2024/07/10 更新

写真a

シバ ヨシタカ
柴 喜崇
SHIBA Yoshitaka
所属
保健科学部 理学療法学科 教授
医学部(臨床医学系) リハビリテーション医学講座 教授
附属病院 リハビリテーションセンター 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

研究キーワード

  • 理学療法学、リハビリテーション医学、老年学、死生学、予防、アクションリサーチ

研究分野

  • その他 / その他  / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 整形外科学

経歴

  • 福島県立医科大学   附属病院 リハビリテーションセンター   教授

    2021年4月 - 現在

  • 福島県立医科大学   医学部(臨床医学系) リハビリテーション医学講座   教授

    2021年4月 - 現在

  • 福島県立医科大学   保健科学部 理学療法学科   教授

    2021年4月 - 現在

論文

  • Factors associated with social participation among community-dwelling frail older adults in Japan: A cross-sectional study

    Anzai S;Ohsugi H;Shiba Y

    BMC Geriatrics   2024年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 地域在住高齢者における早朝のラジオ体操会への参加が身体的,精神的,社会的側面に及ぼす効果

    植田 拓也 , 柴 喜崇 , 鹿内 誠也 , 土屋 彰吾 , 畠山 浩太郎 , 渡辺 修一郎

    日本予防理学療法学会雑誌   1 - 8   2023年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Step length is associated with comprehensive frailty status in community‐dwelling older people

    Masataka Ando , Naoto Kamide , Miki Sakamoto , Yoshitaka Shiba

    Geriatrics & Gerontology International   24 ( 1 )   18 - 24   2023年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Detecting differences in limb load asymmetry during walking between older adult fallers and non-fallers using in-shoe sensors

    Tatsuya Nakanowatari , Masayuki Hoshi , Toshimasa Sone , Naoto Kamide , Miki Sakamoto , Yoshitaka Shiba

    Gait & Posture   2023年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Respiratory Function is Associated with Cognitive Function Change in Japanese Community-Dwelling Older People: A 1-Year, Longitudinal, Observational Study

    Takuya Maeda , Naoto Kamide , Masataka Ando , Miki Sakamoto , Yoshitaka Shiba

    Aging medicine and healthcare   1 - 8   2023年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Relationship between Cognitive Decline and Daily Life Gait among Elderly People Living in the Community: A Preliminary Report

    Tetsuya Yamagami , Motoi Yagi , Shigeya Tanaka , Saori Anzai , Takuya Ueda , Yoshitsugu Omori , Chika Tanaka , Yoshitaka Shiba

    Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra   1 - 9   2023年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 高齢者の自治会への参加および社会参加と主観的幸福感との関連

    大杉 宏徳 , 安齋紗保理 , 柴喜崇

    ヘルスプロモーション理学療法研究   12 ( 3 )   117 - 124   2023年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 地域在住高齢者における歩行能力と転倒関連自己効力感の両者による転倒予測精度の検証:縦断的観察研究

    上出 直人 , 安藤 雅峻, 柴 喜崇

    日本予防理学療法学会雑誌   2   1 - 8   2023年1月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • The Effects of Neighborhood Environment on Physical Function among Japanese Community-Dwelling Older Adults: A One-Year Longitudinal Study

    Masataka Ando , Naoto Kamide , Miki Sakamoto , Yoshitaka Shiba , Haruhiko Sato , Akie Kawamura , Shuichiro Watanabe

    International Journal of Environmental Research and Public Health   19 ( 16 )   2022年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 多職種協働の時代にふさわしいリーダーシップを考える─PM理論─

    柴喜崇

    精神科治療学   37 ( 4 )   351 - 355   2022年4月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  • Social isolation is associated with future decline of physical performance in community-dwelling older adults: a 1-year longitudinal study

    Keigo Imamura , Naoto Kamide , Masataka Ando , Haruhiko Sato , Miki Sakamoto , Yoshitaka Shiba

    Aging Clinical and Experimental Research   34 ( 6 )   1391 - 1398   2022年1月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s40520-021-02050-3

  • The influence of ageism on stereotypical attitudes among allied health students in Japan: a group comparison design

    Yuko Fukase, Naoto Kamide, Norio Murayama, Akie Kawamura, Kanako Ichikura, Yoshitaka Shiba, Hirokuni Tagaya

    BMC Medical Education   21 ( 1 )   2021年12月

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12909-020-02439-0

  • Association Between Physical Function and Neighborhood Environment in Healthy, Older Adults: An Exploratory Study Using Regression Tree Analysis

    Masataka And, Naoto Kamide, Yoshitaka Shiba, Miki Sakamoto, Haruhiko Sato, Takeshi Murakami, Shuichiro Watanabe

    Gerontology and Geriatric Medicine   7   1 - 11   2021年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住高齢者の抑うつと客観的および主観的評価による口腔機能との関連

    深瀬裕子, 上出直人, 村上健, 市倉加奈子, 村瀬華子, 坂本美喜, 柴喜崇, 田ヶ谷浩邦

    老年社会科学   43 ( 3 )   252 - 261   2021年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 訪問リハビリテーション利用者を在宅介護する主介護者の介護負担感変化に影響を与える要因-1年間の縦断研究-

    井口大平, 柴喜崇, 大沼剛

    応用老年学   15 ( 1 )   38 - 47   2021年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The effect of the interaction between fall-related self-efficacy and gait function on the occurrence of falls in community-dwelling older people.

