2023/06/02 更新

写真a

カトウ シゲキ
加藤 成樹
KATO Shigeki
所属
医学部附属研究施設 生体機能研究部門 准教授
職名
准教授

研究キーワード

  • 逆行性レンチウイルスベクター、神経回路、大脳基底核

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学  / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 神経形態学  / 神経解剖学・神経病理学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / 神経科学一般

学歴

  • 東北大学   その他の学部

    - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 福島県立医科大学   医学部 生体機能研究部門   准教授

    2019年10月 - 現在

  • マサチューセッツ工科大学   マクガバン脳科学研究所   特別研究員

    2014年10月 - 2016年9月

  • 福島県立医科大学   医学部 生体機能研究部門   講師

    2012年8月 - 2019年9月

  • 福島県立医科大学   医学部 生体機能研究部門   助教

    2009年4月 - 2012年7月

  • 福島県立医科大学   医学部 生体機能研究部門   博士研究員

    2006年4月 - 2009年3月

所属学協会

  • 福島県立医科大学 組換えDNA実験安全委員

    2019年4月 - 現在

  • 福島県立医科大学 研究用微生物安全管理委員

    2019年4月 - 現在

  • 福島県立医科大学 研究連携セミナー

    2012年8月 - 2014年9月

  • Society for Neuroscience

    2008年 - 現在

  • 日本神経科学学会

    2008年 - 現在

  • 日本分子生物学会

    2002年 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 福島県立医科大学 組換えDNA実験安全委員   安全主任者  

    2023年4月 - 現在   

  • 福島県立医科大学 組換えDNA実験安全委員   委員  

    2019年4月 - 2023年3月   

  • 福島県立医科大学 研究用微生物安全管理委員   委員  

    2019年4月 - 2023年3月   

  • 福島県立医科大学 研究連携セミナー   代表  

    2014年4月 - 2014年9月   

  • 福島県立医科大学 研究連携セミナー   会計  

    2013年4月 - 2014年3月   

  • 福島県立医科大学 研究連携セミナー   会計  

    2012年8月 - 2013年3月   

▼全件表示

論文

▼全件表示

書籍等出版物

  • Neuromethods

    Mark AG Eldridge & Adriana Galvan( 範囲: HiRet/NeuRet vectors: Lentiviral system for highly efficient gene transfer through retrograde axonal transport.)

    Humana, New York (US)  2023年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp.17-27  

    担当した章・論文の著者名:Vectorology for Optogenetics and Chemogenetics
    Kobayashi, K., Kato, S. and Kobayashi, K.   出版地:New York (US)  

  • ウイルスベクターによる遺伝子導入実験ガイド

    平井宏和、日置寛之、小林和人( 範囲: 高頻度逆行性遺伝子導入ベクターを応用した特定神経路回路の機能操作)

    羊土社  2020年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:239-249   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:加藤成樹、小林和人   出版地:日本  

  • Gene Therapy

    Francisco Martin Molina, ed( 範囲: Vectors for highly efficient and neuron-specific retrograde gene transfer for gene therapy of neurological diseases.)

    InTech, Rijeka (Croatia)  2013年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp.387-398   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Chapter 15
    Kato, S., Kobayashi, K., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.   出版地:Rijeka (Croatia)  

  • Viral Gene Therapy

    Ke Xu, ed( 範囲: Highly efficient retrograde gene transfer for genetic treatment of neurological diseases.)

    InTech, Rijeka (Croatia)  2011年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp.371-380   記述言語:英語  

    担当した章・論文の著者名:Chapter 17
    Kato, S., Kuramochi, M., Kobayashi, K., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.   出版地:Rijeka (Croatia)  

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • 聴覚性弁別学習行動における視床線条体入力の役割

    第45回日本分子生物学会   2022年11月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

  • Thalamostriatal input in learning behavior cued by auditory stimuli.

    第45回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • 線条体subdivisionへの入力解析と行動機能操作

    第44回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • Input analysis to striatal subdivision with high-frequency retrograde viral vector.

    第44回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • Comparative analysis of retrograde gene transduction efficiency between various.

