に基づく耐凍性植物の作出

    2008年4月 - 2010年3月

▼全件表示

社会貢献活動

  • 令和元年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2019年7月

  • 平成30年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2018年7月

  • 平成29年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2017年7月

  • 平成28年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2016年7月

  • 平成27年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2015年7月

  • 平成26年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2014年7月

  • 平成25年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2013年7月

▼全件表示