    Naoto Kamide, Haruhiko Sato, Miki Sakamoto, Yoshitaka Shiba

    Aging clinical and experimental research   2021年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s40520-021-01807-0

    PubMed

  • 日本人地域在住高齢者の呼吸機能は筋力、移動能力、認知機能と関連する

    前田 拓也, 上出 直人, 戸崎 精, 柴 喜崇, 坂本 美喜

    理学療法学   48 ( 1 )   29 - 36   2021年2月( ISSN:0289-3770

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住女性高齢者における四肢骨格筋量および体脂肪の変化と運動機能との関連:2年間の縦断研究

    坂本美喜, 坂本美喜, 上出直人, 上出直人, 佐藤春彦, 佐藤春彦, 柴喜崇, 柴喜崇

    Health and Behavior Sciences   19 ( 2 )   2021年( ISSN:1348-0898

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Association Between Social Network and Physical Function in Community-Dwelling Older Adults in Japan(和訳中)

    Imamura Keigo, Kamide Naoto, Sakamoto Miki, Sato Haruhiko, Shiba Yoshitaka, Matsunaga Atsuhiko

    Physical Therapy Research   23 ( 2 )   153 - 159   2020年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域での自主グループ活動に求められるリーダーシップ

    柴 喜崇

    老年社会科学   42 ( 3 )   244 - 249   2020年10月( ISSN:0388-2446

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Topics from special edition 転倒や事故防止に向けた高齢者の体力個人差の分類 : AI技術を活用したシステム開発のための基礎的分析

    武藤 ゆみ子, 武藤 剛, 上出 直人, 坂本 美喜, 岡田 浩之, 柴 喜崇

    細胞   52 ( 12 )   716 - 721   2020年10月( ISSN:1346-7557

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動習慣のある地域在住高齢者における社会的孤立者の割合とその変化に与える要因

    鹿内 誠也, 柴 喜崇, 植田 拓也

    応用老年学   14 ( 1 )   47 - 57   2020年8月( ISSN:1882-6245

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動習慣のある地域在住高齢者における社会的孤立者の割合とその変化に与える要因

    鹿内 誠也, 柴 喜崇, 植田 拓也

    応用老年学   14 ( 1 )   47 - 57   2020年8月( ISSN:1882-6245

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住高齢者における転倒関連自己効力感はフレイルの進展に影響する

    上出 直人, 井上 直樹, 坂本 美喜, 佐藤 春彦, 柴 喜崇

    日本老年医学会雑誌   57 ( 3 )   308 - 315   2020年7月( ISSN:0300-9173

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福祉の現場から 転倒や事故予防のための加齢変化早期発見・改善を目的としたAI技術の活用

    武藤 ゆみ子, 武藤 剛, 上出 直人, 坂本 美喜, 岡田 浩之, 柴 喜崇

    地域ケアリング   22 ( 5 )   76 - 81   2020年5月( ISSN:1345-0123

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【パーキンソニズムのリハビリテーション診療】パーキンソニズムの理学療法

    大森 圭貢, 柴 喜崇, 森尾 裕志

    MEDICAL REHABILITATION   ( 248 )   15 - 22   2020年5月( ISSN:1346-0773

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 早朝の屋外運動時の地域在住高齢者の循環動態における季節変動の評価(Evaluating the seasonal variations in the circulatory dynamics of community-dwelling older people while exercising outdoors in the early morning)

    Ueda Takuya, Shiba Yoshitaka, Watanabe Shuichiro

    Journal of Physical Therapy Science   32 ( 2 )   98 - 103   2020年2月( ISSN:0915-5287

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluating the seasonal variations in the circulatory dynamics of community-dwelling older people while exercising outdoors in the early morning.

    Takuya Ueda, Yoshitaka Shiba, Shuichiro Watanabe

    Journal of physical therapy science   32 ( 2 )   98 - 103   2020年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1589/jpts.32.98

    PubMed

  • 地域での自主グループ活動に求められるリーダーシップ

    柴 喜崇

    老年社会科学 = Japanese journal of gerontology   42 ( 3 )   244 - 249   2020年( ISSN:0388-2446

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association Between Social Network and Physical Function in Community-Dwelling Older Adults in Japan.