    第43回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  • 特定神経標識のための新しいベクター開発とその応用/Development and application of new type vector for neural circuitry labeling.

    第42回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Intralaminar thalamic neuron plays the action selection and flexible behavioral controls.

    Neuroscience 2019  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • Behavioral regulation through molecular genetic manipulation of selective neural circuit.

    第42回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 学習行動の獲得および行動柔軟性を司る神経回路の機能制御

    日本薬理学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  • 視床線条体路における行動選択と行動柔軟性

    2018年度冬のシンポジウム(次世代脳プロジェクト)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

  • 行動選択と行動柔軟性の機能制御を担う神経基盤へのアプローチ

    第41回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • Behavioral selection and switching flexibility regulated by thalamostriatal circuit.

    第41回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • 行動選択および行動柔軟性における視床-線条体路の機能解析

    2017年度生命科学系学会合同年次大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • 経路選択的な回路操作技術の応用:行動制御機構の解明に迫る

    生理学研究所研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • 経路選択的な回操作技術の応用:行動制御機構解明に迫る

    生理学研究所研究会@東北  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • Thalamostriatal circuit controls action selection and flexible switching in learning behavior.

    大脳基底核機能研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • Behavioral selection and flexible switching through thalamostriatal circuit.

    International Workshop on Basal Ganglia Functions 2017  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • Optimizing the junction of chimeric fusion glycoprotein of a lentiviral vector for highly neuron-specific retrograde gene transfer.

    第40回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • 特定神経回路の機能制御を可能とする高頻度逆行性導入 ウイルスベクターの開発

    平成28年度 京都大学霊長類研究所 共同利用研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • Pathway-selective manipulation of neural function by using HiRet/NeuRet vector system.

    The International Workshop for Strategy for Neuroscience  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

  • Comparative study of gene transduction efficiency for retrograde gene transfer lentiviral vector with novel fusion envelope glycoproteins.

    Neuroscience 2016  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  • 特定神経回路を標的とした機能制御システムの開発と応用

    第7回福島運動器疼痛セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  • Comparative study of gene transduction efficiency for retrograde gene transfer lentiviral vector with novel fusion envelope glycoprotein.

    International Symposium on Adaptive Circuit Shift 2016  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  • Optimizing the junction of fusion glycoprotein for the transduction efficiency of a lentiviral vector for neuron-specific retrograde gene transfer.

    第37回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 刺激弁別学習における2種類の主要な視床線条体路の行動生理学的役割

    第36回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

  • Functional control of specific neural pathways in basal ganglia circuit by HiRet.

    Neuroscience 2013  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • Comparative analysis for behavioral roles of the central lateral and parafascicular nuclear groups projecting to the dorsolateral striatum.

    第36回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • Distinct behavioral roles of thalamostriatal pathways arising from the central lateral and parafascicular nuclear groups in basal ganglia function.

    Molecular and Cellular Cognition Society-Asia 2013  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 神経回路特異的な機能改変技術を用いた刺激弁別学習における視床線条体神経路の行動生理学的役割の解明

    第35回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  • Selective neural pathway targeting reveals key roles of thalamostriatal projection in the control of conditional response association

    第35回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • 学習行動に関わる視床-線条体神経路の機能解析

    第27回日本大脳基底核研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • 新規融合糖タンパク質組換え体レンチウイルスベクター系による神経細胞特異的逆行性遺伝子導入

    第34回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • Behavioral role of thalamostriatal neural pathway in conditional discrimination paradigm.

    第34回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 脳神経回路研究のための融合糖タンパク質組換え体レンチウイルスベクター系による高頻度逆行性遺伝子導入

    第33回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  • Analysis of behavioral role of the thalamostriatal neural pathway by using the highly efficient retrograde transport vector.

    第33回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • HIGHLY EFFICIENT GENE DELIVERY SYSTEM INTO THE BRAIN THROUGH RETROGRADE AXONAL TRANSPORT BY USING LENTIVIRAL VECTORS PSEUDOTYPED WITH RABIES VIRUS GLYCOPROTEIN AND ITS DERIVATIVES.

    第16回日本遺伝子治療学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

  • Development of the efficient gene transfer system through a lentiviral vector with retrograde axonal transport for specific neural circuit labeling.