    Keigo Imamura, Naoto Kamide, Miki Sakamoto, Haruhiko Sato, Yoshitaka Shiba, Atsuhiko Matsunaga

    Physical therapy research   23 ( 2 )   153 - 159   2020年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1298/ptr.E10028

    PubMed

  • Fall-related efficacy is a useful and independent index to detect fall risk in Japanese community-dwelling older people: a 1-year longitudinal study

    Naoto Kamide, Yoshitaka Shiba, Miki Sakamoto, Haruhiko Sato, Akie Kawamura

    BMC GERIATRICS   19 ( 1 )   293 - 293   2019年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12877-019-1318-5

    PubMed

  • Absolute reliability of measurements of muscle strength and physical performance measures in older people with high functional capacities

    Yoshikazu Suzuki, Naoto Kamide, Yui Kitai, Masataka Ando, Haruhiko Sato, Shiba Yoshitaka, Miki Sakamoto

    EUROPEAN GERIATRIC MEDICINE   10 ( 5 )   733 - 740   2019年10月( ISSN:1878-7649

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s41999-019-00218-9

  • 地域在住高齢者の骨密度に近隣環境は影響を与えるのか

    代田 武大, 柴 喜崇, 上出 直人, 坂本 美喜, 佐藤 春彦

    応用老年学   13 ( 1 )   37 - 43   2019年8月( ISSN:1882-6245

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Accuracy of body mass index measurements in community-dwelling older Japanese people based on self-reported anthropometric data

    Naoto Kamide, Miki Sakamoto, Yoshitaka Shiba, Haruhiko Sato

    EUROPEAN GERIATRIC MEDICINE   10 ( 1 )   151 - 154   2019年2月( ISSN:1878-7649

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s41999-018-0138-z

    PubMed

  • 健康高齢者を対象とした姿勢年齢モデルの有効性評価

    武藤ゆみ子, 千葉智也, 柴喜崇, 上出直人, 坂本美喜, 武藤剛

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2019   2019年( ISSN:1349-144X

      詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 在宅介護している主介護者の介護負担感に訪問リハビリテーションを利用する要介護者の生活意欲が及ぼす影響 生活意欲にVitality indexを用いて

    井口 大平, 柴 喜崇, 大沼 剛

    応用老年学   12 ( 1 )   32 - 42   2018年8月( ISSN:1882-6245

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 関節トルク算出のために垂直スクワットと単純幾何モデルを用いて評価した膝伸筋力 妥当性と臨床的有用性の評価(Knee extensor strength assessed using a vertical squat and a simple geometric model to calculate joint torque: An evaluation of validity and clinical utility)

    Sato Haruhiko, Kusayanagi Koki, Kondo Yu, Kamide Naoto, Shiba Yoshitaka, Takashima Atsushi

    Geriatrics & Gerontology International   18 ( 7 )   1125 - 1131   2018年7月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 認知症予防教室の効果 多面的運動介入とグループワークから成る取り組み

    佐々 直紀, 新野 直明, 柴 喜崇, 山上 徹也

    老年学雑誌   ( 8 )   67 - 81   2018年3月( ISSN:2185-9728

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住の虚弱高齢者における社会活動に関連する要因

    安齋 紗保理, 佐藤 美由紀, 池田 晋平, 柴 喜崇, 植木 章三, 芳賀 博

    老年学雑誌   ( 8 )   17 - 31   2018年3月( ISSN:2185-9728

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住高齢者における筋骨格系の痛みに対する対処方法の実態

    安齋 紗保里, 佐藤 美由紀, 池田 晋平, 柴 喜崇, 吉田 裕人, 芳賀 博, 植木 章三

    日本公衆衛生雑誌   65 ( 2 )   61 - 71   2018年2月( ISSN:0546-1766

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 要支援・要介護高齢者と一般高齢者の主観的健康感の関連要因の特徴

    池田 晋平, 植木 章三, 柴 喜崇, 新野 直明, 渡辺 修一郎, 佐藤 美由紀, 安齋 紗保理, 田中 典子, 芳賀 博

    老年社会科学   39 ( 3 )   341 - 351   2017年10月( ISSN:0388-2446

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者の握力評価は年齢および性別による標準化が求められる(Assessment of grip strength in older people needs standardization by age and sex)

    Kamide Naoto, Shiba Yoshitaka, Sato Haruhiko

    Geriatrics & Gerontology International   17 ( 2 )   352 - 354   2017年2月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者における身体機能の指標としての姿勢の構成概念妥当性 体幹傾斜の評価におけるデジタル傾斜計の使用(Construct validity of posture as a measure of physical function in elderly individuals: Use of a digitalized inclinometer to assess trunk inclination)

    Suzuki Yoshikazu, Kawai Hisashi, Kojima Motonaga, Shiba Yoshitaka, Yoshida Hideyo, Hirano Hirohiko, Fujiwara Yoshinori, Ihara Kazushige, Obuchi Shuichi

    Geriatrics & Gerontology International   16 ( 9 )   1068 - 1073   2016年9月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 介護予防運動教室期間中のコーチングによる日常生活上の目標達成意識付け電話支援の効果

    佐々 直紀, 柴 喜崇, 安齋 紗保理, 上出 直人, 小比田 協子

    応用老年学   10 ( 1 )   37 - 46   2016年8月( ISSN:1882-6245

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 在宅要支援・要介護高齢者の主観的健康感に尿失禁と心理・社会的要因が及ぼす影響の検討

    池田 晋平, 植木 章三, 柴 喜崇, 新野 直明, 渡辺 修一郎, 佐藤 美由紀, 安齋 紗保理, 田中 典子, 芳賀 博

    作業療法   34 ( 5 )   509 - 518   2015年10月( ISSN:0289-4920

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【予防と理学療法】パーキンソン病に罹患している人々の予防的早期運動介入は障害進展予防となる

    柴 喜崇

    理学療法: 技術と研究   ( 43 )   1 - 4   2015年2月( ISSN:0914-4668

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 転倒防止において複数障害物接触運動は他の運動介入よりも効果的か(Is complex obstacle negotiation exercise more effective than other exercise interventions in fall prevention?)

    Kamide Naoto, Shiba Yoshitaka

    Geriatrics & Gerontology International   15 ( 1 )   129 - 131   2015年1月( ISSN:1444-1586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新しい脊柱後彎の定量的測定方法の提案 小型ジャイロセンサを用いた測定の再現性および妥当性の検討

    植田 拓也, 柴 喜崇, 水野 公輔, 佐藤 春彦, 渡辺 修一郎

    理学療法学   41 ( 6 )   331 - 337   2014年10月( ISSN:0289-3770

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aging in Placeを見据えた高齢者に対する予防戦略(第2回) 地域在住高齢者における加齢に伴う生活機能の変化およびその予防の考え方

    柴 喜崇, 渡辺 修一郎

    理学療法学   41 ( 5 )   320 - 327   2014年8月( ISSN:0289-3770

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 都市部の地域包括ケアシステム構築における課題と方策 行政および在宅医療の視点から

    佐藤 美由紀, 山科 典子, 安齋 紗保理, 植木 章三, 柴 喜崇, 新野 直明, 渡辺 修一郎, 花里 陽子, 芳賀 博

    応用老年学   8 ( 1 )   63 - 73   2014年8月( ISSN:1882-6245

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【老年症候群と理学療法】老年症候群の理学療法評価

    大渕 修一, 柴 喜崇

    理学療法ジャーナル   48 ( 5 )   385 - 395   2014年5月( ISSN:0915-0552

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 地域在住高齢者に対する運動介入が1年後の運動行動に与える影響 ランダム化比較試験

    稲葉 康子, 大渕 修一, 新井 武志, 柴 喜崇, 岡 浩一朗, 渡辺 修一郎, 木村 憲, 長澤 弘

    日本老年医学会雑誌   50 ( 6 )   788 - 796   2013年11月( ISSN:0300-9173

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 虚弱高齢者の膝関節伸展角速度測定値と身体機能との関係 等尺性膝関節伸展筋力との比較

    新井 武志, 大渕 修一, 小島 成実, 柴 喜崇, 河合 恒, 大室 和也

    理学療法科学   28 ( 3 )   317 - 322   2013年6月( ISSN:1341-1667

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 脳血管障害者の転倒と歩行周期変動との関連

    新井 智之, 柴 喜崇, 桑原 慶太, 柴田 博

    総合リハビリテーション   41 ( 3 )   269 - 274   2013年3月( ISSN:0386-9822

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • スマートフォンで測定した歩行時の体幹と骨盤運動の運動学的解析の妥当性と信頼性(Validity and Reliability of the Kinematic Analysis of Trunk and Pelvis Movements Measured by Smartphones during Walking)

    Mizuno Kosuke, Shiba Yoshitaka, Sato Haruhiko, Kamide Naoto, Fukuda Michinari, Ikeda Noriaki

    Journal of Physical Therapy Science   25 ( 1 )   97 - 100   2013年1月( ISSN:0915-5287

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 人生100年時代における生活機能の考え方

    柴喜崇( 範囲: 人生100年時代における生活機能の考え方)

    令和4年度 福島県国保地域医療学会 抄録集  2023年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:41-57   記述言語:日本語  

    出版地:  

  • コロナと老年学

    柴喜崇( 範囲: ポストコロナ時代の老年学)