    第32回日本分子生物学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

  • Immunotoxin targeting of the thalamostriatal neural pathway labeled by the retrograde gene transfer

    第32回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • 逆行輸送を介して特定神経路を標識する新規レンチウイルスベクター系の開発

    BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

  • Efficient gene transfer system through retrograde axonal transport with a human immunodeficiency virus type 1-based vector pseudotyped with rabies virus glycoprotein.

    Neuroscience 2008  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

  • Development of a Pseudotyped HIV-1-based Lentiviral Vector Capable of Retrograde Axonal Transport.

    第31回日本神経科学大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

▼全件表示

受賞

  • 第12回インテリジェント・コスモス奨励賞受賞

    受賞年月:2013年5月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 福島医学会学術奨励賞受賞

    受賞年月:2013年1月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 包括脳ネットワーク若手優秀発表賞

    受賞年月:2012年7月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • パーキンソン病に併発する認知性機能障害の発症メカニズムの解明と症状緩和のためのアプローチの検討

    2021年1月 - 2021年12月

    加藤 成樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 視床線条体ネットワークの構造・機能マッピングと認知行動機能における役割の解明

    2020年4月 - 2024年3月

      詳細を見る

    科学研究費助成事業/日本学術振興会(基盤研究(C))

  • 越シナプス多重標識による特定出入力神経機能制御システムの開発

    2019年9月 - 2020年7月

    加藤 成樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 香気および味覚による嗜好性の認知と好き嫌いを生む神経基盤の解明

    2019年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    ロッテ財団 公益財団法人ロッテ財団奨励研究助成(A)

  • 香気および味覚による嗜好性の認知と好き嫌いを生む神経基盤の解明

    2019年4月 - 2021年3月

    加藤 成樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 全脳的コネクトーム解析のための新しい越シナプス多重標識システムの開発

    2018年9月 - 2019年7月

      詳細を見る

    平成30年度 福島県立医科大学研究支援事業 育成研究

  • 全脳的コネクトーム解析のための新しい越シナプス多重標識システムの開発

    2018年9月 - 2019年7月

    加藤 成樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 領野・入力特異的な皮質線条体経路を介する行動制御の神経回路メカニズム

    2018年4月 - 2021年3月

    小林 和人、加藤 成樹

  • 脳機能ネットワーク解明のための多重経シナプス標識システムの開発

    2017年8月 - 2018年6月

  • 大脳基底核回路を介した行動を制御する神経機構の解明

    2014年12月 - 2015年12月

  • エンベロープタンパク質の改良による特定神経路への逆行性遺伝子導入ベクターの開発

    2014年4月 - 2014年9月

      詳細を見る

    平成26年度 福島県立医科大学研究支援事業 育成研究

  • 不安障害・うつ様情動系行動を自律するための扁桃体出入力系神経路特異的な機能制御の試み

    2014年1月 - 2016年12月

      詳細を見る

    内藤記念科学奨励金・研究助成/内藤記念科学振興財団

  • 記憶・学習を介する神経回路の機能制御と優れた学習モデル動物作出の試み

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    科学研究費助成事業/日本学術振興会(若手研究(A))

  • 局所神経回路の機能制御による行動解析

    2013年1月 - 2014年4月

      詳細を見る

    研究奨励金(研究助成)/上原記念生命科学財団

  • 大脳基底核ループを形成する局所神経回路の機能制御と行動生理学的解析

    2012年9月 - 2015年3月

      詳細を見る

    医学系奨励研究 (精神・神経・脳領域)/武田科学振興財団

  • 神経回路研究のための新しい性質を持つ逆行性レンチウイルスベクターの開発

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    科学研究費助成事業/日本学術振興会(挑戦的萌芽研究)

  • 逆行性レンチウイルスベクターによる局所神経回路の機能制御と行動生理学的解析

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    平成24年度 福島県立医科大学研究支援事業 発展研究

  • 特定神経路標識する逆行性レンチウイルスベクターを用いた視床-線条体経路の機能解明

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    科学研究費助成事業/日本学術振興会(若手研究(B))

▼全件表示