    ジェロントロジー通信No.37  2022年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 予防理学療法学-15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト-

    木村雅彦( 範囲: Lecture2.予防理学療法と施策(1))

    中山書店  2022年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:11-22  

    担当した章・論文の著者名:本橋隆子、柴喜崇   出版地:東京都  

  • 予防理学療法学-15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト-

    木村雅彦( 範囲: Lecture6.健康増進事業、老年医学と予防理学療法(1)老年症候群)

    中山書店  2022年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:45-54  

    担当した章・論文の著者名:柴喜崇   出版地:東京都  

  • 予防理学療法学-15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト-

    木村雅彦( 範囲: Lecture3.行政と経済的側面、予防理学療法と施策(2))

    中山書店  2022年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:23-34  

    担当した章・論文の著者名:安齋紗保理、柴喜崇   出版地:東京都  

  • ADL 第2版

    柴喜崇, 下田信明

    羊土社  2021年11月 

  • 理学療法ガイドライン 第2版

    柴 喜崇( 範囲: 第3章 神経難病理学療法ガイドライン)

    医学書院  2021年10月 

  • 在宅リハビリテーションガイドブック【導入・基礎編】

    柴 喜崇( 範囲: 第2章 老化)

    株式会社 RELIEF  2021年3月 

  • PT・OTのための臨床実習の鉄則 -実習準備からレポート作成まで-

    柴 喜崇( 範囲: 第6章 実習報告書例 1.理学療法 3パーキンソン病:介護老人保健施設)

    金原出版  2020年11月 

  • パーキンソン病の理学療法 第2版

    柴 喜崇( 範囲: 総論 (10)理学療法に関するリスクマネジメント)

    医歯薬出版  2020年8月  ( ISBN:9784263266229

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • アクションリサーチの戦略 : 住民主体の健康なまちづくり

    芳賀, 博( 範囲: 第3章 住民主体のグループ活動を支えるリーダー)

    ワールドプランニング  2020年3月  ( ISBN:9784863511613

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 予防理学療法学要論

    吉田, 剛(pub. 2017), 井上, 和久, 大渕, 修一, 浦辺, 幸夫

    医歯薬出版  2017年1月  ( ISBN:9784263217405

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 体操療法オールブック : 主要疾患・全身網羅! : ひとめでわかる効果的な筋の使い方

    高平, 尚伸

    メジカルビュー社  2016年4月  ( ISBN:9784758313728

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • ADL

    柴, 喜崇, 下田, 信明

    羊土社  2015年11月  ( ISBN:9784758107952

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 機能解剖・バイオメカニクス

    北川, 薫

    文光堂  2011年6月  ( ISBN:9784830651632

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 理学療法ケーススタディ良好/難渋例の臨床

    網本, 和

    中外医学社  2008年4月  ( ISBN:9784498083226

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 老年学要論 : 老いを理解する

    柴田, 博, 長田, 久雄, 杉澤, 秀博

    建帛社  2007年5月  ( ISBN:9784767918495

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 理学療法のとらえかた : clinical reasoning

    奈良, 勲, 内山, 靖

    文光堂  2001年  ( ISBN:4830643064

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • Rate of force development of heel-rise movement was associated with spatiotemporal gait parameters in community-dwelling older adults

    European College of Sport Science Glasgow 2024   2024年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年7月

  • デイサービスにおける自立支援・重度化防止の取り組みとその効果に関する文献レビュ ー

    第10回日本予防理学療法学会学術大会   2023年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

  • コロナ禍の行動制限が高齢者の身体・社会・精 神的機能に与えた影響:年齢による機能低下と 区別した検討

    第10回日本予防理学療法学会学術大会   2023年10月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

  • Changes in the physical, social, and mental health among community-dwelling elderly from 2016 to 2022 in Japan.

    Asia/Oceania Regional Congress 2023   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

  • Association between the frequency and type of social participation and the incidence of frailty among non-frail Japanese older adults

    Asia/Oceania Regional Congress 2023   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

  • Changes in care provided by remote support of rehabilitation professionals to nursing staff in day-care facilities

    Asia/Oceania Regional Congress 2023   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

  • 65歳から69歳の人工関節置換術後高齢者の就労状況調査

    第53回日本人工関節学会   2023年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

  • 健康なまちづくりを科学するーアクションリサーチの活用ー

    第9回日本予防理学療法学会学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • 地域在住自立高齢者の社会的孤立は呼吸機能と関係する

    第9回日本予防理学療法学会学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • 整備された近隣の自転車レーンは、痩せに該当する高齢者の筋肉量低下予防に貢献する

    第9回日本予防理学療法学会学術大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • 運動習慣のある地域在住高齢者における高次の日常生活動作の実施状況(Frenchay Activities Index)の 9 年間の変化

    第17回 日本応用老年学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • 地域で生活される当事者とパートナーのサードプレイスについて考える

    令和4年度福島県難病相談会・交流会支援事業「患者と家族の交流会」  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  • 市区町村健康増進計画のアクションリサーチ的策定と展開

    第81回日本公衆衛生学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  • パーキンソン病者の通いの場における情報交換の満足度と時間および人数設定との関係 活動後アンケートを通して

    第56回日本作業療法学会   2022年9月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  • シンポジウム 「大学院における『学際的』な老年学教育の評価」

    日本老年社会科学会第64回大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • 研修会 「相双地域における「通いの場」の在り方を考える」

    令和3年度相双地域地ハビリテーション従事者等研修会   2022年4月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

▼全件表示

受賞

  • 第41回 協会賞

    受賞年月:2023年6月  

  • Outstanding Presentation Award

    受賞年月:2023年6月  

  • 優秀論文賞(共同)

    受賞年月:2021年6月  

  • 大会長優秀発表賞(共同)

    受賞年月:2021年3月  

  • 奨励賞(共同)

    受賞年月:2020年10月  

  • 優秀賞(共同)

    受賞年月:2020年10月  

  • 大会長賞(共同)【栄養嚥下部門】 地域在住自立高齢者における嚥下関連筋の筋力と運動機能および骨格筋量との関連性

    受賞年月:2020年9月  

  • 大会長賞(共同)

    受賞年月:2019年12月  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 自立支援に資する重度化防止を目的としたデイサービスにおける遠隔支援の効果検証

    2024年4月 - 2026年3月

    柴 喜崇

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    少子高齢化や労働人口の減少がますます進行する我が国において、要支援・要介護高齢者の自立支援・重度化防止の取組の重要性が高まっている。本研究では、デイサービスのスタッフとリハビリなどの専門職が協働して自立支援・重度化防止の取組みを行うための、遠隔支援システムをICTを活用して構築しその成果を検証することを目的とする。この取組により、デイサービスにおけるより効果的かつ効率的な支援のあり方が提供できるものと考えている。

  • デイサービス利用者の重度化防止を目指した介護スキームの開発と実証

    2022年4月 - 2025年3月

      詳細を見る


    従来の介護は,日々利用者への個別ケアに多くの時間を使っており,あらたに重度化防止に資するケアに時間を割く余裕がないのが現状である。そこで,利用者及び介護職員とともに遠隔に配置された専門職等とが協働する,各専門領域の評価結果に基づく個別フィードバックから,ケア内容を協議した上で実践する,新しい介護スキームを考えた。本研究において,要介護者の重度化防止につながる介護スキームが構築できその効果が検証されれば,他の事業者において応用可能であり重度化防止に貢献できることが期待される。

  • 身体的要因と心理的要因との相互作用に基づく高齢者の転倒・骨折リスク評価法の開発

    2019年4月 - 2022年3月

    柴 喜崇、上出 直人, 柴 喜崇

  • 地域高齢者を学生に見立てたゼミナールによる新たな介護予防プログラムの提案

    2013年4月 - 2017年3月

    柴 喜崇、植木 章三, 芳賀 博, 柴 喜崇, 吉田 裕人, 犬塚 剛, 佐藤 敬広, 片倉 成子, 安齋 紗保理, 佐藤 美由紀, 千葉 ますみ, 佐々木 秀美, 細浦 育子, 足立 佳奈子

      詳細を見る

    本研究の目的は、高齢化の進む中山間地と首都圏の地域特性に応じた地域高齢者が自主的に実践し定着する介護予防プログラムを構築するための新たな支援方法を提案することであった。そのために地区で積極的に活動している高齢者を受講生としたゼミナール形式の勉強会を通じて、介護予防事業や社協のサロンなどに活用するプログラムを提案し、受講者には「元気応援コンシェルジュ」の称号を与え介護予防にかかわる自主活動の動機付けを行った。その結果、積極的に活動する高齢リーダーの活動を支援していくことが地域全体の介護予防に関連した健康度に好影響をもたらす可能性がある一方で、中山間地と首都圏でその様相が異なることが示唆された。

  • 高齢者の運動機能判定システムの開発とその有効性の検証

    2013年4月 - 2016年3月

    柴 喜崇、上出 直人, 柴 喜崇, 佐藤 春彦, 安藤 雅峻, 中園 哲治, 神谷 亮

      詳細を見る

    本研究課題では,①快適条件5m歩行時間,最速条件5m歩行時間,アップアンドゴー,5回起立テスト,握力,の5種類の運動機能テストの地域高齢者における標準値の設定,②設定した標準値を基に5種類の運動機能テストの測定結果を簡便に判定可能な判定システムの構築,③システムの判定結果と高齢者の生活機能低下との関連性の実証,について成果をだすことができた.以上の①~③の研究成果により,高齢者の運動機能テストの結果を簡便に判定システムするシステムを開発し,さらにその判定結果の有用性を示すことができたと考える.

  • 地域高齢者のエンパワーメントを重視した介護予防活動の効果に関する研究

    2012年4月 - 2015年3月

    柴 喜崇、河村 晃依, 柴 喜崇, 上出 直人, 村山 憲男, 深瀬 裕子

      詳細を見る

    本研究では,地域高齢者の自主性及び共助を引き出す手法として,エンパワーメントを重視した介護予防プログラムを実施し効果を検討した.
    (1)健康高齢者66名を居住地域で2群に分け,介入群33名にはエンパワーメントプログラム、対照群33名には従来型の講義を実施した。(2)自記式アンケートを介入前後・追跡時に実施した。(3)介入後の群間比較で,地域活動の参加が介入群で有意に向上した。(4)介入後に両群で設立した自主グループの参加率は,介入群で有意に高かった.
    本研究により,エンパワーメントを重視した介護予防プログラムは,高齢者の地域活動拡大及び介護予防活動の継続性に寄与することが示唆された。

  • 高専賃居住者に対するエンパワーメントを高める取り組みが共助活性化に与える効果

    2011年 - 2013年

    柴 喜崇、柴 喜崇, 大渕 修一, 上出 直人, 河村 晃衣, 村山 憲男, 佐藤 春彦

      詳細を見る

    都市部にある2箇所のサービス付き高齢者向け住宅居住者に対して、エンパワーメントを高める取り組みを実施した。結果,介入住宅居住者において、認知機能の指標であるMental Status Questionnaire(MSQ)得点が、非介入住宅居住者との比較において有意に高いことが分かった(P<0.05 )。その他の指標においては有意な差はみられなかった(n.s.)。
    また、1年6ヶ月前後の時点においてすべての住宅居住者の基本属性や心理指標、ソーシャルサポート・ネットワーク、社会参加状況・等に差はみられなかった(n.s.)。住宅居住者の20%近くが1年未満に住み替えることが影響していると推察された。

  • 人の足底アーチの動的機能及び足部センサーの開発に関する研究

    2000年 - 2001年

    柴 喜崇、加倉井 周一, 中村 浩, 柴 喜崇, 森本 正治

      詳細を見る

    人に特徴的な足アーチについて以前より多くの研究が行われてきたが、多くは足部の形態計測や座位・立位などの静的変化に関するものであった。足アーチの静的変化から歩行や走行における動的変化を予測するのは難しく、動的特性を明らかにすることは重要な課題であるがいまだその解析は十分行われていない。
    本研究の目的は、1)各種計測装置を用い、足アーチの動的変化を定量的に解析して動的機能を明らかにする、2)足の機能障害を客観的に評価できる足部センサーの開発を行うの2点である。
    平成12-13年度の研究成果及び今後の課題を以下に述べる。
    1〕3次元動作解析装偉(VICON)及び電気式アーチゲージ(EAG)を用い足内側縦アーチ(MLA)の歩行や走行における動的変化を測定した。MLAの機能因子である長さ、高さ、足部の関節角度は合目的に作用し、歩行や走行時の動的動作を円滑にしていることが判明した。また歩行ではroll offとして、走行ではpush offの働きがみられた。
    2)導電性ゴム方式1軸型フレキシブル関節角度計を用いて、歩行時の足アーチの動的変化を定量的に測定した。踵骨-第1中足骨角度の変化は荷重量に比例して増大することが明らかになった。本装置は軽量で生体の動きを阻害せず、ウエアラブルな計測が可能なことから、足部疾患の客観的評価への臨床応用が期待される。
    今後は、2軸型フレキシブル関節角度計を用いた計測パラメータの検討、装置の足部固定方式の違いによる再現性について検討を行う。

  • 炭酸ガス・温水の生体への影響に関する研究

    2000年 - 2001年

    柴 喜崇、前田 真治, 柴 喜崇, 大渕 修一, 長澤 弘, 外 須美夫, 清水 忍

      詳細を見る

    炭酸ガス温水に身体を浸けると、炭酸ガスは皮膚から浸透し、その化学的作用としての強力な血管拡張作用によりその部位の血流が改善することが知られている。これまでに、人工炭酸泉浴剤については褥瘡の治療、パーキンソン病への影響、脳卒中に対する循環改善作用など様々な観点から研究してきた。
    平成12年度は、臨床応用を一つの目標とかかげた。実際の臨床的にも、腰痛症や慢性関節リウマチの疼痛に対し、実際に効果があることを、高濃度炭酸ガス温水浴と水道水温水をプラセーボとした対比実験で実証し、同雑誌63:173-180,2000.に報告した。
    加えて、脳卒中などの神経の痙縮に対する基礎的な研究として、温度刺激に対する神経の反応を、同雑誌63:143-150,2000.に発表し、知覚神経のうち持続鈍痛に関わるC繊維の閾値を上昇させることで疼痛が軽減することを示唆した。
    平成13年度の研究として、高濃度炭酸ガス温水浴の全身浴における体温の変化を、J.J.A.Phys.M.Baln.Clim.64:113-117,2001.で報告し、体温の上昇は著明で代謝・循環改善には有効であると示唆した。また、全身浴のみならず下肢の部分浴でも、代謝・循環改善が得られることを、同雑誌64:145-149,2001.で報告した。
    加えて、疼痛閾値の上昇について、平成12年度の前段階の実験である水道水温浴の温熱刺激の結果を踏まえ、今度は実際に炭酸ガス温水浴を用いて検討した。その結果、温度による疼痛閾値の上昇はあるものの、炭酸ガス温水の直接の神経に対する作用はなかった。したがって、炭酸ガス温水浴が良好に疼痛を改善させるのは神経に対する疼痛の直接の軽減ではなく、温熱による代謝・循環改善の要素が大きいことがわかった。その結果を、同雑誌64:191・199,2001.に報告した。

▼全件表示

メディア報道

  • 予防理学療法で集会 福島医大駅前キャンパス 新聞・雑誌

    福島民友  5面  2024年6月

  • フレイルの予防策紹介 新聞・雑誌

    福島民報  12面  2024年4月

  • 高齢者が健康状態確認 新聞・雑誌

    福島民友  10面  2024年4月

  • 歩行機能など測定 高齢者対象に体力確認 新聞・雑誌

    福島民報  民報県北版  2024年4月

  • フレイルの早期発見をサポート 新聞・雑誌

    福島民友  福島医大保健科学のトビラ 7面  2024年4月

  • 県立医大公開講座 高齢者対象の「生活機能」測定会開催 テレビ・ラジオ番組

    福島中央テレビ  福島中央テレビNEWS  2024年3月

  • 運動の大切さ健康法学ぶ 川俣の高齢者学級で講座 新聞・雑誌

    福島民報  いだい×みんぽう 健康ふくしまプロジェクト 県北版10面  2024年2月

  • 日本一の健康長寿県を目指す「福島県民健康セミナー」 新聞・雑誌

    福島民報  2面  2024年1月

  • 県民健康セミナー フレイル予防も理解 新聞・雑誌

    福島民報  健康ふくしま 14面  2023年11月

  • 福島で全国笑いヨガ開幕 東北初 新聞・雑誌

    福島民友  19面社会  2023年10月

  • 65歳以上の体力測定会 テレビ・ラジオ番組

    みなみそうまチャンネル  福島民報  2023年10月

  • 運動の大切さ学ぶ 二本松で出張講座 新聞・雑誌

    福島民報  いだい×みんぽう 健康ふくしまプロジェクト  2023年9月

  • 新聞活用の健康法学ぶ 民報社福医大 信夫婦人会が講座 新聞・雑誌

    福島民報  10面  2023年9月

  • 高齢者が体力確認 65歳以上が対象南相馬で測定会 新聞・雑誌

    福島民報  4面  2023年8月

  • 運動の大切さ学ぶ 民報社、福医大 福島で講座 新聞・雑誌

    福島民報  10面  2023年6月

  • 高齢者、自らの体力確認 新聞・雑誌

    福島民報  9面  2023年4月

  • 高齢者向け体力測定会 福島 新聞・雑誌

    福島民友  12面  2023年3月

  • 県立医大が高齢者の体力測定会 けが予防の研究に活用へ テレビ・ラジオ番組

    福島中央テレビ  テレビ・ラジオ番組  2023年3月

  • 運動の大切さ説く 民報社×福医大 高齢者向け講座 新聞・雑誌

    福島民報  健康ふくしま 10面  2023年2月

  • 福島医大と南相馬市 高齢者健診で体力測定 のみ込む力や歩く速さ 新聞・雑誌

    福島民友  健康長寿 20面  2022年11月

  • 歩行能力など測定 高齢者対象に体力確認 南相馬市 新聞・雑誌

    福島民報  健康ふくしま 3面  2022年11月

  • 65歳以上を対象にした体力測定 テレビ・ラジオ番組

    KFB福島放送  地域  2022年11月

  • 運動に理解 民報・福医大健康講座 あさかの12Bク受講 新聞・雑誌

    福島民報  健康ふくしま11面  2022年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 地域医療 意見交わす 県国保地域医療学会 新聞・雑誌

    福島民友  民友5面  2022年7月

▼全件表示